現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
竹内 綱己弁護士

( たけうち つなき ) 竹内 綱己

静岡葵法律事務所

犯罪・刑事事件

分野を変更する
刑事弁護の実績多数の弁護士が専門性の高いサービス提供します。
フットワーク軽く、迅速丁寧に対応致しますのでまずはご相談ください。
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【刑事事件専門サイト】
http://law-office-s1.akibare.ne.jp
私は弁護士登録依頼、刑事弁護に特に力を入れて取り組んできました。
報道された事件も多く取り扱っています。
警察・検察のような圧倒的な力を持った捜査機関と対等に対峙するためには、毅然と闘える弁護士が必要です。
私は、依頼者のためにしっかり闘うことを特に肝に銘じて仕事をしております。
私は仕事には妥協はしません。徹底してあなたをお守り致します。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料です。
着手金 着手金は20万円(税別)からご案内しております。
ただ、特に簡易な事件では着手金0円としたり、裁判員裁判等では料金は変わってきますので、まずはご相談ください。
成功報酬 事案によって異なりますが成功報酬も20万円からご案内しております。
費用の種類 着手金には捜査段階の着手金、起訴後の着手金があります。
成功報酬には、不起訴、無罪、執行猶予、罰金、勾留阻止、保釈等の成功報酬があります。

ご契約前に細かくご説明をしますので、安心してお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(12件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【傷害事件】【被害者複数】【示談して不起訴】傷害事件で被害者と示談して不起訴になった事案です

  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

傷害事件のご相談ということしか分からない状態だったので、ご相談後に詳しい弁護方針を示すことにしました。

相談後

行きずりの相手から無理由に喧嘩を売られた依頼者(プロボクサー)が,一緒にいた友人に手を出され,自分にも強度の暴行が来たために思わず手を出してしまったという事案です。正当防衛状況ではありますが,ボクサーの場合,手を出した瞬間に則過剰防衛(有罪)となってしまうため,示談がなければ起訴が確定ししまう事案でした。
 この事件の特質は,被害者は依頼者と共通の知人がおり,依頼者をプロボクサーと知っていた疑いがあり,分かっていて挑発してきた可能性があるという点です。
 依頼者は逮捕勾留されましたが,起訴されれば問答無用でライセンス剥奪となって依頼者の全てが失われるといっても過言ではなく,不起訴が絶対条件の事件でした。つまり,相手方と示談できなければ終わりということです。
 勾留期間は20日であり,時間的猶予がないなか相手と交渉を開始したところ,案の定加害者がプロボクサーであることを逆手にとって,極めて法外な示談金の提示があり,とても払えない金額でした。
 一つの選択肢としては,依頼者の人生と引き替えであると考えれば,お金をなんとか用意すると言う方法もありました。それは解決としては簡単ですが,しかし法律家が法外な示談金に屈するというのは間違っていると考え,私は同じ法律家である検察官と交渉をする方法を選びました。
 幸い被害者は,4人該当者がいるなかで一人分しか被害届を出していなかったという幸運もあったので,検察官に被害者との交渉の実情を話しつつ,とりあえず,被疑事実記載(通常実際の傷害より軽めにかかれる)の傷害の程度から相当といえる被害弁済金を用意し,これを供託するので起訴猶予で一旦釈放して貰うように検察官と交渉をしました。
 何度か交渉をするなかで,検察官も捜査の過程で喧嘩両成敗的側面(つまり被害者側が先に手を出した)を捜査の過程で把握し,またこちらの実情を理解してくれ,起訴猶予ではなく不起訴(事件終了)にしてくれることを暗黙で了承してくれたために,晴れて被害者は不起訴となって釈放されました。釈放されれば時間的猶予が出来,相手方に足下をみられにくくなります。
 ただ被害者は,時期をずらして他3名の被害届を出していたために在宅捜査として継続したため,そこから残りの被害者と更に示談交渉を開始しました。
 私としては,法律家として,不当請求には屈しないというスタイルで望み,場合によって民事裁判による適正額の確定も考えているとして相手の過剰な要求を拒みました。最終的に,相手が折れて,全ての者と示談ができました。相手は骨折もしており,後遺症の可能性もあっため,場合によっては数千万円の賠償もあり得た事案でしたが,相当低額な示談金で示談が出来たため,債権債務を精算するとともに,残りの事件の示談も果たしました。
 結局被害者全員に対して不起訴と確定したため,ライセンスは剥奪されないこととなり,依頼者は復帰戦も果たし,今も現役続行中です。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

この事案では,刑事事件におけるセオリーともいえる,加害行為即高額でもいいから示談という簡単な選択肢ではなく,法律家として法律家(検察官)と交渉をする選択したということが奏功していますが,法律家は常に依頼者にとっての最大限を考える必要があると改めて自覚できた事案です。
 プロボクサーを依頼者が継続できたことは,文字通り人生を救ったと実感できる事実であり,この点で,正しい道を選択したと自負するとともに,弁護士は常に正しい道を考え続けなければならないと,ある種の戒めを感じた事件でした。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

【恐喝事件】【黙秘&示談】【不起訴】恐喝事件で黙秘権を行使しつつ示談をして不起訴になった事案

  • 加害者

相談前

以前依頼を受けた方の友人の恐喝事件のご相談ということしか分からない状態だったので、接見後に詳しい弁護方針を示すこととしました。

相談後

いわゆる不良として警察から目を付けられていた青年の恐喝事件です。単純には示談をして不起訴となったという事件ですが,この事件では,警察官が余罪を狙っていた節があったため,警察官の不当な誘導や圧力に屈しないように適正に黙秘権を行使するように依頼者に助言をして被害者と交渉を図りました。
 検察官は依頼者に黙秘をしても起訴だぞ等脅しをかけていたために,依頼者は不安を抱いていましたが,情状面から示談をすれば不起訴を確信していた私は,依頼者に適宜助言をして不安を緩和するよう心がけました。
 結局黙秘権を行使しつづけ,示談を得た後,示談書を添付して不起訴処分申入書を検察官に送付したところ,想定とおり不起訴となりました。検察官の言っていることは嘘だった訳です(最初からはったりであることは法律家として分かっていました)。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

釈放される前に警察官が「起訴したかったなぁ」とぼやいていた(余罪を引っ張って手柄としたかったのでしょう)そうです。余罪のための別件逮捕は実務上横行していますが,一罪一逮捕一勾留の原則に反するものであり,不用意に嫌疑の不確かな事件を拡張させないことも弁護士の役割です。誤解されがちですが,黙秘をしていても示談をして不起訴になることはあります。黙秘は罪を隠すことでは無く,身柄拘束中の正常な判断がつかないなかで,やってもいないことをやったと言わないためのものであり,私はやってないことをやったとは言わせないように心がけています。それはただのえん罪です。
この依頼者は,その後3度嫌疑をかけられた逮捕勾留されていますが(なにせ目をつけられていますので),いずれも釈放を実現しています。今現在,通常の社会生活を送っており,心配事があると電話がかかってきます。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

【余罪多数の連続窃盗事件】【執行猶予獲得】連続窃盗事件で被害者との示談活動をして実刑を回避した事案です。

  • 窃盗・万引き
  • 加害者

相談前

窃盗事件とのみ情報が分からない事案だったので、ご相談後に詳しい弁護方針を示すこととしました。

相談後

この事件は,連続窃盗事件として警察からマークされていた依頼者が,複数の事件で逮捕起訴されたという事件です。事件数が多く,被害額も相当高額であったため,初犯でありながら実刑の見込みが相当高い事案でした。
 最終的に全件交渉により被害弁済を果たして,求刑4年(執行猶予は付けられない)に対して,執行猶予を付けることが出来た事案です。
 この事案では,一番高額な被害を出した被害者との間で示談をするときに,被害者から「先生であったから示談をすることに決めました」という言葉を頂きました。しかも分割払いでの示談に応じていただいており,こちらを信頼していただけたと思う事件です。時折そういった言葉を頂くことがありますが,この言葉はうれしいというより,戒めとして受け取っています。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

私たち弁護士は,とかく悪い人の受ける罰を軽くするために活動しているとして批判を受けがちですが,それは少し誤解があります。確かに依頼者の受ける罰を軽くするという側面はありますが,私の認識は「適正な罰」になるように活動するというものです。そして,依頼者の救済の側面も実はあります。例えば被害者のある事件の場合,被害弁済が何もされなければ,被害者は賠償を諦めるか民事訴訟の二択を迫られます。しかし,刑事事件進行中に弁護士が活動することで,被害者の被害弁済が早く達成出来れば,結果被害者救済が早くなります。そういうときは,依頼者側にも被害弁済の適正額をしっかりと説明し,いわゆる「値切る」ということはせず,もちろん不当な請求を安易に受けることもせず,適正額を提示するように心がけています。
 検察官は被害者救済のために活動していると言う人もいますが,私はそうは思いません。被害者が処罰を求めながら,裁判で無罪になることを恐れて不起訴にする事案の方が圧倒的多数ですし,被害者の気持ち面だけを汲みすぎて勇み足で起訴をしてしまい,結果無罪となって被害者も加害者の生活も無意味に踏み荒らすという事案もあります。
 我々法律家は,人の人生を大きく左右する仕事です。その重みの自覚がなければ,安易に仕事を引き受けてはなりません。検察官にそういった気概を持って仕事をしている人は一度もみたことはありませんが,上記の被害者から頂く言葉は,私も同じことをしている可能性が常にあることを教えてくれる,やはり戒めの言葉であると思います。
 なお,分割払の弁済は,今なお継続されており,約束は破られておりません。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

【余罪複数の詐欺事件】【不起訴】【執行猶予】余罪複数の詐欺事件で一部で不起訴を獲得し、最終的には執行猶予を獲得した事案

  • 詐欺
  • 加害者

相談前

詐欺事件という情報のみだったので、ご相談後に詳しい弁護方針等を提案することとしました。

相談後

若い頃からやんちゃを繰り返していたために,警察からやっていないことまでやったのではないかと疑いをかけられてマークをされていた青年が,詐欺事件で逮捕された事件でした。警察の狙いは根拠不確かな余罪についての自白を取ることでした。警察官からの不当な圧力には屈しないように助言をするとともに被害弁済を果たしましたが,警察官はよほど起訴をしたかったようで,相当昔の未成年であったころにやんちゃをしてしまったときの小さい事件を引っ張ってきて,身柄拘束期間を引き延ばしにかかりました。余罪を相当聞かれていたようですが,根拠不確かな余罪追及には屈しないように助言しました。
 最終的に,最初の逮捕事件は不起訴となり,相当昔の事件だけが起訴されましたが,それも被害弁済を果たし,結局執行猶予で終わっています。その後何度か嫌疑をかけらえそうになったようですが,一度も逮捕をされていません。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

同じ罪名でも事件によって事案は様々です。
重要なことは、依頼者の状態にあわせた弁護方針を提案できるかということになるかと思います。
本件では適確に提案をすることができ、最良の結果を得られたといえます。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

【執行猶予中の傷害事件】【示談して不起訴】執行猶予中の傷害事件で不起訴を獲得した事案です。

  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

傷害事件という情報のみであったため、詳しい弁護方針等はご相談後に示すこととしました。

相談後

執行猶予期間中に傷害事件を起こして逮捕勾留された青年の事件です。
 この事件では,本人が暴行の事実を認めてしまっていたため,そのまま処分が確定すれば執行猶予が取り消され,長い懲役となる虞がたかかった事件です。
 結果としては相手方と示談をすることができ,不起訴となって釈放されました。執行猶予を取り消されることもありませんでした。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

執行猶予中の犯行の場合、不起訴を獲得しないと、執行猶予が取り消されてしまうことになります。厳密にいえば、罰金かそれより思い刑かで可能性は変わりますが、それでも罰金でも執行猶予が取り消されてしまう可能性はあります。
そのため、早期の示談交渉や不起訴獲得に向けての活動が重要です。
本件は早期の活動が功を奏した事件といえます。

犯罪・刑事事件の解決事例 6

【盗品等譲受罪被疑事件】【嫌疑不十分で不起訴】

  • 加害者

相談前

盗品等譲受罪で逮捕勾留されたという国選事件でした。

相談後

話しを聞く限り,共犯者とされていた知人の話は相当巻き込み供述の危険が高かった上,被疑者に対する証拠も乏しかった事件です。
 初回接見時,捜査機関の恫喝に,事実を認めてしまったかのような供述調書が取られてしまっていましたが,被疑者の話をしっかりと聞いて被疑者の話(えん罪である)という話しには高い信頼性があると判断したため,捜査機関に何を言われても黙秘を貫くように助言するとともに,ノートを差し入れ,毎日の捜査機関の取調状況を記録してもらうことにしました。
 記録を見て不当があれば即時に抗議文を送り,検察官に不当逮捕だから早期に身柄解放をせよと何度も申入れ,最初の逮捕勾留と勾留延長にも準抗告をしつつ,接見では被疑者を励まして黙秘を貫徹させました。
 当初激しかった取調も後半は意気消沈するように少なくなって被疑者が放置をされるようになったので,そこにも不必要な身柄拘束だとして抗議文を出したうえで検察官に文句を言っています。
 最終的に,身柄拘束の根拠,取調が為されていない理由,最初の逮捕の原因となった押収証拠が何か,ということを求釈明した勾留理由開示請求をしたところ,その期日に合わせるように不起訴で釈放するとなり,裁判所から勾留理由開示請求を取り下げて欲しい旨の連絡を受けました。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

勾留理由開示請求が奏功したかはわかりませんが,無影響ではなかったようにも思います。この事件で感じたのは,意味の無い身柄拘束は私生活上の大きな不利益であることは当然ですから,弁護士の役割としては出来ることは徹底的にやり,早期の身柄解放活動に尽力しなければならないということです。ある意味国選事件ですのでお金にならない活動が大半でしたが,そんなことは一切考えておらず,とにかく検察官や警察官の汚い方法を正させたいという一点のみが活動動機でした。
 現在実務に慣れてしまって自分がサボってしまいたくなるとき,この事件を思い出して奮い立つようにしています。

犯罪・刑事事件の解決事例 7

【少年事件】【観護措置回避】

  • 少年事件
  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

傷害事件で逮捕勾留された少年被疑者の国選弁護事件が家裁送致となって少年事件となったため引き続き受け持った事件です。

相談後

自分の交際相手をレイプした相手を殴って怪我させたとして逮捕勾留された少年の事件でした。
 少年事件は全件家裁送致が原則で,家裁送致後は鑑別所に約4週間身柄拘束されます。本件では,少年は既に社会人であったため,身柄拘束を受けることが不利益であり,よって観護措置を回避するために家庭裁判所に観護措置をしないように申し入れた事案です。
 私は,少年事件はあまりやらないのですが,少年事件を専門としている同期に相談をしたところ,観護措置の回避はほぼ無理なんじゃないかと言われました。
 保護者と連絡を取って身元引受書を準備するとともに,本件犯行の情状を丁寧に記載し,裁判官とも面談をして事情を説明したところ,観護措置は回避できました。同期がかなり驚いていたので,よほど希だったのだと思います。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

この事件で工夫をしたのは身元引受書です。身元引受書に,保護者にとって少年が帰ってくる必要性が高いこと,身柄解放されても逃亡をさせない実効的な手段があることを保護者の口から聞いて書面に反映させました。
身元引受書は,「逃亡はさせない。罪証隠滅はさせない。出頭要請には応じさせる」という3点が基本的事項として記載されることが多く,そのため,それだけが記載してあるテンプレートを出すこともままあります。
 私は,身元引受書は裁判所が身元引受人の人となりを把握し,身元引受人の下に返してもいいか,返しても良い事情があるかを裁判所が把握する最も重要な資料であると考えるため,通常の刑事事件の保釈請求においても,身元引受人の言葉を可能な限り記載して出すようにしています。それがいかほどの効果があるかはわかりませんが,少なくともテンプレートでは裁判官も判断できる要素は少なってしまい,相当ではないと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 8

【児童買春事件】【示談して不起訴】

  • 児童買春・児童ポルノ
  • 加害者

相談前

児童買春という情報しかなかったため、詳しい弁護方針はご相談後に提案することとしました。

相談後

この事件は,未成年の少女とみだらな行為をしたとして逮捕勾留された被疑者の事件です。余罪もあって犯情が悪く,検察官から被害弁済がなければ罰金刑に処すと言われていた事件でした。
 被害者側は加害者側と連絡をしたがっておらず,被害者の連絡先も当然わからないので,そもそも示談交渉を開始することができないまま処分が進みましたが,警察署に何度も電話をして被害者に働きかけて貰い,結局処分確定の前日に連絡がつきました。その日のうちに電話で事情を理解してもらうように話をし,被害者から示談の応諾を取り付けたため,即時に検察官に連絡して,翌日の起訴までに間に合わせるので示談書の送付を待ってもらうようのお願いしました。
 電話をしたその日の夜に被害者の保護者の方と面談をして示談を成立させ,その書証と不起訴申入書を夜中に送付し,翌日不起訴が確定して釈放されました。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

売春や痴漢,盗撮等の事件では,被害者がどうしても加害者側の話しを聞きたがらないという事件はあります。事案の性質上やむを得ないとは言えますが,相手がわからないではどちらも救えないので,考えられることは考えなければならないと思います。
弁護士としてできる限り粘ることが重要といえます。

犯罪・刑事事件の解決事例 9

【裁判員裁判】【執行猶予】【強盗致傷事件】

  • 暴行・傷害
  • 強盗
  • 加害者

相談前

強盗致傷事件で起訴された裁判員裁判の事件でした。

相談後

バイクに乗っている友人が自動車であおり行為を受けたのを見かねた自動車に乗っていた依頼者が,あおり運転自動車運転手を止めてその運転手に強盗に及んだ事件
強盗致傷として起訴された被告人の刑事事件です。私選の事件になります。
 一人で担当した私選事件でしたが,被害弁済を果たし,執行猶予付き判決を得ました。
 捜査段階では被害者の処罰感情が厳しく被害弁済を果たせなかったため起訴後の示談となりましたが,単独事件で計画性のある事案ではなかったうえに法律上の自首をしていたため,執行猶予を得ることができました。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

強盗致傷であっても,情状によっては執行猶予が付きます。はなから重い罪と決め込むのではなく,弁護士に相談してみても良いと思います。当事務所は裁判員裁判に注力しています。

犯罪・刑事事件の解決事例 10

【覚せい剤取り締り法違反事件】【違法捜査】

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者

相談前

職務質問を契機として覚せい剤の所持使用で逮捕起訴された方の事件です。

相談後

職務質問を契機として覚せい剤の所持使用で逮捕起訴された方の事件です。
職務質問自体が法の要件を満たしておらず,諸々の経緯があって,依頼者の方は警察官十数名にかこまれてもみくちゃにされるという経緯があった事件です。
違法捜査による収集証拠の排除を求めて争ったところ,任意捜査の限界を超えて違法という判断まではもらいましたが,しかし,証拠排除にまでは至らなかった事案です。
薬物事案ではよくあるのですが,どうしても犯罪の密行性が高い単独事件であるため,強引な職務質問から強引な留置(移動阻止),そこから令状発付まで粘ってからの強制捜査,逮捕という事案は結構あります。
職務質問,留置の違法性が争われ,無罪判断も全国各地で出されている事案です。
違法認定を受けられたことから,あともう少しというところではあったのですが,この伊保認定が受けられたのは,パトカーのカーロケ-ターの映像があったからです。
そこに警察官のいきすぎた行為が映っていたわけです。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

民間私人である弁護人にとっては,証拠の収集は相当骨の折れる作業で,検察官とは圧倒的な力の差があります。そこで刑事弁護では,捜査機関の持っている証拠の開示を積極的に求めることで検察官に対抗していくことが一つの手段となります。
裁判所が争点として重要と考えると,検察官に開示を促してくれます。争点設定とその重要度のアピールが,弁護士の力量にかかってきます。

犯罪・刑事事件の解決事例 11

【外国人】【強制わいせつ事件】【示談成立し不起訴】

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

これは外国人の方からの依頼でした。従兄弟の方が痴漢でつかまってしまったが否認をしているために接見禁止が付いて会えない,会ってきて欲しいというものでした。

相談後

国選弁護人がついていましたが,どうやらこの弁護人が示談などしなくても不起訴だから大丈夫と言っていたのが心配だったようで,どうしてもと頼まれましたが,私としては,痴漢と聞いて弁護人も不起訴と言っているならおおごとではないのではないかと言いました。それでもどうしてもということでしたので,とりあえず依頼ですので,まずは話しを聞きにいくことにしました。
接見をして話しを聞いたところ,痴漢というか強制わいせつ事件であり,聞く限り相当重めの内容だったので,起訴される虞の方が圧倒的に高かったことがわかりました。外国人の方が強制わいせつで起訴となれば強制退去もあり得ます。事情を理解した私は改めて弁護人となることを受け,即時に示談交渉に着手しました。依頼を受けたときには最初の勾留満期直前であってそのまま起訴の可能性もあったので,即時に検察官に連絡をし,示談をするので待って欲しい旨伝え,被害者に取り次いでもらうこととしました。
被害者の方の処罰感情は相当に強いものでしたが,深くお詫びをして理解をしていただくように務め,示談を成立させて不起訴を申し入れたところ,不起訴処分となって釈放されました。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

本人が悪いことをしたとはいえ,そのまま放置をしていたら,国外退去となりえたわけで,その場合,かなり大きな私生活上の不利益になります。また,早期に被害弁済を果たさなければ,被害者も救済されなかった可能性もあります。
国選弁護人がどういう見立てで放っておいても大丈夫と思ったのかは分かりませんが,弁護人は人の人生を致命的とも言えるほどに台無しにできる位置で仕事をしています。私は国選であろうと私選であろうと動きを変えるということはないのですが,やるべきことをやらないことで国選弁護人は動きが悪いなどという少し悲しい都市伝説が存在することは,とりもなおさず弁護士自体の評価を下げることになりかねず,嘆かわしことだと感じます。

犯罪・刑事事件の解決事例 12

【窃盗被疑事件】【不起訴処分】

  • 窃盗・万引き
  • 加害者

相談前

以前に国選で担当したからの接見要望から始まった事件でした。

相談後

前に国選で弁護人を務めたことのあった方から接見要望が入り,私選として受けた事件です。酔って歩いている女性にわるふざけをしたとして逮捕された脅迫事件です。
 その事件では,お金が全くないので私を呼ぶことは憚られたものの,どうしても呼びたくなったので呼んだというちょっと変わったスタートでした。
 聞けば,接見に来た弁護士に示談をお願いしたら「なんで私がそんなことをしなければいけないんだ」「私は忙しいからそんなことはできない」と切れ気味に言われたらしく,それで追い込まれてやむを得ず私を呼んだということです。
 最終的に犯情面が軽いということを検察官にアピールし,それが認められたのかわかりませんが不起訴処分で釈放となりました。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

国選の先生は女性だったそうで,真偽のほどはわかりませんが,もし本当なら,問題があるというレベルではなく,弁護士をやる資格はないと思います。理由は説明するまでもありません。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【出張相談可】どんな軽傷案件、少額案件でも決して手を抜くことなく丁寧にお話を聞いて、最善の解決方法をご提示させていただいております。
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【交通事故専門サイト】
http://law-office-s.akibare.ne.jp
◆交通事故はお任せください◆
毎月複数のご依頼を頂いており、常時複数の交通事故案件を抱えております。特に、後遺障害認定には自信があり、後遺障害診断書作成時よりアドバイスさせていただきます。
交渉のみならず、交通事故訴訟も多数経験がございますので、交通事故でお困りの方は、
是非一度ご相談ください。

◆明確な料金体系◆
交通事故被害者のために仕事がしたいとの思いから、相談料は【初回無料】です。
また、訴訟やADRに至らない交渉案件については着手金0円とさせていただいており、完全成功報酬制となっております。
煩雑な自賠責保険手続きのご依頼のみでも承っております。
通常の手続きであれば5万円でお受けしております。
弊所では、弁護士費用保険の利用も積極的にお勧めしております。弁護士費用保険ご利用の場合には、弁護士費用の負担がありませんので、まずは一度お問い合わせください。

◆よくあるご相談◆
・保険会社から提示された示談金額が妥当なのかどうか
・後遺障害の認定を受けたい
・慰謝料を増額したい
・治療の打ち切りを保険会社から言われたがなんとかならないか。

【重点取扱案件について】
後遺障害認定には特に力を入れております。
後遺障害認定如何によって損害額が相当変わるからです。重傷案件の後遺障害認定はもちろん、弊所ではむち打ちの14級のような比較的軽傷の後遺障害認定にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

◆事務所のアクセス◆
弊所は、静岡駅から徒歩11分の場所にございます。
安心してご相談いただける環境を整えておりますので、お困りの際には、ぜひ一度ご相談にお越しください。

◆弁護士としての心がけ◆
どのようなご相談でも真摯に向き合い、丁寧にお話を伺わせていただきます。
お話を聞いた上で、最善の解決方法をご提示いたします。
私は仕事には妥協はしません。
是非一度ご相談ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分0円
着手金 0円(交渉段階)
訴訟提起等の場合20万円~(税別)
報酬金 相手方保険会社等から提示額がない場合→総回収額の10%+税
提示額がある場合→増額分の20%+税
手数料 自賠責請求手続5万円(税抜)
備考欄 料金は状況に応じて柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士費用保険利用可能です。是非ご利用ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【土日祝/夜間相談可(要予約)】報酬は一律法テラスと同額。分割払い可。任意売却歓迎します。過払金請求は相談調査費用無料。完全成功報酬一律10%
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所
静岡葵法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆費用に対する考え方◆
 債務整理は,費用を法テラス基準と同じに設定し,分割払いにも応じます。
 過払いの場合は,調査費用無料。完全成功報酬で受任します。

◆料金体系◆
◇過払金請求◇
事前無料相談→現況を聴取して調査開始(無料)
報酬は取得額の10%(一律) 完全成功報酬制。10%が10万円未満の場合は10万円。但し,訴訟の場合,印紙代等実費のみ先にご負担いただきます。

◇債務整理◇
初回相談料は一律無料です。
費用はすべて,法テラスと同額です。
法テラスが使えない場合でも,法テラスに目安報酬額を聞き(債権者数で変動),同額で受任します。分割払いも可能です。
[参考]10社以下 債務額にかかわらない
個人破産 12万円(税別)
個人再生 16万円(税別)
会社破産 20万円乃至30万円(税別)
※法テラスは法人の支援を行っていないため,法人の費用は,業務量を考えて,個人破産を基準に設定しています。規模や内容により,30万円を超える場合もあります。

◆業務の特徴◆
個人破産,個人再生に力を入れています。
任意売却は個人の不動産業者に依頼しますが,基本別報酬は発生しません。
過払金請求の場合,事前に現況をお伺いして調査に着手します。調査費用は無料です。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料。
着手金 【過払金請求】
着手金は設定せず,完全成功報酬。
但し,訴訟の場合,印紙代等の実費のみご負担いただきます。
【債務整理】※実費(予納金,切手代等)は別途
破産申立(同時廃止) 12万円(税別)
個人再生       16万円(税別)
※10社以下の場合です。債務額は不問です。
※法人破産も受任します。
法人破産 20万円(税別)
報酬金 【過払金請求】
取得額の10%(一律)。10%が10万円未満の場合は10万円。
【債務整理】
なし
備考欄 法テラスを利用した場合と同一金額で受任します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

1000万円の請求が内容証明1通で消滅

相談前

十数年以上前に未払いのまま放置していた消費者金融から,突然約1000万円の督促状が送られてきたして相談を受けた。

相談後

受任通知兼消滅時効援用通知を内容証明で送付。相手が債務が時効消滅している旨を記載した債権調査票を送付してきたため事件終了。

竹内 綱己弁護士からのコメント

竹内 綱己弁護士

消費者金融が,消滅時効にかかっていると知りながら通知をしてくる理由は,債務者からの連絡を待っているからです。
連絡をして,たとえば「だいぶ昔の話じゃないか」とか「利息だけでも減らせませんか」等,債務が存在したことを前提とする言葉を言うと,法律上「債務の承認」として扱われ,時効がリセットされます。相手は当然,全会話録音しています。
注意が必要なのは,「免除(免責)してください」など,債務を免れる言葉を述べても債務の承認となってしまうことです。
文脈がないと分かりずらいかもしれませんが,たとえば,「なんらな大幅に減額しましょうか」という言葉につられて「お願いします」と言ってしまうような場合がこれにあたります。
免責の要望は,債務の存在が前提となっているので,債務の承認と扱われます。
通知を受けたら,うかつに相手に電話をせず,すぐに専門家にまかせるべきでしょう。
自分でうまく言えたつもりでも揚げ足をとられれば,消滅時効の恩恵が台無しになってしまいかねません。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
静岡葵法律事務所
所在地
〒420-0033
静岡県 静岡市葵区昭和町3-1 静岡昭和町ビル504
最寄り駅
静岡駅
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

北陸・甲信越

  • 山梨

東海

  • 愛知
  • 静岡
設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 中国語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 労働
  • 犯罪・刑事事件
  • 行政事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 行政事件

電話で問い合わせ
050-5827-6785

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

静岡葵法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-6785

※静岡葵法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
丁寧にご回答したいと思います。お気軽にご相談ください。
※業務の状況により即返信とならない場合もございます点ご了承下さい。
完全予約制です。
まずはご予約のお電話をお願いします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
中国語