お気に入りに追加
土屋 勝裕弁護士

( つちや かつひろ ) 土屋 勝裕

弁護士法人M&A総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

インターネット問題

分野を変更する
【ネットトラブルを早期解決】【ネットに強い弁護士】【初回相談無料】インターネット上の投稿や誹謗中傷の削除や発信者情報の開示でお困りの方は、一度ご相談ください。
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所

東京タワーの見える打合せ室でリラックスしてご相談下さい

インターネット問題の詳細分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

ネット被害は早期対応が肝要です

インターネットは誰でも気軽に閲覧・投稿ができる分、個人情報漏洩、虚偽情報の拡散、誹謗中傷といったトラブルが後を立ちません。
特に虚偽情報で炎上してしまうと、その後の風評被害は甚大です。
炎上状態になってしまえば、元の状態に戻すにもかなりのコストがかかります。
削除には複数の手段があるものの、時間がかかりますし、個人で行うには望む結果が得られないことも往々にあります。
そうならないためにも、発見時点での迅速な対応は何よりも肝要です。
ご依頼いただければ、ネット上の誹謗中傷投稿の削除、投稿者特定、損害賠償の請求まで全て対応いたします。

弁護士法人M&A総合法律事務所はインターネットに対する知見も深いので、お役に立てるよう最善を尽くします。
インターネットのトラブルでお困りの場合は、お早めにご相談ください。

多くの企業様からのご依頼を頂いております

ネット上での誹謗中傷や営業妨害に強みを持ち、多く企業様からのご依頼を頂いております。

ネット上の誹謗中傷投稿についての削除実績

弁護士法人M&A総合法律事務所は、5ちゃんねる(5ch.net/2ch.net)・商品レビュー・評価サイト・Yahoo!知恵袋・Facebook/Twitter/TikTokなど、ネット上の誹謗中傷投稿についての削除実績が豊富です。

このようなお悩みを抱えていませんか?

「インターネット上に個人情報を晒された」
「根拠のない誹謗中傷投稿を口コミサイトに掲載された」
「知らない間に顔写真が流出していた」 
「事件の容疑者という虚偽の情報が拡散された」
「匿名の相手から、毎日SNSを通して誹謗中傷の投稿がされている」
「掲示板の書き込みが原因で炎上した」など

上記のようなインターネットに関するお悩みはありませんか?
インターネット上に掲載された情報は瞬く間に拡散されてしまうリスクがあり、その情報を全て削除するというのはとても難しいです。
インターネットトラブルは発覚後の早期対処が肝要です。
対処が遅れれば遅れるほど、時間とお金も必要になります。
真実ではない誹謗中傷の投稿や情報の掲載が発覚した時点で、速やかに弁護士へご相談ください。

サポート体制

事前に選択する法的手段、費用等を明確に説明いたします。
十分な打合せを行い、ご依頼者様のご不安を解消した上で、最も適した法的手段を選択できるように進めて参ります。
相手方が業務妨害行為をしてくるような凶暴な「ネット誹謗中傷投稿者」であればあるほど許せませんのでしっかり対応いたします。

事務所HP

https://tokyo-malaw.jp/

インターネット問題

料金表をみる

インターネット問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
※弁護士ドットコムご利用の場合初月度
着手金/成功報酬 着手金:旧弁護士報酬基準のとおり8.8%以下(税込)
報酬金:旧弁護士報酬基準のとおり17.6 %以下(税込)
※なお、着手金無し!の優遇プラン(顧問契約前提)もあり、詳細には弊事務所ウェブ・サイト( http://tokyo-malaw.jp/fee/ )をご覧ください。
備考欄 その他、業務により費用体系を詳細に設定しておりますので、詳細には弊事務所ウェブ・サイト( http://tokyo-malaw.jp/fee/ )をご覧ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士歴20年以上】【不倫慰謝料を大幅減額いたします/非上場株式や共有不動産の財産分与などの問題の経験が豊富】経営者様・役員様の不倫慰謝料や財産分与を大幅減額!M&Aや株式算定・財産評価に強い弁護士だから可能。経営者様・役員様を完全サポート!
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所

東京タワーの見える打合せ室でリラックスしてご相談下さい

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

経営者様・役員様やビジネスパーソンの方々の財産分与はお任せください

弁護士法人M&A総合法律事務所はM&Aという事務所の性質上、経営者様・役員様やビジネスパーソンの方々の離婚や男女トラブルの解決実績が豊富にございます。
オーナーの離婚問題になると、財産分与で非上場株式をどうするのかという問題も往々にあります。
株式会社であれば持株比率が変動すると、代表と奥様だけの問題では収まりません。
弁護士法人M&A総合法律事務所にご依頼いただければ、正しい株式価値を把握して、経営者様・役員様やビジネスパーソンの方々にとって最も有利な財産分与が実現できるようサポートいたします。
上記のような対応ができるのは、M&A関係の事案を取り扱ってきたため株式価値に詳しいからこそという自負があります。

どんなに逆境でも、膨大な資料から小さな手がかりを見つけ、希望の光を見つけ出せるよう尽力します。
経営者様・役員様やビジネスパーソンの方々が離婚・男女トラブルでお困りでしたら、今すぐご相談ください。

弁護士法人M&A総合法律事務所に依頼するメリット

・不倫慰謝料や財産分与を大幅減額する視点から資産状況の調査をいたします
・会社の経営状態を含めて考え不倫慰謝料や財産分与を大幅減額を目指します。
・会社の経営に影響が出ないような財産分与の方法を追求します

解決事例

「慰謝料300万円の減額に成功した事例」

Aさんは(30代/女性/未婚)は、会社の同僚であるBさん(30代/男性/既婚)と不倫関係となりましたが、Bさんの妻に不倫がバレてしまい、400万円の慰謝料を請求されましたが、事実関係を整理し、適切な反論を行うことで最終的に100万円を支払うとの内容で和解し、300万円の減額に成功しました。

「慰謝料500万円の減額に成功した事例」

Aさんは(20代/女性/未婚)は、出会い系アプリで知り合ったBさん(30代/男性/既婚)と不倫関係となりました。
2年の不倫関係を経て、Bさんの妻に不倫関係がバレてしまい、500万円の慰謝料を請求されてしまいました。
Bさんは自身が既婚者であることを隠してAさんに交際を申し込み、そのまま事実を隠して交際を続けたものであったため、Aさんは、Bさんが既婚者であることを知ることが難しかったという点を主張し、慰謝料を0円に減額することに成功しました。

このようなお悩みを抱えていませんか?

「資産の目録を、自分でも正確に把握できていない」
「株券と同時に経営権まで分割されてしまう」
「財産分与額を払えるだけの資金が用意できない」

不倫慰謝料や財産分与を大幅減額にお悩みの場合は、ぜひ弁護士法人M&A総合法律事務所へご相談ください。
弁護士法人M&A総合法律事務所は、企業重役様やビジネスパーソンの方々のの依頼が多く、特に経営者様・役員様やビジネスパーソンの方々のご状況を理解した解決策をご提案いたします。
職場に知られたくないなどご要望があれば、遠慮なくご相談ください。
社会的地位も保守しつつ、ご要望に近い解決に向けて尽力いたします。

サポート体制

事前に選択する法的手段、費用等を明確に説明いたします。
十分な打合せを行い、ご依頼者様のご不安を解消した上で、最も適した法的手段を選択できるように進めて参ります。
相手方が、会社のことなどどうなっても良いと考えている経営者様・役員様の「敵」であればあるほど許せませんのでしっかり対応いたします。

事務所HP

https://tokyo-malaw.jp/

離婚・男女問題

料金表をみる

この分野の法律相談

2011年アメリカGA州で彼の不貞行為そして虐待行為を理由に離婚、養育費の減額を条件に、 子供2人を連れて帰国しました。むろん共同親権です。 その他の条件として 1、養育の上で、互いに同意に至らない時は、私(母親)に決定権がある。 2、春休み、夏休みは、父親に合わせる(実際過去一度だけ) ...

法理論としてはなかなか難しい論点ですね。 結論としては、子の住所地(日本)に国際管轄が認められると思われますので、親権者の変更を求める家事調停・審判を日本の家庭裁判所に申し立て、その中で、先方に親権が存在することの不適切性を主張説明し、親権の変更を求めるということとなると思われます。 準拠法は子の本国法になりますので、お子様の国籍が米国の場合GA州の法律...

土屋 勝裕弁護士

以前、海外のメーカーと取引していました。 会社を設立して、商品を輸入し日本でそのメーカーの商品を販売していたのですが、軌道に乗らず赤字がかさんだため会社を畳むことにしました。(会社は現在休眠中) そのメーカーに買掛金があったのですが支払う余力はなく、メーカーの社長に相談したところ、これまで私...

海外の法律がわかりませんので確実なことは言えませんが、日本法上は口約束でも合意ですので、「免除してもらった!」と言って突っぱねればよいように思います。 裁判になったら証拠が必要ですが、債務免除合意書でなくても、その時債務免除になったのにはそれなりの理由があるでしょうから、背景事情をしっかり説明し、その裏付け資料も出すことによって、債務免除が認定される可能性も...

土屋 勝裕弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料無料
着手金 詳細は下記の弁護士法人M&A総合法律事務所のWEBをご参照ください。

【不倫慰謝料請求について】
https://tokyo-malaw.jp/landings/furin/
報酬金 詳細は下記の弁護士法人M&A総合法律事務所のWEBをご参照ください。

【不倫慰謝料請求について】
https://tokyo-malaw.jp/landings/furin/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士歴20年以上】【自己破産/個人再生/任意整理/ファクタリング/ヤミ金/資金繰り対策/第二会社など】過剰債務や激しい取り立てに対抗。経営者の悩みに寄り添い、最善の解決を目指します。債務整理をきっかけに新しい人生の一歩を踏み出しましょう!
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所

東京タワーの見える打合せ室でリラックスしてご相談下さい

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

破産は再起の機会です

相談者さまにお話を伺う中で、「破産をしたら人生が終わる」と思われている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、私は破産を終わりではなく、再起の機会と捉えています。
資金繰りが苦しいと感じた時点で、ぜひ弁護士にご相談ください。
苦しい状態をやり過ごしていても、いいことなどありません。
なんの対策もせず、破産手続きの費用も捻出できない状態になると、破産もできないうえに借金が膨らむという悪循環に陥ります。
一方、早い段階でご相談いただければ、破産自体を回避できる可能性もあります。
やむを得ずに破産の道を選んでも、取引先や従業員への影響を最小限に抑えることが可能です。

借金や債務整理のトラブルは早めの対処が何よりも肝要です。
ネット相談や電話相談も可能ですので、法人、個人を問わずお気軽にお問い合わせください。

解決事例

「自己破産」

コロナで自営の収入が不安定に。
個人の口座と事業の口座を分けておらず、仕入れや従業員の給与などの支払いも個人の預金から行い預金がゼロに。
事業を縮小して支出は減ったものの、収入も減っており、生活費をクレジットカードで捻出することに。
事業の状況が回復すればすぐ返せると思っていたものの、コロナ禍が長引き、毎月の返済額も支払えない状態に。
自己破産手続きを行い、無事免責となりました。

「ヤミ金債務整理」

取引先への支払い期限が迫っていたので、仕方なくヤミ金からお金を借りました。
すぐに入金の予定があったため、入金後にすぐ返済するつもりでした。
入金後に業者に全額返済したいと連絡したところ拒否されてしまい、唖然としました。
なぜ返すと言っているのに断られるのか最初は意味がわかりませんでした。
そこで弁護士さんに相談したところ、そういったヤミ金業者は、長期間にわたって利息を搾り取る方が儲かるため、一括返済を断ることがあると聞きました。
一般人ではとても対応できる相手ではありませんので、弁護士さんに相談してよかったです。
弁護士さんに交渉して頂き、違法業者なので支払いの必要もなくなり、とても助かりました。

「ファクタリング」

高利貸しファクタリング会社から気軽に借りてしまいましたが全く返済が減りませんでした。返済が減るというより、返しても返しても追いつかなくなってきました。そこで、弁護士事務所に相談に行きましたが、ファクタリングはよく分からないということで対応して頂けませんでした。他にも2-3の法律事務所に相談しましたが、よく分からないという弁護士さんや、反社会的勢力なので関わり合いたくないという弁護士さんばかりでした。諦めかけていたところ、弁護士法人M&A総合法律事務所を知り相談に行きましたがファクタリングのことに非常に詳しく驚きました。その結果、分割払いにしてもらうことができ、とても助かりました。

サポート体制

事前に選択する法的手段、費用等を明確に説明いたします。
十分な打合せを行い、ご依頼者様のご不安を解消した上で、最も適した法的手段を選択できるように進めて参ります。
相手方が反社会的勢力のような取り立てを行うヤミ金や高利貸しファクタリング会社であればあるほど許せませんのでしっかり対応します。

事務所HP

https://tokyo-malaw.jp/

借金・債務整理

料金表をみる

この分野の法律相談

ファクタリングについて質問です 2者間ファクタリングで5月末に契約 50万円を買い取っていただき、手数料として20%も 引かれています。また契約書の控えも頂けないまま支払期日が迫っております(7/11)ですが当方も回収が遅れており(お客様都合)伸ばしていただき たいと思っておりますが延長には応じてもらえ...

刑事告訴されるようなことはまずありません。 ただ、期日に遅れてしまうと、債権譲渡通知を送付されてしまう可能性があります。これはいかんともしがたいです。 また、不当金利であり、不法原因給付ですので、返済義務はありませんから、債権譲渡通知をされてしまったら、返済しませんよと言うことで、交渉されてはどうでしょうか。

土屋 勝裕弁護士

日本で事業を行っていましたが海外進出の失敗に伴い海外で負債を負うこととなってしまいました。 貸主は金融業者ではない海外法人と個人(日本人)です。書類にサインしたのは海外です。 日本サイドでも資金繰りがつかないため日本の会社の破産と自己破産を考えています。 貸主とは話し合いができる余地もなく私...

海外債務もすべて対象になります。 ただ、海外の裁判所にも破産を認めさせるためには、その海外の裁判所で日本の破産手続きを承認させる外国倒産手続き承認の手続きが必要となるはずです。その承認がなされるまでは海外では破産したものとして扱われませんので、海外に資産があったりすると強制執行されてしまう可能性は残ると思います(ですので、海外に大きな資産があるならばその承認...

土屋 勝裕弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料無料

※相談内容分野や依頼予定の有無によってはそもそも対応困難な場合や有料相談でしか対応できない場合があります。
着手金 詳細は下記の弁護士法人M&A総合法律事務所のWEBをご参照ください。

【法人破産について】
https://tokyo-malaw.jp/landing/hasan/

【個人破産について】
https://tokyo-malaw.jp/landing/jikohasan/
報酬金 詳細は下記の弁護士法人M&A総合法律事務所のWEBをご参照ください。

【法人破産について】
https://tokyo-malaw.jp/landing/hasan/

【個人破産について】
https://tokyo-malaw.jp/landing/jikohasan/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人M&A総合法律事務所
所在地
〒105-6017
東京都 港区虎ノ門4-3-1 森トラスト城山トラストタワー17階
最寄り駅
地下鉄日比谷線神谷町駅
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
電話受付8:00から24:00(土日祝日含む)
メール受付24時間受付
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
対応言語
  • 英語
  • 中国語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 相続
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • インターネット
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5834-9566

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

弁護士法人M&A総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5834-9566

※弁護士法人M&A総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
電話受付8:00から24:00(土日祝日含む)
メール受付24時間受付
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語
中国語