現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
松澤 建司弁護士

( まつざわ けんじ ) 松澤 建司

M&M法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
▶面談予約受付▶24時間メール予約受付▶当日/休日/夜間相談可▶親権、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉、婚姻費用、DVに関する相談は、当事務所へ。今後の見通しをお伝えし、依頼者が有利にそして納得する解決に導きます。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

--------------------------------------------------
M&M法律事務所が選ばれる理由
---------------------------------------------------
①セカンドオピニオンとしても相談をお受けしています。

②お客様のお話をじっくりとお聞きし、親切丁寧に、
できるだけ分かりやすい説明を心がけています。

③案件の難易度により、相談時に費用のご説明をさせていただいております。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・配偶者が不倫していることが分かった
・お互い離婚意思はあるのに財産分与や慰謝料で争っている
・付き合っている相手に妻や夫がいることが分かった
・慰謝料・養育費を請求したい。
・子どもと面会させてもらえない等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

※離婚について※
離婚問題は身近な法律問題であり、一度トラブルになると直接相手方と対応することは、
非常なストレスとなります。弁護士を通じて交渉をすることが何よりも迅速な対処です。

◎これまでの依頼者の声◎
「面談時に解決までの見通しを教えてくださり、実際にそのように解決できたので、先生にお任せして本当に良かったです。」と感謝の声をいただいております。

【アクセス】
JR新宿新南口徒歩3分 新宿三丁目駅 E5.E7出口徒歩1分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分間まで無料、以降30分 5,000円(税別)
離婚交渉・調停事件 着手金:30万円以上50万円以下(税別)
報酬金:30万円以上50万円以下(税別)
離婚訴訟事件 着手金:40万円以上60万円以下(税別)
報酬金:40万円以上60万円以下(税別)
※離婚調停事件から引き続き訴訟事件を受任する時の着手金は、離婚訴訟事件の着手金の額の2分1とする。
備考欄 財産分与、慰謝料など財産給付を伴うときは、財産給付の実質的な経済利益額を基準として、報酬金の額以下の適正妥当な額を加算して請求いたしますが、当事務所では、着手金には加算致しません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻が二人の子の親権を取得し、財産分与・養育費の支払いを確保した事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
依頼主 女性

相談前

妻及び二人の子と夫が別居中。

相談後

夫婦の関係調整調停(離婚調停)、離婚訴訟の提起、和解。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

離婚については、協議・調停で離婚が成立する場合も少なくありません。
しかし、子の監護・親権、財産分与、慰謝料で合意できない場合には訴訟になる場合もあります。
依頼者のお話を聞いて最善の方法を選択していきます。

離婚・男女問題の解決事例 2

熟年夫婦の妻が他の女性と半同棲中の夫から多額の慰謝料の支払いを受ける訴訟上の和解が成立した案件

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 女性

相談前

長期間の家庭内別居が続いている妻からのご相談。夫が他の女性と半同棲中にあり、慰謝料を請求し、離婚したいという要望。

相談後

夫婦関係調整調停(離婚調停)、離婚訴訟の提起、和解。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

離婚については、協議・調停で離婚が成立する場合も少なくありません。
しかし、この監護・親権、財産分与、慰謝料で合意できない場合には訴訟になる場合もあります。
依頼者のお話しを聞いて最善の方法を選択していきます。

離婚・男女問題の解決事例 3

妻が別居中の夫により連れ去られた二人の子を取り戻し離婚した案件

  • 親権
  • 別居
依頼主 女性

相談前

離婚するために、妻は二人の子を連れて実家に戻ったが、夫が二人の子を連れ去ってしまった。

相談後

夫婦関係調整調停(離婚調停)を申し立てるとともに、子の監護者指定・子の引渡審判(及び仮処分)の申立、離婚訴訟の提起、判決。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

離婚については、協議・調停で離婚が成立する場合も少なくありません。
しかし、この監護・親権、財産分与、慰謝料で合意できない場合には訴訟になる場合もあります。
依頼者のお話しを聞いて最善の方法を選択していきます。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
▶面談予約受付▶24時間メール予約受付▶当日/休日/夜間相談可▶相続人間でも揉め事を、客観的に仲介させていただきます。遺恨を残さない、平和的解決で皆様の遺産問題に努めます。遺言書作成についても対応しますので、ご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

--------------------------------------------------
M&M法律事務所が選ばれる理由
---------------------------------------------------
①セカンドオピニオンとしても相談をお受けしています。

②お客様のお話をじっくりとお聞きし、親切丁寧に、
できるだけ分かりやすい説明を心がけています。

③案件の難易度により、相談時に費用のご説明をさせていただいております。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・亡父母の死後、兄(弟)が亡父母名義の建物に住んだままであるが、
 預貯金等の相続が全くできていない
・亡父母が遺言を残しており、その内容が、自分以外の相続人に、
 全ての財産を相続させるというものであった
・預貯金を管理していた相続人が自分のために使い込んでいた形跡がある
・相続人間の仲が悪く、相続の話し合いが全く進まない等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

※遺産相続について※
遺産相続の複雑で緻密な問題を迅速に解決できるよう努めます。
身内で揉めて、関係が複雑になってしまうことは避けなくてはいけません。

◎これまでの依頼者の声◎
「身内間でだいぶ感情的になっていたので、冷静で有利に解決していただいて、本当に感謝しています。」との声をいただいております。

【アクセス】
JR新宿新南口徒歩3分 新宿三丁目駅 E5.E7出口徒歩1分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分間まで無料、以降30分 5,000円(税別)
着手金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合:経済的利益の8%(税別)
300万円を超え 3000万円以下の場合:5%+9万円(税別)
3000万円を超え 3億円以下の場合:3%+69万円(税別)
3億円を超える場合::2%+369万円(税別)
※着手金の最低額は、10万円 (税別)
※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができる
報酬金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合:経済的利益の16% (税別)
300万円を超え 3000万円以下の場合:10%+18万円 (税別)
3000万円を超え 3億円以下の場合:6%+138万円 (税別)
3億円を超える場合:4%+738 万円 (税別)
※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができる
遺言書作成 【定型】
10万円から20万円の範囲内の額

【非定型】
基本
経済的な利益の額が
300万円以下の場合:20万円 (税別)
300万円を超え 3000万円以下の場合:1%+17万円 (税別)
3000万円を超え 3億円以下の場合:0.3%+38万円 (税別)
3億円を超える場合:0.1%+98 万円 (税別)
特に複雑または特殊な事情がある場合:弁護士と依頼者との協議により定める額

【公正証書にする場合】
上記の手数料に3万円(税別)を加算する。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

公正証書遺言を作成した案件

  • 遺言
  • 相続人調査
依頼主 70代 女性

相談前

78歳の女性から、夫から相続した不動産・預貯金・有価証券を含め有する財産を5人の子どもの状況に応じた分け方を遺言して、将来子どもたちが争うことのないようにしておきたいとご相談がありました。

相談後

財産・相続人を確認したうえで、遺言者の希望・理由を付して遺言書案を作成して公証役場を打ち合わせを行い、公正証書遺言を作成いたしました。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

遺言「争族」にならないように、事前に遺言書(特に公正証書遺言)の作成をお勧めします。
相続開始後の相続人間のトラブルは感情的対立が激しいことが多いので、第三者とりわけ弁護士が代理しての協議・調停等により早期に解決することが望ましいと考えております。

遺産相続の解決事例 2

遺産分割調停の申立を行い、短期間で調停が成立した案件。

  • 遺産分割
依頼主 男性

相談前

二人兄弟の兄からのご相談。父の遺産分割がなされていないうちに弟が死亡し、自身と弟の妻(子はいない)との間で、父の遺産・弟の遺産について分割問題が具体化。

相談後

兄(依頼者)から、弟の妻に対して遺産分割調停を申し立て、父の遺産分割、弟の遺産分割について協議し、父の遺産は兄が相続し弟の遺産は弟の妻が相続することで調停成立。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

遺言「争族」にならないように、事前に遺言書(特に公正証書遺言)の作成をお勧めします。
相続開始後の相続人間のトラブルは感情的対立が激しいことが多いので、第三者とりわけ弁護士が代理しての協議・調停等により早期に解決することが望ましいと考えております。

遺産相続の解決事例 3

遺留分減殺請求を行い、相手方が遺留分相当額の代償金を支払うことで協議が成立した案件。

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 男性

相談前

離婚した元夫が死亡。元夫は遺言書を残し、財産をすべて元夫の母親に相続させることとしていた。元妻の子(未成年)が遺留分減殺請求。

相談後

元妻の子の代理人として、元夫の母親の代理人と協議し、元夫の母親が遺留分相当額の代償金を支払うことで協議が成立し、速やかに支払いを受けることができた。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

遺言「争族」にならないように、事前に遺言書(特に公正証書遺言)の作成をお勧めします。
相続開始後の相続人間のトラブルは感情的対立が激しいことが多いので、第三者とりわけ弁護士が代理しての協議・調停等により早期に解決することが望ましいと考えております。

遺産相続

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
▶面談予約受付▶24時間メール予約受付▶当日/休日/夜間相談可▶ご自身での解決に限界を感じた際は、当事務所へご相談ください。家族にまで影響がでて、手遅れになる前に弁護士が対処致します。これからの大事な将来を一緒に考えましょう。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

--------------------------------------------------
M&M法律事務所が選ばれる理由
---------------------------------------------------
①セカンドオピニオンとしても相談をお受けしています。

②お客様のお話をじっくりとお聞きし、親切丁寧に、
できるだけ分かりやすい説明を心がけています。

③案件の難易度により、相談時に費用のご説明をさせていただいております。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・借金が多くなりすぎて利息しか払えない。
・毎月の支払いが滞っている。
・長期間借金を支払っているが完済できない。
・何社か完済した業者がある。
・毎月の支払金額を減らしたい等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

※借金問題について※
債務整理に関するお悩みは、日々のやりくりや債権者の取り立てなどで、
精神的に追い詰められやすい問題です。
解決方法が複数存在するため、最初の段階での的確な分析と手段の選択が重要です。
弁護士があなたに合わせた解決法をご提案いたしますので、まずはご連絡下さい。

◎これまでの依頼者の声◎
「複数の債務で困り果てていたので、本当に先生には心から感謝しています。」との声をいただいております。

【アクセス】
JR新宿新南口徒歩3分 新宿三丁目駅 E5.E7出口徒歩1分

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分間まで無料、以降30分 5,000円(税別)
着手金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合:経済的利益の8%(税別)
300万円を超え 3000万円以下の場合:5%+9万円(税別)
3000万円を超え 3億円以下の場合:3%+69万円(税別)
3億円を超える場合::2%+369万円(税別)
※着手金の最低額は、10万円 (税別)
※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができる
報酬金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合:経済的利益の16% (税別)
300万円を超え 3000万円以下の場合:10%+18万円 (税別)
3000万円を超え 3億円以下の場合:6%+138万円 (税別)
3億円を超える場合:4%+738 万円 (税別)
※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができる
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(4件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

夫婦ともに任意整理して、完済した案件

  • 任意整理

相談前

夫は5社から300万円、妻は3社から150万円の借金がありました。

相談後

任意整理して、利息制限法に基づき再計算。毎月の返済額を大幅に減額して返済し、完済。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

過払い金請求を含め、任意整理・破産・再生のいずれかの手続きが適しているのか、依頼者のお話しを詳しくお聞きして最善の方法を選択していきます。

借金・債務整理の解決事例 2

競馬で多額の借金をして、自己破産をし免責決定を得た案件

  • 自己破産

相談前

競馬で500万円の借金あり。

相談後

自己破産を申し立て、予納金を納め、選任された管財人に正直に経緯を述べて免責決定を取得。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

過払い金請求を含め、任意整理・破産・再生のいずれかの手続きが適しているのか、依頼者のお話を詳しくお聞きして最善の方法を選択していきます。

借金・債務整理の解決事例 3

個人再生により自宅を手放さずに弁済した案件

  • 個人再生

相談前

住宅ローンを含め10社から数千万円の借金あり。

相談後

小規模個人再生を申し立て、再生計画案を立案・一部弁済して自宅を確保。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

過払い金請求を含め、任意整理・破産・再生のいずれかの手続きが適しているのか、依頼者のお話しを詳しくお聞きして最善の方法を選択していきます。

借金・債務整理の解決事例 4

会社の代表取締役が、会社とともに破産申立し免責を得た案件。

  • 自己破産

相談前

飲食店を複数経営していたが、不況で売上が減少し、1店舗を残し閉鎖することに。

相談後

会社及び連帯保証債務を負っている代表取締役個人も、自己破産を申し立て、代表取締役個人は免責決定を取得。

松澤 建司弁護士からのコメント

松澤 建司弁護士

過払い金請求を含め、任意整理・破産・再生のいずれかの手続きが適しているのか、依頼者のお話しを詳しくお聞きして最善の方法を選択していきます。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
M&M法律事務所
所在地
〒160-0022
東京都 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH3階319
最寄り駅
新宿三丁目駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【原則電話受付】
9:30〜17:30
※時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※依頼者の都合によっては、平日18時以降や休日対応も可。
上記の時間帯以外でも、スケジュールが合えば夜間・休日の相談をお受けいたしますので、まずは営業時間内にお電話ください。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

電話で問い合わせ
050-5285-5194

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

松澤 建司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5285-5194
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【原則電話受付】
9:30〜17:30
※時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※依頼者の都合によっては、平日18時以降や休日対応も可。
上記の時間帯以外でも、スケジュールが合えば夜間・休日の相談をお受けいたしますので、まずは営業時間内にお電話ください。