現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
長嶺 悠介弁護士

( ながみね ゆうすけ ) 長嶺 悠介

弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所

交通事故

分野を変更する
【新宿駅西口徒歩3分】治療中はもちろん、後遺障害等級認定の申請から最終解決までサポートします。
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所

新宿駅西口徒歩3分、新宿郵便局近くにオフィスがあります。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

■交通事故事案については、お電話によるご無料相談も対応しております。
※事務所顧問先との関係で、ご相談を受けられない場合もあります。

■費用について
・弁護士費用特約がある場合、原則として依頼者に弁護士費用をご負担頂く必要はありません(※ご自分の加入している保険に弁特がなくても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。)。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に算定致します。ご依頼時に、費用の目安、計算方法については、事前にお伝え致します。

■実績
・公益財団法人日弁連交通事故相談センターの相談担当弁護士の業務も行っております。
・交通事故だけで100件以上の事件を受任しており、交渉・訴訟いずれについても豊富な実績があります。
・ご加入の保険・特約についてもお伺いし、様々な角度から一番有利な解決を目指します。

■重点取扱案件
・後遺障害事案
・後遺障害等級認定を争う事案(異議申立等)
・お怪我を伴う事案の示談交渉

■アクセス
JR、小田急線、京王線「新宿」駅西口 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線、大江戸線「新宿」駅7番出口 徒歩3分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回の電話相談は無料です。
着手金 着手時の見込まれる経済的利益(事故相手にお金を請求する側であれば請求額となります)の額により、以下基準により算定しています。ご相談時にお見積り等を明示し、進めております。
①125万以下の場合
 一律11万円
②125万円を超え300万円以下の場合
 経済的利益の8.8%
③300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益の5.5%+9万9千円
④3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の3.3%+75万9千円
⑤3億円を超える場合
 経済的利益の2.2%+405万9千円
※以上は税込みの金額です
報酬金 最終的に得た経済的利益の額により、以下基準により算定しています。
①300万以下の場合
 経済的利益の17.6%
②300万円を超え3000万以下の場合
 経済的利益の11%+19万8千円
③3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益の6.6%+151万8千円
④3億円を超える場合
 経済的利益の4.4%+811万8千円
※以上は税込みの金額です
弁護士費用特約 弁護士費用特約がある場合、原則として依頼者に弁護士費用をご負担頂く必要はありません(※自分の加入している保険に弁特がなくても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。)。

備考欄 料金は税込みとなります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【後遺障害】【異議申立て】後遺障害非該当→異議申し立てにより14級9号が認定された事例

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

自動車で走行中、後方から高速度で追突され、受傷した方からの相談でした。

ご相談者は、しばらくはご自身で相手の保険会社と連絡を取りながら、治療を継続していました。治療を続けても症状は完治せず、腰痛、頚部痛といった症状が残存し、医師からもこれ以上の治療の効果が期待できないという話をされてしまった状況でした。ご相談者は、ご自身の症状が後遺障害に該当するのではないかと考え、相手の自賠責保険会社に対して後遺障害認定の申請を行いました。

しかし、後遺障害認定の結果は、「非該当」の判断となり、後遺障害についての賠償は一切受けられない状況でした。

相談後

ご相談後、事故の状況や治療の状況等を確認、資料等を精査し、後遺障害認定の可能性はあると考えました。
後遺障害等級の認定結果に対しては、「異議申立て」という再審査を請求する制度があります。認定結果を変更させるためには、新たな証拠資料を提出できるかがポイントとなります。

ご相談者の事例の場合には、診療録(カルテ)や警察の事故の記録を取り付けたうえで、異議申立書を作成し、異議申立てを行ったところ、当方の異議申し立て理由が認められ、非該当から14級9号に変更となりました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

「非該当」の判断となった場合でも、非該当の理由を分析した上で新たな資料の提出とともに異議申し立てをすることにより、等級認定へ判断が変更となる可能性があります。今回の事例では、「非該当」→「等級認定」という経過でしたが、一度等級認定が出た場合にも、資料等精査し、異議申し立てをすることにより、より上位の等級が認定される可能性もあります。
資料の収集方法、収集した資料をどのように生かすかについては、事案毎の対応が必要となりますので、なかなかご自身での作成・判断は困難かと思います。

本件では、諦めず、弁護士委任をしたことで、より良い結果を得ることができました。

交通事故の解決事例 2

【物的損害】車両の時価額について、立証により、適切な賠償を受けることができた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故

相談前

相談者は、一般ではあまり流通していない車両について、相手保険会社からは著しく低い時価額での賠償提示を受け、一切増額しないとの通知を受けていました。

相談後

相手保険会社からの通知後、弁護士依頼となり、時価額が高額であることについての資料を集めて立証した結果、車両時価額が増額した内容が認定され、適切な賠償を受ける形で解決しました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

人損(お怪我に関する損害)の場合であっても、物損の場合であっても、満足のいかない賠償提示を受けた場合に、適切な立証をすれば賠償額が増額する可能性はあります。事案によって、どのような証拠を集めれば良いか、どのような交渉をすれば良いか、弁護士に相談し、進めていくとよいでしょう。

交通事故の解決事例 3

【死亡事故】過失割合、慰謝料、逸失利益等の争点について、交渉時よりも有利な認定を裁判所から得て、1000万円以上の増額が得られた事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 女性

相談前

夫を事故で亡くされた奥様からの相談でした。
車同士の事故であったため、依頼者側にも過失割合が発生する事案でした。
交渉時には、過失割合、慰謝料の金額、死亡逸失利益の金額等が争いとなっていました。

相談後

ご遺族の意向もあり、裁判所の判断を仰ぐこととなりました。
刑事記録や、車両の傷の状況、現場の道路状況を精査したうえで、過失割合の主張等を行い、交渉時の相手方の主張よりも有利な割合での認定を得ることができました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

死亡事故場合には、事故の状況を最もよく知る被害者本人が亡くなっており、遺族は事故直後、事故の詳細な状況を確認する手段が乏しい場合が多々あります。相手方より当方に不利な事故態様を主張された場合に、これに対して反論することは容易ではありません。
そんな中でも、警察等が収集した資料や、損傷状況等の客観的証拠を詳細に検討することにより、事故の状況を明らかにし、相手方が真実と異なる主張をしている場合であっても反論することが可能です。また、死亡事故においては、被害者側の損害額が高額となることから、1割の過失が変動するだけで数百万円以上賠償金が変動し得ます。
本件については、金額の問題だけでなく、ご遺族の心情も踏まえ、過失について、妥協なき主張を行っていきました。

事故状況の相手主張に疑問がある場合には、弁護士に相談をし、専門家の意見を聞くことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【新宿駅西口徒歩3分】企業、個人問わず多数の回収実績があります。事案毎に、戦略を検討していきますので、まずはご相談ください。
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所

新宿駅西口徒歩3分、新宿郵便局近くにオフィスがあります。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

■【企業の方 このようなご相談は弁護士にご相談ください】
●早期ご相談が回収可能性を高めます。まずはご相談ください。
企業経営において、代金の支払いがなされないという事態は時折発生します。
相手方の資力の問題等、債権回収においては、時間が経過するほど回収が困難になるというリスクも存在しています。迅速な着手が重要です。

●弁護士へ依頼するメリット
・強制執行も見据えた、具体的な解決を進めることができます。
・会社の本来業務ではない債権回収業をアウトソーシングし、本来業務に集中することができます。

●単発・軽微な案件でもご相談ください。
「少額・軽微な案件だが、相談して良いのか…」
「継続ではない、単発案件の相談だが、相談しても良いのか…」
このような場合でも、対応致します。

■【個人の方 このようなご相談は弁護士にお任せください】
・詐欺被害に遭った。取り返してほしい。
・お金を返してほしいが電話にも出てもらえず困っている。
・事故被害にあったので、相手方に損害賠償請求をしたい。
・未払い賃料・管理費があるが、なかなか強く言えないので、代わりに請求してほしい。
・相手に財産があるか分からず困っているので、調査をお願いしたい。
・元夫が、養育費を払ってくれない。

■ご相談方法について
メール、お電話で受け付けております。メールフォームから、ご相談の概略(簡単な内容で構いません)を記入の上お送り頂くと、スムーズにご対応できることが多いです。平日営業日のメールでしたら、24時間以内には、メールでのご返信やお電話でのご回答をしております。

【アクセス】
・JR、小田急線、京王線「新宿」駅西口 徒歩3分
・東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線、大江戸線「新宿」駅7番出口 徒歩3分

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談無料
※30分以降5,500円(税込み)となります。
※面談でのご相談の場合には、30分5,500円(税込み)となります。
文書作成料 内容証明郵便作成料 3万3千円~
着手金/成功報酬 下記、日本弁護士連合会が定めた旧弁護士報酬基準をベースに設定していますが、事案毎に、算定の方法や進め方等を柔軟にご対応致します。お見積りに際して、費用を頂くということはありませんので、お気軽にお問い合わせください。

訴訟手続きの場合
経済的利益の額           着手金          報酬金
300万円以下           8.8%          17.6%
300万円を超え3000万円以下  5.5%+9万9千円    11%+19万8千円
3000万円を超え3億円以下    3.3%+75万9千円  6.6%+151万8千円
3億円を超える場合         2.2%+405万9千円  4.4%+811万8千円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(2件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

支払意思もなく、行方もわからなくなった債務者から債権を回収した例

相談前

ご相談企業は、債務者に対して、支払いの督促をしていたものの、連絡も取れず、行方もわからない状況になってしまったということで、弁護士にご相談されました。

相談後

住民票取得により新しい住居を突き止め、また弁護士会を通じた照会により債務者の金融資産を調査し、強制執行手続きを行い、債権の全額を預金口座から回収をすることができました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

債務者が、支払意思がなく、逃げているような状況の場合には、弁護士を通じて調査をすることにより、債務者の財産から回収をすることができる可能性もありますので、一度ご相談ください。

債権回収の解決事例 2

未払い売掛金を裁判手続きにおいて回収した事例

依頼主 40代 男性

相談前

製造業を営む社長様から、業務委託報酬売掛金の未払い状態が続いているということで、ご相談がありました。社長から相手会社社長と交渉を行っても、何かしらの理由をつけられ、話をすることができない状態でした。

相談後

受任後、弁護士が相手会社社長と交渉をしたところ、相手会社は支払いをすることができる資力はありつつも、長期の分割条件を提示する等の対応が続きました。そこで、当方から裁判手続きを行ったところ、裁判手続きのなかで一括で支払う和解が成立し、無事売掛金の回収を行うことができました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

当事者同士での話合いができない場合、弁護士が介入することにより、話合いを前に動かすことができます。また、交渉・裁判手続きを有効利用し、戦略をたてて進めていくことにより、より納得のいく適切な解決に結びつけることもできます。
上記のような戦略については、弁護士に相談し、弁護士と共に進めていくのがベストと思いますので、ご自身で悩んでつい後回しにせず、まずはご相談頂ければと思います。

債権回収

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【新宿駅徒歩3分】不動産事業会社、リフォーム業者等からのご相談が増えています。【メールフォームからお問い合わせください。】
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所

新宿駅西口徒歩3分、新宿郵便局近くにオフィスがあります。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■よくあるご相談
・賃料の滞納分を請求したい。
・賃料の滞納が続いており、建物明け渡しの請求をしたい。
・突然、借りている部屋から出ていけと言われた。
・退去の際、多額の修繕費を請求された。
・注文主が追加工事代金を払ってくれない。
・注文主からリフォーム工事内容に不備があると請求がされている。
・不動産の売買ついて、説明に虚偽があった。
・どのような賃貸借契約を締結したらいいか(定期借家等)。契約書の内容をチェックしてほしい。

■費用について
実際に費用が発生する場合には、事前に見積もりと見通しをお伝えします。
例えば、内容証明郵便作成3万3千円~対応しています。

■ご相談方法について
メール、お電話で受け付けております。メールフォームから、ご相談の概略を記入の上、お送り頂くと、スムーズにご対応できることが多いです。

■アクセス
JR、小田急線、京王線「新宿」駅西口 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線、大江戸線「新宿」駅7番出口 徒歩3分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談無料
※30分以降5,500円(税込)となります。
※面談でのご相談の場合には、30分5,500円(税込)となります。
顧問料 日々の法律相談、契約書チェック、会社名義での法的書面の作成、弁護士名義での簡易な法的書面の作成等について対応します。相談時にお見積り致します。
文書作成料 内容証明郵便作成 3万3千円~
着手金/成功報酬 旧日本弁護士連合会報酬等基準を参考に、事案内容を踏まえて、ご依頼前にお見積り致します。

※参考 訴訟手続きの場合の弁護士報酬基準
経済的利益の額           着手金       報酬金
300万円以下           8.8%       17.6%
300万円を超え3000万円以下  5.5%+9万9千円 11%+19万8千円

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

滞納賃料の回収と建物の明渡を代理人として行った事例

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

賃料不払いが恒常化している賃借人の対応について、賃貸人からのご相談。

相談後

今後の見通しについてご説明し、戦略をたてていきます。ご相談時点での相手方との交渉状況・ご依頼者のご意向等も踏まえつつ、裁判を起こして立ち退きと滞納賃料の支払いを求め、裁判の中で、解決合意に至りました。

長嶺 悠介弁護士からのコメント

長嶺 悠介弁護士

ご相談時点での状況を踏まえて、依頼者の経済的損失を最小化できるような方策についてご説明しながら、戦略をたてて進めていくことが多いです。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人大西総合法律事務所本店事務所
所在地
〒160-0023
東京都 新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル6階
最寄り駅
各線「新宿駅」7番出口より徒歩3分
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 債権回収
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5284-5749

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

長嶺 悠介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5284-5749
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
※受付時間外でもお電話頂ければ可能な限り対応しています。メールフォームは24時間受け付けています。
設備
完全個室で相談