現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
佐藤 勇弁護士

( さとう いさむ ) 佐藤 勇

弁護士法人フロンティア法律事務所

現在営業中 09:30 - 18:00

交通事故

分野を変更する
ご依頼者様のためにより親身で的確な法的サポートをお約束
【初回相談料無料】【療養生活や事故後の生活もアドバイス】
弁護士法人フロンティア法律事務所
弁護士法人フロンティア法律事務所
弁護士法人フロンティア法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に費用は発生しません。
まずはお気軽にご相談ください。

メッセージ

事故に伴う労災申請、後遺障害認定申請、障害年金の給付申請等についても、必要に応じて隣接他士業と連携し、被害者の方がもれなく必要な救済が受けられるよう努めています。

事故に遭われると、わからないことや不安に思うこと、多くあると思います。依頼者のお立場に立って寄り添いながら解決を図りますので、まずは一度ご相談下さい。

交通事故トラブルは弁護士へ!

・保険会社との損害賠償の交渉
・後遺症(後遺障害)の等級認定
・治療や療養生活におけるアドバイス

このようなご相談はお任せください。

  • 加害者側の保険会社と、どのように交渉を進めれば良いのか分からない。
  • 事故でケガをしたのだが、最終的な賠償額の見込みを知りたい。
  • 加害者側の保険会社が提示してきた賠償案が、妥当なものか知りたい。
  • 事故により体に不調が残ってしまったのだが、後遺障害にあたるのか知りたい。

まずは無料で相談、診断

交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に増額するケースが多くあります。早めの段階から、できる限り最終的な見通し(予想される賠償額など)をお伝えするようにしていますので、まずは無料診断をお試しください。

明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします

交通事故問題はできる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでご相談に応じます。

豊富な経験・対応実績

後遺障害の等級認定手続において、多数の等級認定を得ています。
また、等級認定を得た後で、損害賠償の額が争いになった場合に、裁判によって適正な額の賠償を得るお手伝いをさせて頂いています。
損害保険関係の仕事をしていたことがあるので、保険会社の内情に応じた交渉が可能です。

弁護士費用特約について

最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約を利用することで、弁護士費用をの負担は大幅に減らすことが可能です。
※費用がかからないケースもあります。

----------------
◆アクセス◆
・永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)4番出口から徒歩1分
・赤坂見附(銀座線・丸の内線)は、永田町と繋がっていますが、徒歩10分程かかります。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・相談料原則10,000円(30分)ですが、初回相談は無料(0円)とさせて頂いております。
・2回目以降のご相談は、通常通り、10,000円(30分)です。
着手金 ・125万円以下の場合、10万円
・300万円以下の場合、損害額の8%
・300万円を超え3000万円以下の場合、損害額の5%+9万円
・3000万円を超え3億円以下の場合、損害額の3%+69万円
報酬 ・300万円以下の場合、賠償金の16%
・300万円を超え3000万円以下の場合、賠償金の10%+18万円
・3000万円を超え3億円以下の場合、賠償金の6%+138万円
実費 交通費、通信費、訴訟費用(印紙代等)や、資料取寄せに要する費用等を実費としてご負担いただきます。

※実費は事件終了時に精算します。
その他 案件ごとにご相談に応じます。

※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(19件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【過失割合】保険会社提示の過失割合より有利な示談の成立

  • 過失割合

相談前

保険会社から当方:先方の過失割合は70:30と言われていた。

相談後

示談交渉の結果、当方:先方の過失割合を40:60とすることで示談した。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

過失割合については割合を変動させる様々な修正要素があります。ご依頼いただいた案件を分析することで、依頼者様に有利に働く修正要素を発見できることがあります。保険会社から提示された過失割合について納得がいかないということがございましたら、弊所までご相談くださいませ。

交通事故の解決事例 2

【傷害慰謝料】保険会社提示の金額よりも大きい金額での示談

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

保険会社から提示された傷害慰謝料が90万円だった。

相談後

示談交渉の結果、傷害慰謝料を130万円とすることで示談することができた。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

交通事故案件では、慰謝料額などの算定基準としてその保険会社が使っている基準と弁護士が使う基準があり、後者の基準によって計算された保険金額の方が一般的に高額となります。保険会社との間のやり取りで保険金額に納得がいかない場合には、弁護士に相談した方がメリットになる場合が多いです。

交通事故の解決事例 3

自動車の衝突され死亡事故。損害賠償額を1億1500円に増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者の夫が自動車で走行中、反対車線から走行してきた相手方自動車が車線を越えて直進してきて、正面衝突し、お亡くなりになった事案です。

相談後

事故直後から受任し、自賠責保険の被害者請求手続き及び相手保険会社との損害賠償請求の交渉など、全ての手続きを行い、損害賠償額が1億1500万円まで増額しました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

事故直後から依頼を受けて、相手方保健会社と任意の交渉で裁判基準相当額の賠償を受けた事例です。

交通事故の解決事例 4

専業主婦の交通事故。逸失利益について粘り強く交渉し、賠償金が580万円まで上がった事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

専業主婦の被害者が、約4年前に交通事故にあい、局部に神経症状を残すとして14級の後遺障害認定を受けた事案です。加害者の任意保険会社からは、当初200万円余りの賠償金しか提示されませんでした。

相談後

当事務所が保険会社と交渉し、専業主婦の逸失利益の基礎収入は平均賃金を採用すべきこと、神経症状であっても労働能力喪失期間を5年以内に限るものばかりでなく10年程度認められる裁判例もあること、および判決に至った場合に認められるはずの4年分以上の遅延損害金も考慮して賠償金の増額を粘り強く要請した結果、保険会社は最終的に580万円の賠償を了承し、同金額で示談が成立した。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

専業主婦の場合の逸失利益については法律上は認められて当然ですが、保険会社によっては支払いを渋ることも少なくありません。
弁護士が介入して交渉することによって適正な損害賠償金を支払ってもらうことができました。

交通事故の解決事例 5

後方から衝突され、頚椎捻挫および左股関節挫傷の傷害。保険会社と交渉し、192万円増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

横断歩道の前で停車していたところ、相手車が後方から追突をされ、頸椎捻挫及び左股関節挫傷の傷害を負った事案です。依頼者の車両にも損害あり。
相手方保険会社から、人身傷害として279万円、物件損害として110万円の提示がありました。

相談後

ご依頼後相手方保険会社と交渉。
その結果、人身傷害として430万円、物件損害として151万円に増額できました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

相手方保険会社の基準による賠償額の提示をそのまま受け入れて示談書を作成すると、後から争うことは出来なくなります。
示談書にサインする前に是非弁護士にご相談いただきたいと思います。

交通事故の解決事例 6

事故状況について両者の意見が真っ向から対立したが、弁護士が交渉をして和解することができた事例

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 50代 男性

相談前

自動車で道路を直進中に、右方のパーキングから飛び出してきた車と衝突し、依頼者車両の右後方ドアを損傷した事案です。依頼者は、過失割合として1(依頼者):9(相手方)と主張。これに対し、相手方は、本件事故の過失割合として6(依頼者):4(相手方)と主張。両者の意見が真っ向から対立し、膠着状態でした。

相談後

当職で相手方と交渉し、最終的には1.5(依頼者):8.5(相手方)で和解が成立。ほぼ依頼者の言い分が認められた形となりました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

交通事故についての過失割合が争いになることも珍しくありません。
警察で作成する実況検分調書など客観的な資料によって、適切な過失割合を主張して認められた事案です。

交通事故の解決事例 7

自動車同士の衝突事故。訴訟を提起して、早期に和解成立した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

自動車で道路を直進中に衝突され、頸部捻挫、右上腕部挫傷、右膝関節捻挫の傷害を負った事案です。相手方無保険。依頼者より相手方より連絡するも、相手方から連絡が途絶えている状況でした。

相談後

弁護士より、相手方に内容証明郵便を送付。間もなく相手方から連絡が入りましたが、数回交渉するものの条件が折り合わなかったため、訴訟提起しました。
その結果、依頼者の治療費及び通院慰謝料の全額を支払うとの和解が成立しました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

事故の相手方との交渉が進まない場合には、調停や訴訟の裁判所を利用した解決が必要となります。
どの段階で法的手続をとるか、弁護士による判断が重要となります。

交通事故の解決事例 8

任意保険未加入の外国人加害者から物損につき75万円の賠償を取得した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者が高速道路を自家用車で走行して、渋滞のために停止していたとき、別の自動車に追突されました。過失割合は当方:相手方=0:100でした。

相談後

幸いにして依頼者は軽傷であり、その治療費等は相手方の自賠責保険により支払われました。
ところが、加害者である相手方は、任意保険に加入していない外国人で、資力があまりなく、言葉の問題もあって、当事者間での交渉がなかなか進みませんでした。
そこで、当事務所が依頼者から受任し、相手方との交渉にあたりました。相手方との交渉が難航する局面もありましたが、結局、依頼者の物損の損害額約76万円のうちほぼ満額にあたる75万円を、分割払いの形で取得しました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

弁護士が受任して粘り強く交渉したことによって損害賠償の支払いが実現し他事案です。

交通事故の解決事例 9

主婦の休業損害、慰謝料の増額事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

当初保険会社から通院実日数をもとに計算した休業損害、慰謝料の提示を受けていた。
当初提示60万1800円の示談額

相談後

当職らが受任し、受傷から症状固定までの期間をもとに休業損害、慰謝料を計算し、交渉した結果、112万6258円の示談成立となり、損害賠償額が50万円近く増額できました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

専業主婦の休業損害について、弁護士が介入して法的主張を行って適正な損害額を取得した事例です。

交通事故の解決事例 10

治療費打ち切り(症状固定時期)による交渉と増額事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

保険会社から、受傷後4カ月経過した時点で治療費の支払を打ち切られ、弊所へ来所。当初提示:57万5400円。

相談後

当職らが受任し、医師の意見書、カルテ等を収集し、受傷後4カ月での治療費の打ち切りは時期尚早である旨主張し、交渉。当職らの主張が概ね認められ、損害賠償額92万円で示談成立、約35万円の増額ができました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

治療費の早期打ち切りに対しては、ドクターの意見を聴取するなどして治療の必要性を主張することが必要です。

交通事故の解決事例 11

後遺障害はない事案で、保険会社提示額90万円。40万円の増額に成功

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

保険会社から傷害慰謝料として90万円を提示されていました。この金額が適切なのかどうか,相場はいくらぐらいなのか悩んでいました。

相談後

法的に認められる適切な傷害慰謝料額をもって示談交渉をした結果、傷害慰謝料130万円で示談することができました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

交通事故案件では、慰謝料額などの算定基準としてその保険会社が使っている基準と弁護士が使う基準があり、後者の基準によって計算された保険金額の方が一般的に高額となります。保険会社との間のやり取りで保険金額に納得がいかない場合や慰謝料額が適切かどうか判断するためには、弁護士に相談した方がメリットになる場合が多いです。

交通事故の解決事例 12

横断歩道を歩行中の事故により、死亡。事故直後からのサポートで、賠償額が1500万円以上増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 80代以上 女性

相談前

依頼者のお母様が横断歩道を歩行中、右折してきた自動車に衝突されて転倒し、お亡くなりになってしまいました。当初の相手方保険会社からの提示は、裁判基準に満たない3000万でした。

相談後

事故直後から弁護士がサポートし、訴訟を提起して4500万円に増額して和解が成立させることができました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

弁護士による交渉によっても示談が進まない場合には損害賠償請求訴訟を提起して、裁判所での解決を図ることが必要となります。

交通事故の解決事例 13

バイクに轢かれて脳挫傷痕が残り、後遺障害12級を獲得した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、46歳男性。
自転車で道路を渡ろうとしたところ、少年Aの運転するバイクにひかれる。脳挫傷痕が残り、頑固な神経症状としての12級の後遺障害が残った事案。 (少年Aは、少年Bとバイクを交換して乗っていた。)バイクは、任意保険には入っていませんでした。

相談後

①相手は少年だし、どのような対応したら、いいのか分からない。
②警察では、自分まで加害者扱いされた。
などを前提とする依頼でした。

当方で、訴訟の代理業務を受任。訴訟提起の準備として、
①運行供用者としての少年Bのバイクの登録内容を取り寄せて、少年Bの継母の住所・氏名が明らかとなりました。

訴訟に入り、家庭裁判所より、少年Aの少年事件の記録を取り寄せました。結果として、500万円の和解を獲得した。

①運行供用者・・・本件では、加害バイクの運行をコントロールすることのできる者。人身事故では、賠償義務者の範囲が拡大され、しかも、賠償義務者の側で免責事由を立証しない限り、賠償の責任を負います。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

相手が未成年の場合など、時々任意保険に入っていない加害者に請求せざるを得ないことがあります。
この場合も被害者の損害額は同じですが、相手の支払い能力などを見極めて交渉や裁判手続を進める必要があります。

交通事故の解決事例 14

後遺障害慰謝料と逸失利益の点で増額に成功し、約300万円で示談が成立した事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

後遺障害14級が認定されて、保険会社から損害賠償額144万円の提示がありました。

相談後

後遺障害慰謝料と逸失利益の点で増額に成功し、約300万円で示談をすることができました。弁護士が受任後裁判認められる適正な損害額を請求して、ほぼ満額での示談ができた。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

弁護士が介入して示談交渉を行うことによって適正な損害賠償を受けることができた事例です。

交通事故の解決事例 15

信号待ちで後続車に追突されムチ打ち症。保険会社と交渉し、賠償金が増額できた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者は、33歳男性。自動車で信号待ちをしている時に、背後より、後続車に追突され、さらに運悪く、その1か月後にも、別の自動車に、信号待ち中に後から追突されてしまいました。
ムチ打ち症を患いましたが、後遺症はありませんでした。

相談後

①できるだけ多くの賠償額は欲しいが、あまり長引かせたくはない。
②裁判まではやらずに、交渉で迅速に対応して欲しい。
という依頼でした。
当方で、交渉の代理業務を受任。
第1事故の保険会社A社からは、約58万円の賠償額の提案があったが、交渉により、約95万円での和解となりました。
第2事故の保険会社B社からは、約79万円の賠償額の提案があったが、交渉により、約106万円での和解となりました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

不運な事故が続いた事案で、適正な損害賠償額の認定が法律的にも難しいところでしたが、交渉によって早期に適正な解決ができました。

交通事故の解決事例 16

過失割合、物損額の増額事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
依頼主 40代 男性

相談前

相談前は過失割合が当方:先方=6:4で先方から賠償を求められていました。

相談後

示談交渉の結果、当方:先方=4:6となり、当方の賠償請求が認められる結果となりました。判例タイムズに基づき過失相殺の主張をし、物損額については当方車両(原付バイク)をインターネット上の中古車情報に基づき主張し、当初の保険会社の主張額より倍近くの価額が認められました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

過失割合についての争いについて、客観的な資料に基づく主張を行って適正な解決に至ることができました。

交通事故の解決事例 17

弁護士が異議申立てを行い、9級の後遺障害等級が認定され、損害賠償額が1,000万円以上増額した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 男性

相談前

バイクを運転中に自動車に追突されて、左側精巣受傷による生殖器の障害が残った事案です。
当初、損害保険料率算定機構からは非該当と認定されてしまいました。

相談後

代理人として、ドクターの意見書を取り付けて異議申立てを行い、結果として9級の後遺障害等級が認定され、損害賠償額が1,000万円以上増額しました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

後遺傷害の認定に対して異議を申し立てる場合に、ドクターの協力があれば異議が認められることが多くあります。
異議申立てについても、専門的な弁護士に相談することが有益です。

交通事故の解決事例 18

異議申立てをして、非該当から14級の後遺障害等級を獲得した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

自動車同士の衝突事故で、頸部捻挫、右上腕部挫傷、右膝関節捻挫の傷害を負った事案です。当初、損害保険料率算定機構からは非該当と認定されてしまいました。

相談後

当事務所が代理人として異議申立を行い、14級の後遺障害が認定されました。後遺障害認定による損害額増額は約400万円となりました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

後遺障害被該当という結果に対して異議申立てをする場合に、専門的な弁護士に相談することが有益です。

交通事故の解決事例 19

頚椎捻挫、腰椎捻挫で後遺障害等級非該当から14級9号後遺障害認定を獲得。 290万円の増額した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

相談者ご夫婦は、信号のある交差点で、赤信号で停車中に、後方から追突されました。相談者ご夫婦は、頚椎捻挫、腰椎捻挫の負傷を負い、通院を続けていました。
相手方保険会社により、後遺障害認定の事前認定手続き(相手方保険会社による手続き)により、自賠責調査事務所(後遺障害等級の判定機関)から、後遺障害非該当認定が来たタイミングで、当事務所に相談がありました。

相談後

相談者様は、後遺障害等級非該当に対して納得されていなかったので、異議申し立てをすることにしました。
後遺障害等級が事前認定手続きで行われていたので、当事務所で、後遺障害等級認定の異議申し立ての手続きをすることにしました。
当事務所で、これまでの診断書をもとに、後遺障害非該当とされた理由に対し反論する意見書を作成し、自賠責調査事務所に提出しました。
その結果、相談者ご夫婦とも、14級9号の後遺障害等級の認定を受けることが出来ました。
保険会社は、相談者ご夫婦で各65万円での示談を提案してきましたが、後遺障害等級を獲得し、賠償金額も裁判基準での賠償を相手方保険会社に求めたところ、最終的にご夫婦で各210万円に増額することができました。

佐藤 勇弁護士からのコメント

佐藤 勇弁護士

後遺障害非該当だった案件で、ご夫婦ともに異議申立てを行って14級の後遺障害が認定されました。

労働問題

分野を変更する
【永田町2分】【24時間予約受付】
労働問題について経験豊富な弁護士が『あなたの力』になります。依頼者の最大限の利益を得ることを目標にします。
まずは、気軽にご相談ください!
弁護士法人フロンティア法律事務所
弁護士法人フロンティア法律事務所
弁護士法人フロンティア法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に費用は発生しません。
まずはお気軽にご相談ください。

メッセージ

自分の勤め先と争うということは、多くの人にとって一生の一大事です。
また、企業の側からしても、従業員との紛争の対応を誤ることは、企業の存続に影響を及ぼしかねない事態を生じさせ得ます。
弊所では、個々の依頼者様のご事情に応じて、将来に向けて前向きな解決ができるよう努めます。

このようなご相談は弁護士へ!

  • 業務中に負傷したので賠償請求をしたい。
  • 職場内においてパワハラを受けている。
  • ハラスメントをする従業員をなんとかしたい。

まずは相談、診断

労働問題は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に改善するケースが多くあります。まずは、あなたの状況の診断から承ります。

あなたに合った解決方法を見つけましょう

当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。
業務に伴い怪我をされた方、特に後遺障害が残った方について、交通事故分野で培った知識経験を応用し、会社に対して適切な賠償を求めます。

≪柔軟な料金設定≫
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で明確な料金見積もりを出させていただきますので、まずはお気軽に問合せ、ご相談くださいませ。

----------------
◆アクセス◆
・永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)4番出口から徒歩1分
・赤坂見附(銀座線・丸の内線)は、永田町と繋がっていますが、徒歩10分程かかります。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・相談料原則10,000円(30分)ですが、初回相談は無料(0円)とさせて頂いております。
・2回目以降のご相談は、通常通り、10,000円(30分)です。
着手金 ・125万円以下の場合、10万円
・300万円以下の場合、損害額の8%
・300万円を超え3000万円以下の場合、損害額の5%+9万円
・3000万円を超え3億円以下の場合、損害額の3%+69万円
報酬金 ・300万円以下の場合、賠償金の16%
・300万円を超え3000万円以下の場合、賠償金の10%+18万円
・3000万円を超え3億円以下の場合、賠償金の6%+138万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人フロンティア法律事務所
所在地
〒102-0093
東京都 千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館A4階
最寄り駅
・永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)
 4番出口から徒歩1分
・赤坂見附駅(銀座線・丸の内線)から徒歩10分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
※事前のご予約にて、土日のご相談も対応可能です。お気軽にお問い合わせください。
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5816-1215

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 18:00

弁護士法人フロンティア法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5816-1215

※弁護士法人フロンティア法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
※事前のご予約にて、土日のご相談も対応可能です。お気軽にお問い合わせください。
交通アクセス
駐車場あり