現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
面川 典子弁護士

( おもかわ のりこ ) 面川 典子

わかば法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆三田駅5分◆女性弁護士による安心のサポート◆夜間/休日相談可◆
慰謝料請求、財産分与、養育費請求等のご相談お任せください。
心の声を「親身」に「最後まで」おうかがいします。
わかば法律事務所
わかば法律事務所
わかば法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

解決事例

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13103/l_126301/#pro3_case

  • 夫が財産分与を避けて離婚を回避した事案
  • 養育費の増額が認められた事案
  • 面会交流が可能になった事例

など幅広い案件において、有利な解決へと導いた実績がございます。

▼このようなお悩みはご相談ください▼

  • 『離婚を考えているが、自宅マンションには住宅ローンが残っているので、どうすればいか。』
  • 『夫が浮気をしていることがわかった。夫とは離婚したくないが、相手の女性には慰謝料を請求したい。』
  • 『なんとしても親権をとりたい。』
  • 『離婚をしたら財産はどのように分けられるのか。』
  • 『パートナーからDV被害、モラハラ被害を受けている。』
  • 『養育費を払ってもらう約束をしたが、実際に支払ってもらえない。』
  • 『子どもと面会させてもらえない。』

▼特に力を入れている案件▼

  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 養育費請求
  • 親権問題
  • 面会交流

相談したからといって、必ず依頼しなければならない義務はありません

当事務所では、皆様の事情を直接お聞きした上で、解決のためのアドバイスをさせていただいております。
その際、弁護士費用の説明もさせていただきますので、その上で委任をするかどうかご検討をください。

あなたの気持ちを大切に

私が依頼者様をサポートをする上で大切にしていることは、本当に望んでいる結果を丁寧におうかがいすることです。
いくら法的な問題を解決しても、依頼者様が納得し、新たな一歩を踏み出せるような結果でなければ意味がありません。そのため、常に心の声に耳をかたむけ、お気持ちに寄り添いながら解決を目指してまいります。

強み

  • 事件の内容から、解決までにある程度の期間がかかる場合には、進行状況のご説明やご報告を適宜行うことで、あなたの不安を取り除くように努めます。
  • 離婚条件の要望を丁寧にヒアリングし、できる限り要望に沿った形で離婚成立できるよう努めます。

◆安心のサポート体制

ー当日・休日・夜間のご相談OKー
当事務所では、相談者様のご都合に合わせて当日、土日祝日、夜間のお時間帯のご相談にも応じております。
※事前予約制となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ー全国出張にも対応ー
案件の内容に応じて、全国に出張して解決に尽力いたします。また、東京都にお住まいの方はもちろん、近県からのご相談・ご依頼もお受けしております。

<事務所へのアクセス>

  • 「田町駅」三田口(西口)より徒歩5分
  • 「三田駅」A3出口より徒歩5分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税込)
示談・調停 ■着手金・報酬金
各22万円(税込)
訴訟 ■訴訟
33万円(税込)
備考欄 ※調停から移行する場合は、訴訟の着手金は上記の半額になります。
※財産分与・慰謝料が認められた場合は、別途一般民事事件に準じた報酬が発生します。
※但し、各人の経済的事情に合わせて減額も検討いたします。

さらに、法テラスの法律扶助による弁護士費用の立替制度を利用することも可能です。但し、これには資力審査があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫が財産分与を避けて離婚を回避した事案

  • 不倫・浮気
  • 別居
依頼主 50代 女性

相談前

会社経営の夫とは結婚して20数年になります。夫が7年前に不貞行為の女性と一緒に暮らし始めたため、別居しています。依頼者には離婚をする意思はありませんが、夫から離婚調停を申し立てられました。周囲からは別居が長く継続すると離婚が認められしまうと言われて心配になっていました。

相談後

調停では離婚するというのであれば財産分与や慰謝料についてどう考えているのかを確認したところ、ある程度高額の提案がなされましたが、夫の収入や資産の開示を受けたうえでないと回答できない旨を回答しました。一部開示はなされましたが、十分ではなく、財産分与額を決めることはできませんでした。そうしたところ、夫側は調停の申立を取下げ、離婚は回避されました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

確かに別居が継続すると離婚が認められやすくなるのは事実です。依頼者には不安は残りましたが、きちんとした資産の開示がないのであれば話し合いができないのは当然のことです。今後も相談にのっていくことを約束しております。

離婚・男女問題の解決事例 2

養育費の増額が認められた事案

  • 養育費
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者と夫の間には小学生の子がいます。依頼者の夫は、エリート会社員ですが、家の中では気に入らないことがあると依頼者に暴力を振るいます。そこで離婚を考え調停を申し立てましたが、離婚後の生活、特に小学生の子は私立中学を受験したいと考えており、算定表の養育費のみではやっていけるのか心配です。

相談後

夫は当初は暴力を否定し離婚に応じませんでしたが、調停が進む中で、離婚には応じるが、算定表での養育費しか払うつもりはないと主張していました。夫は子どものことは可愛がっており、私立を希望していることもわかっていたことから、調停委員を通して子どもの希望を話していただき、増額して払うことを約束してもらうことができました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

当事者間で直接話し合うことは無理な場合は、家庭裁判所の調停手続を利用し、第三者である調停委員から話をしてもらい相手に検討してもらうことも有益な場合もあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

面会交流が可能になった事例

  • 面会交流
  • モラハラ
依頼主 40代 男性

相談前

妻とはすでに離婚しています。子らの親権者は妻になっています。面会の約束をしたにも関わらず、実行されていません。養育費は支払っているのに、面会させてもらえないのは不公平と感じています。

相談後

面会交流を求める調停を家庭裁判所に申立てました。元妻は夫からのモラハラがあったと主張して子らと面会させたくないとの主張でした。依頼者はモラハラなどした認識はありませんでしたが、子らとの面会が重要であることから、調停委員を通じて面会の必要性を説いていただき、月1回の面会が認められました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

監護している親が協力が必要になる点で、面会交流の実施は難しい問題です。ただ、本ケースでは面会が実施されなくなった原因が依頼者が勝手に日程変更したりすることもあったため、元妻の信頼が失われていました。依頼者も約束を守る必要があることを認識してもらったことで調停成立となりました。

労働問題

分野を変更する
◆東京弁護士会 労働法制特別委員会在籍◆
◆女性の労働者の方からのご相談・解決実績も豊富◆
残業代請求、パワハラ、セクハラ問題に注力。
職場のハラスメント問題等、センシティブな問題については、特にお気持ちに寄り添うことを大切にしております。
わかば法律事務所
わかば法律事務所
わかば法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

解決事例

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13103/l_126301/#pro5_case

  • 労働審判を使って残業代請求し、早期解決した例
  • 整理解雇の要件を満たさず、不当解雇とされた事例
  • パワハラにより通院を余儀なくされ慰謝料等の請求に成功した事例

など幅広い案件において、有利な解決へと導いた実績がございます。

依頼者様のお気持ちに寄り添った解決を

今までに数多くの労働事件を扱ってきているため、事案ごとのポイントを把握しております。
また、東京弁護士会労働法制特別委員会に在籍し、事件以外でも労働問題の研究をしています。
女性弁護士のため、女性の労働者の方からのご相談・解決実績も豊富にございます。
女性特有の問題でお困りの方も、安心してご相談ください。

▼このようなお悩みはご相談ください▼

  • 『遅くまで働いているのに残業代は支払われていない。残業代を請求したい。』
  • 『そもそも残業代が出ない。』
  • 『勝手に給与額が減らされてしまったことに納得できない。』
  • 『仕事が遅いとみんなのいる所で叱責された。パワハラにあたるのではないか。』
  • 『子会社に出向することを強いられている。』
  • 『上司・部下の関係を悪用したセクハラを受けている。』
  • 『残業が増えた途端、管理職にされて残業代が支払われなくなった。』
  • 『企業側の都合で内定取消しされた。』

▼特に力を入れている案件▼

  • 残業代請求
  • 不当解雇
  • パワハラ、セクハラ
  • 労働条件の不利益変更

相談したからといって、必ず依頼しなければならない義務はありません

当事務所では、皆様の事情を直接お聞きした上で、解決のためのアドバイスをさせていただいております。
その際、弁護士費用の説明もさせていただきますので、その上で委任をするかどうかご検討をください。

あなたの気持ちを大切に

私が依頼者様をサポートをする上で大切にしていることは、本当に望んでいる結果を丁寧におうかがいすることです。
いくら法的な問題を解決しても、依頼者様が納得し、新たな一歩を踏み出せるような結果でなければ意味がありません。そのため、常に心の声に耳をかたむけ、お気持ちに寄り添いながら解決を目指してまいります。

強み

  • 事件の内容から、解決までにある程度の期間がかかる場合には、進行状況のご説明やご報告を適宜行うことで、あなたの不安を取り除くように努めます。
  • 解雇が無効であると考えられる場合には、ケースに応じて復職を求める、または解決金の支払いを要求するなど、適切に対処します。
  • 職場のハラスメント問題等、センシティブな問題については、特に依頼者の方のお気持ちに寄り添うことを大切にしております。

◆安心のサポート体制

ー当日・休日・夜間のご相談OKー
当事務所では、相談者様のご都合に合わせて当日、土日祝日、夜間のお時間帯のご相談にも応じております。
※事前予約制となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ー全国出張にも対応ー
案件の内容に応じて、全国に出張して解決に尽力いたします。また、東京都にお住まいの方はもちろん、近県からのご相談・ご依頼もお受けしております。

<事務所へのアクセス>

  • 「田町駅」三田口(西口)より徒歩5分
  • 「三田駅」A3出口より徒歩5分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税込)
以後延長15分毎 2,500円(税込) 
着手金 経済的利益(請求の対象)が、
■300万円以下の紛争の場合:8.8%
■300万円を超える場合:5.5%+99,000円
報酬金 経済的利益(請求の対象)が、
■300万円以下の紛争の場合:17.6%
■300万円を超える場合:11%+198,000円
備考欄 料金は状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【残業代請求】労働審判を使って残業代請求し、早期解決した例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 女性

相談前

遅くまで仕事をしていたにも関わらず残業代は支払われていなかったため、転職を決意しました。そこで、会社に未払いの残業代を請求しましたが、会社は払ってくれず困っていました。ただ、次の会社から内定を得ており、解決を先に延ばすことは避けたいとの思いでした。

相談後

会社は色々な理由をつけて支払いを拒んでいたので、早期解決の観点から、急いで労働審判を申し立てました。答弁書にも色々書かれていましたが、1回目の期日では会社も支払いに応じたため、申立額に近い金額で調停が成立しました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

依頼者は次の会社が決まっており、早期の解決を希望されておりました。細かい計算が必要な残業代請求ですが、労働審判での解決も十分期待できます。1回目の期日で調停成立となり、依頼者の一番の希望である早期解決がかないました。

労働問題の解決事例 2

整理解雇の要件を満たさず、不当解雇とされた事例

  • パワハラ・セクハラ
  • 不当解雇
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、会社から、経営状況が悪化したので整理解雇すると言われました。しかし、会社の経営の悪化というのみで、それ以上の説明は聞いたことがありません。仕事を任せることはできないなどの理由で対象となったは恣意的であるし、会社は解雇回避の努力もしていません。不当解雇ではあるけれど、以前から会社内でパワハラ的言動も受けていたため、復職は希望せず、金銭的解決を望んでいました。

相談後

解雇無効として、労働者としての地位確認を求める労働審判を申し立て、裁判所で会社と話し合いをしました。会社は整理解雇の要件と満たしているとの主張でしたが、労働審判委員会も、整理解雇は難しいとの心証をもっていました。依頼者は、復職は望んでおらず、金銭的解決を希望することを会社側に伝えたところ、会社にとっても早期解決のメリットがあることから、相当額の金銭の支払いに応じていただくことができました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

解雇事案の場合、復職か金銭的解決かいずれを選択するかは相談者も迷うところです。嫌がらせ的に会社が復職に応じるケースもありますので、話し合いの進め方は注意が必要です。本件では、当初から金銭的解決を望んでおり、金銭支払いでの調停が成立し、希望に沿うことができました。

労働問題の解決事例 3

パワハラにより通院を余儀なくされ慰謝料等の請求に成功した事例

  • パワハラ・セクハラ
依頼主 20代 女性

相談前

依頼者は上司から「役立たず」といった侮辱的発言を繰り返しうけていました。依頼者は頑張って仕事を覚えようと努力しましたが、無理なシフトを組まれたり、上司との長時間の面談をさせられたりした。そして、ある時、会社から解雇を伝えられました。依頼者は精神的なショックを受け通院を余儀なくされました。会社には慰謝料請求したいとの思いです。

相談後

会社には慰謝料と未払賃金を請求する内容証明を送りました。会社側の代理人弁護士より回答をいただきましたが、当初はパワハラの事実を否定し、支払いを拒否しておりました。その後も会社側代理人弁護士と交渉を繰り返し、会社での状況について詳細に説明して会社の責任を認めてもらい、相当額の慰謝料、未払賃金、実費などの支払いをしてもらえました。

面川 典子弁護士からのコメント

面川 典子弁護士

最初の段階で会社は支払いを拒否してきました。通常であれば、労働審判や訴訟といった手段を検討するのですが、この事例の依頼者は世親的ショックが大きく、裁判所に出頭することは難しいと判断しました。そのため会社側代理人弁護士との交渉を重ねることとなりましたが、会社にも責任を認めていただき、示談交渉で済んだことで依頼者の負担を軽減できました。

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士に依頼し取り立てをストップ】【返済金額を減らすことも可能】◆当日/夜間/休日相談可◆
任意整理、自己破産、個人再生などケースに応じた方法であなたを解決へと導きます。
わかば法律事務所
わかば法律事務所
わかば法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

当事務所にご依頼いただくメリット

  • 【1】取り立てがストップします!

弁護士からの通知により、債権者による取立が止めることが可能です。(支払いはストップします)

  • 【2】返済金額を減らすことも可能です!

利息制限法に基づく引き直し計算(利息を取られすぎている場合など)で元本の圧縮が可能になる場合があります。また、過払いの状態になっていれば取り戻せるようにサポートいたします。

  • 【3】任意整理などで返済をスムーズに!

任意整理などを行い、複数ある借入先を少なくしたり、返済額を減らすことによって、無理のない返済計画が可能になります。

このようなお悩みはご相談ください

  • 借りては返すの繰り返しで、借金の金額が減らない。
  • どの金融機関から、いくら借り入れをしているかがわからない。
  • 過払い金が発生しているか確認したい。
  • これ以上の返済が難しいため、自己破産したい。
  • 自宅を手放さずに借金を整理する方法はあるか。
  • 家や車は手放したくない。
  • 破産はしたくないが、月々の返済の負担を減らしたい。
  • ヤミ金を利用してしまった。取立て(電話、手紙、訪問)に追われて困っている。

特に力を入れている案件

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

早い段階で債務整理を

借金(債務)の返済が困難な状況な方は、できる限り早い段階で債務整理を行う必要があります。任意整理、破産手続、個人再生手続、特定調停などケースに応じた方法であなたを解決へと導きます。

相談したからといって、必ず依頼しなければならない義務はありません

当事務所では、皆様の事情を直接お聞きした上で、解決のためのアドバイスをさせていただいております。
その際、弁護士費用の説明もさせていただきますので、その上で委任をするかどうかご検討をください。

◆安心のサポート体制

ー当日・休日・夜間のご相談OKー
当事務所では、相談者様のご都合に合わせて当日、土日祝日、夜間のお時間帯のご相談にも応じております。
※事前予約制となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ー全国出張にも対応ー
案件の内容に応じて、全国に出張して解決に尽力いたします。また、東京都にお住まいの方はもちろん、近県からのご相談・ご依頼もお受けしております。

♧プライバシー管理の徹底♧

情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っております。
ご相談にあたっては、完全個室で対応させていただきます。安心してご来所ください。

<事務所へのアクセス>

  • 「田町駅」三田口(西口)より徒歩5分
  • 「三田駅」A3出口より徒歩5分

借金・債務整理

料金表をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税込)
以後延長15分毎 2,500円(税込) 
任意整理 ■着手金
債権者1社につき各30,000円(税込)
■報酬金
和解内容により、減額された金額の11%(税込)
※過払いの場合はさらに過払額の22%(税込)が加算されます。
自己破産 30万円(着手金・報酬込み、税込33万円)
※実費・予納金・管財人費用は別途負担
個人再生 ■着手金
33万円(税込)
■報酬金
認可時に協議の上決定
備考欄 ※実費・予納金は別途負担
※分割での支払いも受け付けております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
わかば法律事務所
所在地
〒108-0073
東京都 港区三田3-4-18 二葉ビル1004
最寄り駅
田町駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により、夜間・休日も対応いたします。
メールフォームは24時間受付、電話対応は原則18時までとなります。
対応地域

全国

事務所URL

電話で問い合わせ
050-5355-5623

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

わかば法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5355-5623

※わかば法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により、夜間・休日も対応いたします。
メールフォームは24時間受付、電話対応は原則18時までとなります。
交通アクセス
駐車場近く