現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
佐久間 洋介弁護士

( さくま ようすけ ) 佐久間 洋介

弁護士法人朝日中央綜合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

不動産・建築

分野を変更する
【新型コロナ対策・WEB相談対応(Zoom)】【弁護士直通!】【当日・休日・夜間相談可】不動産関係のトラブルは長期化することが多いため、できるだけ早い段階で対応することが重要です。お早めにご相談ください。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■不動産関係の問題はお任せください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所は不動産・建築に関する、請負代金の回収・賃料増額請求・賃料減額請求・不動産明渡しといった、様々な案件・問題を取り扱っており、豊富な経験と専門知識を蓄積しております。
そのため、過去の経験を踏まえた多角的な視点からのクオリティの高い、スピーディな判断が可能です。

不動産関係のトラブルは早い段階で対応することが早期解決には欠かせません。
こんなこと聞いても大丈夫なのかなというご相談でも、まずはお気軽にご相談ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■このようなお悩みはないですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・賃料の滞納が続いており、土地又は建物の明け渡しの請求をしたい。
・共有持ち分の不動産について、話し合いがつかない。
・借地権の譲渡を地主が認めない。
・借地権付建物の建て替えを地主が認めない。
・賃料の増額・減額をしたい。
・隣地との境界が確定できずにもめてしまっている。どうすれば解決できるのか。

<重点取扱案件>
・土地(建物)明渡請求
・賃料増額請求
・借地権の譲渡許可申立て
・増改築許可申立て
・境界画定 など

※上記の例はあくまで一例です。その他、ご相談がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■対応体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼料金
相談料 30 分ごと5,000円(税別)

※ご本人のご状況やご事情に合わせ、料金のご相談や無理のないお支払方法に応じています。
※ご依頼をいただく際は、費用面の不安を払拭できるよう、十分にご説明を尽くさせていただきます。お気軽にお尋ねください。

▼プライバシーへの配慮
安心してご相談いただけるように、プライバシーに配慮した完全個室でのご相談となります。

▼その他士業との連携
不動産専門職などの他士業の先生方と連携することが可能です。
法的視点のみならず、他領域の視点をもって解決方法を考えます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■その他
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼営業時間
平日 00:00〜24:00
※土日祝、夜間面談をご希望の方は、ご相談ください。

▼アクセス
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2分

▼事務所ホームページ
https://www.ac-law.jp/

不動産・建築

解決事例をみる

この分野の法律相談

賃貸住宅の退去時の家賃についのご相談です。 今月、12/25日に引越しをするのですが、家賃を31日で割った金額で振込みました。 この住宅には16年程住んでおり、契約書の更新は一度も有りませんでした。入居当初、何年か(不明)は管理会社が管理していた様ですが、いつからか大家が一人で管理しています。その為、...

ご質問の点につきまして、以下のとおり回答申し上げます。 ①契約書記載通りに日割計算での振込みで問題無かったでしょうか? →契約書に日割り計算での振込みと記載されていたのであれば、基本的には問題ないと思われます。 もっとも、解約時の手続きについて別途規定がある場合は、その規定が適用される可能性がありますのでご注意ください。 ②また、日割で問...

佐久間 洋介弁護士

過去の投稿を検索しましたが該当するものがないので質問させていただきます。 現在アパートの立体駐車場を契約し使用しているのですが、機械メンテナンスのため当該期間中の数日間車両を退避するよう工事業者から連絡(印刷物のポスト投函)がありました。 車両の退避先について、当方にはコインパーキングしか選...

契約書に何も書いていなかったのであれば,理論的には,メンテナンス期間中の駐車場代金(日割り分)の返還を求めることができる可能性はあるでしょう。 もっとも,請求したとしても相手方が支払わなければ訴訟提起をするしかないと思いますが,裁判に要する時間,費用,労力を考えると,泣き寝入りするというケースが多いのが現状です。 ご参考になれば幸いです。

佐久間 洋介弁護士

私は、都内でバーを経営しております。 先日、私の6階テナントから水漏れてしまい、5階、4階にも水が漏れてしまいました。 水が漏れた原因は、自店舗の蛇口から水が漏れてシンク外に蛇口スパウト(水が出るところ)が向いていたためです。 火災保険は階下への弁償は対象外とのことで、自腹で払うことになりま...

ご記載いただいた事実関係を前提とした場合,ある程度の過失が工事業者又は管理会社にも認められる可能性はあるかと思われます。 もっとも,水漏れの直接的な原因は,シンク外に蛇口スパウト(水が出るところ)が向いていたことと,2つの蛇口を確認のためひねって片方の蛇口の締めが甘かったことにあると考えられ,これらの原因は直接的には,テナント側の対応によるものであると...

佐久間 洋介弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分あたり5,000円(税別)
備考欄 旧日本弁護士連合会報酬基準に沿った当事務所報酬約款によるものとします。但し、具体的事件の内容や実情に応じて、お客様と個別に協議のうえ、別のお取決めをする場合があります。
詳しくは、お問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

土地の賃料を増額した事例

  • 賃料・家賃交渉
  • 借地権
依頼主 60代 男性

相談前

土地を貸していましたが、現在の賃料が安いのではないかと思い相談しました。

(プライバシー保護・守秘義務等のため、一定の範囲で事案を抽象化しております。)

相談後

裁判にならずに交渉のみで賃料を増額していただきました。

佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

知り合いの不動産鑑定士に依頼し、適切な賃料を査定してもらい、
それを用いて交渉を有利に進めることができました。

交渉がまとまらない場合には、調停を申し立て、
調停でも話し合いがまとまらない場合は訴訟を提起することにより、
賃料の増額を目指します。

このように、地主のご依頼者様の相談は、非常に多くいただいております。

特に、先代までは借主とも良好な関係を築いていたため、温情で非常に安い賃料で貸していたものの、代替わりとともに疎遠となり、当時の賃料を増額してほしいといったご相談は後を絶ちません。

当事務所では知り合いの不動産鑑定士も多く、連携もスムーズにとることができます。

このような問題は、出来る限り早期に賃料を増額した方がご依頼者様にとって、メリットが大きいケースが多いので、少しでも悩まれている方はお早目にご相談下さい。

不動産・建築の解決事例 2

建物の明渡しを求めた事例

依頼主 50代 男性

相談前

建物のオーナーをしており、長年、飲食店に賃貸しておりましたが、
建て替えをして、別の用途に使用した方がいいのではと思い、
契約期間が切れる前に相談しました。

相談後

訴訟を提起していただき、無事に明渡してもらうことができました。
実際に部屋の中を空にしてもらうところまで立ち合ってもらいだけでなく、
デベロッパーの方とも頻繁に連絡を取り合っていただいたおかげで、
明渡しが終わった後の工事などもスムーズに進めることができました。

佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

契約期間が終了することにより、建物の明渡しを求める場合には、明け渡してもらった後の物件をどのように利用していくかという点を、裁判所に分かりやすく説明することが重要です。

そこで、顧問先等の大手デベロッパー、ハウスメーカー、建設会社等と連絡を取り合い協力して、有効利用計画を立てていきます。

さらに、明渡しが済んだ後も、金融機関からの融資や、工事業者とのやり取りなども上手く橋渡しをし、「明渡し」という点で捉えるのではなく、線を繋いでいけるように尽力いたします。

不動産・建築

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【新型コロナ対策】【弁護士直通】【当日・休日・夜間相談可】企業の皆様が日々直面する様々な法律問題について、迅速かつ的確に良質な法的サービスを提供します。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■法的トラブルに迅速に対応します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
組織運営に関する法的手続や法的トラブルは、事業規模の大小によらず必ず生じます。
経営者の方だけで全ての問題をクリアするのは極めて難しいと思われますので、お一人で抱え込まず弁護士にご相談ください。

当事務所は、株主総会・取締役会運営、各種契約業務、債権管理業務などをはじめとする企業法務に関する豊富な経験と専門知識、ノウハウを蓄積しております。
経営者の方、担当者の方と密なコミュニケーションを取りながら、適切なリーガルサポートを提供いたしますので、安心してお任せください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■このようなお悩みはないですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・契約書を取り交わすことになったが、内容に問題ないか。
・労働者からパワハラ、セクハラ等の指摘を受けているが、どのような対応をしたらよいか。
・従業員から未払いの残業代を請求された。どのように対応すればよいか。
・顧客からの要求について、応じる必要性があるのか、不当な要求ではないのか。
・売掛金の回収について、どのような対応をすればよいか。
・不当要求に対して、どのような対応をすればよいか。
・訴訟を提起された場合の対処方法が知りたい。

<重点取扱案件>
・契約書チェック
・労働者とのトラブル
・非上場株式の売却・購入
・事業承継に関するご相談 など

※上記の例はあくまで一例です。その他、ご相談がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■対応体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼料金
相談料 30 分ごと5,000円(税別)※但し初回30分は無料

※ご本人のご状況やご事情に合わせ、料金のご相談や無理のないお支払方法に応じています。
※ご依頼をいただく際は、費用面の不安を払拭できるよう、十分にご説明を尽くさせていただきます。お気軽にお尋ねください。

▼プライバシーへの配慮
安心してご相談いただけるように、プライバシーに配慮した完全個室でのご相談となります。

▼丁寧な説明を心がけています
馴染みのない方からすると、法律用語は難しいものだと思います。
ご理解、ご納得いただけるまで、丁寧に噛み砕いてご説明いたしますので、心配なさらずにご相談ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■その他
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼営業時間
平日 00:00〜24:00
※土日祝、夜間面談をご希望の方は、ご相談ください。

▼アクセス
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2分

▼事務所ホームページ
https://www.ac-law.jp/

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

デザイン(無形サービス)の受注、キャンセル、返金について 現在個人でデザインの受託、サービスの提供でビジネスをしております。 今回新しく個人事業としてデザイン受託の販売サイト作成を進めております。 具体的には、サイト自体に 他社に比べてかなり割安感のある定額で各種デザイン(ロゴ、イラスト作成...

ご質問に点につきまして,以下のとおり回答いたします。 「その際、気になる点として無形物のサービスを事前に支払い頂いた上で、納品後または制作中にキャンセル、返品の扱いを受けた場合、従わければならないのでしょうか。」 ➡契約上,どのように定めていたのかによります。  もし何も定めていなかった場合には,民法上の規定が適用されます。  この点は解釈の余地...

佐久間 洋介弁護士

法務部にて契約書の審査をしております。 先日、当社の秘密情報を開示するにあたって、先方から当社の秘密情報の秘密保持に関する誓約書(先方のみが義務を負い、先方のみが署名押印をします。)を提示されました。 この誓約書について、以下の点をご教示いただけますでしょうか。 ご相談① 当該誓約書は先...

ご質問に点につきまして,以下のとおり回答いたします。 「ご相談① 当該誓約書は先方のみが署名押印をします。この書面に法的拘束力はあるのでしょうか。(先方のみが押印していますが、当社が黙示の承諾をしたとして契約書として扱われるのでしょうか。) 」 ➡書面の作成は契約の成立条件ではなく,口頭でも合意は成立しますので,貴社も合意しているのであれば,双方...

佐久間 洋介弁護士

子供(未成年)が出会い系で会った方から先払いで15000円もらい、そのまま逃げ 近い内に被害者の方と会い示談交渉予定です。 被害者の方は慰謝料と子供を探す為に仕事を休んだ3日分の日給合わせて45万と言って来てます。 それが支払えないなら警察に被害届けを出すとの事です。 とても、そんな金額を支払える...

どのように15000円の支払を受けたかにもよりますが、騙し取る目的で15000円をもらい逃げたのであれば、詐欺罪が成立する可能性があります。 警察が逮捕するかどうかは絶対的な基準があるわけではないので、断言することはできませんが、一般的には被害金額が高額、過去にも同様の行為を繰り返していたりした場合には、悪質性があるものと判断され、逮捕されることもある...

佐久間 洋介弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■法律相談料:初回30分のご相談は無料で承ります。その後は,30分ごとに5,000円(税別)を頂戴していますが,その後,ご依頼いただいた場合は,ご相談料は弁護士報酬に充当させていただいています。
月額顧問料 ■原則:5万円(税別)
※月額顧問料で対応させていただける弁護士業務は,個別にお知らせしておりますので,お気軽にお問い合わせください。
備考欄 旧日本弁護士連合会報酬基準に沿った当事務所報酬約款によるものとします。但し、具体的事件の内容や実情に応じて、お客様と個別に協議のうえ、別のお取決めをする場合があります。
詳しくは、お問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(2件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

【契約書】顧問契約を締結し、民法の改正に伴い、従前の契約書を修正した事例

  • 製造・販売
依頼主 60代 男性

相談前

製造業等を営む会社です。
取引基本契約書、売買契約書などの日々の取引で用いる様々な契約書について、
旧民法に従い、長年使用していた契約書などで対応しておりました。

相談後

顧問契約を締結の上、従前の契約書を見直し、改正民法に適した形に修正してもらいました。

(プライバシー保護・守秘義務等のため、一定の範囲で事案を抽象化しております。)

佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

民法の改正により、従前の契約書を修正した方がいいケースが増えております。
契約書のチェックをさせていただき、トラブルを未然の防ぐことができます。

当事務所の顧問契約の特徴は下記URLをご参照下さい。
https://www.ac-law.jp/service/legal-adviser/

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

【契約書】顧問契約を締結し、日々の契約書のチェックを行っている事例

  • 製造・販売
  • 不動産・建設
依頼主 50代 男性

相談前

不動産販売・仲介等を営んでいる会社です。
毎月数多くの不動産取引を行っておりますが、
不動産取引には迅速な対応が求められることも多く、
契約書をチェックする時間的・人的余裕がありませんでした。

相談後

顧問契約を締結の上、日々の取引に必要な契約書を全てチェックしていただきました。

社内に、宅地建物取引士の資格を持っている者もおりましたが、
弁護士の先生の場合、訴訟になった場合を想定して契約書をチェックをしていただけるので、
紛争を未然に防ぐことが出来ると思います。

不動産取引は、一つの取引の単価が高額なことが多いため、紛争を予防する意義は非常に大きかったです。

(プライバシー保護・守秘義務等のため、一定の範囲で事案を抽象化しております。)



佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

不動産取引は、迅速な対応が求められることも多いです。
依頼者様のご要望に応じ、遅くても1週間以内には契約書のチェックをするよう心がけております。
また、事案によっては、数名の弁護士で対応することも可能です。

当事務所の顧問契約の特徴は下記URLをご参照下さい。
https://www.ac-law.jp/service/legal-adviser/

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【新型コロナ対策・WEB相談対応(Zoom)】【弁護士直通!】【当日・休日・夜間相談可】遺産相続の問題は多岐にわたるものであり、早期に専門家による適切な解決を図ることが、ご相談者様の利益につながります。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■相続が争続になる前にご相談ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
遺産相続問題は、親しい間柄の方との紛争であることが多く、問題が大きくなればなるほど、感情的な対立が激しくなり、解決に長期間を要してしまう問題でもあります。
「仲が良かった親族と、争いになるとは思わなかった。」など、当事者同士では話し合いがこれ以上すすまないケースが非常に多いように感じます。

また、裁判を視野に入れた証拠収集が必要になる場合もございますので、弁護士のアドバイスを受けた方が安心して進められます。

早期に専門家による適切な解決を図ることが、ご相談者様の利益につながりますので、お一人で悩まずにまずは弁護士にご相談ください。
状況の変化に応じて、迅速に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■このようなお悩みはないですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・遺言を書きたいけれど、書き方がわからない。
・父母の認知症が進んできて、何とかしないといけないがどうすればいいかわからない。
・親が借金を残して死亡し、どうすればいいかわからない。
・遺産の土地建物はいらないが現金だけ欲しい。
・法定相続分でない分け方をしたい。
・遺産分割の方法について兄弟間で話し合いが決着しない。
・相続人の一人が遺産を使い込んでいた。
・登記が先祖のままの物件がある。このまま放っておいたら、どうなるか。

<重点取扱案件>
・遺産分割(調停・審判申立・遺産分割協議書作成)
・遺言作成
・遺留分侵害額請求 など

※上記の例はあくまで一例です。その他、ご相談がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■対応体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼料金
相談料 30 分ごと5,000円(税別)

※ご本人のご状況やご事情に合わせ、料金のご相談や無理のないお支払方法に応じています。
※ご依頼をいただく際は、費用面の不安を払拭できるよう、十分にご説明を尽くさせていただきます。お気軽にお尋ねください。

▼プライバシーへの配慮
安心してご相談いただけるように、プライバシーに配慮した完全個室でのご相談となります。

▼その他士業との連携
司法書士、行政書士、不動産専門職などの他士業の先生方と連携することが可能です。
法的視点のみならず、他領域の視点をもって解決方法を考えます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■その他
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼営業時間
平日 00:00〜24:00
※土日祝、夜間面談をご希望の方は、ご相談ください。

▼アクセス
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2分

▼事務所ホームページ
https://www.ac-law.jp/

この分野の法律相談

長男の嫁が、義父と義母の養子になる場合、どのような権利義務が生じるのでしょうか。義父母とは別居しています。夫とのあいだには二人子供がいます。夫には妹が一人おり結婚して別姓に嫁ぎ子供が一人いますが、義父母と同居しています。 ・不動産を引きつぐ場合、固定資産税の支払いや農地ならば耕作義務が発生し...

ご質問に点につきまして,以下のとおり回答いたします。 ・不動産を引きつぐ場合、固定資産税の支払いや農地ならば耕作義務が発生しますか。 →もちろん不動産を相続すれば,固定資産税の支払義務や,農地ならば農地として耕作し,管理する義務を負うことになります。 ・義父母の介護義務が生じるということでしょうか。 →「養子縁組の日から,血族間におけるのと同...

佐久間 洋介弁護士

義父が私の妻(義父の娘)と仲違いし、絶縁状態になりました。義父の遺産がいくらあるのかは分かりませんが、妻には相続させないよう遺書に残すと言い出しました。遺書に残されたとしても遺産は法定どおり受け取れますか?

遺言が有効かどうかによりますが,有効であれば,遺言どおりに遺産を分けることになりますので,奥様は法定相続分に応じた遺産を相続することができなくなります。 そのような場合,奥様としては,遺産をもらった人に対して,遺留分侵害額請求をすることによって,遺留分相当額の遺産を取得することができます。 ご参考になれば幸いです。

佐久間 洋介弁護士

親に相続税を出して貰って、 申告しなかった場合、 贈与税の脱税に当たるのでしょうか?

贈与税がかかる場合とかからない場合について,参考となる国税庁のHPを添付いたします。 贈与税がかかる場合:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4402.htm 贈与税がかからない場合:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer...

佐久間 洋介弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分あたり5,000円(税別)
備考欄 ご本人のご状況やご事情に合わせ、料金のご相談や無理のないお支払方法に応じています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺産分割を裁判で行った事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 女性

相談前

父が亡くなったのですが、遺言がありませんでした。
母は既に亡くなっており、私を含め兄弟姉妹が相続人となりましたが、
誰がどの財産を取得するかについて、話し合いがまとまらなかったため相談しました。

相談後

兄弟姉妹間では話し合いがまとまらなかったので、
遺産分割調停を申し立ててもらいましたが、最終的には遺産分割審判となりました。
審判では、先生が私の希望を適切に主張していただいていたおかげで、
最終的に、当初の希望どおり私が住んでいた家を取得することができました。

また、どの財産を取得するかということだけでなく、その財産がいくらになるのかという点についても、
私に有利になるように準備し、主張していただきました。

佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

遺言がなかった場合、相続人の皆様で話し合いをしますが(これを遺産分割協議といいます。)、話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます(これを遺産分割調停といいます。)。
調停では調停委員を交えて話し合いを行いますが、それでもまとまらない場合は、遺産分割審判を行い、裁判所により審判がなされます。

これらの手続きでは、誰がどの遺産を取得すべきか、その遺産の価格はいくらなのか、などの点が問題になることが多いです。

これらの問題について、ご依頼者様のご要望に応じ、出来る限りご依頼者に有利になるような主張を組み立て、それを裁判所に説得的に主張させていただきます。

遺産相続の解決事例 2

預金の使い込みを請求した事例

  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
依頼主 60代 女性

相談前

母が亡くなる直前に、母名義の預金が姉妹に引き下ろされていたことが分かりました。
そのお金が何に使われたのか全く分からず、どうすればいいか分からなかったので相談しました。

相談後

姉妹に対して訴訟を提起していただき、
その訴訟の中で、下したお金を何に使ったのか詳細に明らかにしてもらいました。
最後は、母のために使われていなかったお金を返してもらうことができました。

佐久間 洋介弁護士からのコメント

佐久間 洋介弁護士

このようなトラブルは兄弟姉妹間で非常に多いです。
どちらかがご両親の面倒をみており、他方は遠方にいるというケースでよく問題になります。
(本件とは逆に、長年、両親の面倒をみてきたにもかかわらず、遠方に住んでおり、全く面倒をみてこなかった兄弟姉妹から、訴訟を提起されるというケースもあります。)

このような問題は訴訟になるケースが多く、事案によって対応も変わってきますが、訴訟の中で、下した預金を、誰が何に使ったのかということを具体的に明らかにさせていくことが重要となります。
(逆に訴訟を提起された場合は、下した預金を、誰が何のために使ったのか詳細に明らかにします。)

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人朝日中央綜合法律事務所
所在地
〒100-6019
東京都 千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル19階
最寄り駅
虎ノ門駅より徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
※外出等のためお電話に出ることができない場合もございますが,折り返しお電話をさせていただきます。(翌日以降のご連絡になる場合もございますがご了承ください。)

※メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。(翌日以降のご返信になる場合もございますがご了承ください。)

※事前予約により,夜間,土日祝日にもご面談が可能です。
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5259-0312

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

佐久間 洋介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-0312
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
※外出等のためお電話に出ることができない場合もございますが,折り返しお電話をさせていただきます。(翌日以降のご連絡になる場合もございますがご了承ください。)

※メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。(翌日以降のご返信になる場合もございますがご了承ください。)

※事前予約により,夜間,土日祝日にもご面談が可能です。
交通アクセス
駐車場近く