現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
橋本 友紀子弁護士

( はしもと ゆきこ ) 橋本 友紀子

小原総合法律事務所

現在営業中 09:30 - 19:00

遺産相続

分野を変更する
◆初回相談30分無料※◆相続事件の経験豊富◆事前のご相談で防げる紛争も多くありますので、相続を考え始めたら弁護士へのご相談をご検討ください。
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

初回相談は30分無料※です。まずはご相談ください。
 ※ご自身の相談について、
 ※平日19時までのご相談が対象です。

〜ご家族の問題だからといって抱え込んではいませんか?〜

相続は、身近な関係の中で起きる問題だからこそ、時にこじれてしまうことも少なくありません。弁護士に相談するのは紛争になってから、とお考えの方も多いと思いますが、事前にご相談いただくことで防げる紛争は多くあります。相続を考え始められたら、お気軽にご相談ください。

法的なサービスを提供することはもちろんですが、相続の問題で精神的な負担を感じておられる相談者、依頼者の方が各々の問題を乗り越えられるように、丁寧にお話をお伺いし、寄り添って一緒に解決を目指します。

◆お寄せいただく相談例
・自分の死亡後に子供たちがもめないように、きちんと決めておきたい。
・故人の口座から、多額の出金があり、どこにいったかわからない。
・遺産分割調停が申し立てられた。

◆重点取り扱い案件
・遺産分割協議、調停、審判
・遺留分侵害額請求
・遺言書作成
・遺言執行
・生前対策
・成年後見

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相続問題における強み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆多様なケースの相続問題に対応可能
遺産分割のみならず、遺留分侵害請求や不当利得返還請求といった事案も経験が豊富にあります。

◆負担を最小限にする方法を検討
相続は、ご家族の問題でもありますので、今後の関係性なども踏まえて検討を進めていく必要がありますが、まずは一人の人間として丁寧にお客様のお話をお伺いした上で、弁護士として何ができるか考えるようにしております。

◆依頼者の方に寄り添った対応
これまでに対応した相続案件では、丁寧なヒアリングと依頼者の方に寄り添った対応を心がけてきましたので、「先生に相談してよかった」といった評価のお言葉を頂戴しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小原総合法律事務所が選ばれる理由
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】柔軟な相談体制
土曜日や平日夜間21時までのご相談に対応可能です。お仕事で忙しい方にもご相談に来ていただきやすくしておりますので、まずは一度お問い合わせください。

【2】バリアフリー対応
当事務所はエレベーター完備ですので、車椅子でのご来所にも対応可能です。安心してご相談にお越しください。

【3】明確な料金体系
費用に不安をお持ちの方も多いため、事務所ホームページに基本の着手金、報酬のみならず、経済的利益に対する報酬を明記しております。

【4】初回に十分なヒアリングを実施
ご希望の方には、相談がより的確で充実したものになるように、事務所ホームページに相談票を用意し、初回相談前に送っていただいております。

【5】在籍している2名の弁護士の知見を合わせます
「男性弁護士のほうが心強い」「女性弁護士のほうが話しやすい」など、依頼者の方のご希望に応じて、男性・女性弁護士をお選びいただけますので、お電話いただいた際にご希望があればお申し付けください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
遠州鉄道 「遠州病院駅」から徒歩3分

■事務所ホームページ
https://oharasogo.jp/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
初回相談は30分無料※、超過分を10分単位で精算
 ※ご自身の相談について、
 ※平日19時までのご相談が対象です。
着手金 22万円~
報酬金 遺産分割協議事件   66万円~
遺留分侵害額請求事件 55万円~
不当利得返還請求事件 44万円~
備考 手続きによって異なります。事務所ホームページをご確認ください。
https://oharasogo.jp/price/#service01
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

亡くなったことも知らなかった叔父の負債の支払いを求められました

  • 相続放棄
依頼主 50代 男性

相談前

Aさんのところに、10年以上前から音信不通になっている叔父の未払いの税金の支払いを求める手紙が届きました。叔父は、2年前に亡くなり、相続人もいなかったため、Aさんが相続人になっているということでした。相続放棄は死亡後3か月以内にしなければならないと聞いて不安になったAさんは、ご相談に来られました。

相談後

相続放棄は相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと民法に定められています。弁護士は、Aさんが叔父さんの亡くなったことを知った日を相続の開始があったことを知った日として、その3か月以内になるように裁判所に相続放棄の申立を行いました。相続があったことを知った日を証明するために、事情を説明する上申書と添付資料を提出した結果、無事に相続放棄が認められ、Aさんは支払う必要がなくなりました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

知らないうちに相続人になっていて、債務の返済を求められた場合、Aさんのように、相続放棄をして解決することができる場合があります。しかし、対応の仕方を間違えると、本来であれば相続放棄ができたのに、単純承認となり相続放棄ができなくなる場合があります。債務の返済について回答をする前に、弁護士に相談することをお勧めいたします。

遺産相続の解決事例 2

兄が亡くなった母の財産を教えてくれません

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 女性

相談前

Aさんの母親が亡くなりました。Aさんの母親は、Aさんとは別の都道府県の介護施設に入っていました。Aさんの母親の財産は、Aさんの兄が管理していました。数年前、Aさんは、Aさんの母親を自宅で介護したいと兄に申し出ましたが、Aさんの兄は、Aさんの申し出を断っていました。この度、Aさんの母親が亡くなってAさんが兄に相続の話をしたところ、「介護にお金がかかったので財産はほとんど残っていない。」と言われ、年金が振込まれる通帳しか見せてもらえませんでした。

相談後

弁護士は、Aさんの依頼を受けて、金融機関にAさんの母親の預金口座の有無及び取引履歴を照会しました。Aさんの母親の口座からは、死亡前10年間で、7000万円以上の引き出しがあり、引き出した後の使途がわからないことがわかりました。弁護士は、遺産分割調停と不当利得返還請求訴訟を提起し、Aさんの兄に7000万円以上の使途を追求するとともにAさんの相続分の支払いを求めました。Aさんの兄は、引き出した金の一部は母のために使い、残りは母から贈与を受けたので一切渡さないと主張しました。弁護士は、Aさんの母親が入っていた施設の利用料金や医療費、母の介護の資料などを取り寄せ、母のためにかかった費用を調査しました。また、Aさんの母親がAさんの兄に多額の贈与をする動機がないこと、兄の説明には不自然な点が多いことなどを主張しました。裁判では、裁判官から、兄に対する贈与は認めない内容で、兄からAさんに一定額を支払う内容の提案があり、和解で解決しました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

Aさんのように、お亡くなりになった方の財産の状況がわからない場合、金融機関に照会することができます。ご自身で照会することも可能ですが、必要書類をそろえたり、届いた書類の内容を確認したりするのは、専門家に依頼すると安心です。また、Aさんの不当利得の裁判では、Aさんの兄が自己に不利な証拠を出してこない中、母親のために使った費用を調査したり、贈与であれば本来あるはずの書類や手続きがないことを指摘するなど、戦略的に裁判官を説得し、結果として贈与を認めない内容で和解できました。

遺産相続の解決事例 3

多数の不動産が絡む相続案件

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

Aさんの父親は、自宅のほかに、宅地、貸駐車場、田、畑など不動産を多数所有していました。Aさんの父親が亡くなり、Aさんの父親名義の財産を、Aさんの母、Aさんの兄弟で分けることになりました。

相談後

依頼を受けた弁護士は、土地の価値を把握するため、現地をまわって状況を確認したほか、不動産鑑定士と相談をして土地の利用価値を含めた適正な金額を検討し、遺産分割調停にて主張しました。相続税評価額では評価しきれない不動産の利用価値を含めた評価額を主張したことで、Aさんの相続額も増えました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

不動産の価値の評価は難しく、評価方法によって金額に大きな差が出ます。不動産の評価を適正に行うことは、遺産分割を満足のいく形で解決するために不可欠です。少しでも迷うことやわからないことがある場合には、お気軽に弁護士にご相談ください。

借金・債務整理

分野を変更する
◆初回相談30分無料※◆経済的再生をサポートします◆目の前の借金問題を解決するだけでなく、今後はどうすべきなのかといった長期的視野に立ったアドバイスを行います。
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

初回相談は30分無料です。まずはご相談ください。
 ※ご自身の債務整理について
 ※平日19時までのご相談が対象です。

〜借金問題をお一人で抱え込んでいませんか?〜

借金を抱えているということは、なかなか人には相談しづらいものです。その結果、ご自身でなんとかしようと頑張ってしまう方が多くいらっしゃいますが、気づいた時には悪循環に陥っていたりします。そうなる前に、一度弁護士へのご相談をご検討ください。

法的なサービスを提供することはもちろんですが、借金の問題で精神的な負担を感じておられる相談者、依頼者の方が各々の問題を乗り越えられるように、丁寧にお話をお伺いし、寄り添って一緒に解決を目指します。

◆お寄せいただく相談例
・破産をすると資格制限になるため破産できないが、借金が返せないのでどうしたらいいか。
・ギャンブルで借金が膨らみ、自力では返せなくなった。
・景気の悪化で債務が返済できなくなったが、家を残したい。
・元夫の住宅ローンの連帯保証人になっていた。夫が破産し自分に請求が来たが払えない。
・会社の借金が払えず、法人破産を考えている。

◆重点取り扱い案件
・個人の破産
・個人再生
・法人破産
・過払い金返還請求
・任意整理
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
借金問題における強み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆多様なケースの借金問題に対応可能
過払い金返還請求から法人破産まで様々なご相談に対応してまりました。そのため、手続き選択の段階から経験を踏まえた確かな見通しで、ベストな選択ができるようにいたします。また、給与差押中の個人再生など、迅速な対応が必要な分野も対応可能です。

◆業者の言いなりになることはありません
過払金の訴訟も経験豊富ですので、業者の言いなりになるのではなく、少しでも高額の回収を目指して対応してまいります。

◆経済的再生を支援します
破産や個人再生の決定が出ることがゴールではなく、その後に依頼者の方が経済的再生をして再び自立できるように常に考えてアドバイスさせていただいております。毎月の家計簿を確認したりしながら、改善できるところから少しずつ着手していきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小原総合法律事務所が選ばれる理由
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】柔軟な相談体制
土曜日や毎週水曜日夜間21時までのご相談に対応可能です。お仕事で忙しい方にもご相談に来ていただきやすくしておりますので、まずは一度お問い合わせください。

【2】バリアフリー対応
当事務所はエレベーター完備ですので、車椅子でのご来所にも対応可能です。安心してご相談にお越しください。

【3】明確な料金体系
費用に不安をお持ちの方も多いため、事務所ホームページに基本の着手金、報酬のみならず、経済的利益に対する報酬を明記しております。

【4】初回に十分なヒアリングを実施
ご希望の方には、相談がより的確で充実したものになるように、事務所ホームページに相談票を用意し、初回相談前に送っていただいております。

【5】在籍している2名の弁護士の知見を合わせます
「男性弁護士のほうが心強い」「女性弁護士のほうが話しやすい」など、依頼者の方のご希望に応じて、男性・女性弁護士をお選びいただけますので、お電話いただいた際にご希望があればお申し付けください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
遠州鉄道 「遠州病院駅」から徒歩3分

■事務所ホームページ
https://oharasogo.jp/

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
初回相談30分無料※、その後10分単位で精算
※平日19時までの相談が対象です。
着手金 任意整理 3万3,000円〜(税込)
自己破産 33万円~(税込)
個人再生 33万円~(税込)
法人破産 66万円~(税込)
報酬金 任意整理 2万2,000円〜(税込)
自己破産 0円~
個人再生 16万5000円(税込)~
法人破産 0円
備考欄 手続によって費用が異なりますので、詳しくは事務所ホームページをご確認ください。
https://oharasogo.jp/price/#service04
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

給料を差押えられてしまいましたが、資格を生かした仕事をしているので、破産できません

  • 個人再生
依頼主 50代 男性

相談前

Aさんは、営業職で歩合制で給料をもらっていました。Aさんは、営業の成績が悪かった月の生活費や、子供の学費、営業のための飲み代などのために借金を繰り返すようになりました。しばらくは借りては返すの自転車操業を続けていましたが、とうとう借金を返せなくなり、債権者から裁判を起こされて、給料の差し押さえをされてしまいました。Aさんは、給料が差し押さえられた状態では、生活が成り立たないことから、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

Aさんは、資格を生かした仕事をしていました。Aさんの資格は、破産すると資格制限の対象となって一時的に仕事ができなくなります。そこで、破産ではなく、資格制限の対象とならない個人再生の手続きを選択しました。その上で、給料の差し押さえを一刻も早く止めるため、速やかに書類を用意して個人再生の申立を行うとともに、裁判所に給料の差し押さえの中止を求める申し立てをしました。個人再生の手続きは、裁判所に申立をしてから3か月程度かかりますが、個人再生の申立と同時に給料の差し押さえの中止を求める申し立てをしていたため、すぐに給料の差し押さえは止まり、個人再生手続きが終わった段階で、会社から満額を支払ってもらうことができました。また、個人再生の手続きを選択したことで、資格制限を受けることもなく、仕事を続けることができました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

個人再生の場合、裁判所に申立をしても、給料の差し押さえが自動的に止まることはありません。給料の差し押さえを止めるためには、早期に申立をして、給料の差し押さえの中止を求める申し立てをする必要があります。個人再生の申立が遅くなったり、給料の差し押さえの中止を求める申し立てが遅くなったりすると、給料の差し押さえは続いてしまいます。給料の差し押さえを一刻も早く停止し、生活を立て直すためには、経験豊富で相談時から的確な見通しをもって対応できる弁護士に相談することが重要だと思います。

借金・債務整理の解決事例 2

会社を経営していますが、借金がかさみ、これ以上経営できません

依頼主 60代 男性

相談前

Aさんは、不動産業を営んでいました。Aさんは、取引先の破産により資金繰りが悪化し、人件費を削減したり、新たな顧客を開拓したりしましたが、経営はうまくいかず、最終的に個人の資産を会社に投入したものの会社の経営を立て直すことはできなくなり破産を決意して相談に来られました。

相談後

Aさんの会社の取引先に破産のことが知れると、Aさんの会社が荒らされたり、財産的な価値のあるものを持ち出されたりする恐れがあったため、破産の準備は密航性をもって行いました。必要な書類を準備し、会社の事務所から貴重品を出して事務所を閉鎖し保全した上で、契約から1週間の速さで裁判所に破産を申し立てました。裁判所ではすぐに破産管財人が選任され会社の財産を現金化し、大きな混乱もなく会社の破産は終了しました。また、裁判所に破産を申し立てたことにより、従業員の給料も、立替払い制度を利用して80パーセントを支払うことができました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

法人破産では、混乱を招かないように、破産を秘密裏に準備する必要があるケースもありますし、会社の入金出金日に応じて、業務を停止する日も計画的に決める必要がありますので、弁護士に相談しながら進めると安心です。また、従業員の給料は、裁判所に破産を申し立てた場合、国の立替払い制度を利用して、80パーセントまでを支払ってもらうことが可能な場合があります。一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 3

家を残したいのですが、借金が返せません

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

Aさんは、営業職のサラリーマンでした。住宅ローンを組んで念願のマイホームを購入し、妻と子供たちと一緒に生活していました。Aさんは営業職だったので、営業成績が悪いと毎月の給料も下がります。Aさんは、給料が少ない月も、妻には本当のこと(営業成績が悪くて今月の給料が少ないこと)は言えず、妻には隠れて借金をしたお金を妻に生活費として渡していました。しかし、景気の悪化を受けて営業成績は悪い月が続き、住宅ローンと子供たちの教育費と十分な生活費を給料から賄うことができず、借金は膨らんでいきました。加えてAさんは、パチンコであたりを出せば借金の返済もできると思い、休日はずっとパチンコをするようになりました。しかし、パチンコで大当たりすることはなく、パチンコ代も借金になっていきました。Aさんは、借りて返してを繰り返していましたが、とうとう期限までにお金を返せなくなり、自宅に業者から返済を求める手紙が届きました。その手紙を見て、妻は借金を知りました。Aさんの妻は、借金に驚いて怒り、夫婦そろって弁護士に相談に来られました。

相談後

住宅を残したいというご希望があったこと、借金の中にパチンコ代があったことから、個人再生を選択しました。Aさんの妻は、当初怒っていましたが、方針を説明して住宅を残せることがわかってからは、協力してくれることになりました。そこで、Aさんの妻には、毎月家計簿をつけること、パートに出て生活費の一部を稼ぐことをお願いしました。個人再生申し立てをして、返済すべき金額を5分の1にすることができました。それにより、Aさんは、子供たちの生活環境を変えることなく、家を残したまま、会社の給料と妻のパート代の範囲で生活できるようになりました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

破産の場合、基本的に自宅は残せませんが、個人再生であれば、住宅ローンのある自宅も残すことができる場合があります。Aさんは、個人再生を選択することで、自宅を残しました。破産や個人再生をする場合、妻の協力も不可欠です。当初、Aさんの妻は借金を隠していたことに怒っていました。しかし、法律事務所に一緒に来ていただき、丁寧に説明をしたところ、最終的には協力的になり、家計簿をつけたり、パートに出たりして家計を支えてくれました。

離婚・男女問題

分野を変更する
◆初回相談30分無料※◆400件以上の相談対応◆男女問題や離婚は、ご相談いただくことで紛争を防げるものもありますので、少しでもお悩みの場合はご相談ください。
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所
小原総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

初回相談は30分無料です※。まずはご相談ください。
 ※ご自身の相談について、
 ※平日19時までのご相談が対象です。

〜これからのことを一人で悩んでいませんか?〜

離婚や男女問題は、感情面だけでなく、お金のことや子供のことなど、複数の要素が問題を複雑にしていることも少なくありません。なかなか人には話しづらい側面もありますので、弁護士に相談するのは紛争になってから、とお考えの方も多いと思いますが、事前にご相談いただくことで防げる紛争は多くあります。男女問題、離婚を考え始められたら、お気軽にご相談ください。

法的なサービスを提供することはもちろんですが、離婚問題や男女問題で精神的な負担を感じておられる相談者、依頼者の方が各々の問題を乗り越えられるように、丁寧にお話をお伺いし、寄り添って一緒に解決を目指します。

◆お寄せいただく相談例
・離婚の話し合いの前にやっておくべきこと、知っておくべきことはなんですか。
・離婚を考えているが生活のことが心配。婚姻費用や養育費について知りたい。
・慰謝料を請求したい。SNSのメッセージのやり取りは証拠になるか。
・夫の介護は無理。退職金が出たら離婚したい。
・年金受給中でも離婚時年金分割はできますか。

◆重点取り扱い案件
・婚姻費用請求
・養育費請求
・財産分与
・慰謝料請求

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
離婚・男女問題における強み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆解決実績・相談実績共に豊富
これまで、400件以上の離婚のご相談に対応し、ご依頼いただいた100件以上の案件を解決してきました。
経験に裏打ちされた確実な見通しを立てて、事件を進めることが可能です。

◆小さな声も見逃しません
小さなお子様がいらっしゃる方からのご相談では、夫婦関係の問題の当事者ではないものの、必ず巻き込まれるお子様にとって、良い解決が何かを考えるようにしております。

◆依頼者の方に寄り添った対応
これまでに対応した離婚案件では、丁寧なヒアリングと依頼者の方に寄り添った対応を心がけてきましたので、「先生に相談してよかった」といった評価のお言葉を頂戴しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小原総合法律事務所が選ばれる理由
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】柔軟な相談体制
平日昼間のほか、土曜日や平日夜間20時までのご相談に対応可能です。お仕事で忙しい方にもご相談に来ていただきやすくしておりますので、まずは一度お問い合わせください。

【2】バリアフリー対応
当事務所はエレベーター完備ですので、車椅子でのご来所にも対応可能です。安心してご相談にお越しください。

【3】明確な料金体系
費用に不安をお持ちの方も多いため、事務所ホームページに基本の着手金、報酬のみならず、経済的利益に対する報酬を明記しております。

【4】初回に十分なヒアリングを実施
ご希望の方には、相談がより的確で充実したものになるように、事務所ホームページに相談票を用意し、初回相談前にお送りしていただいております。

【5】在籍している2名の弁護士の知見を合わせます
「男性弁護士のほうが心強い」「女性弁護士のほうが話しやすい」など、依頼者の方のご希望に応じて、男性・女性弁護士をお選びいただけますので、お電話いただいた際にご希望があればお申し付けください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
遠州鉄道 「遠州病院駅」から徒歩3分

■事務所ホームページ
https://oharasogo.jp/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
初回30分無料、その後10分単位で精算
着手金 33万円〜(税込)
報酬金 33万円〜(税込)
日当 詳細は相談時にお問い合わせください
備考 加算事由がございます。詳細は、相談時にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

株式や不動産など財産が多岐にわたるご夫婦の裁判離婚

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 60代 女性

相談前

Aさんは、突然夫が出ていき、夫の弁護士から受任通知が届いたため、ご相談にいらっしゃいました。Aさんの夫は、10年ほど前に大病を患いました。Aさんは献身的に看病し、その甲斐あって現在では元気に現役で働いていました。しかし、突然、Aさんの夫は、「性格が合わない。日々が苦痛。離婚したほうがお互いのため」と言って、身の回りのものをまとめて家を出ていきました。夫が出て行って数日後、弁護士から離婚を求める内容の通知が届きました。Aさんは、驚いて相談にいらっしゃいました。

相談後

Aさんには、突然の離婚要求について心当たりがないということでした。しかし、調べてみると、夫は浮気をしていたことがわかりました。Aさんの夫は、離婚を求めて裁判所に離婚調停を申し立てましたが、Aさんは離婚に応じず、離婚裁判になりました。離婚裁判では、①夫からの離婚の要求は認められるのか、②離婚する場合に財産の分け方と慰謝料をどうするのか、が主な争点となりました。Aさんは、夫の浮気を突き止めて証拠も持っていたため、夫は有責配偶者となりました。そのため、財産分与と慰謝料について、Aさんが話し合いを有利に進めることができ、結果としてAさんに大変有利な条件で和解離婚することができました。Aさん夫婦の財産は、株や不動産など多岐にわたっていた上、ほとんどを夫が管理していため、弁護士が財産について細かく調査し、その価値や位置づけについて主張し、交渉しました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

Aさんは、夫の浮気を突き止めたことで離婚の交渉を有利に進めることができました。弁護士が財産について細かく調査し、主張したことで、Aさんが夫から知らされていなかった財産も見つけることができ、財産分与もきちんともらうことができました。

離婚・男女問題の解決事例 2

不倫した夫から離婚を求められた妻が、離婚せず、婚姻費用をもらいながら、子供たちを大学に進学させることができた事案

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 離婚回避
依頼主 50代 女性

相談前

Aさんは、不倫した夫から、離婚協議書を突き付けられ、離婚に応じて家を出るよう日々迫られていた。Aさんの夫は、Aさんとの話し合いで、自分が提案する離婚条件がAさんに非常に有利な内容であると主張し、今すぐ離婚に応じなければ裁判所で調停や裁判をすると毎日Aさんに迫った。Aさんは、夫の不倫にうすうす気づきながらも、確たる証拠をつかめずにいた。Aさんは、自宅に住み続けて子供たちを大学に進学させたいという希望があった。Aさんは、離婚に応じるべきか、離婚に応じても子供たちを大学に進学させることができるかわからず、毎日の夫との話し合いに疲れ果て、法律相談に訪れた。

相談後

弁護士はAさんに、慰謝料請求に必要な不倫の証拠について説明し、Aさんは証拠をつかんだ。また弁護士はAさんに不倫をした夫からの離婚請求は認められるのが難しいこと、離婚していない場合でも生活費として婚姻費用がもらえることを説明し、Aさんを安心させた。Aさんは、離婚はせずに婚姻費用をもらいながら自宅で子供たちを大学に進学させることにした。Aさんの夫は、婚姻費用を支払わなかったため、裁判所で話し合いを行った。Aさんの夫はそれでも子供たちの大学の進学費用は負担しないと言い続けたため、最終的には審判で裁判官に、子供たちの大学の費用も含めた金額の婚姻費用を決めてもらった。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

配偶者が不倫をしていること知ったショックは相当大きいものです。その状況で、離婚を求められ、離婚に応じるか、条件をどうするかを考えるのは、とても大変なことです。Aさんは、離婚に応じるかどうかの返事をする前に弁護士に相談に来られたため、Aさんの夫と交渉して離婚に応じるか、離婚に応じずに婚姻費用をもらいながら生活するかを選ぶことができました。また、Aさんは、弁護士に依頼して、裁判所で調停、審判を行い、通常の婚姻費用に学費の加算を求めて認められたことから、希望通りの婚姻費用をもらい、子供たちを大学へ進学させることができました。

離婚・男女問題の解決事例 3

不倫相手の妻から慰謝料を請求されました

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

Aさんは、職場の上司と肉体関係を持ちました。上司の妻にそのことがバレて、上司の妻の弁護士から慰謝料を請求する内容の内容証明郵便が届きました。Aさんは、不倫をしたことについては申し訳ないと思いましたが、上司の妻の請求してきた金額は高すぎて払えなかったこと、上司の妻の弁護士から電話がかかってきて、その対応をする精神的苦痛が大きくなったことから、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

弁護士は、Aさんに慰謝料の相場をお伝えしました。その上で、受任して、代理人となれば、連絡はすべて弁護士が受けて、Aさんが対応する必要はなくなることを伝えAさんは弁護士に依頼しました。弁護士は、Aさんから依頼を受けてすぐに受任通知を出して窓口を弁護士にし、Aさんのケースでの相場金額になるように、相手の弁護士と交渉し、1か月で和解を成立させました。Aさんは、自分で対応する苦痛から解放され、スピーディーに相場通りの慰謝料を支払って事件を解決することができました。

橋本 友紀子弁護士からのコメント

橋本 友紀子弁護士

慰謝料には相場があります。また、直接交渉するのが大変な場合に、代理人をつけると楽になることもあります。まずはご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
小原総合法律事務所
所在地
〒430-0929
静岡県 浜松市中区中央1-2-1 イーステージ浜松オフィス3階
最寄り駅
遠州鉄道 遠州病院駅(徒歩3分)
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
  • 土曜09:30 - 12:00
定休日
日,祝
備考
平日および土曜日(午前中)にお電話でのご予約を受け付けております。
メールフォームからは24時間受付、翌営業日までにご連絡いたします。
対応地域

関東

  • 神奈川

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 三重
  • 岐阜
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5265-1742

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 19:00

橋本 友紀子弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1742
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
  • 土曜09:30 - 12:00
定休日
日,祝
備考
平日および土曜日(午前中)にお電話でのご予約を受け付けております。
メールフォームからは24時間受付、翌営業日までにご連絡いたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。