現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
田邊 裕之弁護士

( たなべ ひろゆき ) 田邊 裕之

海陽法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
【電話での簡易相談可】【不動産賃貸業や不動産管理業のサポート】家賃不払いによる建物明渡請求、そのほか不動産に関するお悩みはお問い合わせください。
海陽法律事務所
海陽法律事務所
海陽法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆ 不動産トラブルをサポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
不動産に関するトラブルは、多くの人が経験をしたことがあるのではないでしょうか?
法律家の立場から、ご相談者様にとって最善の策を考えます。

大家様・不動産オーナー様からのご相談もお受けしています。
不動産経営/賃貸経営に関しても、弁護士としての視点からアドバイスします。
まずは、お問い合わせください。

◆ ご利用いただきやすい料金体系です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
不動産問題について「弁護士ドットコムを見た」と言っていただいた場合、初回のご相談は無料となります。
相談したからといって、弁護士への事件依頼を強制することは一切ありませんので、ご安心ください。

また、弁護士費用は当事務所の報酬基準に基づき、事案の難易度や必要な作業量等を踏まえて個別のご相談ごとに提示します。

◆ よくいただくご相談
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・滞納している賃料を請求したい。
・賃料の滞納が続いており、建物の明け渡しを請求したい。
・問題のある入居者を退去させたい。
・不動産業者だが、仲介物件の仲介料が支払われず困っている。
・オフィス賃料の増減額を巡って相談したい。
・不動産売買は初めてなので不安である。
・アパートの建替えを理由に入居者に建物から退去してもらうことはできるか。
・借地の上に家を建てて住んでいるが、家が古くなったので建て替えをしたい。しかし、地主が承諾してくれない。

◆ 取り扱い案件
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・不動産管理
・借地・借家問題
・マンションを巡る問題
・従業員との労務トラブル
・不動産売買時の事前相談
・仲介手数料の回収に関するご相談
・賃料回収
・天災による破損時の対応
・不動産関係の登記申請

◆ 特徴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・登記にまつわるお悩みも豊富なノウハウを用いて的確に対処可能です。
・スポット案件から顧問契約まで対応しています。

料金表
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ不動産問題の初回相談は無料となります。
その他 旧弁護士会報酬基準に沿った、明瞭な料金体系です。詳細はお気軽にお尋ねください。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ、不動産・建築問題の初回相談は無料となります。
着手金 採るべき手段や事案の内容により異なります。まずは事情の詳細をお聞かせ下さい。
成功報酬 解決内容によります。ご依頼頂く前に個別のご相談に応じて提示しますのでご安心下さい。
備考 できるかぎり着手金を低額におさえるなどご相談者様の負担を軽減することを意識しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

建物明渡・未払家賃請求訴訟(賃貸人側)

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

「住居用に貸し出している建物の賃借人が数か月間家賃を支払っていない。管理会社を通じて家賃の支払いを求める文書を送付しても効き目がなかった。未払の家賃の支払いとともに、建物の明渡しを求めたい。」というご相談を受けました。

相談後

賃借人は、裁判外での未払家賃の支払い・建物明渡しの打診を無視し、これに応じなかった為、速やかに訴訟を提起しました。賃借人は、裁判には出頭し、最終的には未払家賃の支払いと建物明渡しの裁判上の和解が成立しました。その後、建物は無事明け渡され、未払の家賃についても分割して支払われました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

同様のケースを多数お受けしています。迅速かつ丁寧に手続を進め、賃貸人側の損害ができる限り小さくなるよう努めています。

不動産・建築

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【電話での簡易相談可】不当解雇,残業代請求,セクハラなど 職場のトラブル解決のために
海陽法律事務所
海陽法律事務所
海陽法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆ 労働トラブル、まずはご相談にいらしてください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
未払い残業代の請求、不当解雇、退職勧奨、セクハラ・パワハラ等、労働・雇用をめぐるトラブルに遭遇した場合、一人で悩みを抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。

「会社に言われるまま黙って我慢をしている」
「耐えかねて退職届を出そうとしている」
そんな時は、一度立ち止まってください。弁護士に相談することで、解決の糸口が見えてくることもあります。ご自分で行動を起こされる前に、まずはご相談にいらしてください。
行動を起こす当初から弁護士が入ることで、ご相談者様にとってより有利な対応を検討することができます。まずはお話にいらしてください。

◆ じっくりお話を伺い、お気持ちに沿った解決策を考えます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
状況を整理するために、まずは詳しい事情をお聞きします。
つらいお気持ち、どうぞお話ください。
その上でご相談者様のお気持ちをうかがいつつ、採るべき法的手段をご提案します。

なお、法律相談に先立って、求人票、労働条件通知書や雇用契約書、就業規則、給与明細、タイムカードなど勤務時間がわかるもの、解雇通知書、医師の診断書、ご相談内容に関する経緯を記載したメモ等をご準備頂くと、よりスムーズでポイントを押さえた法律相談となります。

◆ 経営者の方へ:トラブルを未然に防ぐ方策を講じませんか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
何かと後手に回りがちな労務問題ですが、一旦労働トラブルが起こってしまうと時間も費用もかかります。紛争は未然に防ぐに越したことはありません。
海陽法律事務所では、紛争を未然に防ぐためのお手伝いを致します。雇用契約書や就業規則のレビュー、懲戒事由の内容検討など、紛争防止のために有効と思われる方策について助言致します。お気軽にご相談ください。

◆ ご利用いただきやすい料金体系です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
労働問題について「弁護士ドットコムを見た」と言っていただいた場合、初回のご相談は無料となります。
相談したからといって、弁護士への事件依頼を強制することは一切ありませんので、ご安心ください。

また、弁護士費用は当事務所の報酬基準に基づき、事案の難易度や必要な作業量等を踏まえて個別のご相談ごとに提示します。もしも、ご相談者様にとって経済的にマイナスとなってしまう見込みが高いケースであれば、その旨お伝えしています。

◆ ご相談事例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<労働者の方>
・長時間労働が常態化しているが残業代が支払われない
・納得のいかない理由で一方的に解雇された
・嫌がらせとも思われる退職勧奨を受けている
・上司からのパワハラがひどい
・上司・同僚からセクハラを受けている            など

<経営者の方>
・従業員から未払いの残業代を請求された
・ある従業員に対して懲戒処分を検討しているが妥当な理由か相談したい
・従業員からセクハラ・パワハラの相談を受けた
・後にもめないように雇用契約書/就業規則をレビューしてほしい など

料金表
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ労働問題の初回相談は無料となります。
その他 旧弁護士会報酬基準に沿った、明瞭な料金体系です。詳細はお気軽にお尋ねください。 

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ労働問題の初回相談は無料となります。
着手金 採るべき手段や事案の内容により異なります。不当解雇や残業代請求の事案は他の類型の労働事件と比べて着手金が低額となる可能性があります。
成功報酬 解決内容によります。多くの場合,獲得した金額の15~20%となります。着手金を低額にした場合にはこれを上回ることがあります。
備考 不当解雇や残業代請求のご相談を中心に着手金を低額におさえるなどご相談者様の負担をできるだけ軽減することを意識しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(7件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

職場での嫌がらせと退職勧奨

  • パワハラ・セクハラ

相談前

「会社から不当な退職勧奨を受けた。職場での嫌がらせに耐えて頑張ってきたのに納得がいかない。」というご相談をお受けしました。当初、ご相談者様が独力で会社との交渉を進めていたようですが、限界を感じて弁護士の利用を検討されたとのことでした。会社に居づらくなってしまったため、退職することは仕方がないものの解決金を受け取りたいとのご希望でした。

相談後

弁護士と会社との間の裁判外交渉の結果、約300万円の金銭の支払いを内容とする和解にて事件解決となりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

こちらにとって有利な点・不利な点を細かく分析し、実際の交渉に活かすことができました。ご相談者様の手元にあった資料はかなりの量がありましたが、その検討を通して「嫌がらせ」の客観的な証拠を押さえることができた為、交渉上有利な要素となりました。

労働問題の解決事例 2

突然通知された不当な解雇

  • 不当解雇

相談前

「会社から不当な解雇を受けてしまった。」とのご相談を受けました。ご相談者様は突然のことに大変動揺しておられましたが、会社には未練はないため、金銭的解決を目指したいとのご希望でした。

相談後

弁護士と会社との間の裁判外交渉の結果、約200万円の金銭の支払いを内容とする和解にて事件解決となりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

ご相談者様と綿密にコミュニケーションをとった上、裁判外交渉前にご相談者様の手元にある限りの資料を事前に検討しました。その甲斐があり、こちらから会社側に対して積極的に主張すべき内容を明確にすることができました。また会社側の見解に対しても端的に反論することができました。

労働問題の解決事例 3

懲戒処分に関する対応

相談前

「会社から懲戒処分を受けてしまうことになりそうだ」とのご相談をお受けしました。当事務所にご連絡される前に複数の法律事務所にあたってみたところ「悪いことをしたんだから潔く諦めなさい」などと門前払いを受けてしまったとのことで、大変落ち込まれているご様子でした。

相談後

事実を綿密に聞き取り、相手方会社の担当者及び代理人弁護士ともしっかり話し合いました。そして社内規定に基づいてこちらからなすべき弁明を行いました。その結果、双方ともに納得のできる着地点を見出すことができ、こちら側の希望を実現することができました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

こちらから事案解明・会社の損害を拡大させないための措置に最大限協力しました。また、弁明においてはただ言葉で謝罪するだけでなく、できる限り客観的な形で謝罪の意思を示しました。これらの対応が希望する結果の実現に結びついたものと思われます。

労働問題の解決事例 4

退職勧奨・解雇通知(使用者側)

  • パワハラ・セクハラ

相談前

「他の従業員にパワーハラスメントなど嫌がらせ行為をする者がいるので、解雇したいと考えているが、どのように話を進めればよいか」という相談を受けました。使用者としてはこれまで何度も他の従業員との関わりについて改善を求めてきたとのことでしたが、もう我慢できないとかなり気持ちが高ぶっているご様子でした。

相談後

事情をお聞きした上、退職勧奨を行うこととなりました。労働者側と話し合いの結果、退職の条件に折り合いがついたため、会社側から一定の解決金を支払うかたちで従業員が合意退職することになりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

会社が退職勧奨や解雇に踏み切る場合には、会社側に当該従業員に対する不満があることは勿論ですが、従業員側もまた会社に対して強い不満を持っているケースが多いように見受けられます。ケースにもよりますが従業員側の不満についてもしっかりと話を聞き、双方バランスの取れるところで折り合いがつかないか冷静に話し合うことが重要であると感じます。

労働問題の解決事例 5

地方公務員のいじめ被害

  • パワハラ・セクハラ

相談前

知的障害を有する地方公務員の方から職場で嫌がらせ行為を受けているとのご相談を受けました。嫌がらせ行為により仕事の能率が落ちてしまい、そのことで更に度を越えた注意を受けてしまうという悪循環に陥っているとのことで、大変落ち込まれていました。

相談後

ご相談の内容は明らかにパワハラ・障害者に対するイジメでした。そこで、人事委員会の措置要求を視野に入れ、嫌がらせ行為に対する警告を行いました。対処の結果、相手方から真摯な反省を得ることができ、嫌がらせ行為が止まりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

人事委員会の協力があったことも良い結果につながった理由の一つであると思われます。
相手方上司及び所属部署に対して障害者の障害特性に応じた合理的配慮についても要請した結果、相談者の就労環境が改善されました。

労働問題の解決事例 6

残業代等請求(使用者側)

  • 給料・残業代請求

相談前

退職にあたり職員との間でトラブルとなってしまい、残業代等を請求されてしまったとのご相談をお受けしました。

相談後

相手方代理人からの請求金額は約700万円でしたが、交渉の結果、約250万円を支払うかたちでの和解締結となりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

相手方は勤務中において休憩時間を殆ど取得できなかったと主張していましたが、労働者が休憩時間を取得していたことをうかがわせる証拠を収集して交渉で使用しました。また、相手方の提示した残業代計算シートに計算の誤りがあった為、この点も指摘しました。

労働問題の解決事例 7

不当な解雇の撤回(復職)

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇

相談前

「会社から不当な解雇通知を受けた。解雇理由にあたる事実はないと考えているが、争う方法はないか。」とのご相談を受けました。

相談後

裁判外の交渉にて解雇の無効を主張した結果、相手方が解雇の意思表示を撤回しました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

解雇通知を受けてしまった場合、もはや争う余地などなく、会社を辞めなければならないと思われるかもしれません。もっとも、会社の側から見たとき、解雇を有効に行う為には、法的に乗り越えなければならない「ハードル」があります。解雇通知を受けてしまった場合には、一度、弁護士にご相談されることをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【電話での簡易相談可】離婚,慰謝料,財産分与,親権など離婚・男女問題の解決のために
海陽法律事務所
海陽法律事務所
海陽法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆ 離婚という人生の一大事に、しっかり寄り添います
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
離婚は、心に大きなストレスが掛かる出来事です。
しかし「個人的な問題だから」と言って、一人で悩まれている方も多いのでしょうか。自分で、あるいは当事者同士で解決しようとして、かえってこじれてしまう例も多く見かけます。
そんな時はぜひご相談ください。弁護士が入ることで、話がスムーズに進むといったこともあります。
離婚は人生の一大事。しっかり寄り添います。安心してご相談ください。

◆ 慰謝料・養育費・親権・・・お気持ちに沿った解決を考えます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ご相談いただいた際は、まずはじっくりお話を伺います。
「うまく話せるかな?」という不安なお気持ちでいらしても大丈夫です。
そのうえで、慰謝料・養育費・親権・財産分与・不貞行為の有無など離婚に拘る問題全般について、弁護士の目から状況を整理した上で、お気持ちに沿った対応をご提案します。
弁護士に相談するからと言って、気負う必要はありません。より良い人生の再スタートに向かって、一緒に歩みだしましょう。

◆ ご利用いただきやすい料金体系です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
離婚・男女問題について「弁護士ドットコムを見た」と言っていただいた場合、初回のご相談は無料となります。
相談したからといって、弁護士への事件依頼を強制することは一切ありませんので、ご安心ください。

また、弁護士費用は当事務所の報酬基準に基づき、事案の難易度や必要な作業量等を踏まえて個別のご相談ごとに提示します。もしも、ご相談者様にとって経済的にマイナスとなってしまう見込みが高いケースであれば、その旨お伝えしています。

◆ ご相談事例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・離婚したいが夫/妻が話し合いに応じない
・夫/妻に不貞行為があった、慰謝料を増額/減額できないか
・夫/妻が不倫をしたが、すでに別居中なので責任を負わないと主張している
・配偶者に別居中の生活費を請求したい
・離婚の慰謝料をめぐって話がまとまらない
・離婚に際して財産分与の取り決めを書面で残しておきたい
・子供がいるのでそれなりの額の養育費をもらいたい
・親権を持ちたい
・離婚した後も子供と面会交流を持ちたい               など

料金表
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ離婚・男女問題の初回相談は無料となります。
その他 旧弁護士会報酬基準に沿った、明瞭な料金体系です。詳細はお気軽にお尋ねください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 「弁護士ドットコムを見た」と言っていただければ離婚・男女問題の初回相談は無料となります。
着手金 採るべき手段や事案の内容により異なります。まずは事情の詳細をお聞かせ下さい。
成功報酬 解決内容によります。ご依頼頂く前に個別のご相談に応じて提示しますのでご安心下さい。
備考 できるかぎり着手金を低額におさえるなどご相談者様の負担を軽減することを意識しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

裁判外における協議離婚の交渉

  • 別居
  • 離婚請求

相談前

「別居中の相手方と離婚したいがどのように話を進めたら良いのか分からない」とのご相談を受けました。別居中の相手からの連絡に対して、どのように対応したらよいのか分からず、大変お困りのご様子でした。

相談後

離婚事由(相手方配偶者の合意なかったとしても離婚を成立させることができる事情)の観点からすると、こちら側が弱い事案のように思われましたが、相手方配偶者と裁判外で離婚を成立させることについて話し合い、結果として協議離婚を成立させることができました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

離婚問題に関する弁護士の関与の在り方は様々なものがあります。本件では諸々の事情を考慮して裁判外の協議により離婚を成立させるという方針をとりました。

離婚・男女問題の解決事例 2

損害賠償請求(請求する側)

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

婚約者に浮気をされた上、婚約を破棄されてしまったが、相手方に対して損害賠償を求めることができるかというご相談をお受けしました。相手方から誠意のある対応が見られず、落胆されている様子でした。

相談後

裁判外における交渉を行い、相手方から約100万円の支払いを受ける旨の示談が成立しました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

相手方代理人弁護士は一貫して婚約の成立を認めない立場でしたが、必要な範囲でこちら側の認識している事実関係・証拠関係について明らかにし、上記示談を成立させることができました。

離婚・男女問題の解決事例 3

損害賠償請求(請求を受けた側)

  • 慰謝料

相談前

「婚約破棄に基づく損害賠償として約150万円を請求する」旨の書面が届いたとのご相談をお受けしました。

相談後

交渉の結果、約10万円での示談成立となりました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

婚約の成否については、法的に繊細な判断が必要となることがあります。婚約に関するトラブルでお困りの場合には、一度弁護士にご相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 4

損害賠償請求訴訟(請求する側)

  • 慰謝料

相談前

婚約相手が不誠実な言動を改めない為、婚約解消せざるを得なくなったとのご相談をお受けしました。相手からは明確な婚約破棄の表明もなく、浮気などの異性問題もありませんでした。

相談後

事案内容と金銭の回収可能性について慎重に検討し、慰謝料のみを損害とする訴訟を提起しました。被告の責任で婚約が成就しなかった点など主張立証を尽くし、最終的には訴訟上の和解により約300万円の利益を得ることができました。

田邊 裕之弁護士からのコメント

田邊 裕之弁護士

相手方の浮気や暴力など「わかりやすい悪質さ」はありませんでしたが、素朴な感覚からすると原告側が勝たなければおかしいと思われる事案でした。主張立証の結果、責任論・損害論両面で裁判所に原告の主張を理解して貰うことができ、婚約破棄としては比較的高額な水準での解決につながりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
海陽法律事務所
所在地
〒165-0025
東京都 中野区沼袋3-26-11 藤屋ビル303
最寄り駅
西武新宿線沼袋駅
対応地域

全国

事務所URL

電話で問い合わせ
050-5355-0634

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

田邊 裕之弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-0634
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土曜09:30 - 22:00
定休日
日,祝
備考
日曜・祝日,夜間の法律相談もお問合せ下さい。