齋藤 理央弁護士 さいとう りお

齋藤 理央弁護士

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京

東京都練馬区練馬1丁目2番9精美堂書店ビル503
分野を変更する

企業法務・顧問弁護士

[クリエイト]をキーワードに著作権、知財、IT法務に中心軸を置いています。[コンテンツ広告][メディア][教育][博物館][ウェブ事業者]など、ご相談ください。

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • 知的財産・特許

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

企業法務・顧問弁護士の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

-----------------------------------------
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京企業・IC法務の特徴
-----------------------------------------

一.重点分野
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央はクリエイトをキーワードに著作権・知的財産権・ウェブデジタル争訟・広告法務・コンテンツ紛争の解決と予防などを中心取扱分野に設定しています。

一.実績
著作権法、特にIT領域の著作権争訟については、知的財産権法専門裁判所での専門性の高い訴訟の取り扱い経験や、担当事件には重要判例集掲載事案も存在するなど実績を有します。また、訟務経験を活かした交渉・法律事務について幅広く取扱経験があります。

一.研鑽と発信
著作権法学会、弁護士知財ネットワーク、エンターテイメントローヤーズネットワークなど、各種学会、研究会に参加して知識をアップデートするとともに、著作権やコンテンツ関連紛争に関する情報発信も積極的に行っています。書籍監修も行っています。

一.事務所名にI2(IP(知財)、IT(インターネット))を冠し、著作権、知的財産権、ウェブデジタル領域について重視しています。

一.企業・クリエイターのコンテンツや、ウェブデジタル領域紛争に対して争訟解決・予防法務などを提供します。

一.23区内の企業には、オフィス訪問することもできます(23区外は応相談)。

※コンテンツ関連の法務について※
現在、企業法務においても得意分野に応じた弁護士の使い分けの時代になっています。コンテンツ関連の知識習得も志向し、クリエイト活動を行うなどクリエイトと関係が深く、知的財産権法関連特にウェブやデジタル領域が関係する案件の訟務・交渉・契約など対応経験がある弁護士をお探しの際は弊所へのご依頼も是非ご検討ください。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

幼児教育系の学校のオープンキャンパスで、子どもの好きなキャラクターを紹介する展示をする際に、市販品(正規品)のフィギュアを並べて展示することは著作編上 違法でしょうか? 教育上の使用の場合は問題ないと聞いたことがありますが、オープンキャンパスの場合はいかがでしょうか?

>市販品(正規品)のフィギュア 著作権法上展示権という権利がありますが、一点物のオリジナル(原作品)の美術品を展示する様な場合にしか及びません。 正規の市販品であれば、量産の複製品だと思います。そうであれば展示権は及びませんので、展示しても問題ありません。

齋藤 理央弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

項目 費用・内容説明
著作権・知的財産権・ウェブICT顧問契約 月額5万円(消費税、源泉徴収税等別)
:::::::::::::::
弊所提供法務最大の特徴であり、弊所で法務を受けて頂く最大のメリットとなるI2(著作権・知的財産権・ウェブデジタル及び情報通信法)分野の法律顧問を、特定法分野顧問として月額3万円から顧問契約を締結して頂けます。 一般的な法律問題は御社の現在の顧問弁護士等にご相談頂き、I2(知的財産・情報通信)分野の法律問題、紛争解決等は弊所にご相談頂くことや、I2(知的財産・情報通信)分野の法律問題についてセカンドオピニオンを得たい場合等に最適な顧問契約となっています。

::::::::::::::::::

著作権・ICT・知的財産権問題に関する法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務
法律相談とその他業務併せて月間3時間程度の上記法律サービスの提供を致します。なお、3時間はおおよその目安であり、1分でも超過したら追加料金を頂く、などという取り扱いではありませんが、大幅に超過する場合等別途追加料金などをご相談させて頂く場合があります。
個人クリエイター・芸術家など、フリーランスの方の顧問契約 月額3万円より(消費税別)
::::::::::::::::
著作権・インターネット案件を中心にした個人クリエイター・芸術家・著述家・音楽家などフリーランスの方のための顧問契約です。
訴額が低額で弁護士が受任できない事案における本人訴訟のアドバイスなど、争訟案件についても電話やメールで個別相談に応じる他、訴訟や交渉なども原則的な報酬体系より安価な料金をご提案させて頂けます。

::::::::::
クリエイター・著述家・芸術家等フリーランスで創作に係る方のための顧問契約

著作権・インターネットなどの問題に関する法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

法律相談とその他業務併せて月間1-2時間程度の上記法律サービスの提供を致します。なお、1-2時間はおおよその目安であり、1分でも超過したら追加料金を頂く、などという取り扱いではありませんが、大幅に超過する場合等別途追加料金などをご相談させて頂く場合があります。
訴訟案件における着手金・成功報酬金 経済的利益の額が300万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の8%(税別)
成功報酬 経済的利益の額の16%(税別)

経済的利益の額が300万円以上3000万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の5%+9万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の10%+18万円(税別)

経済的利益の額が3000万円以上3億円以下の事案
着手金  経済的利益の額の3%+69万円(税別)
成功報酬  経済的利益の額の6%+138万円(税別)

経済的利益の額が3億円以上の事案
着手金 経済的利益の額の2%+369万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の4%+738万円(税別)

*但し交渉・調停事件から引き続いて受任する際は着手金は上記の2分の1とする。また最低着手金は原則10万円(税別)とするが、事件の相手方の性質や事件の難易度に応じて増額する場合がある。
企業一般顧問契約 一般的な顧問契約について

月額で定額の顧問料金を頂き、顧問料の対価として、概ね下記の内容の法律業務を提供します。
①法律相談,②法律調査,③契約書類の確認・作成,④契約立会,⑤講演勉強会,⑥その他これに類する法律業務。
上記を、顧問料の対価に応じて月額に応じて定められた枠内で提供させて頂きます。契約書類の確認・作成費用等が含まれますので、一定数以上のご依頼を頂く企業・事業主の場合法律顧問契約を締結頂いた方が弁護士費用面で経済的となる場合もございます。
月額5万円の顧問契約
業務内容
法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

提供時間 月、5時間程度を目安とします。
着手金等 交渉・訴訟等紛争解決事案を受任する際30%の範囲内で着手金を減額致します。
月額10万円の顧問契約
業務内容
法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

提供時間 月、10時間程度を目安とします。
着手金等 交渉・訴訟等紛争解決事案を受任する際50%の範囲内で着手金を減額致します。
企業スポット法律相談 企業・事業主法律相談
1時間 15000円(税別)
その後1時間ごとに 10000円(税別)
出願登録業務 商標登録着手金(手数料)(1区分)
55,000円(税別)

※その後1区分追加ごとに、30,000円(税別)追加。


商標登録報酬金(謝金)(1区分)
45,000円(税別)

※その後、1区分追加ごとに、30,000円(税別)追加。



意匠登録出願着手金(手数料)
100,000円(税別)



意匠登録報酬金(謝金)
60,000円(税別)

※特許出願着手金・特許登録報酬金については、別途お問い合わせください。

※上記各料金は、「弁理士報酬額表(特許事務標準額表、料金表)」廃止後に実施された日本弁理士会アンケート結果を参考にしています。
著作権・知的財産権・IT犯罪刑事事件 知的財産権侵害被疑・被告事件における刑事弁護
着手金     32万4000円
成功報酬 32万4000円

被疑者段階(起訴される前)の着手金 32万4000円
被疑者段階成功報酬(不起訴・略式起訴) 32万4000円
起訴後一審判決までの着手金 21万6000円
一審判決の成功報酬(執行猶予など) 32万4000円

  不起訴の場合 
   32万4000円+32万4000円=68万8000円
 
  被疑者段階から弁護し起訴後執行猶予などの場合 
   32万4000円+21万6000円+32万4000円=86万4千円 



※難度の高い事件については別途お問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

インターネット問題

[企業][個人]著作権・知的財産権侵害などコンテンツの紛争解決・予防。 その他名誉、信用毀損・権利侵害・仮想通貨などインターネットトラブルについてご相談ください

インターネット問題の取扱分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

インターネット問題の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の特徴
-----------------------------------------
一.著作権法、特にウェブデジタル領域の著作権争訟については、知的財産権法専門裁判所での専門性の高い訴訟の取り扱い経験も複数あり、専門性の高い争訟についてもご相談頂けます。

一.インスタグラム、ツイッターなど米国インターネット企業に対する発信者情報開示訴訟、仮処分の対応実績が複数あります。

一.その他、インターネット法務や、コンテンツ関連知的財産権など、コンテンツ法務を重視し、総じてコンテンツ制作や、コンテンツの配信を行っているコンテンツ関連法務支援について重視しています。

一.インターネット上の名誉毀損・誹謗中傷に関する争訟にも対応実績があります。


【このようなご相談はI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京にお任せください】
・著作権、商標権などインターネット上で知的財産権を侵害している、誹謗中傷・名誉信用毀損をしている相手に対して法的対応をとりたい又は警告書が来た、訴訟を提起されたなど、著作権など知的財産権、名誉信用毀損、プライバシー侵害などに関連して、現在争訟になっており代理人を探している等

・ウェブサイト関連商標、プログラムの著作権・特許等ITデジタル分野の知的財産を重視した経営戦略について法律面からのチェックが欲しい。

・権利侵害の発信者について発信者情報開示を行なって特定したい。

その他お困りの際はどうぞご遠慮なくご相談ください。

※インターネット法務について※
インターネットでの名誉毀損・風評被害・知的財産権侵害について、対応経験があります。インターネット上の著作権・知的財産権侵害に関する争訟や、名誉棄損・風評被害に対する削除業務など幅広く対応経験がありますので、インターネットトラブルでお悩みの際はお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトについて、HTML、CSS、PHPなどの基礎知識に基づいて、ウェブサイトに関連した法律問題、ウェブサイトを巡る契約関係の問題など幅広くご相談をお受けしております。ウェブサイトの基本構造を理解しているため、相談内容について理解が迅速です。

名誉毀損やプライバシー侵害、仮想通貨やサイト作成を巡るトラブルなどについてもお気軽にお問い合わせください。

インターネット問題

料金表をみる

この分野の法律相談

漫画等のオリジナル作品で観光で観光スポットに行く物語などを作った場合ですが 観光スポットの名称や、実際に内部の紹介に近いセリフなどを収録した作品を販売した場合 (本編はそのスポットとは関係がないものです) 何かしら著作権の侵害や二次使用料の発生があるのでしょうか? よくドラマや漫画でも見...

風景には著作権は成立しませんが、建築物には著作権が成立し得ます。 ただし、建築の著作物は、著作権法四六条により、実際に同じ建物を建てるような場合でない限り著作権が広範に制限されており、観光スポットの外観を作品に模写したり、写真を使うことも許容されます。 >観光スポットの名称 名称については、短かすぎる場合は著作権で保護される対象とはなりませんので、...

齋藤 理央弁護士

「イラストの背景の参考に」という名目で、個人的に撮影した写真(画像)をフリー素材(背景素材)として配布(ダウンロード素材)している人をよく見かけます。 配布されている画像の中には商用利用不可の有料テーマパークや、お城や史跡などの歴史的建造物、神社、お寺、教会、ホテルのチャペル、公園、武道館...

建築の著作物は、同じ建物を建てない限り、自由に利用することができます(著作権法46条)。 したがって、写真に撮ってフリー素材として配信することも許容されます。 なお、建築著作物の著作権者は通常、建物の所有者ではなく、建物を設計した設計士さんなどになります。 また、フリー素材の利用規約は、通常、建築の著作権者ではなく、建築を撮影した写真(フリ...

齋藤 理央弁護士

インターネット問題の料金表

項目 費用・内容説明
スポット相談料 個人:30分4000円(税込)
企業:1万5000円(税別)
ウェブ紛争の訴訟における着手金・成功報酬金 経済的利益の額が300万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の8%(税別)
成功報酬 経済的利益の額の16%(税別)
経済的利益の額が300万円以上3000万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の5%+9万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の10%+18万円(税別)
経済的利益の額が3000万円以上3億円以下の事案
着手金  経済的利益の額の3%+69万円(税別)
成功報酬  経済的利益の額の6%+138万円(税別)
経済的利益の額が3億円以上の事案
着手金 経済的利益の額の2%+369万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の4%+738万円(税別)
*但し交渉・調停事件から引き続いて受任する際は着手金は上記の2分の1とする。また最低着手金は原則10万円(税別)とするが、事件の相手方の性質や事件の難易度に応じて増額する場合がある。
国内プロバイダに対する発信者情報開示 任意による発信者情報開示
 発信者1名かつプロバイダ1社 4万円(税別)-
  発信者乃至プロバイダ追加毎に2万円追加

発信者情報開示請求訴訟
 発信者1名かつプロバイダ1社 20万円(税別)-
  発信者乃至プロバイダ追加毎に10万円追加

発信者情報開示仮処分
 発信者1名かつプロバイダ1社 15万円(税別)-
  発信者乃至プロバイダ追加毎に5万円追加
国内プロバイダに対する削除業務 任意による削除請求
 コンテンツ・プロバイダ1社 4万円(税別)-
  コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に2万円追加

削除請求訴訟
 コンテンツ・プロバイダ1社 20万円(税別)-
  コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に10万円追加

削除仮処分
 コンテンツ・プロバイダ1社 15万円(税別)-
  コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に5万円追加
インターネット犯罪刑事弁護 インターネット犯罪の被疑・被告事件における刑事弁護
着手金     32万4000円
成功報酬 32万4000円

被疑者段階(起訴される前)の着手金 32万4000円
被疑者段階成功報酬(不起訴・略式起訴) 32万4000円
起訴後一審判決までの着手金 21万6000円
一審判決の成功報酬(執行猶予など) 32万4000円

  不起訴の場合 
   32万4000円+32万4000円=64万8000円
 
  被疑者段階から弁護し、起訴後執行猶予などの場合 
   32万4000円+21万6000円+32万4000円=86万4千円 



※難度の高い事件については別途お問い合わせください。
著作権・知的財産権・ウェブICT顧問契約 月額3万円(消費税、源泉徴収税等別)
:::::::::::::::
弊所提供法務最大の特徴であり、弊所で法務を受けて頂く最大のメリットとなるI2(著作権・知的財産権・ウェブデジタル及び情報通信法)分野の法律顧問を、特定法分野顧問として月額3万円から顧問契約を締結して頂けます。 一般的な法律問題は御社の現在の顧問弁護士等にご相談頂き、I2(知的財産・情報通信)分野の法律問題、紛争解決等は弊所にご相談頂くことや、I2(知的財産・情報通信)分野の法律問題についてセカンドオピニオンを得たい場合等に最適な顧問契約となっています。

::::::::::::::::::

著作権・ICT・知的財産権問題に関する法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務
法律相談とその他業務併せて月間3時間程度の上記法律サービスの提供を致します。なお、3時間はおおよその目安であり、1分でも超過したら追加料金を頂く、などという取り扱いではありませんが、大幅に超過する場合等別途追加料金などをご相談させて頂く場合があります。
個人クリエイター・芸術家など、フリーランスの方の顧問契約 月額1万円より(消費税別)
::::::::::::::::
著作権・インターネット案件を中心にした個人クリエイター・芸術家・著述家・音楽家などフリーランスの方のための顧問契約です。
訴額が低額で弁護士が受任できない事案における本人訴訟のアドバイスなど、争訟案件についても電話やメールで個別相談に応じる他、訴訟や交渉なども原則的な報酬体系より安価な料金をご提案させて頂けます。

::::::::::
クリエイター・著述家・芸術家等フリーランスで創作に係る方のための顧問契約

著作権・インターネットなどの問題に関する法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

法律相談とその他業務併せて月間1-2時間程度の上記法律サービスの提供を致します。なお、1-2時間はおおよその目安であり、1分でも超過したら追加料金を頂く、などという取り扱いではありませんが、大幅に超過する場合等別途追加料金などをご相談させて頂く場合があります。
企業一般顧問契約 一般的な顧問契約について

月額で定額の顧問料金を頂き、顧問料の対価として、概ね下記の内容の法律業務を提供します。
①法律相談,②法律調査,③契約書類の確認・作成,④契約立会,⑤講演勉強会,⑥その他これに類する法律業務。
上記を、顧問料の対価に応じて月額に応じて定められた枠内で提供させて頂きます。契約書類の確認・作成費用等が含まれますので、一定数以上のご依頼を頂く企業・事業主の場合法律顧問契約を締結頂いた方が弁護士費用面で経済的となる場合もございます。
月額5万円の顧問契約
業務内容
法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

提供時間 月、5時間程度を目安とします。
着手金等 交渉・訴訟等紛争解決事案を受任する際30%の範囲内で着手金を減額致します。
月額10万円の顧問契約
業務内容
法律相談,法律調査,契約書類の確認・作成,契約立会,講演勉強会,その他のこれに類する法律業務

提供時間 月、10時間程度を目安とします。
着手金等 交渉・訴訟等紛争解決事案を受任する際50%の範囲内で着手金を減額致します。
企業スポット法律相談 企業・事業主法律相談
1時間 15000円(税別)
その後1時間ごとに 10000円(税別)
出願登録業務 商標登録着手金(手数料)(1区分)
55,000円(税別)

※その後1区分追加ごとに、30,000円(税別)追加。


商標登録報酬金(謝金)(1区分)
45,000円(税別)

※その後、1区分追加ごとに、30,000円(税別)追加。



意匠登録出願着手金(手数料)
100,000円(税別)



意匠登録報酬金(謝金)
60,000円(税別)

※特許出願着手金・特許登録報酬金については、別途お問い合わせください。

※上記各料金は、「弁理士報酬額表(特許事務標準額表、料金表)」廃止後に実施された日本弁理士会アンケート結果を参考にしています。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる

交通事故

「練馬駅」徒歩1分。「物損」・「むちうち」から「重度後遺症」・「死亡案件」まで幅広く交通事故事案の対応経験があります。

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

交通事故の特徴

  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

-----------------------------------------
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京が選ばれる理由
-----------------------------------------
①交通事故案件は初回相談は無料です。予めご予約いただいた場合、休日・夜間の御相談も設定できますので、まずはお問い合わせください。

②交通法学会・賠償科学会会員、交通事故法律相談経験500件以上、
死亡・重度後遺症案件から、むちうち・物損など幅広く、交通事故案件の取扱い経験があります。

③明瞭な料金設定で、費用面が不安な方には着手時の弁護士費用を終件時払いにするなど御相談に応じさせてていただきます。

④交通事故以外にも、学校事故やスポーツ事故など各種損害賠償・法律相談受け付けています。

⑤当事務所は駅徒歩1分と大変立地がよく、西武池袋線練馬駅地図に案内も表示していることから、道に迷うことなくご来所していただけます。

⑥個室の相談室でプライバシーは厳守いたします。

⑦訴訟などでは視覚表現を利用した情報伝達を志向しているのも特徴です。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
練馬区をはじめとした、23区北西部や、埼玉県南部、多摩地区東部で交通事故の示談交渉、訴訟を担当できる弁護士をお探しの場合、弊所へのご相談もご検討ください。
・示談交渉
・後遺障害等級認定
・交通事故訴訟
・各種損害賠償訴訟

お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。


※交通事故について※
交通事故で被害者になった場合、重篤な後遺症が残った場合など、
ただでさえ大変な状況に示談交渉まで自分で行うと心身ともに負担が大きくなります。
その際、弁護士を代理人にすると加害者やその保険会社との示談交渉、調停、訴訟などをすべて委任することで、心理的・事務的負担を軽減することができます。

また自身の自動車保険(その他家の火災保険などにも附帯している場合があります。詳しくは保険会社にお問い合わせください。)で契約している弁護士費用特約を利用すれば経済的負担ほぼなく(詳しくは弁護士費用特約の内容によります)弁護士に示談交渉などをすべて委任することが出来ます。

■これまでの依頼者の声■
「昔、事故の示談で保険外会社の言い値で和解したら、低い価格で対応されていたので、今回は先生にお願いして、有利に対処していただいて本当に助かりました。」と感謝の声をいただいております。

※学校事故などその他の損害賠償※
学校事故やスポーツ中の事故、旅行中のトラブルなど各種損害賠償、保険会社への請求の問題などを取り扱っています。練馬区やその近隣で弁護士をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

【アクセス】
西武池袋線・都営大江戸線「練馬駅」から徒歩1分

交通事故

料金表をみる

交通事故の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 交通事故相談は無料でお受けいたします。

交通事故以外の事故・事件については30分4000円の法律相談料を頂きます。
交通事故交渉着手金 相手方に保険会社が介入している交通事故示談交渉案件に限り着手時の弁護士費用を0円とできます。
交通事故交渉報酬金 事件解決時に20万円(謝金)+弊所所定の成功報酬(税別)
備考欄 原則的な着手金方式の報酬体系でも受任できます。
交通事故以外の損害賠償案件は原則的な着手金方式の報酬体系となっています。
被害者保護の観点から着手時の費用負担を0とさせて頂いているため、弁護士費用特約利用案件については、原則的な着手報酬金方式の適用となります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京
所在地
〒176-0001
東京都練馬区練馬1丁目2番9精美堂書店ビル503
最寄り駅
西武池袋線・都営大江戸線「練馬」駅
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
1 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5347-0367

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
弊所営業時間内にご予約いただくことで、夜間、土日法律相談にも対応しております。
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京
所在地
東京都練馬区練馬1丁目2番9精美堂書店ビル503
最寄駅
西武池袋線・都営大江戸線「練馬」駅
I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京へ問い合わせ
電話番号 050-5347-0367

※I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
弊所営業時間内にご予約いただくことで、夜間、土日法律相談にも対応しております。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談