• HOME
  • 裁判官が和解を強制、自白を強要、争点についての根拠条文を知らない…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.1

裁判官が和解を強制、自白を強要、争点についての根拠条文を知らない…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.1

裁判官が和解を強制、自白を強要、争点についての根拠条文を知らない…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.1

裁判官には、事件を適切に処理するために、法的判断能力(法律知識、法的判断に必要な資質・能力)と手続運営能力(裁判手続を合理的に運営するために必要な資質・能力)などが求められている。しかし、裁判所で出会う裁判官の中には、問題がある裁判官も少なからずいる。弁護士たちは、どのような問題がある裁判官に出会ったのか。 弁護士ドットコムタイムズでは、2021年7月3日に全国の弁護士にアンケートを実施し、511人から回答を得た。2021年9月号の雑誌に掲載した「特集:全国の弁護士に聞いた!裁判所で見た『問題がある裁判官』たちー調査結果編ー」を4回にわけて掲載。 1回目は、訴訟指揮や法的判断能力に問題がある裁判官についての結果を紹介する。 ※画像はイメージ(shrimpgraphic / PIXTA)

「訴訟指揮」に問題がある裁判官たち

裁判官には、弁論などの指揮能力、事件全般を円滑に進行させる能力、当事者との意思疎通能力などが求められる。しかし、訴訟指揮に問題がある裁判官と出会った経験を聞いたところ、7割を超えた。

出会った場所は「地方裁判所(本庁)」が43.1%で最多となり、次いで「簡易裁判所」が35.6%、「地方裁判所(支部)」が23.3%となり、下級審に集中した。


「訴訟指揮」に問題がある裁判官の具体的なエピソードを募ったところ、264人から回答が寄せられた。特に目立ったのは「和解を強制する」「記録を読んでいない」「高圧的・威圧的な態度で指揮をする」との意見。一方で、「和解を猛烈に勧めてくる裁判官はいたが、むしろ助かった。問題がある裁判官に出会ったおかげで、有利になったことが何度かある」との声もあった。

以下に、訴訟指揮に問題がある裁判官の実例の一部を紹介する。

・「一方当事者に圧迫的」「一方当事者に明らかに有利な訴訟指揮をする」

・「和解できない理由を相手方に伝えた上で、謝るように言ってきた」「敗訴判決をチラつかせての和解強要」「当方(被告)抜きで、原告と相被告とだけで和解案を詰め、それに反対したら、裁判長が電話をかけてきて、『わざわざ私が和解案をまとめたのに、反対するんですか』と言われた」

・「記録をまともに読んでおらず、期日での会話がかみ合わない」「記録を読んでいないため、主張・立証責任がない方に主張・立証させるような、頓珍漢な訴訟指揮」

・「紛争解決への意欲がないので、ダラダラ裁判が延びる。また、判決日を何度も延期した挙句、和解期日を入れてきた裁判官もいた」

・「裁判員裁判の公判廷で、否認している被告人に対し、『これだけ証拠があるのにまだ否認するのか』といって裁判員の前で自白を強要した」

「法的判断能力」に問題がある裁判官たち

裁判官には、正確で十分な法律知識、証拠を適切に評価する能力などの法的判断能力も求められる。しかし、法的判断能力に問題がある裁判官と出会った経験を聞いたところ、約6割を超えた。

出会った場所は「簡易裁判所」が36.8%で最多。次いで「地方裁判所(本庁)」が25.6%、「地方裁判所(支部)」が16.0%など。


「法的判断能力に問題がある」裁判官について、具体的なエピソードを募ったところ、206人から回答が寄せられた。簡易裁判所については「過去の裁判例を知らない」「和解案の提示や判決のときも、一定の判断をおこなうにあたっての根拠が不明瞭だった」「判決が論理的でない」などの声が寄せられた。また、簡易裁判所以外の裁判所については「要件事実に基づいた事実認定ができていなかった」など、事実認定に問題がある裁判官についてのエピソードも複数寄せられた。以下に、実例の一部を紹介する。

・「和解ありきで法的観点抜きに話を進め、法的根拠を示さず和解案を出した」「法律の根拠のないことがらについて、『大体こんなもの』と独自の見解を述べる」

・「判決の内容が論理的でなく、意味がよく分からない」「損害項目が多かったものの、一部の損害について認定し忘れたとみられる判決が出た」

・「当事者が主張していない事実を判決で認定した。当然、上級審で判断が変わった」

・「(引用した)条文が間違っている」「基本的な判例を忘れている(あるいは知らない)」「労働法を知らない」「争点についての根拠条文を知らなかった」

・「民事訴訟手続の理解が不十分で、その都度休廷しては書記官に相談していた」「要件事実に関する理解不足」

・「専門家A医師が診断基準に則り診断をして証言したにもかかわらず、自ら専門家ではないと証言し、かつ、診断基準を用いなかったB医師の意見を採用」

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。1回目は、簡易裁判所や地方裁判所の裁判官、和解を強要する裁判官、事実認定に問題がある裁判官について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1
  • 「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。1回目は常勤任官の働き方や実務について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真はイメージです(takeuchi masato / PIXTA)

    続きを見る
    「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」
  • 「キレる」「居眠りする」「有罪と決めつける」弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.2

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。2回目は、有罪と決めつける裁判官、キレる裁判官、居眠り裁判官について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    「キレる」「居眠りする」「有罪と決めつける」弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.2
  • 裁判官と交流する?情報収集は?弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.3

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。3回目は、裁判官との交流や、裁判官の情報収集の方法について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    裁判官と交流する?情報収集は?弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.3
  • 不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。1回目は、「それでもボクはやってない」を制作した思いや法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」に参加した際の印象的なエピソードなどを紹介する。

    続きを見る
    不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。