• HOME
  • 尊敬できるのは、こんな裁判官だ!「リアル家裁の人」「弁護士にも気遣い」…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.3

尊敬できるのは、こんな裁判官だ!「リアル家裁の人」「弁護士にも気遣い」…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.3

尊敬できるのは、こんな裁判官だ!「リアル家裁の人」「弁護士にも気遣い」…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.3

弁護士ドットコムタイムズでは、2021年7月3日に全国の弁護士にアンケートを実施し、511人から回答を得た。2021年9月号の雑誌に掲載した「特集:全国の弁護士に聞いた!裁判所で見た『問題がある裁判官』たちー調査結果編ー」を4回にわけて掲載。 3回目は、尊敬できる裁判官についての結果を紹介する。 ※画像はイメージ(shrimpgraphic / PIXTA)

尊敬できる裁判官「被告人の更生に向けて弁護人以上にあついメッセージを送る」

「尊敬できる人はいない」「裁判のIT化で裁判官も早くAIになればいい」という意見もあったが、問題がある裁判官しかいないわけではない。尊敬できる裁判官について聞いたところ、実名や具体的なエピソードも交えて、177人から回答が寄せられた。

以下に、寄せられた「尊敬できる裁判官の実例」の一部を紹介する。

【当事者に寄り添う裁判官】
「当事者の主張に真摯に耳を傾ける」
「当事者の気持ちに配慮しながら、法的見解を伝えてくれる」

【はるか上をいく】
「代理人が説得できない当事者すら説得してしまう」
「弁護士よりも記録を読み込んできている」
「被告人の更生に向けて弁護人以上にあついメッセージを送る」

【弁護士にも気遣い】
「相手方の主張に法廷内で激昂してしまい、法廷外のベンチに座っていると、裁判官が横に座り、親身に言葉をかけてくれた」
「和解成立時に両代理人をねぎらってくれた」

【説得力と丁寧さ】
「ここまで書かれては仕方ないかと納得するような判決を書く」
「記録を丁寧に読み、論理的な判断をする」
「提出書面を読み込み、双方に偏りのない訴訟指揮をする。本庁の部長は信頼できる方が多い印象がある」

【リアル「家裁の人」】
「少年事件で、家庭裁判所調査官の意見が保護観察相当であったが、少年に丁寧に質問し、あえて不処分とした」

【謙虚な姿勢】
「過払いの時代に、推定計算などをマニアックにおこなっていた時、裁判官が『ついていけていない』と自ら表明。しかし、書面提出のやりとりをしていく中、最終的には、きちんと把握して、立派な判断をされた。上から目線のない、良い裁判官だった」。

尊敬できる「弁護士任官の裁判官」に出会った弁護士も

実名をあげた意見として、「ほとんど検察官の言うとおりになりがちな刑事裁判において、無罪判決を出し、その後も無罪になる」などの理由で「木谷明裁判官」のほか、「いろいろな意見がありますが、権力に屈せず自身の意見を述べることについて戦い続けている態度には敬服する」などの理由で「岡口基一裁判官」の名前があがった。

また、尊敬できる裁判官として「弁護士任官の若い刑事裁判官(名前不明)」をあげた弁護士もいた。理由について、次のようにコメントしている。

「自白事件について、多くの裁判官が形式的な訴訟指揮と定型的な判決に終始するが、被告人に対し、動機や経緯、反省の深さを探ろうと積極的に補充質問をおこなっていた。しかも、決して上からの押し付けではなく、たとえ不合理に思えようと被告人の言い分に耳を傾けようという態度が見られた。判決文でも、定型文ではなく、自分の言葉で善情状と悪情状を整理して書かれており、被告人に対する感銘力もあった」

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 裁判官が和解を強制、自白を強要、争点についての根拠条文を知らない…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.1

    裁判官には、事件を適切に処理するために、法的判断能力(法律知識、法的判断に必要な資質・能力)と手続運営能力(裁判手続を合理的に運営するために必要な資質・能力)などが求められている。しかし、裁判所で出会う裁判官の中には、問題がある裁判官も少なからずいる。弁護士たちは、どのような問題がある裁判官に出会ったのか。 弁護士ドットコムタイムズでは、2021年7月3日に全国の弁護士にアンケートを実施し、511人から回答を得た。2021年9月号の雑誌に掲載した「特集:全国の弁護士に聞いた!裁判所で見た『問題がある裁判官』たちー調査結果編ー」を4回にわけて掲載。 1回目は、訴訟指揮や法的判断能力に問題がある裁判官についての結果を紹介する。 ※画像はイメージ(shrimpgraphic / PIXTA)

    続きを見る
    裁判官が和解を強制、自白を強要、争点についての根拠条文を知らない…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.1
  • 裁判官の問題行動「明らかに酩酊した様子」「尋問中ずっと眠っていた」…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.2

    裁判官には、公平さ、寛容さや自制心などの資質や能力なども求められている。ところが、一般的に求められる能力が備わっていないどころか、問題行動をする裁判官を見た弁護士たちもいた。弁護士たちが出会ったのは、どのような裁判官だったのか。 弁護士ドットコムタイムズでは、2021年7月3日に全国の弁護士にアンケートを実施し、511人から回答を得た。2021年9月号の雑誌に掲載した「特集:全国の弁護士に聞いた!裁判所で見た『問題がある裁判官』たちー調査結果編ー」を4回にわけて掲載。 2回目は、裁判官の問題行動についての結果を紹介する。 ※画像はイメージ(shrimpgraphic / PIXTA)

    続きを見る
    裁判官の問題行動「明らかに酩酊した様子」「尋問中ずっと眠っていた」…全国の弁護士に聞いた!「問題がある裁判官」たちVol.2
  • 不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。1回目は、「それでもボクはやってない」を制作した思いや法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」に参加した際の印象的なエピソードなどを紹介する。

    続きを見る
    不快な思いで映画館を出てもらう必要があった 周防正行監督インタビュー 完全版Vol.1
  • 「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。1回目は常勤任官の働き方や実務について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真はイメージです(takeuchi masato / PIXTA)

    続きを見る
    「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」
  • 弁護士をしながら裁判官に?「非常勤任官」東京弁護士会では約1.5〜2倍の応募

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。非常勤任官制度は2004年、弁護士任官の促進に向けた環境整備や調停手続の充実を目的に創設された。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。2回目は非常勤任官と裁判官の増員について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真は東京家庭裁判所(Caito / PIXTA)

    続きを見る
    弁護士をしながら裁判官に?「非常勤任官」東京弁護士会では約1.5〜2倍の応募

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。