現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小林 芽未弁護士

( こばやし めみ ) 小林 芽未

S&M法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士直通】【離婚・男女問題に特化】離婚請求・慰謝料請求の解決実績多数。女性弁護士が丁寧かつ迅速にサポートします。
S&M法律事務所
S&M法律事務所
S&M法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

当事務所は離婚男女問題に特化しております。

私は学生時代に心理学も学んでおりました。
この経験から、カウンセリングも取り入れています。
ご相談者様の心のケアをしながら根本の問題解決の手助けがしたいと思っています。

カウンセリングを取り入れたリーガルサービスは当事務所の強みの一つです。

  • 経済的に弱い立場の方
  • シングルマザー の方
  • 夫/妻の考えていることがわからず悩んでいる方など

1人ではどうしたらよいかわからず、苦しんでいる方はぜひご相談ください。

私が法律相談から解決まで一貫して責任を持って担当いたします。
ご相談者様との距離が近い、一番身近な弁護士でありたいと思っています。

◆よくあるご相談

  • 離婚をしたら今後どうなるのか知りたい
  • 子どもの養育費はいくら支払ってもらえるか知りたい
  • 離婚したいけれどすぐに怒鳴り合いになり話が進まない
  • モラハラで離婚したいけれど うまく説明できない
  • 離婚届にサインをしてもいいのかわからない
  • 離婚届を出した後に養育費はもらえるのか知りたい

上記以外のご相談もお気軽にお申し付けください。

◆重点取扱案件

  • 慰謝料請求・財産分与・養育費、婚姻費用請求・親権問題・DVに関する相談

◆解決事例

こちらからご確認ください。
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13101/l_740954/#pro3_case

◆費用について

  • わかりやすい費用提示を徹底しております。
  • 着手金・報酬金に関しては,ご依頼者の経済状況に合わせて柔軟に相談に応じております。

◆アクセス

  • JR「神田」駅から徒歩1分
  • 東京メトロ銀座線「神田」駅から徒歩1分
  • 東京メトロ丸の内線「淡路町」駅から徒歩5分
  • 都営新宿線「小川町」駅から徒歩6分

事務所HP:https://sm-lawoffice.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,000円(税別)
ご来所により直接お話することをお勧めします。
但し、ご希望であれば、電話やzoomによる相談にも対応いたします。
着手金/報酬金 内容証明郵便:10万円(税別)
離婚協議書作成:10万円(税別)
夫婦・男女問題交渉事件着手金:25万円(税別) 
家事調停事件着手金:35万円(税別)
人事(離婚)訴訟事件着手金:45万円(税別)
報酬金:着手金と同額又は得た経済的利益(5%~20%)により定める。
事務手数料等実費:2万円程度

※事案の内容により、2割程度増減することがございます。
その他 〇任意交渉から調停事件、調停事件から訴訟へ移行する際は、先にお支払い頂いた着手金を考慮いたします。
〇調停、訴訟事件では、出廷回数による費用は、原則として不要です。必要となるのは、基本的には上記金額のみです。特段の事情がない限り、途中で費用の追加請求することは、ありません。
〇適切な解決を図るため、費用の支払方法(分割払い等)には柔軟に対応いたします。まずはご相談ください。
〇法テラスの利用可(要件あり)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

誓約書条項違反を理由に,不貞の相手方配偶者より慰謝料請求をされた案件

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

不貞の相手方配偶者より誓約書を渡され,署名押印をした結果,誓約書の条項違反を理由に,相手方配偶者より210万円の支払いを請求されました。不貞の相手方からも,相談者様の携帯,会社,自宅への度重なる金銭請求の連絡や,直接相談者様の自宅に来て金銭請求が行われる事態も生じており,相談者様は,相手方配偶者らの要求を抑止し,金額も可能な限り減額したいとのことでご来所されました。

相談後

相手方の相談者様への金銭請求は,社会通念上相当な範囲を超えたものとして,相手方に別途損害請求金額を行うことも示唆しながら,請求については代理人を通すようやり取りをしました。また,金銭請求額についても,当初の210万円から30万円まで減額し,相談者様の経済的負担を軽減させるために,一括払いから分割払いにすることで相手方代理人と合意しました。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

相手方の金銭請求の連絡が,相談者様の携帯電話や自宅のみならず,職場まで及び,相手方が相談者様の自宅へ来る等,限度を超えた要求があったため,こちらも損害賠償請求の意思があることを伝え,交渉できたことが減額の大きな理由の一つであると考えます。そして,相談者様の経済的状況や,就労状況を加味しながら,粘り強く相手方代理人と交渉を続けさせて頂いたことが,解決につながったものと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞行為に基づく損害賠償請求額を300万円から100万円まで減額した案件

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は,数年間不貞関係にあった不貞相手と別れた後に,相手方配偶者から300万円の慰謝料を請求されました。

相談後

相談者様は不貞の事実については争う意向がなかったため,終始相手方代理人との減額交渉を行いました。不貞の相手方が主導的役割を担っていたこと,不貞相手には過去にも不倫経験があったことから,婚姻関係の破綻は相談者様だけにあるといえないということを示唆し,相談者様の経済状況や諸事情を勘案した交渉の結果,請求額は300万円から100万円に減額できました。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

受任当初より,相談者様の不貞の事実については争わず,減額に焦点を絞っていたため,減額を前提に交渉した結果,約3カ月で相手方代理人と合意することができました。相談者様の経済状況や諸事情を勘案しながら,同種判例に沿って交渉できたことが,早期解決につながったものと考えます。

離婚・男女問題の解決事例 3

不貞行為に基づく損害賠償請求額を500万円から100万円まで減額した案件

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は,不貞相手の配偶者から500万円の損害賠償請求をされました。加えて,相手方配偶者は,相談者様の家を訪れ,相談者様の奥様に不貞の事実を大声で伝えるなどしたため,損害賠償額の減額と,相手方配偶者が第三者に不貞の事実を洩らすことを避けたいと,遠方よりご相談を頂きました。

相談後

相談者様が遠方にお住まいであったため,相手方に対する書面で相談者様への直接の連絡,訪問及び,不貞関係について第三者に周知することを厳に控えるよう通知しました。それから,相手方配偶者の行為が,脅迫行為,名誉棄損にあたること,相手方配偶者のDVにより,相手方夫婦関係が破綻していたことも示唆し,減額交渉を行いました。その結果,約4カ月で相手方代理人と合意し,400万円の減額に成功しました,

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

相手方代理人との交渉により,400万円の減額ができただけでなく,相談者様の要望である,口外禁止条項を合意書に加えることができました。また,公正証書で合意書を作成することもでき,相談者様が遠方にお住いであっても,相談者様の意思を確認し,諸般の事情を考慮して相手方代理人と粘り強く交渉することでこのような結果につながったと考えます。

離婚・男女問題の解決事例 4

妻から、一方的に、離婚・生活費・慰謝料の請求をされていた。コミュニケーションが取れなくなっていた妻と、弁護士が夫の代理人として交渉をし夫の利益を考慮した条件で解決。

  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 30代 男性

相談前

1年ほど前から妻との関係が悪化しており、妻の機嫌を伺う日々が続いていた。生活費を渡してはいたが、妻は足りないと言っていた。妻に渡していた家族カードは、毎月の利用額が数十万に及んでいたため、利用できないようにした。
思い通りにならないと、両親に連絡したり、立て続けにメールを送って来たりするので、妻との関係がどうしたら良好になるのかを考え精神的に追い込まれていた。
そうしたところ、突然、妻が代理人を立て、高額の生活費と離婚を請求してきた。

相談後

妻とコミュニケーションが上手くとれないことから、とにかく強い精神的負担を感じていた。弁護士が介入することにより、妻からの執拗な連絡(第三者に対する連絡も含む)は止まり、少しばかり精神的に落ち着く環境を得ることができた。
また、当時者同士では合意に達しなかった生活費についての条件も、調停を通して書面化することができ、納得できる解決に至ることができた。
妻の代理人は、妻の利益のことしか考えないので、自分の見方となってくれる弁護士を就けることは大切だと感じた。
妻から請求されていた高額な慰謝料は、一切認められなかった。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

独りで悩まれず、早期に弁護士に相談いただいたことで、不必要に高額な金銭をしはらうことなく法的に妥当な結論へとつなぎました。
精神的に追い込まれると、適切な判断をすることが難しくなることもございます。代理人を立てる、立てないに関わらず、法的に適切な判断の見通しは持っておいていただくことは良いと思いました。
相談者様は、ご自身に落ち度を感じていたようですが、法的に慰謝料が発生し得る事情はなく、不当な請求であるとして拒むことが出来ました。

離婚・男女問題の解決事例 5

夫婦共有財産を預金していた通帳・カードを勝手に持ち出し、一方的に別居を強行し、生活費を請求する妻と、離婚の成立・貯金半分の返還を実現。

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
依頼主 40代 男性

相談前

結婚後に貯めた夫婦共有財産である数百万の貯金を持っていってしまい、一方的に別居されてしまった。別居中に貯金の大部分を使われてしまった。
離婚には応じてもらえず、その後に生活費(婚姻費用)の支払いうよう求める調停を申し立てられてしまいました。
こっちは貯金がなくなり不安になっているのに、生活費までも支払わなくてはならないかと心苦しい思いでした。

相談後

妻が不貞をしていたことが発覚し、婚姻費用の支払いもせずに済みました。
離婚も成立し、持っていった貯金の約半分を返還頂きました。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

妻が不貞を行っていたことが発覚し、有責配偶者からの婚姻費用請求ということで拒むことが出来ました。また、不貞を指摘したことで、離婚の話を円滑に進めることが出来ました。
預貯金については、夫婦共有財産として財産分与を求めていきました。財産分与の基準時を別居時とすることで、別居時点の預金残高の半分を支払ってもらうことが出来ました。

離婚・男女問題の解決事例 6

離婚条件の交渉を通して、ご依頼者に非常に有利な面会交流の確約を実現

  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 30代 男性

相談前

ある日家に帰ったら、妻も子供もいなくなっていた。
しばらくして自宅に妻の弁護士から離婚を求める通知書が届いた。
離婚や生活費の話し合いもあるが、とにかく子どもに会いたい気持ちは譲れないものだった。

相談後

離婚に応じる条件として、月に最低2回の面会交流と年に1回のお泊りを調停条項に盛り込んでいただくことが出来ました。
通常の面会交流に留まらず、子供の通院時の付き添いもさせてもらうことになりました。当初、離婚は考えていなかったのですが、離婚後も子供と十分に会えることが約束されたため、離婚に応じても良いと考えるようになりました。
養育費の金額も納得いくものです。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

根気強く離婚条件の交渉を続けることで実現した調停条項でした。
ご依頼者様のお子様な対する熱い思いを、充実した面会交流条件につなげることが出来ました。

離婚・男女問題の解決事例 7

音信不通になった相手に、子の認知と養育費の支払いを約束。

  • 養育費
依頼主 20代 女性

相談前

出会い系アプリで知り合った男性との子を妊娠しました。
当初は結婚しようとか子供欲しいと話してたのに、妊娠を告げたら、手の平を返したような態度をとられ、強く中絶を求められた。
出産か中絶かの話合いをする中で、いつの間にかブロックされ、相手とは音信不通になりました。携帯の電話番号は分かっているのでかけてはみたものの、着信拒否されているようでした。
どうしても子供は生みたい、という思いが強く、独りで産み育てていくことを決意しました。
そうであっても、相手には、子の父親として最低限の責任はとってほしいと思い、先生に相談することにしました。

相談後

弁護士に依頼したことで、相手を交渉の場へ連れてくることが出来ました。
調停では、認知も養育費の支払いも認められ、父親としての責任は取ってもらえることとなり良かったです。

小林 芽未弁護士からのコメント

小林 芽未弁護士

携帯電話番号から相手の住所を特定することが出来ました。
認知請求、その後に養育費の支払いを求める調停を申立て、成人するまでの養育費を支払うとの調停条項を結ぶことが出来ました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
S&M法律事務所
所在地
〒101-0045
東京都 千代田区神田鍛冶町3-7-21 天翔神田駅前ビル1001
最寄り駅
・JR「神田」駅から徒歩3分
・東京メトロ銀座線「神田」駅から徒歩4分
・東京メトロ丸の内線「淡路町」駅から徒歩6分
・都営新宿線「小川町」駅から徒歩7分
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5366-5107

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

S&M法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5366-5107

※S&M法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
※打合せ中や裁判所に出廷中など,お電話に出られない場合もあります。その場合には,お手数ですが【メール】でのお問い合わせをお願いいたします。
※携帯、もしくは固定電話【03-5244-4883】から折り返す場合もございます。
設備
完全個室で相談