お気に入りに追加
市野 裕明弁護士

( いちの ひろあき ) 市野 裕明

四谷御門法律事務所

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【オンライン面談/土日夜間対応/ベストアンサー多数】民間企業出身の「交渉に強い」弁護士が対応します。最短で即日業務開始。成功報酬のない定額プランご提案可能です!
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • カード払いあり

強み・特徴(民間企業出身の弁護士)

横浜国立大学経営学部卒、東京都内のベンチャー企業に勤務後に弁護士に転身しました。法学部以外から司法試験に合格した民間企業出身の弁護士は、まだほんのわずかしかいません。企業取引の実務経験と知識をフル活用し、他にはない実践的なリーガルサービスを提供します。「話のわかる」弁護士をお探しの方は、どうぞお気軽にお問合せください。

スピーディな対応(土日夜間・即日対応可能)

最短でご相談当日に業務開始可能です。打ち合わせは電話/メール/オンライン/来所の全てに対応可能です。弁護士直通のメールアドレスをお伝えしますので、営業時間外でもいつでもご連絡いただけます。急ぎの用件であれば土日夜間でも迅速に対応します。ご依頼いただいた案件は最初から最後まで私が一貫して責任をもって対応します。

よくいただくご相談

  • 契約トラブル(契約の解除、売買代金の返還など)
  • 債権回収(売掛金や請負代金など)
  • 損害賠償請求(逸失利益の請求も対応可能です)
  • 不動産売買・賃貸借を巡るトラブル
  • 競業避止義務を巡るトラブル
  • フランチャイズ契約を巡るトラブル
  • 従業員による犯罪行為への対応
  • 顧問弁護士の導入検討 など

主に小規模企業、個人事業主の方からご依頼いただいております。

費用対効果の高いプラン

ご依頼いただく場合の費用対効果、特に債権回収の場合の回収不能リスクなどざっくばらんにお伝えします。成功報酬のない定額方式や月額方式など、ご負担の少ない最適な費用体系をフレキシブルにご提案します。事案の内容によっては、ミカタやアテラなどの弁護士費用保険のご利用も可能です。

全件オンライン対応

ご相談は全件オンライン対応可能です。弊所は東京都千代田区所在ですが、近隣県(神奈川県、千葉県、埼玉県)だけでなく全国からご依頼をお受けできます。オンライン面談のご予約はお電話不要、メールフォームからいつでも簡単にお申し込みいただけます。空き状況に応じて土日夜間のご予約も可能です。

顧問弁護士のご依頼(3プランから選択可能)

月額3万3000円から5万5000円まで3段階のプランをご用意しています。どのプランも電話相談、メール相談、来所相談が可能です。文書作成、出張対応、業務時間の翌月繰越しなど細やかなニーズに応じて最適なプランをお選びいただけます。詳細はどうぞお気軽にお問合せください。

ご依頼の流れ

ウェブからのお問い合わせは初回無料です。ご相談事項をメールフォームからお送りいただけましたら、当日もしくは翌営業日までに、ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接ご回答します。費用のお見積りのみのお問い合わせもお受けできます。どうぞお気軽にお問合せください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる 料金表をみる

この分野の法律相談

調剤薬局で勤務しています。生活保護の患者さんが態度が悪く困っています。他の患者さんと同じように対応しているのですが文句が多いです。薬を渡し終えたあとも居座り関係のない電話をしたり、言葉尻をとりスタッフに絡みます。業務中のスタッフに話しかけたりと、他の患者さんへの対応に影響が出ています。他の患...

1、薬剤師には応需義務があります。処方箋受付拒否は薬剤師法違反のおそれがありますので、よほどの状況でなければやめておいた方が良いでしょう。 (参考)薬剤師法 第21条(調剤の求めに応ずる義務) 調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあつた場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。 2、調剤が済んだ後は直ちに退店するように伝え、それ...

市野 裕明弁護士

元弊社役員が被告です。被告に対し、貸金、請求損害賠償請求をしています。訴訟中です。請求額が420万です。供託金120万で仮差押え決定も済み。被告の銀行預金もおさえております。 しかしながら、弊社の体力もあり経営が厳しくなって来ました…。 訴訟が長引くのであれば、担保取消をしたいと思っております。 ...

訴訟提起前であれば仮差押えの取下げ+債務者への権利行使催告により担保取消しを認めてもらう方法がありますが、訴訟提起後となると難しいのではないかと思います。訴訟の途中から代理人(弁護士)をつけることは可能です。もし本当にご依頼をされるのであれば、早い方が良いと思います。訴訟が進めば進むほど、弁護士としてもやりづらい状況(やれることがなくなってしまう状況)になっ...

市野 裕明弁護士

先日、温泉旅館に宿泊した際のことです。 チェックインの際に24時間大浴場に入れるという案内を受けました。その後、インターネットで3時間滞在延長が可能ということを知り、チェックアウト前に申し込みをしました。他のお客がいなくなると思われる延長時間中に大浴場を利用しようとしたところ、清掃中のため延...

減額を求めるとすれば、宿泊費に占める温泉の割合分ということになるでしょう。それが何パーセントかは一律の基準はなく、難しいところです。

市野 裕明弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 <ウェブからのお問い合わせ>初回無料
*ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接メールにて当日もしくは翌営業日までにご回答します。
<オンライン面談>初回30分あたり5500円
*面談後に正式にご依頼いただく場合、面談料は無料です。
*ご予約はメールフォームから承っております。空き状況に応じて当日予約や土日夜間予約も可能です。
*電話相談や事務所での面談も対応可能です。どうぞお申し付けください。
法律文書作成 5万5000円〜(スポット契約可能)
*内容証明郵便、債権譲渡通知書、公正証書などさまざまな法律文書作成のご要望に対応が可能です。
交渉代理、訴訟代理 11万円〜
*成功報酬のない定額方式の費用のご提案も可能です。費用のお見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
顧問契約 月額3万3000円〜
*文書作成、出張対応、業務時間の翌月繰越しなど細やかなニーズに応じて3段階から最適なプランをお選びいただけます。
お支払方法 銀行振込、クレジットカード
*本人確認の厳格化に伴い、クレジットカードのご利用は弊所での対面決済のみの取扱いとさせていただいております。
弁護士費用保険 ミカタ、アテラに対応
*順次拡大中です。上記以外の弁護士費用保険のご利用は、ご要望をいただければ導入を前向きに検討させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(4件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

不当な損害賠償の拒絶に成功した事案

依頼主 40代 男性

相談前

取引先から内容証明郵便で損害賠償請求をされました。裁判を起こされるのではないかと心配です。内容には納得できず、どうにかして拒絶したいです。

相談後

弁護士にお願いし、交渉してもらいました。支払義務がないことを法的な観点からしっかり主張してもらいました。取引先は請求を断念したようです。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

取引先との関係は、うまく行っているときは良いのですが、関係が悪化したときにこのような法的トラブルとなることもあります。特に、きちんとした契約書を取り交わしていないときは、リスクも大きいと言えるでしょう。この事案では、相手が請求を断念したのですが、忘れたころに蒸し返される心配は残っています。対案としては、こちらから相手に債務不存在確認請求という裁判を起こすことも可能なのですが、費用のこともありますので考えものです。いずれは時効消滅しますから、それを待つというのも一つの手です。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

フランチャイズ契約の合意解約に成功した事案

  • 飲食・FC関連
依頼主 40代 女性

相談前

フランチャイズ契約をしてお店を営業しています。まだ契約期間が残っていますが、本部の方針が信頼できず、フランチャイズ契約を解除したいです。可能でしょうか。

相談後

代理人として交渉にあたってもらい、無事、契約期間満了前に合意解約という形にすることができました。金銭的マイナスも最小限に抑えることができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

フランチャイズ契約では、契約書上は期間中の中途解約ができないことがほとんどです。この事案では、粘り強く交渉を進めることで中途解約の合意に漕ぎ着けました。中途解約をする場合には、動産の買取(清算)や違約金の問題など、さまざまな条件面のすり合わせが必要です。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

競業避止義務違反の訴訟でゼロ和解に成功した事案

依頼主 40代 女性

相談前

以前に勤めていた会社から競業避止義務違反を理由に裁判を起こされてしまいました。

相談後

競業避止義務違反には該当しないことを主張してもらい、最終的には1円も払わずに裁判を終えることができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

従業員が競業避止義務を負うケースとしては、雇用契約書に競業避止の条項が含まれているケースや、後から競業避止の誓約書を書かされるケースなどがあります。
とはいえ、契約書や誓約書に競業避止義務の条項がある場合でも、条項を無効にできるケースもあります。
具体的には、期間が長すぎる場合や地域制限が広すぎる場合、競業避止義務を負う分の大体措置(賃金や報酬の上乗せなど)がない場合などです。
この事案では、さまざまな角度から競業避止義務の条項が無効であることを主張し、最終的には1円も払わない形での和解(=ゼロ和解といいます。)で終えることができました。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 4

休業期間中の逸失利益と人件費分の損害賠償請求に成功した事案

依頼主 40代 男性

相談前

元従業員が起こした事件が原因で、契約を打ち切られてしまいました。
契約が続いていれば得られたはずの利益と、休業期間中の人件費を損害賠償請求したいです。

相談後

訴訟提起をしてもらい、まとまった金額を回収することができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

逸失利益は「事件がなければ得られていたはずの将来の利益」という不確実なものです。
そのため、逸失利益を請求する訴訟では、通常の訴訟以上にしっかりとした立証活動が必要になります。
この事案では、まず会社の担当税理士の先生に全面的な協力をいただき、「事件がなければ得られていたはずの将来の利益」を正確に計算し、証拠化しました。
会社の帳簿や通帳によるお金の動きも全て証拠化し、裁判所に逸失利益の計算が正しいことをきちんと理解してもらうよう立証活動を進めました。
発注元から契約を打ち切られたことについては、発注元の担当者にも証言の協力をしてもらい、万全の準備で訴訟に臨みました。
その結果、最終的には訴訟上の和解という形でまとまった金額の賠償額の回収に成功することができました。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる 特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【オンライン面談/土日夜間対応/ベストアンサー多数】民間企業出身の「交渉に強い」弁護士が対応します。最短で即日業務開始。成功報酬のない定額プランご提案可能です!
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

強み・特徴

神奈川県弁護士会在籍時には住宅・建築紛争対策委員会とマンション法研究会に所属。マスコミでも報道された賃貸借トラブルの訴訟代理人を担当し、完全勝訴を得たケースもあります。将来の不動産の活用、収益化なども考慮し、10年20年先を見据えてベストな戦略をご提案します。司法書士、土地家屋調査士などの関連士業との連携も可能です。

スピーディな対応(土日夜間・即日対応可能)

最短でご相談当日の業務開始可能です。打ち合わせは電話/メール/オンライン/来所の全てに対応可能です。弁護士直通のメールアドレスをお伝えしますので、営業時間外でもいつでもご連絡いただけます。急ぎの用件であれば土日夜間でも迅速に対応します。ご依頼いただいた案件は最初から最後まで私が一貫して責任をもって対応します。

よくいただくご相談

  • 不動産売買トラブル(契約解除、手付金返還、損害賠償請求)
  • 賃貸借トラブル(賃料未払い、立退き、賃料増額減額)
  • 共有不動産を巡るトラブル(買取り、売却、賃料相当損害金請求)
  • 隣家とのトラブル(境界確定、越境部分の収去請求)

不動産オーナー、買主、仲介業者の方から多くご依頼いただいております。

費用対効果の高いプラン

ご依頼いただく場合の費用対効果、特に債権回収の場合は回収不能リスクなどざっくばらんにお伝えします。成功報酬のない定額方式や月額方式など、ご負担の少ない最適な費用体系をフレキシブルにご提案します。事案の内容によっては、ミカタやアテラなどの弁護士費用保険のご利用も可能です。

全件オンライン対応

ご相談は全件オンライン対応可能です。弊所は東京都千代田区所在ですが、近隣県(神奈川県、千葉県、埼玉県)だけでなく全国からご依頼をお受けできます。オンライン面談のご予約はお電話不要、メールフォームからいつでも簡単にお申し込みいただけます。空き状況に応じて土日夜間のご予約も可能です。

顧問弁護士のご依頼(3プランから選択可能)

月額3万3000円から5万5000円まで3段階のプランをご用意しています。どのプランも電話相談、メール相談、来所相談が可能です。文書作成、出張対応、業務時間の翌月繰越しなど細やかなニーズに応じて最適なプランをお選びいただけます。詳細はどうぞお気軽にお問合せください。

ご依頼の流れ

ウェブからのお問い合わせは初回無料です。ご相談事項をメールフォームからお送りいただけましたら、当日もしくは翌営業日までに、ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接ご回答します。費用のお見積りのみのお問い合わせもお受けできます。どうぞお気軽にお問合せください。

この分野の法律相談

小さなアパートのオーナーを引き継ぎました。以前から賃貸している人がおり、 住居+駐車場(屋内)の賃貸契約になっていますが、実際は住まずに事務所及び 駐車場(屋内)を自動車のボディコーティング等軽作業場として使用しています。 近隣への迷惑は掛けていない状況ですが、住居契約なので家賃は低めと思い...

とにかく大事なのは契約書に書いてある内容です。「事務所としての使用を承諾していた」ことが契約書の特約などに書かれていればこちらに不利ですし、そうではなく単に住居としての契約であれば用途違反を理由に解除を主張することも可能かと思います。そうは言っても、解除となれば先方も争うでしょうし、あなた自身にも所有物件に空室が生じる不利益があるでしょうから、解除ではなくあ...

市野 裕明弁護士

今春 父が亡くなり実家の土地を相続致しました。 隣接する土地の地主から、私の実家の下水管がお隣の土地の地下を通っている。 現在は下水管が整備されたため、使用はされていないと思うが 調査と対処をしてほしいと求められました。 この要求には応えないといけないのでしょうか? 尚 実家が建築されたの...

下水管が通っているという根拠をまず先方に聞いてみてはいかがでしょうか。おそらくは図面かなにかの根拠があるのだろうと思いますが、そうではなく単に伝聞や憶測で言っているだけであれば、むしろ先方が調査を実施すべき状況かと思います。もっとも、隣人は選べないという言葉もあるくらいですから、いきなり全面対決をするよりはある程度話し合いの余地を残しておく方が良いかと思いま...

市野 裕明弁護士

マンションの改修工事に伴い、駐車場の移動を数名の住人にお願いしました。移動先は駐車場に続くスロープの途中で普段は駐車場として使用していない場所です。工事期間中の駐車料金の割引を条件に移動に関する覚書を交わし双方(管理組合・住人)合意の上での処置でした。 ただし、臨時駐車場での事故等に関する...

よほど駐車が難しい場所であったとか、事故の危険が容易に予測できるのに管理組合側がそれを伝えていなかったなどの特別な事情がない限りは、運転者の不注意であり自己責任かと思われますので、管理組合側で修理費用を負担する必要は基本的にはないかと思います。もっとも、話し合いで負担割合を決めて解決を目指すというのも一つの方法だと思いますし、お見舞金としていくらか出すという...

市野 裕明弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 <ウェブからのお問い合わせ>初回無料
*ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接メールにて当日もしくは翌営業日までにご回答します。
<オンライン面談>初回30分あたり5500円
*面談後に正式にご依頼いただく場合、面談料は無料です。
*ご予約はメールフォームから承っております。空き状況に応じて当日予約や土日夜間予約も可能です。
*電話相談や事務所での面談も対応可能です。どうぞお申し付けください。
交渉代理、訴訟代理 11万円〜
*成功報酬のない定額方式の費用のご提案も可能です。費用のお見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
顧問契約 月額3万3000円〜
*文書作成、出張対応、業務時間の翌月繰越しなど細やかなニーズに応じて3段階から最適なプランをお選びいただけます。
お支払方法 銀行振込、クレジットカード
*本人確認の厳格化に伴い、クレジットカードのご利用は弊所での対面決済のみの取扱いとさせていただいております。
弁護士費用保険 ミカタ、アテラに対応
*順次拡大中です。上記以外の弁護士費用保険のご利用は、ご要望をいただければ導入を前向きに検討させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(5件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

近隣トラブルを起こす借主の立退きに成功した事案

  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 騒音・振動
依頼主 40代 女性

相談前

アパートのオーナーをしています。賃借人が近隣への迷惑行為を繰り返していて、困っています。どうにかして賃借人を退去させられないでしょうか。

相談後

迷惑行為の証拠を確保することができたので、裁判を起こしました。裁判に勝訴し、明け渡しの強制執行をお願いして、最終的に退去させることができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

迷惑行為だけを理由に直ちに賃貸借契約が解除できるとは限りません。迷惑行為があったことを立証すること自体、ハードルが高いところもあります。この事案では、裁判所での主張立証が認められ、無事に退去までもっていくことができました。

不動産・建築の解決事例 2

共有不動産のほかの共有者からの賃料回収に成功した事案

依頼主 50代 男性

相談前

共有者の一人が不動産を独り占めしています。不動産を他の人に貸して賃料収入まで得ているようです。

相談後

共有持分に応じた賃料を分配するよう請求をしてもらい、過去数年分の賃料を分配してもらうことができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

共有持分に応じた賃料は、必要経費(固定資産税や管理費用)を差し引いて計算する必要があります。特に管理費用については、妥当な金額であるかのチェックが必要です。賃料の分配の話がまとまらないようであれば、不動産自体を分割してしまうというのも一つの方法として考えられます。その場合は、裁判所に共有物分割の請求をすることができます。

不動産・建築の解決事例 3

立退料の大幅な減額に成功した事案

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 40代 男性

相談前

持ち家を賃貸しています。契約期間間満了のタイミングで賃貸借契約を解約し、今後は持ち家に自分が住みたいと思っています。立退料はどれくらい必要でしょうか。

相談後

交渉をお願いし、立退料を大幅に減額してもらうことができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

日本の法律では、借主がとても強く保護されています。契約期間の満了時に貸主側から更新を拒絶する場合は、多くのケースでは立退料を支払わないと契約の解約が認められません。それでは、どのくらいの立退料を支払わなければならないかというと、明確な計算式があるわけではありません。過去の判例を参考にしながらも、最後は交渉スキルがものをいうところでもあります。

不動産・建築の解決事例 4

境界をはみ出している隣家の工作物を撤去させた事案

依頼主 40代 男性

相談前

隣家の配管やフェンスが本来の境界をはみ出して私の土地側にまで来ています。どうにかならないでしょうか。

相談後

まずは測量を実施し、その結果をもとに交渉を進めてもらいました。最終的には、配管とフェンスの撤去にこぎつけることができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

境界問題は、まずは調査と測量から始まります。役所に保管されている図面だけでは正確な境界がわからないことが多く、ほとんどの場合では正式な測量が必要となります。測量をするためには、通常は隣家の承諾を得なければいけないので、まずはこの点が最初のハードルになります。無事に測量ができれば、境界がどこかという問題にはいったんが決着がつきますが、撤去には必ず費用がかかりますから、次は費用分担の交渉が必要となります。

不動産・建築の解決事例 5

売買契約の解除で手付金の返還に成功した事案

依頼主 30代 男性

相談前

土地の売買契約を締結し、手付金を払いました。
建物の建築確認がおりずにやむなく売買契約を解除することになったのですが、売主が手付金を返してくれません。

相談後

建物の建築確認がおりないことが契約の解除事由にあたることを主張してもらい、無事に裁判にはならずに手付金を返してもらうことができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

不動産売買契約を解除しようとする場合、手付金の返還を巡るトラブルになりがちです。
中でも多いケースは、売主側から「解除事由がないので、むしろ違約金を支払え」と言われ、手付金の返還を拒まれるケースです。
契約違反を理由に契約を解除するためには、契約の条項の正確な解釈が重要になります。
このケースでは、契約の中の特約に「建築確認がおりない場合は契約を解除できる」という条項があったため、これを取っ掛かりに交渉を進めました。
建築確認がおりないことを立証するために、建築確認の申請を担当する不動産会社とも連携し、証拠を揃えました。
通常、交渉は1ヶ月程度を目処にすることが多いのですが、このケースでは2〜3ヶ月程度粘り強く交渉したことにより、訴訟提起せずに解決することができました。

債権回収

分野を変更する
【オンライン面談/土日夜間対応/ベストアンサー多数】民間企業出身の「交渉に強い」弁護士が対応します。最短で即日業務開始。成功報酬のない定額プランご提案可能です!
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所
四谷御門法律事務所

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

強み・特徴

令和2年の民事執行法改正に完全対応。貸金、売買代金の債権回収に多くの取扱実績があります。損害賠償金や養育費など幅広い債権の取扱可能です。内容証明郵便の送付、返済条件面の交渉、公正証書の作成、訴訟提起前の仮差押え、訴訟提起、預金調査、財産開示手続、強制執行、債権者申立破産まで債権回収に必要となるフェーズをワンストップで対応可能です。

スピーディな対応(土日夜間・即日対応可能)

最短でご相談当日の業務開始可能です。打ち合わせは電話/メール/オンライン/来所の全てに対応可能です。弁護士直通のメールアドレスをお伝えしますので、営業時間外でもいつでもご連絡いただけます。急ぎの用件であれば土日夜間でも迅速に対応します。ご依頼いただいた案件は最初から最後まで私が一貫して責任をもって対応します。

よくいただくご相談

  • 内容証明郵便を送付してほしい
  • 返済条件の交渉をしてほしい
  • 連帯保証人や抵当権を設定したい
  • 公正証書を作りたい
  • 少額訴訟を起こしたいので後方支援してほしい
  • 債務者の預金口座を差し押さえたい
  • 債務者の預金口座がわからないので金融機関に照会をかけたい
  • 財産開示手続きを利用して債務者の財産を調べたい
  • 詐欺で刑事告訴をしたい

費用対効果の高いプラン

ご依頼いただく場合の費用対効果、特に回収不能リスクについてざっくばらんにお伝えします。成功報酬のない定額方式や月額方式など、ご負担の少ない最適な費用体系をフレキシブルにご提案します。事案の内容によっては、ミカタやアテラなどの弁護士費用保険のご利用も可能です。

全件オンライン対応

ご相談は全件オンライン対応可能です。弊所は東京都千代田区所在ですが、近隣県(神奈川県、千葉県、埼玉県)だけでなく全国からご依頼をお受けできます。オンライン面談のご予約はお電話不要、メールフォームからいつでも簡単にお申し込みいただけます。空き状況に応じて土日夜間のご予約も可能です。

顧問弁護士のご依頼(3プランから選択可能)

月額3万3000円から5万5000円まで3段階のプランをご用意しています。どのプランも電話相談、メール相談、来所相談が可能です。文書作成、出張対応、業務時間の翌月繰越しなど細やかなニーズに応じて最適なプランをお選びいただけます。詳細はどうぞお気軽にお問合せください。

ご依頼の流れ

ウェブからのお問い合わせは初回無料です。ご相談事項をメールフォームからお送りいただけましたら、当日もしくは翌営業日までに、ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接ご回答します。費用のお見積りのみのお問い合わせもお受けできます。どうぞお気軽にお問合せください。

この分野の法律相談

貸付金の回収についての相談です。 3年ほど前に妻が知人にカードを無断で利用されて借金が出来たようです。その後、知人と話し合いが出来て、使用した金額を返済するという証書(署名、拇印あり)を記載してもらいました。その後、本人が返済出来ないとの事で知人の夫が代わりに返済するとの証書(証書、拇印あり)を...

裁判を起こして勝訴すれば、預金や給与の差押えができるようになります。弁護士に依頼する場合の費用は弁護士により異なりますので、依頼をしたいと思う弁護士に直接問い合わせるのが一番良いかと思います。「回収出来ない間に増えてしまった借金の分も請求出来るか」という点は、おそらく難しいかと思われます。法定利息(年5%)の遅延損害金になる可能性が高いと思います。

市野 裕明弁護士

給与支払遅延が生じた場合で、給与そのものは遅れて支払われたが遅延利息が支払われず、遅延利息を請求するとき、遅延利息に対して遅延利息は発生しますか? 具体的なイメージとしては次のとおりです。 本来1/25に支払われるべき給与に10,000円の不足があり、7/25に不足分10,000円が支払われたものの、半年分の...

まず300円が遅延損害金に充当され、残りの9,700円が元金に充当されます。その結果、元金が300円残りますので、これに対する遅延損害金が新たに発生します。

市野 裕明弁護士

昨年12月より給与差押えをしていましたが、勤務先を退職していました。差押えした給与が振り込まれないので、勤務先に問い合わせしたところ、1か月前に退職したと言われました。 勤務先からは問い合わせするまで何も連絡は来ませんでした。応対の態度から、連絡しないように債務者から頼まれていたような気がしま...

弁護士に依頼した場合は、預金口座を調査して差押えをすることは可能です。勤務先の調査は弁護士にはできないので、探偵などに依頼するほかないでしょう。

市野 裕明弁護士

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 <ウェブからのお問い合わせ>初回無料
*ご依頼をいただく場合のおおまかな対応方針と費用の概算を弁護士から直接メールにて当日もしくは翌営業日までにご回答します。
<オンライン面談>初回30分あたり5500円
*面談後に正式にご依頼いただく場合、面談料は無料です。
*ご予約はメールフォームから承っております。空き状況に応じて当日予約や土日夜間予約も可能です。
*電話相談や事務所での面談も対応可能です。どうぞお申し付けください。
文書作成 5万5000円〜
*各種契約書、内容証明郵便、公正証書などさまざまな法律文書作成のご要望に対応が可能です。
交渉代理、訴訟代理、財産調査、財産差押、刑事告訴 11万円〜
*成功報酬のない定額方式の費用のご提案も可能です。費用のお見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お支払方法 銀行振込、クレジットカード
*本人確認の厳格化に伴い、クレジットカードのご利用は弊所での対面決済のみの取扱いとさせていただいております。
弁護士費用保険 ミカタ、アテラに対応
*順次拡大中です。上記以外の弁護士費用保険のご利用は、ご要望をいただければ導入を前向きに検討させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(2件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

銀行預金を差押えて債権回収に成功した事案

依頼主 40代 男性

相談前

相手から損害賠償金を支払ってもらえません。どうしたらいいでしょうか。

相談後

訴訟を起こしてもらい、相手の銀行預金を差し押さえることができました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

相手が支払いに応じない場合は、財産の差押えを進めていく必要があります。ほとんどの場合は、差押えの前に裁判を起こして勝訴判決を得ることが必要です。勝訴判決を得られたら、銀行預金や給与を差し押さえることができます。ただし、どこの銀行に預金があるか、勤務先がどこかといった情報はこちらが調べなければなりません。法律の改正により、以前と比べて調査が容易にできるようになりました。

債権回収の解決事例 2

連帯保証人をつけての分割返済の交渉に成功した事案

依頼主 40代 女性

相談前

貸したお金を返してもらえません。相手にはめぼしい財産がなさそうです。

相談後

交渉を進めてもらい、連帯保証人をつけることを条件に、分割払いで毎月決まった額を返済する取り決めをしました。

市野 裕明弁護士からのコメント

市野 裕明弁護士

相手にめぼしい財産がない事案では、相手の財産を差し押さえようとしても、ほとんど回収できない場合があります(預金口座に数百円しか残高がない場合など)。このような場合は、やみくもに裁判を起こして差押えをするよりも、むしろ粘り強く交渉を進めて、連帯保証人や担保の提供を得る方が回収の実効性が高いケースが多くあります。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
四谷御門法律事務所
所在地
〒102-0083
東京都 千代田区麹町6-4-16 ESCALIER麹町5階
最寄り駅
四ツ谷駅
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
ウェブからのお問い合わせは初回無料です(大まかな対応方針や費用の概算を弁護士から直接メールでご回答します。)。初回面談は全件オンライン対応可能です。空き状況に応じて当日予約や土日夜間予約も承っております。面談予約はウェブからいつでも簡単にお申込みいただけます。
対応地域

全国

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
ウェブからのお問い合わせは初回無料です(大まかな対応方針や費用の概算を弁護士から直接メールでご回答します。)。初回面談は全件オンライン対応可能です。空き状況に応じて当日予約や土日夜間予約も承っております。面談予約はウェブからいつでも簡単にお申込みいただけます。