記事一覧

  • 死刑制度、日弁連は「廃止を」 弁護士5割以上は「存置すべき」、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 5回目は、「死刑存廃」についての結果を紹介する。 ※写真は東京拘置所(iLand / PIXTA)

    続きを見る
    死刑制度、日弁連は「廃止を」 弁護士5割以上は「存置すべき」、弁護士515人が回答
  • パワハラ被害、約5割が法改正でも「変わらない」との見解、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 4回目は、2020年6月に施行された「パワハラ防止法」についての結果を紹介する。 ※写真はイメージ(風見鶏 / PIXTA)

    続きを見る
    パワハラ被害、約5割が法改正でも「変わらない」との見解、弁護士515人が回答
  • 「選択的夫婦別姓がよい」6割超、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 3回目は、選択的夫婦別姓制度についての結果を紹介する。 ※写真はイメージ(Ystudio / PIXTA)

    続きを見る
    「選択的夫婦別姓がよい」6割超、弁護士515人が回答
  • ロックダウン、5割以上が「おこなうべき」、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 2回目は、「ロックダウン」についての結果を紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    ロックダウン、5割以上が「おこなうべき」、弁護士515人が回答
  • 「同性婚の制度が必要」45.8%、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 1回目は、同性婚についての結果を紹介する。 ※写真はイメージ(Ystudio / PIXTA)

    続きを見る
    「同性婚の制度が必要」45.8%、弁護士515人が回答
  • 「報酬が低い」の不満が9割、「手続きが複雑」も多く 法テラスに関するアンケートvol.3

    弁護士ドットコムタイムズでは、全国の弁護士を対象に法テラスとの契約状況や不満点などを尋ねるアンケートを実施し、523人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する(調査実施:2021年6月)。 3回目は、代理援助を利用して受任しようとした際に、取下げを求められた、または不開始決定を受けた経験の有無や、法テラスに対する不満点などを聞いた結果を紹介する。 ※アンケート監修:河内良弁護士(大阪弁護士会)、谷口麻有子弁護士(鳥取県弁護士会)

    続きを見る
    「報酬が低い」の不満が9割、「手続きが複雑」も多く 法テラスに関するアンケートvol.3
  • 法テラスの影響「売上圧迫」が半数弱 「受任件数圧迫」も3割超える 法テラスに関するアンケートvol.2

    弁護士ドットコムタイムズでは、全国の弁護士を対象に法テラスとの契約状況や不満点などを尋ねるアンケートを実施し、523人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する。(調査実施:2021年6月)。 2回目は、1年間に受任する事件数のうち、法テラスの案件が占める割合や、法テラスがあることで、受任件数や売上げが圧迫されていると感じるかなどを聞いた結果を紹介する。 ※アンケート監修:河内良弁護士(大阪弁護士会)、谷口麻有子弁護士(鳥取県弁護士会)

    続きを見る
    法テラスの影響「売上圧迫」が半数弱 「受任件数圧迫」も3割超える 法テラスに関するアンケートvol.2
  • 規制改革推進室が法曹有資格者10人を募集

    内閣府規制改革推進室は、行政手続や医療・教育領域などでのオンライン化などを担当する任期付き職員の募集を始め、7月30日からホームページに募集概要を掲載している。応募資格は、法曹資格を有していて、実務経験が3年以上あることなど。同室の川村尚永参事官は「政策形成がどうなされ、法律をどう執行していくのが理解することができる。法律事務所や民間企業では得られない経験ができる」としている。応募締切は8月30日。雇用期間は今年の11月1日から、2024年3月31日まで。

    続きを見る
    規制改革推進室が法曹有資格者10人を募集
  • 約9割が「民事法律扶助」の契約を経験 法テラスに関するアンケートvol.1

    弁護士ドットコムタイムズでは、全国の弁護士を対象に法テラスとの契約状況や不満点などを尋ねるアンケートを実施し、523人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する。(調査実施:2021年6月)。 1回目は法テラスの「民事法律扶助」の契約状況や、その理由などについての結果を紹介する。 ※アンケート監修:河内良弁護士(大阪弁護士会)、谷口麻有子弁護士(鳥取県弁護士会)

    続きを見る
    約9割が「民事法律扶助」の契約を経験 法テラスに関するアンケートvol.1
  • 弁護士は「社会が与えてくれた資格」罷免から50年…「司法の危機」時代を生きた阪口徳雄弁護士が歩んだ道

    1971年4月5日。23期の司法修習終了式で「任官不採用者に10分だけ話をさせてあげてほしい」と発言するなどしたことを「品位を辱める行状」を理由に罷免され、法曹資格を失った男性がいた。 男性は、2年後の1973年に法曹資格を取り戻し、株主代表訴訟や森友問題などに力を入れてきた。現在は国の公文書の情報公開請求などに取り組んでいる。阪口徳雄弁護士(78歳、大阪弁護士会)だ。 終了式から50年を機に、23期の弁護士有志による「23期・弁護士ネットワーク」は4月、罷免に至った経緯や50年の歩みを綴った書籍「司法はこれでいいのか。」(現代書館)を出版。阪口弁護士も著者の1人として、これまでの取り組みなどを紹介している。 現在、阪口弁護士は、罷免をどう考えているのか。その後、弁護士として、どのように活動してきたのか。話を聞いた。 ※取材は7月3日、オンラインで実施した(写真は阪口徳雄弁護士、2021年7月3日、弁護士ドットコム撮影)。

    続きを見る
    弁護士は「社会が与えてくれた資格」罷免から50年…「司法の危機」時代を生きた阪口徳雄弁護士が歩んだ道
  • 裁判所が国家権力を守る最後の砦になっている 「三権分立なんてありゃしない」  周防正行監督インタビュー 完全版Vol.2

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。2回目は、刑事司法のあり方や、クラウドファンディングの活動、裁判所・裁判官のあり方や、今後の映画製作への思いについて紹介する。

    続きを見る
    裁判所が国家権力を守る最後の砦になっている 「三権分立なんてありゃしない」  周防正行監督インタビュー 完全版Vol.2
  • パパママ弁護士が語る「全国転勤」の苦悩…法テラスの「スタ弁」たちが交流会

    日本司法支援センター(以下、「法テラス」)による「スタッフ弁護士全国経験交流会」が7月9日、オンラインで開催された。 交流会には、育児中の弁護士や、宮古島に赴任している弁護士などが参加。それぞれの取り組みや工夫、苦労したことなどについて語った。 ※写真は、交流会の様子(7月9日、弁護士ドットコム撮影)

    続きを見る
    パパママ弁護士が語る「全国転勤」の苦悩…法テラスの「スタ弁」たちが交流会
  • 不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。1回目は、「それでもボクはやってない」を制作した思いや法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」に参加した際の印象的なエピソードなどを紹介する。

    続きを見る
    不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1
  • 東京ミネルヴァの管財人、広告会社などに支払われた「115億円」の返還求める

    2020年6月に破産手続開始決定を受けた東京ミネルヴァ法律事務所(以下、「東京ミネルヴァ」)の2回目の債権者集会が、7月7日に東京地方裁判所で開かれた。 破産管財人が、実質的に東京ミネルヴァの運営をしていたとみている広告会社や関連会社に支払われた合計115億円について否認を申し立て、不当利得として返還を求める訴訟を起こしたことなどを報告したという。弁護団も、会社の実質的な経営者など個人に対して、損害賠償請求訴訟を提起する方針。 ※会見する被害対策全国弁護団の新里宏二弁護士(左)(7月7日、東京都内、弁護士ドットコム撮影)

    続きを見る
    東京ミネルヴァの管財人、広告会社などに支払われた「115億円」の返還求める