現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
柳沢 拓実弁護士

( やなぎさわ たくみ ) 柳沢 拓実

弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所

現在営業中 08:30 - 21:00

交通事故

分野を変更する
【24時間予約受付】【当日・休日・夜間(21時)相談可】事件の解決後には、「相談して本当に良かった。」というお言葉を数多く頂いています。まずはお電話ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

♦これまでの実績と案件への対応体制♦
交通事故だけで年100件以上の事件を受任しており、交渉・訴訟いずれについても豊富な実績と経験があります。
特に豊富な訴訟経験から、最終的に訴訟となった場合の見通しを踏まえた交渉が可能です。
(もちろん訴訟にした場合の結論には一定の幅がありますが、交渉での相手方の提示が訴訟をした場合と比べ妥当なものなのかどうか、これまでの私の経験に基づいてお伝えすることが可能です。)
そもそも、自動車事故は、ある日突然巻き込まれるものである上、交渉の相手方は事故の相手方ではなく、交通事故に精通している保険会社となる場合がほとんどですから、保険の仕組み(自賠責保険と任意保険の違い等)がよく分からず、不安に感じることや戸惑うことも少なくないと思います。
保険の仕組みや賠償を受けるまでの基本的な流れも御説明致しますのでお気軽にご相談ください。

♦費用について♦
●弁護士費用特約がある場合、原則として弁護士費用をご負担頂く必要はありません(※自分の加入している保険に弁特がなくても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。)。
●弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準としていますが、経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。

♦重点取扱案件♦
示談交渉、訴訟、後遺障害等級認定
※事務所顧問先の関係で、ご相談を一切受けられない場合もありますが、何卒ご容赦ください。

♦よくあるご相談♦
●治療費の打ち切りの連絡が保険会社からきたが、まだ痛みがあるので治療を続けたい。でも自費ではとても通院できない。何か方法はないか。
●過失割合について保険会社の提示が妥当なのか知りたい。(例:保険会社は「今回の事故の状況からすると一般的にあなたの過失は●です」というが、自分としてはそこまで過失があるとは思っていない。)
●保険会社、修理工場、病院などと直接連絡を取らなければならないのがストレスだ。(面倒だ)。
●どうにか賠償の提示を受けるところまで来たが、提示されている金額が本当に妥当な内容なのか分からない。(弁護士に依頼することでもう少し金額があがらないのか知りたい)
など、ご自身での対応が難しい場合は弁護士へお任せください。

♦事務所のサポート体制♦
●費用倒れとならないような方針をご提案致します。
弁護士費用特約がない場合、弁護士費用について御自身で負担することになります。その場合、「弁護士に依頼したらかえってマイナスになってしまった」ということにならないよう、費用対効果を踏まえた方針をご提案致します。

●面談が難しい場合には電話やメールにて打ち合わせを行います。
基本的には、事務所にお越し頂き、面談にて打ち合わせを行っております。
しかし、「忙しくてとても事務所まで行く余裕がない」という方も中にはいらっしゃいます。そのような方には、可能な限り電話やメールで事故の状況等を伺ったり、今後の方針を打ち合わせたりと、事務所にお越し頂かなくとも良い形で進めることも可能です。なお、事故状況に関し、図を使ってお聴きする必要があるなど、どうしても直接お会いする必要がある場合には、御都合を伺い、面談の日程については柔軟に対応しています。

■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話料無料(15分)。
実際に面談等を行う場合には30分ごとに5,500円(税込)。
着手金/報酬金 日本弁護士連合会が適切と定めた料金を基準としています。
※経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。
備考欄 弁護士費用特約がある場合、原則として依頼者に弁護士費用をご負担頂く必要がありません。
※ご自身が加入している保険に上記特約がない場合であっても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。
初回電話相談を無料(15分)としているので、「そもそも弁護士費用特約とは何?」といったようなご質問も含め、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

コンビニの駐車場内事故。防犯カメラ映像を取り付け0:100(当方無過失)により解決。

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 男性

相談前

コンビニエンスストアの駐車場内事故。
双方駐車区画からの退出者同士の事故だったが、依頼者としては自分の方が早く退出し、停車していたところに相手車両がぶつかってきた認識で被害主張。
しかし、相手方保険会社からは、双方駐車区画から退出する際の事故で、優劣関係はなく、過失割合5:5が基本と主張されていた。

相談後

双方車両の駐車区画退出のタイミングや相手車両の後退の仕方などが重要だが、依頼者の供述のみでは相手保険会社は動かない。
もっとも、相談がされた時点で事故からまだ1週間くらいであったため、コンビニの防犯カメラ映像が残っていると判断。
そこで、直ちにコンビニへ連絡→店長にアポイントメントをとり現場店舗へ行き、映像データの任意開示を依頼。交渉の結果、弁護士会を通じて照会を行う形で開示いただけることに。
その後、無事開示を受け、同映像をもとに相手方保険会社と交渉。
映像の内容は、依頼者の主張と概ね一致しており、最終的に過失割合0:100にて交渉解決。

柳沢 拓実弁護士からのコメント

柳沢 拓実弁護士

事故から間もない段階で相談がなされたのが大きかったと思います。防犯カメラ映像の保存期間は結構短いため、ご自身で相手方保険会社と交渉をしている間に保存期間を過ぎてしまい、いざ弁護士の所に話が来た段階で既に消えてしまっているということが多いです。
コンビニに限らずほとんどの業者・管理者は「警察以外には開示しない」と回答しますが、弁護士から丁寧に説明しお願いすると、応じて頂けることが多いです。
事故現場に防犯カメラがあるような場合には、諦めるのではなく、まずは早めに弁護士に相談されるとよいと思います。

交通事故の解決事例 2

裁判手続を利用し通院慰謝料が増額となったケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

通院期間は半年程度だったものの、実際に病院へ通院した日数は相当少なかったため、相手方保険会社からは低額な慰謝料の提示がなされていた。

相談後

相手方保険会社と交渉したものの若干の増額にとどまったため、裁判所へ訴訟提起。
裁判所に対し種々の主張を行い、最終的に交渉段階で相手方保険会社が提示していた金額より相当の増額となる判決を得た。

柳沢 拓実弁護士からのコメント

柳沢 拓実弁護士

裁判にした場合に慰謝料額が増額となるかどうかはケースバイケースですが、本ケースは、増額となる可能性が極めて高いと判断し、裁判手続を利用する流れで依頼者と打ち合わせました。
結果として見込んでいた通り相当の増額となり、依頼者も満足されていたので、良い解決となったと思います。
裁判手続を利用しても、かえって交渉段階に受けていた提示金額を下回る判決となることはあり得ます(※治療の因果関係が否定された場合等)し、時間だけかかって結局ほとんど増額とならないこともあり得ます。
相手方保険会社の提示金額が妥当なのかどうかの判断も含め、裁判とした場合の見通しは、弁護士に一度相談されるとよいと思います。

交通事故

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【24時間予約受付】【当日・休日・夜間(21時)相談可】刑事事件は何より初動が重要です。一人で悩まず、まずはお電話ください。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

♦これまでの実績と案件への対応体制♦
万引きや痴漢など、被害者との早期示談が重要となる事案の経験があり、早期の身柄解放に向けた活動のスキルがあります。

♦費用について♦
●そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準としていますが、経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。

♦重点取扱案件♦
痴漢事件弁護、窃盗、傷害、飲酒に伴う暴行、違法薬物の犯罪一般

♦よくあるご相談♦
●突然身内が逮捕されたが、何をどうすればいいのか分からない。
●一日でも早く身柄を開放してほしい
など、ご自身での対応が難しい場合は弁護士へお任せください。

♦事務所のサポート体制♦
●刑事手続きの流れをしっかりと御説明します。
突然逮捕された場合、今後どのような流れとなるのか、自分は今いったいどのような状態に置かれているのか、全く分からず、それだけで不安は大きくなります。
まずは、今どのような状況で、これからどうなるのか、といった刑事手続きの流れを丁寧に説明し、この点に関する不安を取り除くよう努めます。

●スピード重視で対応します。
刑事事件はとにかくスピードが命と言われています。警察や検察の取り調べにどう対応するのかを早期に方針を決める必要がありますし、例えば職場との関係で逮捕された事実をどのタイミングで、どのように伝えるかといった重要な問題もあるためです。
※職場との関係については、こちらから伝える前に伝わってしまうというのが最悪のケースと考えています。
上記のような問題を取り除くため、可能な限り早期に依頼者のもとへ駆けつけることを重視しています。

-------------------------
■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話料無料(15分)。
実際に面談等を行う場合には30分ごとに5,000円(税別)。
着手金/報酬金 日本弁護士連合会が適切と定めた料金を基準としています。
※経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

勾留請求却下により速やかに職場に復帰

  • 加害者
依頼主 男性

相談前

逮捕された当日に依頼者と接見。
逮捕事実には身に覚えがないとのこと。
このまま勾留(原則10日間)されてしまうと職場に迷惑をかけることになってしまうので勾留されることは避けたい。

相談後

「逃亡や罪証隠滅のおそれがない」と評価される事情を可能な限り聴取→意見書を作成し、家族による身元引受書などとともに、検察官・裁判官それぞれに提出。
その結果、検察官からは勾留請求がなされたものの、裁判官の判断で却下。
検察官から準抗告(裁判官の決定に対する不服申立て)されたものの、最終的に勾留はなされないことが確定し、無事、身柄が解放された。

柳沢 拓実弁護士からのコメント

柳沢 拓実弁護士

迅速に動いたことがポイントです。逮捕されてから勾留請求がなされるまでには時間的猶予がほとんどないため、直ちに動く必要があります。
最近は、否認(被疑事実を認めていないこと)していても、勾留請求が却下されるケースは増えてきていると思いますので、有利な事情をしっかりと裁判官に事前に伝えることが重要です。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【24時間予約受付】【当日・休日・夜間(21時)相談可】経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系でご依頼頂けるよう努めております。まずはお電話ください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

♦これまでの実績と案件への対応体制♦
通常の離婚事案だけでなく、DVなど、依頼者の方の保護の必要性が高い事案も対応可能です。

♦費用について♦
●そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準としていますが、経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。

♣重点取扱案件♣
親権問題、養育費請求、慰謝料請求、DV

♣よくあるご相談♣
●夫(あるいは妻)の浮気が発覚したので浮気相手に慰謝料を請求したい。
●夫(あるいは妻)が子供を連れて出て行ってしまってそれ以降子供に会えていない。会いたい。
●子供を連れてとりあえず家を出たが、夫(あるいは妻)から婚姻費用を支払ってもらえない。

♣事務所のサポート体制♣
●面談が難しい場合には電話やメールにて打ち合わせを行います。
基本的には、事務所にお越し頂き、面談にて打ち合わせを行っております。
しかし、「忙しくてとても事務所まで行く余裕がない」という方も中にはいらっしゃいます。そのような方には、可能な限り電話やメールで事情を伺ったり、今後の方針を打ち合わせたりと、事務所にお越し頂かなくとも良い形で進めます。なお、どうしても直接お会いする必要がある場合には、御都合を伺い、面談の日程については柔軟に対応しています。

●面談ではお子様の同席も可能です。
お子様が小さく預ける先もないといったような場合もあると思います。その場合には、面談には一緒にお越し頂いて大丈夫です。

-------------------------
■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話料無料(15分)。
実際に面談等を行う場合には30分ごとに5,000円(税別)。
着手金/報酬金 日本弁護士連合会が適切と定めた料金を基準としています。
※経済状況に応じて御相談頂ければ、着手金を低く抑え、その分を成功報酬にて計算するなど、初期費用が低くなるよう調整できる場合があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
所在地
〒190-0012
東京都 立川市曙町2-37-7 コアシティ立川4階
最寄り駅
JR中央線立川駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日08:30 - 21:00
  • 土日09:00 - 20:00
定休日
備考
※受付時間外でもお電話頂ければ可能な限り対応しています。メールフォームは24時間受け付けています。事務所の営業時間は平日9:30-18:30です。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5827-6775

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:30 - 21:00

柳沢 拓実弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5827-6775
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 21:00
  • 土日09:00 - 20:00
定休日
備考
※受付時間外でもお電話頂ければ可能な限り対応しています。メールフォームは24時間受け付けています。事務所の営業時間は平日9:30-18:30です。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談