現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
豊川 祐行弁護士

( とよかわ ひろゆき ) 豊川 祐行

弁護士法人あまた法律事務所

東京都 文京区本郷2-39-6 大同ビル5階

現在営業中 09:00 - 21:00

借金・債務整理

分野を変更する
【代表弁護士の債務整理解決実績5,000人以上】債務整理はお任せください。ご依頼者様の状況に合わせた適切な解決方法をご提案致します。
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

●明確な費用設定
契約前にご説明致します。
事前に説明なく追加費用を頂戴することはありません。

●取扱案件
任意整理(和解交渉)
闇金対応
消滅時効の援用
自己破産
個人再生・返済しても利息が掛かり返済の終りが見えない。
・返済のことが心配で仕事が手につかない。
・返済が難しくなり、自己破産や個人再生を検討したい。
・過払金を回収したい。
など
お気軽にご相談ください。

●弁護士に依頼するメリット
①法律のプロにおまかせ
業者との交渉はもちろんのこと、自己破産や個人再生の手続きも弁護士が行います(※書類の提出や裁判所等への同行をお願いする場合もございます)。

②借金の取り立てを最短即日ストップ
貸金業者からの取り立てを最短で即日ストップさせます。

③家族や会社に内緒で借金整理
秘密厳守で対応致します。
※自己破産や個人再生ではご家族などにご協力頂く場合がございます。ただし、この場合も事前にご依頼者様と相談致します。

●ご相談は24時間受け付けております。ご要望に応じて休日や夜間にも対応致します。

●事務所に来られない遠方の方でもご相談に応じております。
――――――――――――――――――――――
参考HP
https://amata-lawoffice.com/

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
任意整理 ◆着手金
 一社あたり49,800円+税

◆報酬金
 一社あたり9,800円+税
 減額報酬10%+税、過払金回収による報酬20%+税
 (訴訟による回収は25%+税)
 実費 応訴対応の交通費(日当は無料)
自己破産 ◆着手金
 40~50万円+税

◆報酬金
 免責決定に対する報酬 無し
 過払金回収による報酬20%+税
 (訴訟による回収は25%+税)
 その他の債権回収 25%+税
 実費 応訴対応や申立てのための交通費(日当は無料)
 少額管財の場合、管財手続の場合は別途約20万円〜を管財人へ支払う必要があります。
個人再生 ◆着手金
 40~50万円+税 (住宅ローンの有無による)

◆報酬金
 認可決定に対する報酬 無し
 過払金回収による報酬20%+税
 (訴訟による回収は25%+税)
 その他の債権回収 25%+税
 実費 応訴対応や申立てのための交通費(日当は無料)
 再生委員が選任された場合、再生委員に対する報酬として約15万円〜を支払う必要があります。
過払い金回収(完済済みの債権者に対するもの) ◆着手金 無料

◆報酬金
 過払金回収による報酬 20%+税
 (訴訟による回収は25%+税)+一社あたり9,800円+税
 実費 訴訟提起の場合の交通費(日当は無料)

時効援用のみ ◆着手金
 49,800円+税

◆報酬金 なし
 実費 応訴対応のための交通費(日当は無料)
備考 適宜、ご相談承ります。お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

個人再生で借金圧縮!住宅も守れました!

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

ご依頼者は、住宅ローンやキャッシング、リボ払いにより、約600万円の借金がありました。
月々の返済額は、約18万円でした。

相談後

住宅を残すことができる個人再生という方法で借金を5分の1まで圧縮して、月々の返済額を抑えることができました。
月々の返済額は約3万4000円程度にすることができた。もちろん、住宅も守ることができました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

コメント
ご相談者は、月々の返済に加え住宅ローンも有り、返済に非常に困っていました。
幼い子どもが居ましたので、住宅を手放すことはできませんでした。
ご相談者は、毎月決まった収入があり住宅ローンも遅れなく支払っていましたので、住宅を残すことができる個人再生を選択し、借金を圧縮することができました。
ローンの無い自動車も手元に残すことが出来ました。
相談に来られた際は憔悴していましたが、手続き後は安心され、今はゆとりをもった生活ができるようになったとのことで喜んでいました。
債務整理といっても様々な方法があります。ご相談者のご事情を丁寧にお聞きし、最善の方法をご提案出来たと考えています。

借金・債務整理

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【相談料/着手金無料・完全成功報酬型】交通事故による被害はお任せください。保険会社対応・交渉・金額交渉まで、ご依頼者の利益の最大化を重視し、ご支援します。
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

▼交通事故の被害でお悩みの方へ▼
・保険会社の説明が分からない。
・保険会社からの提示してる金額が妥当なのか分からない。
・保険会社からの提示に納得がいかない。
・保険会社に治療を止めるように言われた。
・後遺障害について知りたい。交通事故は誰しもが被害者になる可能性があります。
いざ被害者になってしまったとき、どのようにすればいいのか迷うことが多いと思います。
また身体はもちろん、精神的にも負担がかかり保険会社と対等に交渉するのは非常に難しいはずです。
そんな時に当事務所は最後までお気持ちに寄り添い依頼者様に寄り添った解決に努めてまいります。全てのお悩みに誠心誠意サポートいたします。
まずはどのようなことでもお気軽にご相談ください。

◆ご安心の対応体制・費用
・弁護士費用特約ご利用なら実質負担0円
・ご相談料は何度でも無料0円
・着手金-無料0円
・成功報酬-成果が得られない場合には無料0円
・24時間ご相談受付可
・営業時間中はすぐに対応します。※成功報酬の算定基準は、回収額です。
 成果を超えたご負担はございませんのでご安心ください。

◆【ご依頼者様への対応体制】
適切な賠償金を受けれるよう、どのような場面でご依頼を頂いてもご依頼者様にとって最大限の利益を考えます。
まずはどのようなことでもお気軽にご相談ください。

【当事務所ホームページ】
https://amata-lawoffice.com/
TEL:0120-651-316
メール:koutsu@amata-law.com

◆アクセス
本郷三丁目駅 徒歩1分

この分野の法律相談

接触事故に遭いました。 私が青信号で直進していたら私の車の目の前5m先の路地から急に相手の車が出て来ました。相手の車の横っ腹にぶつかりそうになったので私は反対車線の右折レーンに車が来ていない事を確認し、どうにか回避しましたが、私の助手席側のドア2枚を1m位擦られてしまいました。どちらの車もドライ...

お困りかと思いますので、お答えさせて頂きます。 1.保険内で板金ではなくドアの交換は出来ないのでしょうか? >私の助手席側のドア2枚を1m位擦られてしまいました 上記が損傷であればドアの交換までは難しいでしょう。 2.ドア交換代の差額を相手に出してもらうことはできないのでしょうか? 加害者が保険会社をたててきた場合であれば、直接請求...

豊川 祐行弁護士

交通事故を起こしたのですが過失割合がまだ決まっていないのですが多分7対3で私のほうが大きくなると思うのですが保険会社の人の話をきくと相手側が10対0にしろ。しないと診断書を警察にもっていく。といっているそうです。これは脅迫とかになるのですか? あと物損事故から人身事故に切り替えるとデメリットは思...

お困りかと思いますので、お答えいたします。 全て保険会社に任せていれば大丈夫です。 結局、協議ができずに時間だけが経過します。 そうなると、相手方は訴訟や調停などの手続きの中で第三者から判断してもらうしかないように思います。 相手からご質問者様に直接連絡があったとしても対応されないようにしてください。

豊川 祐行弁護士

事故で通院中に保険会社が一方的に治療を打ち切ってきた場合、その後自費で通院して通院終了後に治療費を請求できるのでしょうか? また、医者が保険会社に渡した診断書に今月いっぱいで症状固定と記載されていたらどうなりますか?

ご回答させて頂きます。 主治医が治療継続が必要な医学的所見があることが必要になります。 治療費を請求することができなくなるのは、以下の2つの場合です。 1.治癒 症状が改善し、もはや治療を継続する必要がなくなった場合 2.症状固定 治療を継続しても症状が改善しなくなる状態 >医者が保険会社に渡した診断書に今月いっぱいで症状固定と...

豊川 祐行弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 無料
報酬金 成功報酬10%+20万円(税抜き)
備考 弁護士費用特約のご利用の場合、
実負担額 0円
その他費用はお気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(19件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

自転車で側道を走行していたところ、後方から前方不注意の車に追突された事故。

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 50代 男性

相談前

ご主人が交通事故で高次脳機能障害となり、奥様から今後の対応についてご相談をいただきました。お仕事にも影響が出ていたため、日々の生活費にも困窮されて、今後に不安しかないことからのご依頼になりました。

相談後

内払金として先に示談金の一部を受け取れるように交渉。
最終的に、逸失利益や今後の治療費など、将来必要なお金もしっかり請求し、ご納得いただける形で示談しました。

事故による症状  脳挫傷・高次脳機能障害・記憶力障害・左足骨折

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

通勤中に交差点を右折しようとしたところ、交差点内に信号無視の車に衝突され病院に緊急搬送される

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

ご主人が交通事故で高次脳機能障害となり、奥様から今後の対応についてご相談をいただきました。お仕事にも影響が出ていたため、日々の生活費にも困窮されて、今後に不安しかないことからのご依頼になりました。

相談後

内払金として先に示談金の一部を受け取れるように交渉。
最終的に、逸失利益や今後の治療費など、将来必要なお金もしっかり請求し、ご納得いただける形で示談しました。

事故による症状  脳挫傷・高次脳機能障害・記憶力障害・左足骨折

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

信号待ちで停車中に、後方から前方不注意で突っ込んできた車にぶつけられる。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

後遺障害14級9号に認定され、示談金が提示されていましたが、自分にとって正しい金額なのか判断がつかないとのことでご相談をいただきました。

相談後

当所で損害計算をしてみると、逸失利益などを増額できる見込みがあったため、弁護士が交渉した結果、わずか1ヶ月半後に500万円以上もの金額で示談となりました。

事故による症状 右腓骨近位端骨折、左肋骨不全骨折、右足関節靭帯損傷等

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 4

信号待ちで停車中に、後方から前方不注意で突っ込んできた車にぶつけられ、頚椎、腰椎を負傷してしまいました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

まだ治療中でしたが、この先、後遺障害が残るのか、仮に後遺障害が残った場合の対応や、休業損害が認められるかについて、不安を感じていらっしゃいました。また、ご家族が以前交通事故に遭われ、他の事務所に依頼したところ、凄く時間がかかったことから、早い対応を望まれておりました。弁護士費用特約により、自己負担なく弁護士を頼むことができる状態でしたので、当事務所に相談・依頼されました。

相談後

全ての交渉について弁護士に任せることができましたので、治療に集中することができました。しかし、それでも痛みが残ってしまったことから、後遺障害認定申請を行い、14級の認定を受け、示談交渉に臨みました。 以前に依頼した事務所の遅い対応に不満を持っていたこともあり、等級認定後、すぐに損害計算及び示談交渉を開始し、等級認定から約1か月で示談が成立しました。子育てをしながら働く兼業主婦の方でした。そこで、当事務所において、相手方保険会社と交渉し、生じた損害について丁寧に説明し、粘り強く交渉した結果、主婦としての損害が認められ、130万円近い休業損害を獲得し、総額では400万円の賠償額を獲得することができました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 5

自転車に乗っている時に自動車と衝突し、外傷性くも膜下出血や骨折などのケガをされました。

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

弁護士特約がなく、ご負担が生じないように継続して相談を受け、後遺障害11級の認定を受け、示談金が提示されたタイミングで当所に正式にご依頼いただきました。

相談後

外国籍の方であることを考慮して逸失利益を計算し、結果、示談金をご希望の金額まで増額することに成功しました。
事故による症状
外傷性くも膜下出血・右鎖骨骨幹部骨折・前額部ケロイド瘢痕

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 6

信号待ちで停車中に後方からの車に追突される

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

治療のため通院し半年ほど経ったころ、痛みが未だ残っているにも関わらず、保険会社から治療を一方的に打ち切られたとのことで、弊所に相談がありました。

相談後

ご依頼者様に未だ痛みが残っているため、改めて検査をしてもらったところ、当初の傷病名の頸椎捻挫ではなく、頸椎損傷と診断されました。その後、弁護士のサポートのもと、後遺障害申請を行い、12級13号の認定が降りました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 7

信号待ちで停車中に後方からの車に追突される

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

治療のため通院し半年ほど経ったころ、痛みが未だ残っているにも関わらず、保険会社から治療を一方的に打ち切られたとのことで、弊所に相談がありました。

相談後

ご依頼者様に未だ痛みが残っているため、改めて検査をしてもらったところ、当初の傷病名の頸椎捻挫ではなく、頸椎損傷と診断されました。その後、弁護士のサポートのもと、後遺障害申請を行い、12級13号の認定が降りました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 8

道路を横断中に側道から飛び出してきたトラックにはねられ息を引き取られました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

突然ご主人を失い、加害者側の保険会社から示談提示を受けましたが、なぜご主人が亡くなったのか、適切な賠償額がいくらなのかなど、わからないことだらけで、すべてに納得がいきませんでした。お近くの弁護士にも相談し、加害者側の保険会社の提示で和解することを勧められたものの、それでも得心できずにおれたところ、弊所に相談されました。

相談後

相手の提案は、最低限の保障である自賠責保険金相当分の約2900万円しか支払わないというものでした。そこで、まず、人身傷害補償保険を先行して受け取った後で、裁判により加害者側の保険会社から賠償を受けるようご提案しました。
(これは、人身傷害保険金を先に受け取ることで、過失にかかわらず、損害の全額について補償を受けることができると判断したから7月分の順番だと大きく受け取れる額が減ってしまうことがあります。)
しかし、人身傷害保険金を受け取った後に、加害者側の保険会社と示談交渉を行っても、ご主人の過失の程度、家族の生計を支える一家の支柱であったかどうか、慰謝料や逸失利益の点で折り合いがつかないことが予想されました。そのため、協議した結果、裁判に踏み切ることにしました。
その結果、慰謝料や逸失利益の算定において一家の支柱として認められ、また、ご主人の過失についても、加害者側が主張するほどは高くはないという和解案が出たため、訴訟上の和解が成立しました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 9

交差点をバイクで直進で走行中に右折車の前方不注意で衝突する

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 20代 男性

相談前

痛みが引かないが、保険会社の言う通りに治療を終えて、後遺障害申請行ったところ非該当の結果に納得が出来ず相談から依頼される。

相談後

依頼後に異議申し立ての準備の中で事故資料から外貌醜状の傷病名があることに気付く。本人は痛みがある骨折が気になっており、医師からはいずれ目立たなくなる傷であると言われていたため、諦めていたが、後遺症の認定については、陳述書の作成や複数の写真、面談等の周到な準備を重ねて12級14号を獲得することができました。外貌醜状は、逸失利益が認められにくい後遺障害ですが、事故当時学生で就職活動中であったため、顔面に残った外貌醜状痕は、被害者の就職活動に影響を与えることは明らかであると主張しました。粘り強い交渉を重ねた結果、収入を大学卒の年収で10年間・14%の逸失利益が認められ、慰謝料とも併せ750万円以上の示談金を獲得することができました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 10

ご依頼後約1ヶ月でのスピード解決!

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

赤信号で停車中に、後方から追突されました。

相談後

相手方保険会社から提示されている示談金の額が妥当かどうかのご相談でした。後遺障害は残っていませんでしたが、兼業主婦であったため、休業損害と慰謝料の増額の可能性があると判断し、交渉についてご依頼を受けました。
ご要望の早期に解決し、事故の記憶を消したいとのご要望通りご依頼から1カ月でのスピード解決が出来ました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 11

友人の車の助手席に同乗し、腰椎を圧迫骨折しました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

受傷後仕事をしておらず、生活が苦しいため、早期に高額の示談をまとめて欲しいという相談内容でした。
また、法的な手続きだけでなく行政への手続きも助言が欲しいとのご要望でした。

相談後

事故後に仕事をしておらず生活が苦しいとのことで、早期解決が希望でした。 傷害部分は後遺障害の認定待ち中に先行示談をしたにもかかわらず、ほぼ赤本満額で示談が成立しました。 後遺障害部分については、無職のため基礎収入を賃金センサスで計算して、逸失利益を計算しました。本人の希望どおり比較的早期に高額での示談が成立しました。
またご依頼者様の立場に寄り添い、行政へのお手続きもアドバイスをさせて頂きました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 12

横断歩道上を歩行中(主婦)と自転車にはねられる人身事故

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

治療終了、後遺障害診断書作成に関してのご相談。
この後遺障害診断書の記載で等級が取得できるか、今後どのように進めていけばよいか。
まだ痛みが残っておられる中で不安の解消

相談後

相手が共済系だったため、交渉は全般的に難航。 特に逸失利益については難航。 家事従事者であったため、賃金センサスを基礎とした金額を支払っていただくことで解決。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 13

自動車で信号待ち中、後続車に追突されました(腰椎捻挫)。それから約4ヶ月後、自転車で走行中、駐車場から右折しようとして出てきた自動車と衝突しました(左膝部挫傷・右手関節捻挫・腰椎捻挫)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

事故後、後遺障害の事前認定で非該当となり、通院慰謝料の示談は成立しましたが、後遺障害の非該当判断に不服があるということで相談を受けました。

相談後

本件は1回目の事故で腰椎捻挫を負い、その治療中に2件目の事故にあい、腰痛が悪化したというケースなので、腰痛での後遺障害認定獲得の可能性があると判断。まず、MRIの画像検査ができるクリニックを紹介し、腰椎MRIを撮ってもらい、診断書を取り付けました。また、現在の症状や事故前との違いについて陳述書を作成しました。
腰椎MRIの結果については、MRIのクリニックと従前の通院先クリニックの両方から画像所見の診断書を書いてもらいました。いずれも椎間板の変性ありとする所見があり、これら診断書と本人の陳述書とあわせて異議申立書を提出。その結果、異議申立てが認められ、腰痛について14級9号と認定されました。
異議申立ては2件の事故の自賠責保険会社のそれぞれに対して行い、後遺障害等級14級の認定時に2件の事故は共同不法行為と判断されました。これにより、自賠責保険2社からそれぞれ75万円、計150万円が支払われました。2件目の加害者側任意保険会社との間で逸失利益、後遺障害慰謝料等の示談交渉を行いました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 14

自動車で信号待ち中、後続車に追突されました(腰椎捻挫)。それから約4ヶ月後、自転車で走行中、駐車場から右折しようとして出てきた自動車と衝突しました(左膝部挫傷・右手関節捻挫・腰椎捻挫)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

事故後、後遺障害の事前認定で非該当となり、通院慰謝料の示談は成立しましたが、後遺障害の非該当判断に不服があるということで相談を受けました。

相談後

本件は1回目の事故で腰椎捻挫を負い、その治療中に2件目の事故にあい、腰痛が悪化したというケースなので、腰痛での後遺障害認定獲得の可能性があると判断。まず、MRIの画像検査ができるクリニックを紹介し、腰椎MRIを撮ってもらい、診断書を取り付けました。また、現在の症状や事故前との違いについて陳述書を作成しました。
腰椎MRIの結果については、MRIのクリニックと従前の通院先クリニックの両方から画像所見の診断書を書いてもらいました。いずれも椎間板の変性ありとする所見があり、これら診断書と本人の陳述書とあわせて異議申立書を提出。その結果、異議申立てが認められ、腰痛について14級9号と認定されました。
異議申立ては2件の事故の自賠責保険会社のそれぞれに対して行い、後遺障害等級14級の認定時に2件の事故は共同不法行為と判断されました。これにより、自賠責保険2社からそれぞれ75万円、計150万円が支払われました。2件目の加害者側任意保険会社との間で逸失利益、後遺障害慰謝料等の示談交渉を行いました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 15

依頼者が二輪車で交差点を直進中、右折してきた自動車と衝突した。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

依頼1年半ほどの間、弁護士に依頼、相談することなく、ご自身で交渉を行っておりましたが、治療が終了し、賠償金の額を交渉する段階にきたこと、これまでの交渉経緯で保険会社担当者の対応に不信を覚えていたことから、当事務所に相談に来られました。

相談後

ご依頼いただいた後の交渉において、相手方保険会社は自社の主張を中々譲らないという姿勢でしたので、紛争処理センターのあっせん手続きを利用することにしました。
紛争処理センターを利用した場合に通常要する期間の倍以上の期間を要しましたが、期間が長かった分、詳細な主張を重ね、相手方保険会社を説得することができ、喪失率9%、喪失期間20年という内容で合意するに至りました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 16

バイクで走行中、交差点を右折しようとした際に、後続の乗用車に衝突される事故に遭ってしまいました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

バイクで走行中、交差点を右折しようとした際に、後続の乗用車に衝突される事故に遭ってしまいました。事故直後から対応の遅い加害者の保険会社に不信感を抱いていました。そして自分で賠償金について調べてみたところ、自賠責保険基準で提示されているのではないかと感じ、詳しい話を弁護士に聞いてみたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

相談後

ご依頼を受け、すぐ加害者側の保険会社との示談交渉を開始しました。
逸失利益、後遺症慰謝料については、適切な金額を算出しておらず、後遺障害で認められている自賠責保険の基準額がそのまま提示されている、ずさんな対応でした。そこで弁護士は、きちんと算出するように強く主張しました。その結果、逸失利益が認められ、後遺症慰謝料は裁判所基準の満額まで増額することができました。入通院慰謝料も増額となり示談が成立しました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 17

自転車を押しながら横断歩道を渡っていたところ、前方不注意の乗用車に衝突されてしまいました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

事故から約10ヵ月後に症状固定を迎えましたが、残念なことに左手の親指に可動域の制限が残ってしまい後遺障害の等級認定申請を行ったところ、後遺障害10級7号が認定されました。
この認定結果を踏まえて、加害者側の保険会社から示談金額の提示がありましが、提示された金額が妥当なものか判断できませんでした。そこで、交通事故に詳しい弁護士に話を聞きたいと思い、当事務所にご相談いただきました。

相談後

事故の後遺障害で、ご主人のサポートがなければ家事をこなすことが難しくなった事実を示して、休業損害の増額と逸失利益の支払を主張し、休業損害は増額となり、逸失利益を獲得しました。また、入通院慰謝料と後遺症慰謝料についても、増額を渋る保険会社と粘り強く交渉を重ねた結果、弁護士の主張通り、裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額が認められました。最終的に、賠償金は初回提示の金額から約2.5倍となり、示談が成立しました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 18

ご依頼者様の運転する原動機付自転車が、片側一車線の道路を直進しており信号機のない交差点に差し掛かったところ、左方道路から直進してきた加害者運転の普通乗用自動車と衝突し受傷された

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 30代 男性

相談前

本件事故後、約1年3か月の通院治療(うち手術による入院5日間)をされ、症状固定となりました。症状固定後、加害者の保険会社を経由して、自賠責調査事務所による後遺障害等級の審査を受け、右手関節の機能障害(12級6号)として後遺障害等級の認定がなされました。
その後、保険会社からご依頼者様に対し、示談金の提示がなされましたが、保険会社の提示金額が適正なのかご不明とのことでご相談にいらっしゃいました。当事務所で相談されたところ、必ずしも認定された等級に応じた適正な賠償額とはいえない金額であったため、ご依頼いただくことになりました。

相談後

保険会社との交渉では、後遺障害による慰謝料額や逸失利益としての損害の認定が問題になりました。後遺障害等級の結果、右手関節の機能障害(12級6号)として後遺障害等級の認定がなされました
しかし、保険会社は、ご依頼者様の後遺障害は局部に神経症状を残すものにすぎないことを理由として神経症状(14級9号)として評価すべきであると主張してきました。そして、保険会社からの事前の示談案はこれを前提として算定されたものでした。
当職の活動としては、ご依頼者様からご事情をお伺いし、日常生活においてどのような支障を感じておられるかについて事情を聴取し、また、医療記録を精査して保険会社に対する意見書を作成して当方の主張を行いました。結果としては、当方の主張を踏まえた慰謝料額や後遺障害による逸失利益としての損害額での示談を成立させることができました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 19

横断歩道を横断中に、気づかず走行してきた乗用車に衝突されてしまいました。 この事故により、左手首骨折、第一腰椎圧迫骨折と診断され、治療を余儀なくされました。

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 70代 女性

相談前

約10ヵ月に渡って治療を続け、ようやく症状固定を迎えましたが、残念なことに脊柱の変形や痛み、左手首の痛みといった症状が残ってしまいました。そこで、これらの症状について後遺障害の等級認定申請を行ったところ、「脊柱の変形や痛み」については11級7号、「左手首の痛み」は12級13号が認められ、併合10級が認定されました。
その後、加害者側の保険会社から示談金額の提示がありました。しかし、この金額が妥当なものとは思えず、保険会社に連絡したところ、早く示談するように言われてしまい、ますます不信感を持ちました。そこで、交通事故に詳しい弁護士に相談してみたいと思い、当事務所にご相談くださいました。

相談後

弁護士は、資料を拝見し、保険会社の提示額は全体的にかなり低く、弁護士が示談交渉をすることで、休業損害や逸失利益などが増額となる見込みがあるとご説明しました。また、後遺症を抱え、辛い気持ちの心がすこしでも晴れるように、適正な金額の賠償金の獲得に全力を尽くす旨をお伝えしました。
ご依頼者は介護の必要なご主人と二人暮らしで、家事をすべて行っていましたが、事故後、家事ができず別居している親族に手伝いを頼んでいたことを示し、後遺障害が残っていることから逸失利益が支払われるべきだと主張しました。その結果、当事務所の主張が認められ、逸失利益を獲得し、休業損害などについても増額に成功しました。最終的には、最初に提示された金額から2倍の増額で示談が成立しました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【相談無料】【夜間・土日も対応】【明確な料金プラン】【女性事務員の同席可能】あまた法律事務所では、ご相談者様の心の不安や悩みを取り除けるよう心掛けています。
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所
弁護士法人あまた法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

○よくご相談いただく内容
離婚をしたいが夫(妻)が応じてくれない
別居期間中の生活費(婚姻費用)を払って欲しい
夫(妻)が浮気したので、不倫相手や夫(妻)に慰謝料を請求したい
夫(妻)の浮気をやめさせたい
養育費や婚姻費用、不倫の際の慰謝料の相場はいくらくらい?
養育費や婚姻費用を確実に受け取るための手段はあるか

○ご相談者様にとって最善の解決策を
現在、上記のようなお悩み、または離婚後の生活に対する経済的不安、お子様の親権をとれるのかなど、深い悩みや不安を抱えている状況に置かれていることだと思います。
ご相談者様の事情はそれぞれであり、離婚に関連するお悩みは十人十色であり、同じとした悩みはひとつもありません。
またご相談者様の中には、弁護士と話をすること自体が初めてである方も多くいらっしゃいますでしょうし、ご自身が抱えている悩みをうまく伝えられるかご不安な点もあると思います。
当事務所では、ご相談者お一人お一人に対して、親身にお話を聞き、ご相談者様それぞれの悩みに対して一緒に向き合っていきます。そして、ご相談者様の人生を長期的にみて、最も有利な解決案をご提案していきます。


○弁護士費用
ご相談に関しては何度でも無料で行っています。

その他費用の詳細に関しては下記よりご覧ください。
https://amata-lawoffice.com/離婚問題について/
ご相談者様の経済的な事情や事案の難易度を考慮した柔軟な対応を致しますので、ご気軽に費用についてご相談ください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
離婚 離婚問題(離婚請求、婚姻費用請求、財産分与、親権、面会交流、養育費、配偶者への慰謝料請求含む)

◆着手金
 交渉 25万円
 調停 30万円(交渉からご依頼いただいている場合追加着手10万円)
 訴訟 40万円(調停からご依頼いただいている場合追加着手10万円)

◆報酬金
 交渉 20万円+交渉で得た経済的利益の20%
 調停 25万円+調停で得た経済的利益の10%
 訴訟 30万円+訴訟で得た経済的利益の10%
不貞慰謝料請求 不貞慰謝料請求(配偶者、第三者)

◆着手金 
 交渉 20万円
 訴訟 35万円 (交渉からご依頼いただいている場合追加着手10万円)

◆報酬金
 交渉 交渉で得た経済的利益の20%
 訴訟 訴訟で得た経済的利益の20%
公正証書等書面作成代行 (1)費用 
  3万円

(2)公正役場へ同行する場合の日当
  3万円
離婚問題+不貞慰謝料請求 離婚問題(離婚請求、婚姻費用請求、財産分与、親権、面会交流、養育費、配偶者への慰謝料請求含む)

◆着手金
 交渉 30万円
 調停 40万円(交渉からご依頼いただいている場合追加着手10万円)
 訴訟 50万円(調停からご依頼いただいている場合追加着手10万円)

◆報酬金
 交渉 25万円+交渉で得た経済的利益の20%
 調停 30万円+調停で得た経済的利益の10%
 訴訟 35万円+訴訟で得た経済的利益の10%
共通事項 別途、実費(郵便切手代、印紙代等)が発生します。
費用についてはご相談に応じます。お気軽に問合せ下さい。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞行為に対しての慰謝料請求

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

相談者様(妻,50代)は、不貞行為をした相手方女性に対し慰謝料請求をしたいとのご相談でした。

相談後

相談者様のご要望をお伺いし、内容証明を出し交渉を行いました。
速やかに解決する進めていくという方針もあり、相手方に電話をかけ交渉を行いました。
結果として、数週間で慰謝料満額を得ることができました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

不貞慰謝料事件は当事者間の感情も渦巻く案件です。したがいまして、事件がなかなか進まないということがあります。
ご依頼者様のご要望をしっかりお聞きしつつ、事件を迅速に進めていくために、どのような内容の文書を出すか(証拠を出すか)相手方との電話でどのように話すかを意識して取り組みました。
相手方と対立するだけでは事件をスピード感をもって進めていくことが難しいこともありますので、事件解決までの日数を意識しつつも相手方に対しても当方の要求を丁寧に説明しつつ話を進めました。
結果として、相手方と建設的な話し合いができたうえに、満額の交渉にも成功しました。
ご相談者様、ご依頼者様の代理人として権利をしっかり主張しつつも、迅速に事件を解決するためにどのような内容でどのような証拠を出すか、相手方とどのように話していくかなど、多角的に事件を検討することで、迅速かつご満足いただける内容になりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

妻に対しての慰謝料請求

  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 男性

相談前

相談者様(夫,60代)は、妻が浮気をしていることを知り、浮気相手に慰謝料請求をしたい、相手方に妻と一切接触して欲しくないと考えて相談にいらっしゃいました。

相談後

相手方に書面を送り、相手方に代理人が付いたため、相手方代理人との交渉が始まりました。相手方は、不貞の事実を認めないとの一点張りでした。
交渉を重ねていくなかで、最終的に相手方は不貞の事実を認めることはありませんでしたが、解決金を支払うこと、妻に今後一切接触しないこと、接触した場合には違約金が発生することを内容とする和解をすることが出来ました。
相談者様は、「相手方に妻と一切接触してほしくないこと」を一番に熱望されており、接触禁止違反に対して違約金を付すことができたことに対して、非常に満足していただけました。

豊川 祐行弁護士からのコメント

豊川 祐行弁護士

配偶者に浮気をされたので慰謝料請求をしたいという相談をよく受けます。
しかし、相談者様によって一番何を望んでいるのか(お金なのか、謝罪なのか、接触禁止なのか等)は千差万別です。なので、交渉するにあたって、相談者様の一番の希望を把握しておくことが大事になってきます。
今回の相談者様の件に関しては、ご相談者様の納得いく形で和解をすることができました。
相手方との交渉のスキルももちろん大事ですが、相談者様が何をもとめているかを弁護士が把握することも大事になります。そのためには相談者様との信頼関係をいかに築くことができるかというのを大切にしていきたいと思います。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人あまた法律事務所
所在地
〒113-0033
東京都 文京区本郷2-39-6 大同ビル5階
最寄り駅
東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 徒歩3分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5258-3492

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
土日祝日もご相談ください。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人あまた法律事務所
所在地
東京都 文京区本郷2-39-6 大同ビル5階
最寄駅
東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 徒歩3分
現在営業中 09:00 - 21:00

弁護士法人あまた法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5258-3492

※弁護士法人あまた法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
土日祝日もご相談ください。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。