現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
肥田 弘昭弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件16

岡山県1

( こえだ ひろあき ) 肥田 弘昭

肥田弘昭法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,111 件/匿名回答数:0件

質問1は法人の自由ですのでケースbyケースです。経済的合理性の観点からすると通常は経済的合理性はないかと思いますが、当該法人の判断次第です。 質問2は訴状の形式を満たしておれば裁判所は受理します。...

回答日 2021年06月14日 22:17
この回答がある質問
器物損壊

時効については、判決ですので10年です。平成19年から支払をしてないですが10年経過していないので時効ではありません。 訴訟ではなく、確定判決を得ていますので、強制執行の可能性が高いかと思いま...

回答日 2021年06月14日 08:08
この回答がある質問
通常訴訟

食事は朝は作っておいておけば食べていますが夜ご飯は作っていません。日用品は主人買ってきていますし、水道、光熱費、家のローン、なども主人の口座から支払いになって出す。洗濯掃除はわからず私も主人もしてい...

回答日 2021年06月13日 21:44
この回答がある質問
性格の不一致

> 何も出来ない状態のまま書類送検になると実刑になりますか? > との点ですが、書類送検は検察官に事件を送致することです。検察官が起訴不起訴を決めますので、送致後起訴前までに示談などす...

回答日 2021年06月13日 18:13
この回答がある質問
窃盗・万引き

物件引渡し日に抵当権抹消処理が問題なく行えるかどうか、仮に違約解除になった場合に売主に支払い能力がどの程度あるか、について、売買契約前に調べる方法はありますでしょうか。 との点ですが法律上強制的に調...

回答日 2021年06月13日 18:10

質問1について、勾留期間は原則10日間です。捜査未了の場合は、さらに10日間勾留されます。裁判所が10日間勾留決定しますとなかなかその期間は短くなりません。上記の事情ですとDV案件として捜査機関は判...

回答日 2021年06月12日 14:57
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

質問1は、管理費などの未払の処理をどうするのか(売買価格から引くのかどうか)、抵当権設定者に対する負債の支払状況はどうなっているのか、抵当権の抹消についてはどうするのか等十分注意する必要があるかと思...

回答日 2021年06月12日 07:41

質問1は、答弁書などが弁護士から来た場合や裁判所に相手方に代理人が就いたか確認した場合に委任状が出ていれば分かります。 質問2はケースbyケースかと思います。 質問3は形式の確認ですので差はない...

回答日 2021年06月11日 16:09

離婚前ですので婚姻費用分担請求の問題になります。ご相談者様の方が子を養育しているケースですので、子を養育しているご相談者様の収入と妻の収入との相関関係により婚姻費用が原則として決まります。家庭裁判所...

回答日 2021年06月11日 08:46
この回答がある質問
養育費

叔父と養子縁組みをしていない場合は子ではありませんので法定相続権は発生していないかと思います。ご参考にしてください。

回答日 2021年06月10日 22:02
この回答がある質問
相続

犯人と犯行の一部始終がドラレコに映っていたのことですので、器物損壊罪の被疑者として捜査機関に告訴することが考えられます。最終的には、検察官の裁量ですが、被害者の処罰感情が強く、示談などに応じない場合...

回答日 2021年06月10日 08:31
この回答がある質問
器物損壊

質問1は、内容によりますが、謝罪に行った事実自体が不倫の間接的な証拠になる可能性があります。不倫をしていなければそもそも謝罪をする必要が無いことからです。 質問2は、質問1のとおり、謝罪に行ったこ...

回答日 2021年06月09日 17:08

質問1及び質問2について、窃盗事件は被害者が盗難に気づき被害届けを出すことで通常捜査が開始されます。窃盗罪は財産犯で有り被害者の所有であれば自由に処分できることから被害者の意思が重視されるからです。...

回答日 2021年06月09日 16:59
この回答がある質問
窃盗・万引き

質問1については、免許証があることから、相手の連絡先が分かるので、謝罪及び示談交渉をすることが考えられます。問題は、ブランド物の財布を売却した点です。財布に思い入れがある場合、中古価格以上の賠償を相...

回答日 2021年06月08日 09:12
この回答がある質問
前科・不起訴

質問1は、質問2と関連しますが、仮に税金などを滞納していた、不動産を所有しており固定資産税が発生していたなどで連絡が来ることがあります。この場合は、相続放棄をしていればその旨を伝えれば良いかと思いま...

回答日 2021年06月07日 08:34
この回答がある質問
相続放棄

相続における不動産価格について、相続人間で固定資産税評価格相当額で良いとの合意があれば、その価格での分割になります。ご相談者様が代償分割で取得したいとの希望であれば、通常、固定資産税評価格相当額が路...

回答日 2021年06月05日 08:33
この回答がある質問
消費者被害

質問1については、調停調書で養育費の支払の定めがある場合は、その調書で差し押さえをすることは法律的に可能です。 質問2については、不安であれば、実情を説明し、減額の交渉をするのが良いかと思います。...

回答日 2021年06月04日 09:20

相手方にも同じものを用意する必要があります。ご参考にしてください。

回答日 2021年06月04日 08:51
この回答がある質問
離婚・男女問題

質問1は、報告義務違反として道交法違反になります。仮に相手方が負傷していた場合は自動車運転過失致傷罪になる可能性があります。可能性としては相手方次第です。ご参考にしてください。

回答日 2021年06月03日 20:42
この回答がある質問
交通事故

示談金についても相手方次第です。ただ、カードの再発行費や休業した場合の損害など実費に加えて慰謝料かと思います。私の経験ですが、上記の事情ですと実費+5万円ないし10万円程度の慰謝料かと思います。ご参...

回答日 2021年06月02日 15:47
この回答がある質問
窃盗・万引き

検察官の判断次第です。問題は被害者の意思です。財布の中身がすべてそのままと被害者が認めるかどうか、又、財布がない間、例えばクレジットカードなどが財布に入っていたので困ったや新たに作り直した等別の損害...

回答日 2021年06月02日 07:56
この回答がある質問
窃盗・万引き

示談を弁護士に必ず依頼する必要まではありません。被害者が応じてくれるかどうかです。 トラブルを避けるため捜査機関に謝罪と示談したい意向を伝えて貰い被害者の意向を確認するのは如何でしょうか。ご参考に...

回答日 2021年06月02日 07:53
この回答がある質問
窃盗・万引き

質問1については、連帯保証契約が成立しているか否かが問題となるかと思います。上記の事情ですと、連帯保証契約書に本人の署名・押印がされておらず「書面」による保証契約と言えるかが問題かと思います。「不動...

回答日 2021年06月01日 08:24
この回答がある質問
連帯保証人

質問1について「離婚する」との条項は法的に拘束力がないので調停委員ないし担当裁判官によっては「~しない」などに内容の変更を求められる可能性はあります。 質問2については財産分与は離婚が前提ですので...

回答日 2021年05月31日 19:41

質問1は、被害者に対して示談などをすることで被害届けの取下などに応じて貰うとの弁護活動が考えられます。窃盗罪の場合は不起訴処分の可能性が高まります。 質問2は、基本的には難しいです。但し、被害者が...

回答日 2021年05月30日 20:31
この回答がある質問
窃盗・万引き

民訴法150条の「裁判所」は合議体を意味します。民訴法150条の趣旨は合議体に属する裁判官を監督する権能を付与することにあります。したがって合議体を構成していない単独制で審理されている場合は適用され...

回答日 2021年05月29日 20:54
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

質問1は、免責決定が官報掲載後、2週間経過することで免責確定します。これにより債務の支払をする必要が無くなります。 質問2は、免責決定については即時抗告ができます。即時抗告が認められた場合は決定が...

回答日 2021年05月28日 21:09
この回答がある質問
自己破産

質問1は、裁判官は独立しており自由に心証を形成できますので、Aでの事実認定をBでもAの通り認定するとは限りません。但し、AとBが共通しているのであれば、証拠関係も踏まえて、Aの判決を導いた事実認定は...

回答日 2021年05月28日 08:36

質問1ですと、建物の明渡しが期日内にできず債務不履行責任を負うことになります。 質問2については、売主である父が受取人になります。法律的には父以外に適法に受け取る権限は原則としてありません。財産管...

回答日 2021年05月27日 20:48

被害届けの取下は可能です。ご参考にしてください。

回答日 2021年05月27日 20:43
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

1 - 30 件を表示/全 1,111 件

肥田 弘昭弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5265-8691
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
※20:30迄の相談をしております。
交通アクセス
駐車場近く