現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
須藤 泰宏弁護士

( すとう やすひろ ) 須藤 泰宏

須藤パートナーズ法律事務所

現在営業中 08:30 - 23:00

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【コロナ対策実施中】【初回電話相談無料/オンライン相談対応可】
◆スピーディかつ密な対応◆
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所

窓の外には緑が広がる完全個室の相談室ですのでリラックスしてご相談ください

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • カード払いあり

【コロナ対策実施中】
▼初回電話相談無料
現在,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,外出自粛要請が出されておりますが,これまでの対面相談では,いわゆる濃厚接触は避けられません。
当事務所では,電話相談に対応しており,初回電話相談を無料としておりますのでお気軽にお問い合わせください。
▼オンライン相談を受付しております
当事務所では,依頼者様とは,対面相談・電話・メールだけでなく,オンライン相談(WEB会議)を行っております。文字や声だけでなく,顔を見ながらのご相談が可能です。
※ZOOMを活用したオンライン相談となります。
※パソコンからの利用の場合はソフトのインストール等は不要ですが、スマートフォン・タブレットからの利用はアプリのインストールが必要です。ご不安な方には詳細を説明させていただきますのでご安心ください。

▼企業法務・顧問弁護士はお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中小企業や個人事業主の方から顧問契約をいただいております。
内部通報制度の設計導入に携わった経験あり。
債権者側、債務者側双方の立場に立って様々な案件を解決した実績あり。
債権回収も数多く経験、交渉力には特に自信あり。
顧問先が自社の業務に専念できるようしっかりとサポートさせていただきます。
※打合せ中・外出中等の事情でお電話に出れない場合もございますが、メールでお問い合わせいただければ、折り返しご連絡いたします。
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13102/l_442442/contact/

▼事例一覧
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_442442/#pro13
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士としての心がけ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼御社のビジネスを理解してみせます
御社のビジネスについて、即座に理解できなくても、理解できるまでとことんお話を伺います。
ビジネスを理解せず、杓子定規に単なる一般論で回答をするようなことはいたしません。

▼スピーディーな対応
ビジネスではスピード感がとても重要です。
私も顧問弁護士としてスピード感を持って対応することを心がけております。

▼密な連携
顧問先とは、専用の携帯電話で直接やり取りいたします。
また、専用のビジネス用チャットを活用して密な連携を心がけております。

▼フランクに相談できる存在でありたい
顧問弁護士だからといって、決して構えずに、フランクにご相談ください。
「こんなこと弁護士に相談してもいいの?法律に関わらないし」と思うことも、気軽にご相談いただいて構いません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくご相談をお伺いするため、初回のご相談料は無料としています。
◎ベーシックプランに限り、少額の債権回収(売掛金、貸付金等)について完全成功報酬制でご依頼を承れる場合がございます。

ーーーーーーーーーー
事務所HP
https://www.sutopartners.com/

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
顧問料 ★ベーシックプラン(基本はこちら) 【基本的に、顧問料はベーシックプランでのご案内となります。】

■月額顧問料:6万円

■対応範囲

【法律相談】
・電話(◆専用携帯◆)・◆ビジネス用チャット◆・メール・来所でのご相談
・御社・外出先での相談

【契約書】
・チェック
・作成

【債権回収】
・内容証明郵便(弁護士名)
・少額の債権回収 ※備考欄参照
・交渉バックアップ

【顧問弁護士の対外的表示】

【訴訟事件などの対応を行う際の弁護士費用の割引】
10%程度
顧問料 ライトプラン(参考) ■月額顧問料:3万円

■対応範囲

【法律相談】
・電話・メール・来所での相談

【契約書】
・チェック

【債権回収】
・交渉バックアップ

【顧問弁護士の対外的表示】
その他 外部通報制度の設計及び窓口の設置
セカンド顧問
なども対応しておりますので、お問い合わせください。
備考欄 お電話がつながらない場合は、メールでお問い合わせいただければご連絡いたします。
※少額の債権回収(売掛金、貸付金等)について完全成功報酬制でご依頼を承れる場合あり(ベーシックプランに限る)
※料金は、税抜きでの表示
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(2件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

元従業員からの残業代請求を断念させる形で解決した事例

  • 人事・労務
依頼主 40代 男性

相談前

元従業員から,残業代を請求を受けた。
残業の事実はないものの,会社の労働時間管理に至らない点があり,証拠を提示しての強い反論が難しい状況だった。

相談後

須藤弁護士に依頼し,事件解決にあたってもらったところ,最終的に相手方の請求を断念させる形で解決することができた。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

途中,元従業員が労働基準監督署に相談し,労基からの問い合わせも受けたため,顧問先企業としては,非常に心配されておりました。
しかし,労基に対しては,労働時間管理に不十分な点があったことは認め,以後労働時間管理の徹底のための改善策を提示しました。

また,元従業員に対しては,上記お通り,労働時間管理についての会社の落ち度は認めたうえで,しかし,事実として残業の事実はなかったため,1つ1つの根拠としては弱い証拠でしたが,いくつも複数の証拠を重ね合わせ,残業の事実はない旨の反論を行いました。
最終的に,元従業員が請求を断念したため,解決することができました。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

請負契約書がない中で未払いとなっていた請負代金債権の回収に成功した事例

  • 不動産・建設
依頼主 40代

相談前

工事を請け負い,請負内容どおりに工事を完成させたものの,なかなか代金を払ってもらえないまま連絡が途絶え,そのまま1年以上たってしまっていた。

相談後

顧問弁護士である須藤弁護士に依頼したところ,すぐに回収に向けて動いてくれ,依頼から1か月ほどで全額回収することができた。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

顧問先企業としては,請負代金の金額が大きくなかったため,弁護士に依頼してまで回収を図ることに費用対効果があるのかどうかを非常に心配されておりました。
しかし,当事務所の場合,顧問契約のプランにもよりますが,着手金の発生しない,完全成功報酬制で受任させていただく場合があり,この件ではこの形で依頼を受けることができたため,費用対効果の点は,ご心配いただく必要はありませんでした。

また,この件では,早期に注文者の所在を特定することができ,注文者と直接交渉も行うことができ,ご依頼から1か月で全額回収できました。
また,この件では,注文を受けた請負契約書がなかったため,注文者が請負契約の存在を否定してきた場合の対応が心配されていました。
その場合の立証について,複数の根拠を集め,注意を払って対応に臨みましたが,強く否認されることもなく,契約の存在を認めさせることに成功しました。
スピード解決することができ,顧問先企業に満足いただくこともできたため,よい解決ができたと思います。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
★弁護士直通ダイヤル★電話相談可能◆不倫をしてしまい,慰謝料請求を受けている方へ◆不倫問題の解決実績多数◆女性側/実績多数【コロナ対策実施中】
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所

窓の外には緑が広がる完全個室の相談室ですのでリラックスしてご相談ください

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

【コロナ対策実施中】 ※詳細はプロフィールページをご覧ください。
▼電話相談初回無料
▼オンライン相談(WEB会議)を受付しております。
※ZOOMを活用したオンライン相談となります。

【不倫をして慰謝料請求を受けている方へ】

不倫をしてしまい,例えば「慰謝料を請求する!」「勤務先に不倫をバラしてやる!」「お前の家族にも不倫をバラすぞ!」そういった言葉とともに不当で高額な慰謝料請求を受けているという事例は数多くございます。
当事務所では,そういった不倫問題(男女問題)で慰謝料請求を受けている方の問題解決に特に力を入れております。
不当に高額な請求を大幅に減額した事例,相手方からの不当な要求を取りやめさせた解決事例も多数ございます。
相手方からの不当な請求や要求は,時にあなたの生活を破壊するだけでなく,あなたの周囲をも巻きこんでしまうものです。
不倫をしてしまったご本人を含め,そのご家族の平穏な生活をサポートするために,弁護士に相談してみるのはいかがでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士による直接対応

これまで200件以上,不倫の慰謝料請求に関する相談をお受けし,相手方からの不当に高額な請求を大幅に減額し,また,相手方からの不当な要求を取りやめせ解決した事例が数多くございます。
そのため,不倫の慰謝料請求に関するご相談をお受けした場合には,相手方からの請求や要求が正当なものなのかを素早く判断し,説明することが可能です。

お問い合わせをいただいた場合,原則弁護士が直接対応いたします。

説明については,わかりやすさを常に心がけており,おかげさまで,多くのご依頼者様から,「説明がわかりやすかった」「親身になって話を聞いてくれた」など,満足の言葉をいただいております。女性側の代理人として相談や事件解決に当たった事件が多数ございますので,安心してご相談ください。

※打合せ中・外出中等の事情でスタッフによる応対の場合もございますが,その場合には弁護士が折返しご連絡いたします。メール問い合わせも受け付けています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士費用について明確なご提示
弁護士に案件を依頼すると,いくら費用がかかるかわからないと不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。
当事務所では,相談時に弁護士費用についてご提示し,総額費用を明確に示した上で,ご依頼をお受けいたしますので,安心してご依頼いただけます。
着手金のカード決済も可能です。
ーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談例

既婚者と不倫していたところ,不倫相手の配偶者に不倫がバレてしまった。
不倫相手の配偶者から,
✔慰謝料請求を受けているが,金額が高額すぎて支払えないので,減額の交渉をして欲しい。
✔慰謝料請求を受けてしまったため,自分で減額交渉してみたが,うまくいかないので,弁護士のアドバイスが欲しい。
✔「お前の家族にも不倫のことをバラしてやる」と言われているが,自分の家族に不倫がバレれば一大事なので,なんとか解決したい。
✔「勤務先に不倫のことを通告する」と言われて脅されている。
▼解決事例一覧▼
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_442442/#pro3_case
ーーーーーーーーーーーー
▼重点取扱案件▼
不倫をして,慰謝料請求を受けている方からのご相談
ーーーーーーーーーーー
▼アクセス
最寄駅 東池袋(東池袋四丁目)駅,池袋駅
交通アクセス 東池袋駅徒歩2分(2番出口),池袋駅徒歩5分(35番出口)

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

離婚調停で相手方に代理人が付いている場合、 復縁は不可能でしょうか?

ご質問からして、あなた様としては復縁を希望したいということかと思いますが、 配偶者が代理人に依頼し、代理人を通じて離婚調停が申し立てられているということからすると、配偶者の離婚意思は強く、復縁は難しいのではないかと想像します。 ただ、一概には不可能とは言えませんし、配偶者が離婚を希望する理由や、これまでの経緯などを踏まえ、改善による修復の余地があるのか、...

須藤 泰宏弁護士

お恥ずかしながら、私と夫は不貞一回が元配偶者にバレ、相手は調停離婚をし、半年後に私達は再婚しました。 夫は調停離婚し、相手へ財産分与を全てし、100万円の慰謝料を支払い済みです。 調停準備書?には、200万円とありましたが、財産を渡すので100万円と決着がついております。 また、私にも請求予定と書...

ご相談内容拝見しました。 元配偶者からあなたに対してなされている慰謝料請求に対して、ご主人と元配偶者間での、離婚成立後の取決めにより、支払いには応じられないという形で反論していく余地があるのではないかと思います。 また、全ての請求までは遮断できないとしても、少なくともご主人が離婚時に100万円の慰謝料を支払っているという事情は、あなたへの請求金額を減額す...

須藤 泰宏弁護士

調停で離婚が成立しました 調停調書正本に、元夫が名義人で私が被保険者の医療・生命保険を離婚後は名義人を私に変更すると約束する と記載されています しかし離婚届を提出した翌日に元夫が解約をして解約返戻金を受け取ったようです 調停で決まったことに違反をし、解約返戻金まで取られました。 どのよ...

ご相談拝見しました。 いったん解約された保険をもとに戻すことはできないと思われますが、 調停で定めた名義変更に違反しているとのことで、少なくとも解約返戻金の取戻しの請求はできるのではないかと考えます。 ご病気のこともありますし、一度調停で成立した調書を弁護士に見てもらいご相談なさってみてください。

須藤 泰宏弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分まで無料
※1
不倫で慰謝料請求などを受けている方の案件 着手金:16万5000円(税込)
報酬金:5万5000円+減額できた金額の22%(税込)
その他 ※1 不倫で慰謝料請求されている方のご相談に限ります。また、初回30分無料は、平日の日中(10時開始から17時開始まで)のご相談に限ります。

ご依頼時は、その他の費用として、実費などがありますが,費用の詳細はご相談時に詳しくお示ししますのでご安心ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【不倫・慰謝料】不倫の証拠が弱い事例だったにもかかわらず,不倫を認めさせ,慰謝料を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 30代 男性

相談前

ここ数ヶ月妻の様子がおかしいと思っていました。
仕事後の帰宅が遅くなったり,仕事上の理由をつけては休日に外出することも増えていました。もしかしたら不倫しているんじゃないかと思っていました。
妻の職場の同僚が怪しいと睨んでいたところ、ある同僚男性とSMSやLINEで頻繁にやり取りしているのを発見しました。
やり取りの中身からは,デートの約束をするなどかなり親しい様子であり,間違いなく不倫していると思いましたが,肉体関係を示すやり取りや画像までは見つかりませんでした。
この同僚男性に不倫の慰謝料請求をしたいと考えていましたが,確たる証拠がない状況で,慰謝料請求してもしらを切られるだけではないかと不安でした。
探偵に調査を依頼することも検討し問い合わせましたが高額な費用がかかるとのことでしたので、どうしたらいいのかわかりませんでした。
このサイトで須藤弁護士のページを見つけたため、須藤弁護士に相談することにしました。

相談後

須藤弁護士に相談した結果、やはり私が持っている証拠だけでは、不倫の証拠としては十分ではないとのことでした。
しかし、詳しく話を聞いて事情を聞いて下さり、証拠も確認してくださった結果、不倫していること自体は間違いないだろうと判断してくださいました。
そして、この証拠で相手方を追及していく方法について説明提案をしてくださり、リスク説明もしていただきましたが、説明に納得ができましたので、須藤弁護士に対応を依頼することにしました。
その後、須藤弁護士が相手に連絡したところ、途中相手方は不倫を否定したようですが、追及を続けた結果不倫を自白したとのことでした。
相手が不倫を認め、慰謝料を支払うという内容で解決することができ、満足しています。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本件は,相談者が心配されていたとおり,不貞の証拠としては弱く,不貞相手が不貞を認めず裁判になった場合には,慰謝料請求が認められない可能性が高い事案でした。
しかし,だからといって,これから探偵に依頼されたとしても,確たる証拠が押さえられるかどうかわからず,高額な調査費用の負担だけが残る可能性もありました。
そのため,ご相談に当たっては,相談者の心情に配慮しつつも,十分にリスク説明を行ったうえで,相談者の意向確認を行い,その結果,受任いたしました。
受任後,通常であれば速やかに請求を開始するところですが,本件は,証拠が弱い案件であり,仮に不貞相手に否認を続けられると,請求できなくなるリスクが高い事案でした。そのため,証拠を精査をさらに慎重に行い,行動を時系列化するなどにより十分に把握した上で,請求を開始いたしました。
当方の請求に対し,不貞相手から電話連絡があり,案の定,当初は不貞自体を否認していましたが,私が数度にわたって追及・説得を続けたところ,次第に,不貞を認める態度に変化したため,その後交渉を続け,最終的に,不貞を認め謝罪し,慰謝料を支払ってもらう形で示談が成立いたしました。

離婚・男女問題の解決事例 2

【不倫裁判/慰謝料を請求されている】不倫相手の夫から裁判で660万円の慰謝料請求を受けたものの,請求金額が大きすぎると主張立証し,判決で110万円まで減額することに成功した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 40代 男性

相談前

過去に既婚の女性と不倫関係にありました。
2年以上前にその女性とは別れていましたので、不倫のことは正直なお話として忘れかけていました。
しかし、どうやら不倫していたことが旦那さんがバレてしまったようで、旦那さんから裁判をおこされてしまいました。
前置きなくいきなり裁判でしたし、金額を確認したところ660万円という請求額でしたのでびっくりしてしまいました。
自分では対応できないと思い、須藤弁護士に相談しました。

相談後

須藤弁護士に事情を説明して、相談に乗ってもらい、須藤弁護士に裁判対応をお願いすることにしました。
最終的に、110万円を支払うという内容での判決となり解決しました。
当初請求を受けていた金額が660万円という莫大な額でしたのでどうなるか心配でしたが、事前に説明いただいていた範囲で解決していただけましたので、ほっとしました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

詳しく事情を聴取したところ,相談者が,相手方の妻と不倫関係にあったことは事実でした。また,相手方の夫婦が別段夫婦関係が破綻しているような状態でもありませんでした。
状況からして,相手方による相談者に対する一定の慰謝料請求は認められる事案でしたが,相手方が請求している660万円という金額は状況からみて高額すぎました。
相談者は,状況からして自分が悪いことは自覚していたものの,仮に相手方の請求額が認められたら,到底払いきれないし,生活できなくなってしまうと,とても危惧されていました。

そのため,相談者には,一定の慰謝料は支払わなければならないものの,請求額が高額すぎるため,判決としてはもっと低くなると予想されること,損害額についてもっと減額されるよう,適切に主張立証を尽くすべきである旨,説明しました。

相談者は,私を信頼し,対応を依頼してくれたため,私は,その後,損害額がもっと小さいという方向で主張立証を尽くしました。

その結果,最終的に,裁判所から110万円を支払えという判決で解決することができました。

私としては,状況からして,もう少し判決認容額を下げることができればさらに良かったと思いますが,判決相場からして相当な額で解決に結びつけることができ,依頼者にも満足いただけたため,よい解決だったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

【不倫/慰謝料を請求されている】不倫相手の配偶者から300万円の慰謝料請求を受けたものの,最終的に,相手方の請求を断念させることに成功した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

結婚し妻がおりましたが、同じく既婚の女性と不倫の関係にありました。
不倫相手の夫に不倫していることがバレてしまいました。
すぐに、不倫相手の夫から連絡があり呼び出され、その場で慰謝料として300万円を払うように要求がありました。
突然のことでしたし、あまりに高額の請求でしたのでその場ではお答えできませんと言って、その場はいったん離れました。
色々考えましたが、これ以上妻に隠しながら対応することはできないと思い、不倫のことを妻に告白しました。
当然ながら、妻には激しく怒られましたが、まずは相手からの請求にどうにか対応しなくてはいけない、相談できる弁護士を探そうと言ってくれました。
妻が適任の弁護士を探し何人かの弁護士に問い合わせをしてくれた結果、須藤弁護士に相談することになりました。

相談後

須藤弁護士に相談したところ、事情を聞いて下さったうえで、解決までの流れや、解決の見通し、依頼した場合の費用などを説明してくださいました。
説明に納得できたため、須藤弁護士に対応をお願いすることにしました。

その後、須藤弁護士に動いていただき,相手との交渉を行ってもらいました。
途中で相手方は弁護士に依頼したため,弁護士どおしでの交渉となりました。
しばらく弁護士どおしでの交渉をしてもらいましたが、最終的に、相手方は相手方の弁護士を解任することになりました。
相手方は請求も断念したため、私は一切慰謝料を支払わずに,解決することができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

相談者から詳しく状況を聞きとったところ,相談者が不倫していたことは間違いなかったため,不倫相手の夫による慰謝料請求自体は適法な状態でした。
しかし,相談者も結婚しており,いわゆるW不倫の事案だったため,相談者の妻も,相談者の不倫相手に慰謝料請求ができる状態でした。
詳しく事情を聞きとりましたが,両夫婦ともに今後も婚姻を継続する見込みであったことなどからして,
不倫相手の夫による相談者に対する慰謝料請求の額
相談者の妻による夫の不倫相手に対する慰謝料請求の額
はおよそ同額であると考えられました。
そうなると,両夫婦が婚姻を継続する見込みである以上,
相談者が不倫相手の夫からの慰謝料請求に応じ一定の慰謝料を支払っても,
今度は,不倫相手(慰謝料請求を受けた夫の妻)が,同額の慰謝料を支払うことになります。
そうなれば,相談者に対して慰謝料を請求している不倫相手の夫にとっては,
自分が慰謝料を支払ってもらっても,自分の妻が同額の慰謝料を支払うことになり,夫婦という単位でみれば,お金が循環するだけであまり意味がないことになります。
そのため,相手方とは,W不倫の事案であり,すでに相談者の妻も不倫を把握しており慰謝料請求ができる状態にあることなどから,両夫婦(4者)間で,慰謝料の支払いは双方行わず,ゼロ解決すべきという方針を立てました。
この方針を相談者に説明した結果,私に交渉をお願いしたいとのことで,依頼を受けました。
私は,この線で相手方本人と交渉を行ったところ,途中,相手方は,自身での交渉は困難と判断したのか,弁護士に対応を依頼されました。
その後も,私は,基本的方針を変えずに,相手方の弁護士との交渉を継続しました。
最終的に,相手方は請求を断念し,弁護士を解任し,自身の請求も断念しました。
これにより,相談者が一切慰謝料を支払わない形で解決することに成功しました。

離婚・男女問題の解決事例 4

【不倫裁判/慰謝料を請求されている】不倫相手の妻から裁判で385万円の慰謝料請求を受けたものの,最終的に210万円の支払いという内容で解決できた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

私は独身ですが,既婚の男性とお付き合いしており,いわゆる不倫の関係にありました。
何か月か交際した後、不倫相手の奥様に不倫がバレてしまいました。
その後、私は不倫相手の奥様から弁護士を通じて慰謝料の請求を受け、何度か自分で交渉を行いましたがうまく解決することはできませんでした。
その後、不倫相手の奥様から裁判を起こされてしまい,不倫により離婚することになったとのことで、合計385万円の慰謝料を請求されることになりました。

相談後

裁判を起こされてしまい、また高額な請求を受けてしまったため、自分では対応しきれないと思いました。
そこで須藤弁護士に裁判対応について相談させていただき、裁判対応を依頼いたしました。
須藤弁護士には、不倫自体は事実でしたので認める形で裁判を進めてもらいましたが、こちら側の言い分や反論もありましたので、主張や証拠をまとめてもらい戦っていただきました。
最終的には、相手方に慰謝料として210万円を支払うという内容での裁判上の和解で解決することができました。
不倫した私が悪いのですが、私の言い分もきちんと聞いて的確に反論してくださりました。
お支払いする金額も納得であり,いい形で解決して下さり感謝しています。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

相談者から事情を確認したところ,相談者が相手方の元夫が既婚であると知りつつ不倫関係にあったことは事実でした。
また,相手方の夫婦が,不倫発覚がきっかけとなり,離婚したということも事実でした。
さらに,相手方ご夫婦の婚姻関係が完全に破綻しているとまでは言えない状態でしたので、状況からして相手方の慰謝料請求を完全に退けることはできない事案でした。

しかし,事情に照らすと,相手方の385万円という請求が高額すぎましたので,こちらに有利な事情を主張しつつ,適切な金額まで減額されるべきであると反論する方法で裁判に対応をいたしました。

最終的に,裁判所から,双方に対し,210万円という金額での和解の提案がなされ,その提案を双方が受け入れる形で,裁判上和解することができ,解決することができました。
210万円という金額は大きな金額であり依頼者にとっては大きな出費となりましたが,弁護士として事案をみた場合,適切な金額であると思えましたし,依頼者の納得も得られての解決でしたので,よい解決ができたと考えています。

離婚・男女問題の解決事例 5

不倫に伴う不当要求に対する対応

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 50代 男性

相談前

結婚している既婚の女性と不倫関係にありました。
不倫相手のご主人に不倫がバレてしまい、慰謝料を要求されました。
私は、慰謝料として一定額を支払いましたが、その後も、何か理由をつけては何度も金銭の支払いを要求される状態が続きました。
「妻との離婚に伴い別居をする必要もあるため、引越し費用も負担しろ」「要求に応じなければ身内に連絡するぞ」などと脅されました。
要求がどこまでエスカレートするかわからず、いつ終わるのかと不安と恐怖でいっぱいでした。
もはや自力での解決は困難であると思い、須藤弁護士に相談した結果、須藤弁護士に対応を依頼しました。

相談後

依頼後、須藤弁護士はすぐに動いて下さり、不倫相手のご主人に連絡を入れてくれました。その結果以降、直接連絡が来ることはなくなりました。
毎日のように連絡を受け、金銭の要求をされていましたので、それがなくなっただけでもとても安心でした。

その後は、須藤弁護士に交渉を続けてもらいました。
追加の要求には一切応じないという形で無事に解決してもらうことができたため、とても満足しています。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

不倫発覚をきっかけとして、不倫相手の配偶者から恐喝や脅迫にあたるような行動を受けているという相談が増えています。
また、男女問題特に不倫関係を解消するに当たり、交際相手から解決金(いわゆる手切金)を請求されたり、家族や職場にバラすぞなどと脅迫や恐喝を受けているという相談もよくお受けします。

今回のケースでは、不倫の事実自体に間違いがありませんでした。
このようなケースでは,自分が加害者の立場にあるということが後ろめたさとなり、不倫相手の配偶者からの要求に対し、毅然と対応することができず、ある種、言いなりになってしまうということが少なくありません。

ご相談を受けましたが、同じように不当要求を受けている事案を対応した経験があったため、速やかに対応を開始しました。
具体的には、受任通知を作成し送付するという通常の対応に加え、受任通知が到着するまでの間に、依頼者がなんらかの不当要求を受けることも考えられたため、すぐに私から電話連絡を行いました。
電話では、代理人して受任したこと、詳細は書面で通知するが、あなたの依頼者に対する要求は違法であると考えているため即座に自制すべきであること、仮に以後依頼者に直接連絡された場合、こちらも正当な対抗措置をとる可能性があることなどを伝えました。
その後、相手方は、私に対しては、何度も連絡を行なってきましたが、依頼者に直接連絡することはなくなったため、依頼者は平穏な生活を取り戻しました。
最終的には、すでに慰謝料を支払済であり、その額も本件の事情に照らすと、妥当な金額であるといえましたので、
依頼者はすでに慰謝料を支払済であるため、それ以上の支払義務はない、
以降、相手方は依頼者に対し、一切の連絡接触を行わない
という内容を骨子として、
相手方と合意することができ、最終解決に至りました。

この種の要求は、一般の方からみれば、法的に正当であるようにも思えますが、
専門家が見た場合には、あきらかに不当であり、犯罪に該当するような場合もあります。
同種事案の対応経験があり、交渉に強い弁護士が介入すれば、速やかに解決できる場合も少なくありません。
まずは、一度、同種事件の経験値がある弁護士に相談されることをおすすめします。

離婚・男女問題

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
★弁護士直通★東京・埼玉・神奈川・千葉即日接見可能【家族が逮捕されたらすぐにお電話を!】【池袋駅徒歩6分】【早期釈放・前科回避を目指しスピード対応】
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所
須藤パートナーズ法律事務所

窓の外には緑が広がる完全個室の相談室ですのでリラックスしてご相談ください

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 加害者

事件内容

  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • カード払いあり

▼家族が逮捕されらすぐにお電話を!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家族が逮捕された場合、逮捕から48時間以内に警察から検察官に送致され、通常、24時間以内に検察官から裁判所に勾留請求がなされることとなります。
早期の釈放を実現し、また、前科を回避するためには、この72時間の間、逮捕されているご家族のためにどのような刑事弁護活動ができるかが重要です。
あなたが家族の逮捕の一報を受けたときにはすでにこのカウントが始まっています。
最善の弁護活動には一定の時間を要することを考えると、逮捕後数時間のうちには弁護士が動き出す必要があります。
一刻も早くご家族に接見(会い)に行き、ご家族のために最善の弁護活動が提供できる弁護士の力が必要です。

▼迅速かつ最善の弁護活動を行います!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまで、横領、背任、詐欺、盗撮、痴漢、強制わいせつ、大麻・覚醒罪などの違法薬物関連、暴行・傷害、脅迫、窃盗事件など多数の刑事事件を取り扱ってまいりました。そのため、確かな経験値に基づく、迅速かつ適切な対応が可能です。
また、刑事事件の被害者の方との示談交渉も多数行ってきたほか、被害者側にたって加害者との示談交渉を対応した経験もあり被害者の方の心情に配慮しつつ示談交渉を進めますので、示談交渉には自信があります。

※打合せ中・外出中等の事情で弁護士が直接対応できず、スタッフによる応対の場合もございますが,その場合には弁護士が折返しご連絡いたします。メール問い合わせも受け付けています。
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13102/l_442442/contact/

あらゆる事件の中でも特に、刑事事件はスピードが求められます。
スピード感を第一に、最善の弁護活動を行うことで、最良の解決を目指します。

▼当事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☑スピーディーな初動(可能な限り最速での本人との接見)
☑弁護士直通携帯電話での直接やり取り
☑刑事弁護の実績多数

▼弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士費用については、ご相談時にお見積もりをお出しし、ご納得いただけるまで説明を行いますのでご安心ください。

◎初回相談無料
 ※ただし、本人またはご家族からの相談に限ります。
◎24時間メールでの予約受付
◎弁護士費用のカード決済可能

▼よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✔︎家族が逮捕されたという連絡があったが、状況が分からないので、すぐに接見(面会)に行って様子を確認して欲しい。
✔︎家族が犯罪行為をして逮捕されてしまった。会社に発覚し解雇になることは避けたい
✔︎家族が会社のお金を使い込んでしまい、会社にばれて逮捕されてしまった。会社側との示談交渉をお願いしたい。
✔︎会社の従業員が不祥事を起こしてしまった。民事刑事含め、会社としてどのように対応していくのが望ましいか。
▼事例一覧
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_442442/#pro11

▼重点取扱案件▼
家族が逮捕されてしまっている刑事事件
ーーーーーーーーーー
▼アクセス
最寄駅 東池袋駅徒歩2分(2番出口),池袋駅徒歩6分(35番出口)

▼備考
お問い合わせの時間や当日の状況等により即日接見ができない場合もございます。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

17歳の少女とは知らず関係を持ちました 数回目に会った際、帰り際に警察に事情聴衆をうけ、18歳未満だと知らなかったこと、金銭のやりとりはなかった旨を伝えています 数ヶ月経過した先日、少女の保護者から職場に直接電話があり、裁判をすると言っていると上司から伝えられました 1.警察や弁護士から本人へで...

ご相談拝見しました。 1について、珍しいことだと思います。 2について(今後について)ですが、弁護士に依頼して、 少女の保護者と示談交渉を含め、対応をお願いされるのがよいと思います。

須藤 泰宏弁護士

夫が器物損壊で3日前に逮捕されました。 今日相手の方と示談することが決定し、今示談書を作成しているところです。 今日の午前中で逮捕後48時間が経ち、検察に行って勾留延長が決まり、その後示談になることが決まりました。しかし、すぐには釈放出来ないと言われ最短で来週の月曜日と言われました。残っている...

ご相談拝見しました。 ご心配のことと思いますが、すでに国選弁護人が選任されている状況とのことですので、 引続きその弁護に連絡を取られ、釈放を早めることができないかご相談されるのがよろしいかと思います。

須藤 泰宏弁護士

暴行or傷害事件の加害者としてご質問があります。   一か月前に泥酔状態で電車に乗りました。 自分は吊革に捕まった状態で寝てしまったのか電車内での記憶が全くありません。 記憶が戻ったのは『背中を殴られた。警察に連れていく。』と言われ被害者に服を引っ張られ駅長室に連れていかれるところでし...

ご事情拝見しました。 警察に連行された際、事情聴取の他に、殴った(と被害者が申告している)あなたの拳について、特に検査などは実施されていないでしょうか。 事情を聴かれただけでしょうか。 伺った事情からすると、暴行の証拠としては、弱いのではないかと思います。 被害者に腫れ跡があるとしても、目撃者もなく、カメラ映像などもないということですと、あなたが...

須藤 泰宏弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料
※すでに事件化している案件に関する本人またはご家族からの相談に限ります
※1
初回接見 3万3000円(税込)〜
※弁護士が警察署または拘置所に面会に参ります
※費用は警察署の場所や緊急対応度により異なりますのでお問い合わせください。
着手金 被疑者段階(起訴前)の弁護活動:33万円(税込)~
被告人段階(起訴後)の弁護活動:33万円(税込)~
(※事件の難易等により異なりますので,相談時にお見積りをご提示いたします)
報酬金 ※早期に釈放された・示談が成立した・不起訴処分を獲得したなど、こちらにとって有利な結果が出せた時に発生する費用です。結果により異なりますので相談時にお見積りをご提示いたします。
事件化前サポートプラン 3カ月11万円(税込)~(逮捕された場合の初回接見込み)
備考欄 ※1 初回30分無料は、平日の日中(10時開始から17時開始まで)のご相談に限ります。

お電話がつながらない場合は、メールでお問い合わせいただければご連絡いたします。
費用について事前に明確にお見積もりをご提示してからご依頼をお受けしますので、ご安心下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(12件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【振り込め詐欺事件(出し子)】【不起訴処分を獲得】【ご家族からの依頼】振り込め詐欺事件で現行犯逮捕され勾留されたが、本人に詐欺に加担する意識がなかったことを主張した結果、無事釈放され不起訴を得た事例

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご家族が逮捕されたとのことで、逮捕された本人に代わりご家族から依頼を受けました。
被害者からお金をだまし取ろうとお金を受取りに行った現場で、
警察官に現行犯逮捕されたという事案でした。
しかし、ご本人は、主犯格の詐欺集団にうまくそそのかされしまっており、
詐欺に加担しているという意識を全く持たないまま、
振り込め詐欺事件に関わってしまったというものでした。

相談後

ご家族からのお電話での依頼でしたが、ご家族は、突然の本人逮捕の連絡を受け、
また警察からもあまり詳しい事情を知らされていなかったため、
とても心配されている状態でした。

依頼後すぐさま警察署に行き本人と面会(接見)を行いました。
本人に詳しく事情を確認したところ、当日現場にお金を受取りに行ったこと自体は間違いない、
しかし、振り込め詐欺に加担している認識は全くないとのことでした。
本人はアルバイトの募集を見て応募し採用されていました。
アルバイトとして荷物を受け取りに行くよう指示を受け、
荷物の中身も知らず受け取りに行っただけで、
犯罪行為に加担しているとは全く思わずに行ったとのことでした。

弁護士としてもすぐには信じがたい弁解でしたが、細かく何度も事情を確認し疑問点も聴取しました。
その結果、本人は当時、本当に詐欺行為の認識を持っていなかったということが確信できましたので、
詐欺行為の認識がなく、無罪であるという方針で弁護活動を行いました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

検察・警察のその後の取調べは、予想していた通り、
本人が振り込め詐欺に関わっていることを知りながら、お金目的で詐欺に加担したのだとうという前提で行われました。
そのため、本人には適宜黙秘権を行使させ、またできる限り日を空けずに面会(接見)に行きました。
さらに、検察官に対して、本人の了解の下、本人の認識や弁解内容を書面にまとめ、詐欺行為に加担している認識がなかったことを説明しました。
また、行き過ぎた取調べがなされないようけん制を行いました。
これらの結果、本人が詐欺の認識を持ちながら加担したとまでは言えないと判断され、不起訴処分を獲得することができました。

振り込め詐欺を含め、特殊詐欺事件は、今もなお横行しています。
故意にこの詐欺行為に加担した人間はもちろん許されません。
しかし,首謀者らに言葉巧みに操られ,詐欺の認識なく,結果として関与してしまっただけの人には罪はありません。
ご本人の容疑が晴れ、とてもよい解決となり非常に良かったと思います。

ただ、首謀者らについては別途適正な捜査が行われ、適正な処罰がなされることを願っています。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

【痴漢(わいせつ)事件】【早期釈放の実現】【ご家族からの依頼】痴漢(わいせつ)事件で勾留期間満了前の早期釈放を実現し,その後不起訴処分を得た事例

  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

痴漢(わいせつ)容疑で逮捕された男性の奥様よりご依頼を受けました。
男性は会社員であり、長期間の勾留が続けば会社に事情を話さざるを得ない状況でした。
すぐに本人が逮捕されている警察署に行き、本人と面会(接見)をいたしました。

相談後

事情を聴き取り、容疑に間違いがないかや、会社での立場、
ご家族との協力状況などを把握したうえで、
本人に最適の弁護方針を立て、今後の流れや見通しの説明と合わせ本人に弁護方針を説明をしました。
本人は痴漢容疑に間違いがないが、この件で長期間拘束されることで、家族を不安にさせ、また会社を解雇されてしまわないかととても心配されていました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本人は痴漢容疑に間違いがないとのことでした。
そうなると、被害者との示談成立が何よりも最重要となるため、すぐさま捜査機関と連絡を取りました。
捜査機関に協力してもらい、被害者との示談交渉を開始しました。
このような性犯罪などの場合は特に、捜査機関は弁護士にしか被害者の連絡先を教えようとしてくれません。

被害者と、まずはお電話でお話しした上で、誠心誠意謝罪をし、お会いする約束を取り付けることができました。
その間、本人の奥様とお会いし、事情を説明した上で身元引受書を作成いただくととも
に、本人の会社への連絡の仕方などをアドバイスしました。
また、示談が成立しすぐに示談金をお支払いできるよう、想定される示談金を預かりました。
また、示談成立した場合には、速やかに釈放するよう検察官に要望するとともに、
それでも早期釈放されない場合に備え裁判所への上申書も準備しました。

その後、被害者と面会し交渉した結果、その場で示談が成立し、被害届の取下げにも同意いただいたきました。

示談成立後、その足で、検察官に必要書類を提出しに行った結果、
無事に本人は釈放されました。勾留期間満了前の釈放でした。

その後、本人は家族に再犯しないことを誓い、職場にも復帰され、少しずつ以前の生活
をに戻られました。
釈放後、しばらくして本人の不起訴が決定しました。

痴漢・わいせつ事件・盗撮事件などいわゆる性犯罪は、犯罪の中でも特に被害者に与える精神的ダメージが大きく、絶対に許されません。
しかし、犯罪を犯してしまった場合には、被害者の方に対し、誠心誠意お詫びし、被害者のダメージを少しでも和らげられるよう、誠意を尽くすことが重要です。
そして、本人が真摯に反省し、またご家族や周りがサポートし、二度と同じ犯罪を繰り返さないことが重要となります。

私は弁護士として、ご本人の反省や誠意を代弁できるよう最善の弁護活動を尽クスことを心がけております。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

【酒気帯び運転の同乗】【ご本人からの依頼】不起訴処分を獲得した事例

  • 交通犯罪
  • 加害者
依頼主 30代 女性

相談前

飲み会に参加し飲酒した後、参加者のうちの一人が酒気を帯びた状態で運転していた車に同乗してしまった。
途中で道路上で警察に車を止められ,友人は飲酒運転(正確には酒気帯び運転)の容疑で、私は運転者が飲酒運転であることを知りながら,同乗したという容疑で警察から取調べを受けることになりました。

相談後

須藤弁護士に刑事弁護を依頼し動いてもらった結果、不起訴となり、刑事罰を受けることなく終えることができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

ご相談者から事情を伺ったところ,ご相談者の当日の記憶は,飲酒の影響で飛び飛びであり,酒気帯び運転の運転者の自動車に同乗した記憶がはっきりとしない状態でした。
しかし、詳しく事情を確認したところ,その友人の飲酒運転の車に同乗したのは,その時が初めてではなく,以前にも,何度か車で一緒に飲みに行き,帰りもその友人が運転する車に同乗したことがあったこと、また、当日も、居酒屋に行くまでの道のりもその友人の自動車に同乗したとのことでした。
警察の捜査も,当日以前の行動について遡って裏付け捜査をしている様子でした。

これらのことから、飲酒の影響で当日の記憶があいまいであると供述はしつつ、完全に故意を否定することまではせず、反省の態度を示しながら、取調べに臨むこととしました。

最終的に、ご依頼者様は不起訴となったため、結論としてよかったと思いますが、
今回の反省を踏まえ、以後二度と飲酒運転の車に同乗することのないようにしていただければと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

【違法薬物の所持」【早期の保釈実現】【ご家族からの依頼】違法薬物を所持し勾留されていたご本人について、早期の保釈獲得により早期の釈放に成功した事例

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者
依頼主 40代 女性

相談前

家族が逮捕されたとのことで、逮捕された本人に代わりご家族から依頼を受けました。
容疑は自宅内で大麻を所持していたという容疑でした。
自宅に警察が来て、家宅捜索とともに大麻が発見され、ご本人が逮捕されたという事案でした。

相談後

ご家族からお電話でご依頼を受けた後、すぐに警察署に行きご本人と面会(接見)を行いました。
詳しく事情確認したところ、自分で使用するため大麻を所持していたとのことであり、容疑に間違いはないとのことでした。
また、すでに所持していた大麻も押収されているとのことでした。

ご本人としては自己の行為について反省しつつ、早期の釈放と実刑を免れたいということが希望でした。
しかしながら、ご本人は、過去に違法薬物の所持で執行猶予付き判決を受けていました。
すでに猶予期間は満了していましたが)、今回も執行猶予付き判決が得られるか、非常に微妙な事案でした。
そのため、本人には上記見通しを隠さず丁寧に説明しつつも、弁護士として最善の弁護士活動を尽くし、執行猶予付き判決の獲得を目指すことを説明しました。
また、ご本人は早期釈放を望んでいたため、起訴後、保釈による早期釈放を実現できるよう準備を進めつつ、勾留決定や勾留延長の決定を阻止する活動なども尽くしました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本件は、10日間の勾留の後、さらに10日間の勾留延長が認められましたが、勾留延長決定に対し異議の申立てを行った結果、4日間ですが、勾留延長期間が短縮されました。
その後、勾留延長期間内に本人は起訴されたため、起訴後速やかに保釈請求を行いました。
その結果、起訴の3日後には無事保釈が認められました。

また、その後の刑事裁判では、ご本人の反省状況や、ご家族の監督、再発防止に向けご本人の状況にあった更生プランを考え、具体的取組みを行いました。
これらの取組みが裁判所に評価され、その結果、実刑判決を免れ、執行猶予付きの判決を得ることができました。

薬物事案は、薬物の依存性もあり、特に再犯の多い犯罪です。
ご本人にとっては、今回の刑事裁判で、重い処罰を受けないよう弁護を尽くすことも重要ですが、
それ以上に、今後、再犯を犯さないようにするためにどうするべきかを、ご本人やご家族と一緒に真剣に考え、実践していくことが重要です。

当事務所では、ご本人にとって有利な処罰結果の獲得を目指すだけでなく、再発防止に向けた取り組みを積極的に応援しています。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

【盗撮事件】【ご家族からの依頼】盗撮事件で被害者との示談を成立させ、正式起訴を免れ略式罰金で解決した事例

  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

盗撮容疑で逮捕された男性の奥様よりご依頼を受けました。
ご本人は会社役員をされており、指揮決定に関わるポジションにいたため、長期間の勾留は、本人や家族の精神的負担になるだけでなく、会社経営にも重大な支障が生じる可能性がありました。

相談後

奥様からの要請後、即座に、本人が逮捕されている警察署に行き、本人と面会(接見)を行いました。

詳しく事情を聴き取った結果、容疑に間違いがないため、ご家族の協力を得ながら、速やかな示談を成立を目指し、早期の釈放と正式起訴(刑事裁判になること)されないことを目指すという方針になりました。
捜査機関に発覚している盗撮事件がかなりの回数に上っており、その態様も悪質であったため、不起訴処分は難しく、正式起訴の可能性がありました。

また、勾留中、会社経営に影響が生じないよう、本人の希望により、事情を知る会社代表者と会社の指揮決定に関してのやり取りもできる限り協力することとしました。

早速、捜査機関に連絡し、被害者と連絡が取れるよう協力してもらった上で、被害者との示談交渉を開始しました。
このような性犯罪などの場合は特に、捜査機関は弁護士にしか被害者の連絡先を教えようとしてくれませんので、被害者の連絡先を知らないケースでは、弁護士でないと示談交渉ができません(もちろん、連絡先を把握していても、ご本人やご家族が被害者と直接交渉することは、新たなトラブルとなるので避けるべきです)。

被害者と、まずはお電話でお話しし、誠心誠意謝罪をした上で、お会いする約束を取り付けることができました。
想定される示談金をあらかじめ奥様から預かった上で、被害者と面会し交渉した結果、
その場で示談成立に応じていただき、示談金をお支払いし、被害届の取下げにも同意いただいたきました。

お会いする前にお電話やメールで示談内容を詰め、当日は示談書にサインをいただき、示談金をお渡しするのみということが多いですが、この件では、被害者とお話ししていた結果、事前に行うのが適切でないと考えたため、お会いしてからの示談交渉となりました。

示談成立を検事に報告し、勾留期間の満期を待たず、本人の釈放を実現することができました。

その後、これまで聞き取った事情などをまとめ正式起訴を行わないように要望する不起訴意見書を作成を行いました。
本人の奥様から作成いただいた身元引受書とともに担当検事に提出し、電話でも正式起訴しないよう説得を行いました。

その後、しばらくして、正式起訴はせず、略式で罰金処分を受けの解決となることが決定しました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本件では、発覚した盗撮事件が、かなりの回数に上ったこともあり、
不起訴処分は難しく、正式起訴される懸念がありましたが、
被害者の方と示談を成立させることができたことが大きく、正式起訴を免れることができました。
被害者との示談交渉については弁護士に任せるべきであり、またそもそもご本人では被害者とコンタクト自体が取れない場合がほとんどですから、本件のように速やかに弁護士に依頼されることをお勧めします。

痴漢・わいせつ事件・盗撮事件などいわゆる性犯罪事件は、犯罪の中でも特に被害者に与える精神的ダメージが大きく、絶対に許されません。
しかし、犯罪を犯してしまった場合には、被害者の方に対し、誠心誠意お詫びし、被害者のダメージを少しでも和らげられるよう、誠意を尽くすことが重要です。
そして、本人が真摯に反省し、またご家族や周りがサポートし、二度と同じ犯罪を繰り返さないことが重要となります。

私は弁護士として、ご本人の反省や誠意を代弁できるよう最善の弁護活動を尽くすことを心がけております。

犯罪・刑事事件の解決事例 6

【給付金詐欺】【事件化前に解決】給付金詐欺の事件で、刑事事件化する前に解決した事例

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

知人に勧められ、給付金詐欺を行ってしまったがどうしたらよいかわからず、須藤弁護士に相談いたしました。

相談後

須藤弁護士と後方支援契約を結び、継続的にご相談をした結果、刑事事件化する前に解決することができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

ご依頼後、依頼者と協議しながら適切に対処したことで、刑事事件にならずに解決ができたことで、非常に良かったと思います。

給付金詐欺が社会現象の1つともなってしまっていますが、給付金詐欺を行ってしまった場合でも、その後、自己の行為を反省され、適切に対処されることで、事件化を避け、また事件化してしまった場合でも、刑事処罰を受けることなく終えることができる場合もありますので、悩まれたら早めに相談されることをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例 7

【暴行傷害事件】【勾留期間満了日前の早期釈放を実現】【不起訴処分を獲得】【ご家族からの依頼】

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

酔っぱらって、駅のホーム上で他の利用客とケンカになり、もみ合いになった結果、被害者を殴りけがをさせてしまい、現行犯逮捕されてしまいました。

相談後

須藤弁護士に依頼し、被害者との示談を迅速に進めてもらうなどした結果、勾留期間満了日前に本人は釈放され、また、その後、不起訴処分を得ることができ、刑事罰を受けることなく終えることができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

逮捕直後に依頼を受けることができ、その後、示談成立までスムーズに進めることができたため、勾留期間満了前に本人の釈放を得ることができました。
また、その後、不起訴処分を得ることができ、よい解決になったと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 8

【暴行傷害事件】【早期釈放の実現】【不起訴処分の獲得】【ご家族からのご依頼】

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 20代 女性

相談前

居酒屋で酒に酔い、他の利用客と口論になり、もみ合いになった結果、他の利用客に暴行を行い、怪我をさせてしまったとのことで逮捕されてしまいました。

相談後

須藤弁護士に依頼し、被害者との示談交渉を早期に進めてもらった結果、逮捕後勾留されましたが、勾留から3日後には釈放されることができました。
また、その後、不起訴処分となり、刑事罰を受けることなく終えることができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

早期に示談を成立させることができたことで、早期釈放を実現することができました。
逮捕勾留され、自由を奪われることは本人にとって非常に負担が重いですので、1日も早く釈放を実現できたことはよかったと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 9

【複数回の万引き(窃盗事件)】【刑事裁判で執行猶予付き判決の獲得】【ご本人からの依頼】

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 50代 男性

相談前

スーパーで食料品や衣類を複数回万引きしてしまい、店の警備員に現行犯逮捕されてしまいました。

相談後

過去に万引きでの前科前歴があったため、刑事裁判は避けられませんでしたが、
裁判での弁護士をしてもらった結果、執行猶予付き判決を得ることができ、刑務所に入らなくて済むことができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

ご本人(被告人)は、食料品や衣類を買うお金に困っていたわけではなく、それらを買う余裕はありました。
しかし、物を盗んだ時に感じる興奮が快感で忘れられないということで、今回の万引き行為を行ってしまいました。
いわゆるクレプトマニアという症状であったため、真摯に反省してもらうことはもちろん、専門のカウンセリングを受けてもらい、以後万引きしないように治療することといたしました。

犯罪・刑事事件の解決事例 10

【強制わいせつ】【不起訴処分を獲得した事例】【ご家族からの依頼】

  • 痴漢
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

夫が、中学生の女児を脅してわいせつな行為をさせたという容疑で逮捕されました。

相談後

夫の容疑に間違いはないとのことでしたが、弁護を依頼した結果、被害者の両親との示談交渉を進めて下さり、被害届が取下げられ、夫は不起訴となり刑事処罰を受けることなく、終えることができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本人に容疑を確認した結果、間違いないとのことでした。
今回は、奥様の協力により示談金を用意することができ、また被害者の両親の許しが得られたため、このような結果となりましたが、
中学生の女児を脅して、わいせつな行為をさせるという行為は、非常に悪質であり、決して許されるものではありません。
今回逮捕勾留されたことで、本人が真摯に反省され、2度とこのような行為を行うことのないよう、十分に自制されることを強く望みます。


犯罪・刑事事件の解決事例 11

【盗撮事件】【勾留を阻止し、逮捕後3日での釈放を実現】【ご家族からの依頼】盗撮事件で早期釈放を実現し、不起訴処分を得た事例

  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 60代 男性

相談前

駅構内のエスカレーターにおいて、被害女性のスカート内に、スマートフォンを差入れ、スカート内を撮影したところを、他の利用客に発見され現行犯逮捕されました。

相談後

妻が須藤弁護士に弁護を依頼し、動いてもらった結果、裁判官が検察官による勾留請求を却下してくれ、勾留されることなく釈放されることができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

本人の盗撮容疑に間違いがなく、盗撮となると通常余罪も想定されるため、なかなか早期釈放は難しい案件でした。
しかし、本人の犯行は常習性が疑われるような手慣れた犯行とは程遠く、実際に他に盗撮と疑われるような画像等もスマホ内に残っていなかったことに加え、本人の病状や、妻の監督状況など、早期釈放を実現するために有利な事情も複数ありました。
そのため、これらの事情を書面にまとめ、勾留を審査する裁判官に事前に見てもらい、事情を分かった上で勾留するかどうかの判断をしてもらうことができたため、勾留請求を認めず、釈放してもらうということができました。
弁護人なくしては、通常、勾留を審査する裁判官への申入れ等は難しいため、ご家族が逮捕後速やかに、弁護を依頼されたということが功を奏した事例だと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 12

【横領(会社の売上金の着服)事件】【刑事事件化する前の解決】【勤務先との示談交渉に成功】【ご本人からのご相談】

  • 横領
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

会社の売上金を着服してしまい、会社にばれてしまって社長から追及を受けている状況でした。

相談後

社長からは、刑事告訴や被害届提出をすると言われてしまっておりましたが、須藤弁護士に依頼し、会社側(社長)と交渉してもらった結果、刑事事件化する前に解決してもらうことができました。

須藤 泰宏弁護士からのコメント

須藤 泰宏弁護士

ご本人が犯してしまった行為は許されません、
しかし、本人は十分に反省されていたため、会社側と、本人の反省状況を伝えるとともに、着服してしまった売上金を賠償方法や、本人が速やかな退職などを協議し、納得してもらうことができました。
その結果、刑事事件化することなく、本件を解決することができました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
須藤パートナーズ法律事務所
所在地
〒170-0013
東京都 豊島区東池袋1-25-3 第2はやかわビル3階
最寄り駅
東池袋(東池袋四丁目)駅
受付時間
  • 平日08:30 - 23:00
  • 土日祝08:30 - 23:00
定休日
なし
備考
★弁護士直通★【東池袋駅徒歩2分】【池袋駅徒歩6分】
【電話相談・オンライン相談可)】▼コロナ対策実施中
24時間メール受付中
※事前予約により、時間外での相談可
※電話相談では,ご相談の概要を簡単に伺わせていただきます
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

北陸・甲信越

  • 山梨

電話で問い合わせ
050-5355-9377

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:30 - 23:00

須藤パートナーズ法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5355-9377

※須藤パートナーズ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 23:00
  • 土日祝08:30 - 23:00
定休日
なし
備考
★弁護士直通★【東池袋駅徒歩2分】【池袋駅徒歩6分】
【電話相談・オンライン相談可)】▼コロナ対策実施中
24時間メール受付中
※事前予約により、時間外での相談可
※電話相談では,ご相談の概要を簡単に伺わせていただきます