• HOME
  • 裁判官と交流する?情報収集は?弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.3

裁判官と交流する?情報収集は?弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.3

裁判官と交流する?情報収集は?弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.3

「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。3回目は、裁判官との交流や、裁判官の情報収集の方法について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

裁判官との交流の機会やソフトボール大会がある支部も

ーー裁判官と交流する機会はありますか?

D氏裁判官になった同期や大学の先輩、司法試験の勉強サークルで関わった人たちなどと飲み会をすることはありま。ただ、どの程度内情を話してくれるかは個人差があります。オープンに内部事情を教えてくれる裁判官もいる一方、情報をセーブしていると感じる裁判官もいました。内部事情については、裁判所に出入りしている修習生からの情報を大切にしています。

A氏:大阪では、かつて新年会が開かれていたという話を聞いたことがあるのですが、私が弁護士になってからは開催されていないようです。私が所属している弁護士会の法教育委員会では、高校生模擬裁判選手権を開催しているのですが、その際、現職の裁判官や検察官などが採点担当者として参加してくれます。イベント後に開催される高校生も交えた懇親会の中で、裁判官と話をすることはあります。法廷の後や和解の場で、裁判官と話をすることはありますが、事件の話ばかりです。それ以外で交流することはほとんどないんですよね。

B氏:私もA氏と同じように、飲み会などに参加したことはありません。ただ、ある関西の支部にいる友人弁護士に聞いたところ、支部などでは、三庁での飲み会などがおこなわれているそうです。庁の規模が小さく、登録した弁護士の顔と名前がすぐに分かるエリアだと、わりと交流の機会があると聞きます。大阪の場合、特に本庁管内だと、交流の機会はなかなかないかもしれません。

C氏:東京の支部では、三庁でソフトボール大会を開催したり、修習生が研修所に帰る際の壮行会のようなものを開くことはあります。あと、弁護士会の新年会を開催するときは、裁判官や検察官もくるようです。

かつて、関西のある支部に1人でいたときは、裁判官や近くの弁護士と「ちょっと飲みましょう」と個人的に飲みに行くことはありました。やはり小さい支部ですと、仲間意識があるというか、法曹関係者がいないので、少し交流しましょう、という感じになりましたね。

裁判官情報はどのように集める?「対策しても、避けられない」?

ーー裁判官に関する情報はどのように集めていますか?

A氏:民事の場合は、裁判官が誰かということはあまり気にしていません。実際に裁判官の情報収集は難しく、強い先入観を持ったまま事件に入っていくのも良くないと思うので、個人的には情報収集はそんなに必要ないと思います。

B氏:私は経験から割り出しています。賢者は歴史に学び、愚者は経験にのみ学ぶんです。私は経験からしか学べませんので、当たって嫌な思いをした裁判官だけはメモして覚えておくようにしています。問題がある裁判官には「覚えとけよ!」と捨て台詞を吐くわけですが、実際に覚えているのは私の方だという。まあ、対策したからといって、避けられるわけでもないですからね。

C氏:私は新日本法規の裁判官検索で、大体の修習期や今までの経歴、どこの裁判所にいたかなどをチェックしています。裁判官は多くの場合、部総括でなければ約3年、部総括約5年で異動になります。まあ、長くても5年なので、変な人、相性の悪い人に当たってしまった場合、できるだけ期日を伸ばして、次の裁判官に担当してもらえるようにする、くらいでしょうか。

弁護士会でも、裁判官の評価アンケートがたまに回ってくるので、どんなところが問題があるかなどを、熱心に書いています。もっとみんなで評価するシステムを作って、問題がある裁判官に早くいなくなってもらえるようになるといいんじゃないかなと思います。ただ、裁判官としても、自分の生活がかかっているはずですし、弁護士になってすぐ食べていけるわけでもないでしょうから、しがみつきたいという思いはあるでしょう。話が大きくなってしまいますが、裁判官のキャリアパスも考えたうえで、もう少しうまく裁判官が異動できるシステムを作っていかないといけないのではないかと考えています。

D氏:弁護士会の裁判官の評価システムは、いわゆる5段階評価で、たとえば和解の時にお互いの話をよく聞いているか、判決の内容が説得的かなどを、個別に評価するものですよね。項目などは単位会ごとに異なるようですが、個別の裁判官について細かく評価する単位会もあると聞いています。たくさんの弁護士から結果が集まると、やはり統計上平均点が高い裁判官と低い裁判官の差が、結構出てくるんですよね。ただ、平均点の一覧表を載せた会報について、最高裁が「一方的な評価を載せるのはおかしい」と問題視したことをきっかけに、載せなくなった単位会もあると聞いています。

地方の場合、大阪の何十倍、東京の何百倍の確率で、何度も同じ問題がある裁判官に当たってしまうことがあると思います。その場合、地元の弁護士会で、「(問題がある裁判官は)早くどこかに行かせてください」という「栄転決議」をし、地裁などに連絡することがあるようです

【座談会に登場する弁護士】
※以下、本文中ではA〜D氏で表記

A弁護士(大阪弁護士会・57期)
主に刑事裁判で、被告人を最初から有罪と決めつけるなど、問題がある裁判官に何度も出会ってきた。刑事裁判での一番の敵は「裁判官」だと思っている。

B弁護士(大阪弁護士会・61期)
主に離婚に関する事件で、問題がある裁判官に出会ってきた。突然、裁判官にキレられたこともある。居眠り裁判官については、前向きに考えている。

C弁護士(東京弁護士会・57期)
かつては多様な問題がある裁判官に出会ってきたが、最近は会う回数が減ってきた。ただし、事実認定に問題がある裁判官に出会うことはあり、強い問題意識を抱いている。

D弁護士(60期代)
不幸にも、同じ問題がある裁判官に何度も当たってしまった経験を持つ。和解を強要したり、「なんでも有罪」にしたりする裁判官などに出会ったことがある。



  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。1回目は、簡易裁判所や地方裁判所の裁判官、和解を強要する裁判官、事実認定に問題がある裁判官について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1
  • 「キレる」「居眠りする」「有罪と決めつける」弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.2

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。2回目は、有罪と決めつける裁判官、キレる裁判官、居眠り裁判官について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    「キレる」「居眠りする」「有罪と決めつける」弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.2
  • 「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。1回目は常勤任官の働き方や実務について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真はイメージです(takeuchi masato / PIXTA)

    続きを見る
    「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」
  • 弁護士をしながら裁判官に?「非常勤任官」東京弁護士会では約1.5〜2倍の応募

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。非常勤任官制度は2004年、弁護士任官の促進に向けた環境整備や調停手続の充実を目的に創設された。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。2回目は非常勤任官と裁判官の増員について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真は東京家庭裁判所(Caito / PIXTA)

    続きを見る
    弁護士をしながら裁判官に?「非常勤任官」東京弁護士会では約1.5〜2倍の応募
  • 不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。1回目は、「それでもボクはやってない」を制作した思いや法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」に参加した際の印象的なエピソードなどを紹介する。

    続きを見る
    不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。