現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
笠井 收弁護士

( かさい しゅう ) 笠井 收

笠井・金田法律事務所

笠井 收 弁護士 インタビュー

弁護士を目指したきっかけ

高校時代、将来は医者か弁護士と考えていました。自分の性格上、企業で働くよりも自分で自由に行動できる仕事の方があっていると考えたからです。その結果、今こうして弁護士として仕事をしています。

印象に残っている事例

特に印象に残っているのは、内縁の夫婦の相続に関する案件です。

事情があって正式に入籍はしていませんが、50年間連れ添った夫婦で、夫が先に亡くなりました。法律上は長年暮らしていても、入籍しなければ相続権はありません。また、遺言もありませんでした。

普通、本人が亡くなるとその遺族が出てきて、法定相続分を主張して、その大部分、ひどい場合は、全ての遺産を持って行ってしまいますが、双方が納得できるように交渉し、法定相続人に一割の遺産を引き渡すことで納得いただけました。

依頼者の方にもとても喜んでいただけて、嬉しかったです。

仕事の中で嬉しかったこと

一番の喜びは、やはり顧客の方に「ありがとうございました。先生のお陰です」と感謝して頂くことです。もちろん弁護士なので、裁判で勝つことも喜びです。

弁護士になって大変だと感じること

事件の解決として不利な事件もあります。そのときに顧客の方にどうご納得頂くか、どのように説得するかが難しいですね。

休日の過ごし方

若いころは休日も事務所に出て仕事もしましたが、今は生活習慣病予防の為にも、テニスやハイキングで体を動かしています。健康が一番大切ですからね。雨の日には碁を打つことも楽しみの一つです。

弁護士としての信条・ポリシー

2つあります。まずは、依頼を受けたときの見通しを誤らないことです。次に、仕事のスピードを大事にすることです。

依頼者に対して気を付けていること

依頼者の方に納得頂ける説明をするよう心がけています。また、証拠がなければ裁判所は信じてくれないので証拠をよく探して下さいと伝えるようにしています。

関心のある分野

全部関心はあります。もちろん依頼を受けたことには常に関心をもちます。しかし、特許や税務など特殊な分野は扱っておりません。

ページを見ている方へメッセージ

何かあったら一人で悩まないで相談してください。予防医学と同様に紛争予防がベストです。法律問題で困ったらどんなことでも、些細なことでもぜひ弁護士に相談してください。今は、市役所などで無料相談もあります。また、HPを見て気軽にメールをしてください。

取扱分野

  • 交通事故 料金表あり
    事件内容
    • 死亡事故
    • 物損事故
    • 人身事故
    争点
    • 後遺障害等級認定
    • 過失割合
    • 慰謝料・損害賠償
  • 遺産相続 料金表あり/解決事例あり
    請求内容
    • 遺言
    • 相続放棄
    • 相続人調査
    • 遺産分割
    • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
    • 相続登記・名義変更
    • 成年後見
    • 財産目録・調査
  • 離婚・男女問題 料金表あり
    原因
    • 不倫・浮気
    • 別居
    • 性格の不一致
    • DV・暴力
    • セックスレス
    • モラハラ
    • 生活費を入れない
    • 借金・浪費
    • 飲酒・アルコール中毒
    • 親族関係
    請求内容
    • 財産分与
    • 養育費
    • 親権
    • 婚姻費用
    • 慰謝料
    • 離婚請求
    • 離婚回避
    • 面会交流
  • 借金・債務整理
    依頼内容
    • 自己破産
    • 過払い金請求
    • ヤミ金対応
    • 任意整理
    • 個人再生
  • 債権回収
  • 詐欺被害・消費者被害
    原因
    • 金融・投資詐欺
    • 訪問販売
    • ワンクリック詐欺・架空請求
    • 競馬・情報商材詐欺
    • ぼったくり被害
    • 霊感商法
    • 出会い系詐欺
  • 不動産・建築
    賃貸トラブル
    • 賃料・家賃交渉
    • 建物明け渡し・立ち退き
    • 借地権
    売買トラブル
    • 欠陥住宅
    • 任意売却
    近隣トラブル
    • 騒音・振動
    • 土地の境界線
  • 企業法務・顧問弁護士
    依頼内容
    • M&A・事業承継
    • 人事・労務
    業種別
    • エンタテインメント
    • 医療・ヘルスケア
    • IT・通信
    • 金融
    • 人材・教育
    • 環境・エネルギー
    • 運送・貿易
    • 飲食・FC関連
    • 製造・販売
    • 不動産・建設

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【弁護士費用特約利用可】【弁護士歴40年以上】交通事故に関するご相談はお任せください。医療訴訟の経験も踏まえて、特殊案件にも対応が可能です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■泣き寝入りする必要はありません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士登録後、40年以上一貫して交通事故を取り扱ってきましたので、事案ごとのポイントを把握しております。示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など交通事故のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。また、毎月2件以上のご相談を承っていることから、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。

特に、高次脳機能傷害の事案など特殊な案件にも医療訴訟の経験を生かして対応いたします。専門知識のない方は、保険会社の提示する金額が適切かどうかわかりません。不利な条件で泣き寝入りしなくて済むようにサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

■安心してご相談いただくために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】相談時に見積りを作成し、総額費用の概算ご提示します
【2】弁護士費用特約利用で実質負担0円!
【3】納得いただけるまでとことん話し合うことを重視◎
【4】新宿三丁目駅徒歩2分で、来所時の負担を軽減
【5】事前予約で休日・夜間(21時まで)の相談可◎

>>原則、面談の上でのご相談を受け付けておりますが、いきなりのご来所に不安のある方は電話でのご相談にも10分程度であれば対応が可能です。

■弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

■ご相談の一例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
・後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
・事故前無職であったため、逸失利益の支払を拒否されている。しかし、求職中であったので、賃金センサンスによる平均年収は認めて欲しい。

【特に力を入れている案件】
示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求訴訟、自賠責保険金の請求、交通事故刑事裁判

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
新宿三丁目徒歩2分
新宿三丁目駅の出口(C5またはC8出口)から徒歩2分です。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 10万円~(税別)
※着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬でディスカント分を補うなどの利用しやすい費用体系にしています。
報酬金 20万円~(税別)

取得した経済的利益が300万円までは、経済的利益の16%(税別)。
経済的利益が300万円~3,000万円の場合は、その10%+18万円(税別)、
経済的利益が3,000万円~2億円までは、その6%+138万円(税別) となります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【弁護士歴40年以上】【地元密着型弁護士】【他士業と連携】豊富な経験を生かし、あらゆる相続問題に対応が可能です。困難と思われる案件でもお気軽にご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■相続が争族になる前にご相談ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地元密着型の弁護士として、相続問題に40年以上携わってきました。これまでの経験を生かし、遺産分割協議・遺言書作成など遺産相続のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を実現いたします。

また、相続に付随して発生する問題にも、司法書士や税理士、不動産鑑定士などの他士業と連携し、ワンストップで対応が可能です。

<相続対策が重要です◎>
相続争いが長年にわたることを防ぐため、遺言は作成しておくべきです。
遺言は、内容によっては法的効力が認められないケースがあるため、まずは弁護士にご相談ください。将来起こりうる事態を視野に入れ適切なご提案をいたします。

近年、独身のままで姉兄もおらず、亡くなる方が多くなっています。その場合、遺産は原則として国庫に組み入れられるか、生前被相続人の世話をしていた人につき、特別縁故者への財産分与申立をするかになりますが、分与される金額は少ないものです。
生前、面倒を看てもらった人に報いるためにも遺言は必ず作っておくことをお勧めいたします。上記の場合に限らず、遺言さえ作っておけばこのような不利益を受けずに済んだはずという事例が大変多くなっておりますので、少しでもお悩みでしたら、一度ご相談ください。

■安心してご相談いただくために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】相談時に見積りを作成し、総額費用の概算ご提示します
【2】ご年配の方のために、過疎地や遠隔地への出張相談を実施!
【3】納得いただけるまでとことん話し合うことを重視◎
【4】新宿三丁目駅徒歩2分で、来所時の負担を軽減
【5】事前予約で休日・夜間(21時まで)の相談可◎

>>原則、面談の上でのご相談を受け付けておりますが、いきなりのご来所に不安のある方は電話でのご相談にも10分程度であれば対応が可能です。

■弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金(弁護士報酬基準書式集)を基準に、ご依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております。
また、案件の難易度により弁護士の数も変わりますので、相談時に体制と費用のご説明をさせていただいております。

■ご相談の一例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・被相続人と同居していた共同相続人の一人が、被相続人名義の預金口座から複数回にわたり、預金を引き下ろし、その使途を明らかにしない、もしくは贈与されたと主張する。
・土地が複数筆あるが、どの土地を誰が相続するかにつき、合意ができない。このままだと、土地全てを売却して金銭で分割することになるが土地はなるべく売りたくない。

【特に力を入れている案件】
遺産分割協議・遺言書作成・遺言執行・遺産分割調停・遺留分減殺請求・事業承継など

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
新宿三丁目徒歩2分
新宿三丁目駅の出口(C5またはC8出口)から徒歩2分です。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 20万円〜(税別)
※着手金を安くし、遺産分割が成功し経済的利益を取得できた場合は報酬でディスカント分を補うなどの利用しやすい費用体系にしています。
報酬金 20万円~(税別)

取得した経済的利益が300万円までは、経済的利益の16%(税別)。
経済的利益が300万円~3,000万円の場合は、その10%+18万円(税別)、
経済的利益が3,000万円~2億円までは、その6%+138万円(税別) となります。

ただし、経済的利益は、対象となる時価相当額が分割の対象となる財産の範囲、及びその相続分について争いのない部分についてはその相続分の時価相当額の3分の1の額とします。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

特別受益が争われた事件

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

相続人は、長女Aと次女B。被相続人(父親)は定年後、自宅を改造して、Bと共にフォトショップを開業したが、経営不振のため、5年ほどで閉店した。
また、被相続人はBを受取人とする1500万円の生命保険に加入していた。Aは同店の開店は、離婚して被相続人と同居していたBの生活費を捻出するためであった、従って、上記生命保険金と被相続人が生前拠出した開店費用、経営資金約2000万円、合計3500万円はBの特別受益になると主張し、家庭裁判所に調停申立した。

相談後

当方の依頼者はB。
当方は生命保険金は遺産とはならず、受取人Bの固有の権利であること、金額が遺産総額の2割以下であるので、共同相続人間の公平を害することもないこと、フォトショップ開店は全て、被相続人名義で取引されており、Bはその従業員として給与を得ていたにすぎないことを主張、立証した。裁判所はこれを認め、Bの特別受益を否定し、法定相続分にて遺産分割することで調停成立した。

笠井 收弁護士からのコメント

笠井 收弁護士

生命保険金が特別受益に該当しないことの立証は比較的容易であったが、フォトショップの開店、営業については、Bが店長として稼働していたこと、被相続人は同店の収益から、ほとんど収入を得ていなかったことから、Aの主張を覆すのに多少の苦労があったが、開店時のフランチャイズの親会社との契約書、機械のリース代金、インク代等の領収書の名義が全て被相続人名義であったことから、特別受益を否定することに成功した。

遺産相続の解決事例 2

被相続人の生前中に同居する共同相続人が被相続人名義の預金を多額に引き下ろしていた事件

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

被相続人は80歳代後半の父親、共同相続人は長男Aと長女B、遺産は自宅土地建物と約2800万円の預貯金であったが、預貯金が被相続人の死亡前約10か月前から毎月、50万~200万円がキャッシュカード等で引き下ろされていた。
Bは遺産分割調停を申立て、Aに対し、引き下ろした金員は被相続人の意思に基づかず、恣に引き下ろされたものであるから、遺産に戻すこと、仮に費消してしまった場合は、特別受益として同額分、Aの相続分から差し引かれるべきことを主張。これに対しAは引き下ろしは被相続人の意思に基ずくもので、使途は被相続人の医療費、生活費に充当した旨主張。

相談後

家裁は預金の引下しにつき、地裁の判断を仰ぐよう指示。Bは一旦、遺産分割調停申立を取下げ、地裁にて被相続人のAに対する不当利得返還請求権を相続したものとして、Aに対し、引き下ろした金員の返還請求訴訟を提起した。証拠調べの結果、当時、被相続人は中程度の認知症の症状を呈していたこと、高齢である被相続人の生活費は月額10万円程度で足りること、医療費の領収書を提示できなかったこと、仮に医療費がかかったとしても月額50万円~200万円は多額に過ぎるとの心証から地裁は引き下した金額の8割をAの不当利得金として、Bに支払い、改めて、その余の遺産に合算して法定相続分に近い金額での遺産分割の和解を成立させた。

笠井 收弁護士からのコメント

笠井 收弁護士

被相続人の生前中、同人と同居するなどしていた共同相続人の1人が、同人名義の預貯金を恣に引下ろしたり、預貯金の存在を開示しない事例が多くなっている。
このような事例の場合、預貯金がいずれの金融機関にあるのか口座が特定できれば、引下しの適否は比較的容易に立証できるが預貯金の存否、及びいずれの金融機関にあるか開示されない場合、その調査は容易ではない。遺産分割調停を申立て、家裁による強い説得等により開示させるしか有効な手段は思いつかないが、共同相続人は被相続人が健在のうちから、どこの金融機関と取引があるか、聞いておく必要がある。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【法テラス利用可】【弁護士歴40年以上】弁護士登録後、一貫して離婚・男女問題を扱ってきましたので、ポイントを押さえたアドバイスでサポートします。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■より良い形で再スタートを迎えましょう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士登録後、40年以上一貫して離婚問題を取り扱ってきましたので、事案ごとのポイントを把握しております。不貞/DV/慰謝料請求/財産分与など離婚のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。また、毎月2件以上のご相談を承っていることから、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。

上記以外にも300日問題など、特殊な案件も経験がありますので、困難と思われる案件でもまずは一度ご相談ください。経済的にも弱い立場を強いられる女性を、対等以上の立場で交渉を進められるよう全力でサポートいたします。

■安心してご相談いただくために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】相談時に見積りを作成し、総額費用の概算ご提示します
【2】費用に不安のある方は法テラスをご利用いただけます!
【3】納得いただけるまでとことん話し合うことを重視◎
【4】新宿三丁目駅徒歩2分で、来所時の負担を軽減
【5】事前予約で休日・夜間(21時まで)の相談可◎

>>原則、面談の上でのご相談を受け付けておりますが、いきなりのご来所に不安のある方は電話でのご相談にも10分程度であれば対応が可能です。

■弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金(弁護士報酬基準書式集)を基準に、ご依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております。
また、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系にしています。

■ご相談の一例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・婚姻費用・慰謝料・養育費を請求したい。
・パートナーからモラハラ被害を受けている。
・子どもと面会させてもらえない。
・不貞の場合、その相手方にも慰謝料請求したい。
・子供が居るので、自宅は妻が取得したい。
・離婚成立の際、調停条項若しくは協議離婚において約束した養育費を相手方(主に元夫)が支払わない。

【特に力を入れている案件】
慰謝料請求、財産分与、養育費請求、親権問題、DVに関する相談など

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
新宿三丁目徒歩2分
新宿三丁目駅の出口(C5またはC8出口)から徒歩2分です。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 10万円~(税別)
※着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬でディスカント分を補うなどの利用しやすい費用体系にしています。
報酬金 離婚成立自体の報酬30万円~(税別)

取得した経済的利益が300万円までは、経済的利益の16%(税別)
経済的利益が300万円~3,000万円の場合は、その10%+18万円(税別)
経済的利益が3,000万円~2億円までは、その6%+138万円(税別) となります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
笠井・金田法律事務所
所在地
〒160-0022
東京都 新宿区新宿2-11-7 第33宮庭ビル1003
最寄り駅
新宿三丁目駅
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 群馬

北陸・甲信越

  • 山梨
事務所URL

所属事務所の取扱分野

取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5257-1408

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

笠井 收弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1408
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
受付時間外はメールフォームよりお問い合わせいただくとスムーズです。