平井・柏﨑法律事務所

福岡県 北九州市小倉北区米町1-2-22 小倉NSビル4階

平井・柏﨑法律事務所の特徴・強み

■小倉駅徒歩5分■弁護士男女各2名■初回相談無料■仕事帰りの相談可■債務整理・交通事故・離婚・相続など実績多数

【当事務所のポイント・特徴】
①男性2名、女性2名の弁護士が在籍。
②原則2名体制で受任するため、迅速なご対応ができます
③お話を丁寧に伺い、根拠にもとづいた見解をお伝えします

当事務所があるのは小倉駅から徒歩5分と、電車でも車でも便利な場所。お仕事帰りでもご来所いただけるように、平日の夜も対応しております。

お困りのことをまずは遠慮なくお話ください。お話を丁寧に伺うのは当然のこと、根拠にもとづいた見通しをしっかりとお伝えするのが当事務所の姿勢です。当事務所にお任せいただけたなら、4名の弁護士の知識を総動員させ、精度の高いご提案をし、これからの人生がよりよくなるためにお手伝いさせていただきます。

【インタビュー】
事務所のみなさまにお話を伺いました

ー平井 章悟(ひらい しょうご)弁護士
ー柏﨑 愛(かしわざき あい)弁護士
ー天川 龍一(あまかわ りゅういち)弁護士


お話を丁寧に伺い、根拠にもとづいた見通しをお伝えします

平井・柏﨑法律事務所
(左:天川 龍一弁護士/中:平井 章悟弁護士 / 右:柏﨑 愛弁護士)

弁護士がお話をお聞きして、アドバイスさせていただくのは当たり前のことです。しっかりとお話を伺った後で、ご要望がどの程度実現できるかという見通しをお伝えすることも大事だと考えています。法律上できること、できないことはあります。ご依頼者様に耳障りのいいことだけを伝え、安請け合いをするのではなく、根拠にもとづいたご説明をして、ご理解いただくことを心掛けています。ご要望が叶う可能性が乏しい場合に、ご要望のままに進めてしまうと交渉や調停が長引き、時間や費用がかかって、結果的にはご依頼者様の不利益になると考えるからです。


2名体制でご依頼を受任します

当事務所には男性2名、女性2名の弁護士が在籍しています。ご依頼者様のなかには、話しやすさや親しみやすさを求めて女性弁護士を希望する方、高圧的な相手方に臆さない対応を求めて男性弁護士を希望する方もいらっしゃいます。ご希望があればもちろん承りますが、実際ご相談いただければ、男性弁護士でも話しやすいと感じていただけると思いますし、性別関係なく弁護士として毅然とした態度で相手方に対応いたしますのでご安心ください。
基本的にひとつの事案は2名の弁護士で対応し、常に情報共有しながら進めています。また、担当ではない事案についてもよく意見交換しています。ひとつの事案に対して、4名の弁護士の知識を総動員させ、意見をすり合わせられるので、精度の高いご提案ができるのだと思います。


弁護士紹介 平井 章悟弁護士

平井・柏﨑法律事務所

弁護士事務所を探す際、立地や費用、相談時間は重視するポイントだと思います。同様に、弁護士がどんな人間なのかも気になるところではないでしょうか。今日は当事務所に在籍する弁護士のうち3名の弁護士について、少しでもお伝えできればと思います。

まず、私が弁護士を目指したきっかけは、アメリカで弁護士をしている叔母の影響でした。社会的に弱い立場にある方を弁護する姿に憧れ、法科大学院の制度が始まったタイミングとも重なり、弁護士になろうと決意しました。
大事にしているのは、ご依頼者様の目線に立つと同時に、法律の専門家としての冷静な観点を持つことです。ご依頼者様の気持ちに共感することは大切ですが、それだけでは解決につながりません。弁護士としてお手伝いできることを明確に伝え、納得していただき、最終的に私に頼んでよかったと思っていただけるようにと常に心掛けています。


一緒に働く仲間から見た平井弁護士とは?

柏﨑弁護士:人の気持ちを察知できる人です。ご依頼者様が実現の可能性が低いと考えて、ご自分からは言い出しにくいことでも、自然と聞き出してしまうところがあります。ご希望が叶わない場合でも、話すだけで心理的な満足感が得られるので、信頼関係ができ、次のステップにつながるのだと思います。
天川弁護士:平井弁護士は個々の主張や勝ち負けよりも、全体を俯瞰して解決策を見つけられる人。経験がないとなかなかできないことです。ご依頼者様との距離の取り方が絶妙で、苦情を聞いたことがないので、どんな状況でも満足していただいているのではないでしょうか。


弁護士紹介 柏﨑 愛弁護士

平井・柏﨑法律事務所

私の家族は女性が一生の仕事を持ち、自立して働くのが当たり前という考えで、弁護士を目指す私のことも応援してくれました。大学のゼミでは憲法について学び、壮大なテーマではあるのですが、社会をよりよくする仕事に携われたらと考えて、弁護士を目指しました。

目指すのはバランス感覚に優れた弁護士です。ご依頼者様の気持ちや相手方の事情に配慮しつつも、私自身が冷静に対応することが結果的に当事者のためになるのだと考えています。冷静といっても冷たい態度というわけではなく、普段からご依頼者様とのコミュニケーションは密に、お話を丁寧にお聞きしているので「親身になってくれてありがとう」と言われることが多いです。


一緒に働く仲間から見た柏﨑弁護士とは?

平井弁護士:性別に関わらず、威圧的な態度をとる相手に対しても、ひるむことなく挑発に乗ることもなく、解決に向けて建設的な話ができるのはさすがだなと思います。
天川弁護士:ご依頼者様への対応がきめ細やかで、不安を感じる方はいないのではないでしょうか。仕事は一つ一つ迅速なのに正確で、尊敬できる弁護士です。


弁護士紹介 天川 龍一弁護士

平井・柏﨑法律事務所

私が大学入学時に法学部を選んだのは、法律問題はどうやって処理するものなのか学んでみたいと思ったからです。大学時代に知人が賃貸物件のトラブルに巻き込まれたことがありました。借りていた物件の設備が機能せず、修理や交換費用を負担するように大家さんから求められたのです。私が調べた結果、知人が費用を負担する必要はないと分かり、知人と一緒に大家さんと交渉し解決ができました。役に立てたと実感できた初めての事案ですね。


一緒に働く仲間から見た天川弁護士とは?

平井弁護士:フットワークの軽さは事務所ナンバーワンです。人によっては相手方がどんな人なのかわからないと多少躊躇すると思うのですが、彼の動きは迅速。なにより優先すべきはご依頼者様だと考えているからだと思います。
柏﨑弁護士:行動力があるし、すぐに調べる探求心を持っています。責任感も強くて、ご依頼者様のご希望通りになる可能性が低い事案でも、予想を覆してよりよい解決に至ったことも。入所してもらって本当によかったと思っています。


弁護士にお話するだけで気持ちが整理されることも

平井・柏﨑法律事務所

トラブルを抱えている状態は辛いものですし、相手とやりとりするのもストレスです。弁護士が間に入ることで相手と直接連絡をとる必要はなくなりますし、問題点が洗い出され、気持ちが整理されると思います。弁護士には守秘義務がありますので、安心して何でもお話ください。これからの人生がよりよくなるためにお手伝いさせていただきます。


-->

所属弁護士への感謝の声

「感謝の声」とは 「感謝の声」とは、弁護士に実際に対面で相談したり、依頼して解決したりしたご相談者さまから、その弁護士のどういったアドバイスやサポートがトラブル解決に役立ったのかを集めた「口コミ」コンテンツです。平井・柏﨑法律事務所の所属弁護士の実績や評判、人柄を知るのにお役立てください。

2名の所属弁護士に感謝の声が届いています。

柏崎 愛弁護士への感謝の声

40代 男性

依頼 借金・債務整理 2021年5月に解決 投稿者イメージ画像

柏崎先生この度は本当にありがとうございました。
消費者金融等などに、借金があり借りては返すの繰り返しで、借金が膨らみすぎて、返済出来なくなり、どうしょうか、悩んでいた時に、このサイトで先生に申し込みして、電話でこうゆう選択肢がありますよと教えて頂き、すぐに先生にお願いしょうと思いました。

色々先生のゆう通りにするだけでしたが、先生のおかげで無事個人再生が成功して本当に感謝しかありません。

先生のいる弁護士事務所に相談して正解でした。
これからはきちんと返済して、同じ誤ちをしないようにします。

相談した出来事
消費者金融等などに借金があり、自分の収入だけでは返済出来なくなり、相談しました。
解決方法
裁判・審判
  • 個人再生

平井 章悟弁護士への感謝の声

30代 男性

依頼 借金・債務整理 2022年5月に解決 投稿者イメージ画像

この度は大変お世話になりました。時間はかかりましたが、難題に根気強く向き合ってくださり、無事解決に至りました。収入と借入金のバランスの問題から申請が棄却されるなど、窮地に追い込まれた時もありましたが、投げ出すことなく、いくつも代案を出してくださったりと、非常に頼もしかったです。都度の連絡もマメに下さり、安心して問題に向き合うことができました。お困りの方、自信を持っておすすめしたいと思える先生です。

相談した出来事
自己破産申請も棄却、その後色々と手を尽くしてくださり、個人再生を認められました。
解決方法
裁判・審判
  • 個人再生

平井・柏﨑法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収

平井・柏﨑法律事務所の所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数3

事務所概要

平井・柏﨑法律事務所
平井 章悟(福岡県弁護士会)
所在地
〒 802-0003
福岡県 北九州市小倉北区米町1-2-22 小倉NSビル4階
モノレール「平和通駅」から徒歩約3分
JR「小倉駅」から徒歩約5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
受付時間

平日/9:00〜18:00
※上記以外の日時につきましても、対応できる場合がございますので、ご連絡の際にご相談ください
*メールでのご予約は24時間受付

  • 平日可
4人
https://h-k-law.com/

離婚・男女問題

離婚問題で、納得できる解決策を寄り添いながら見つけます。【女性弁護士在籍】【初回相談無料】【北九・行橋・苅田・直方に便利な立地】【不貞謝料請求、財産分与、 離婚請求などに注力】不貞慰謝料請求をされている方のご相談も多数お受けしています。

  • 初回相談無料
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【当事務所のポイント・特徴】
①離婚について悩んでいる、迷っている方にも丁寧にアドバイス
②女性2名・男性2名の弁護士在籍
③お話をじっくり、根拠にもとづいた解決策をお伝えします


当事務所があるのは小倉駅から徒歩5分と、電車でも車でも便利な場所。お仕事帰りでもご来所いただけるように、平日の夜も対応しております。

離婚・男女問題でのお悩みは精神的ストレスも相当なものです。言いづらいこともおありでしょうが、守秘義務がございますので、安心して何でもお話ください。お話を丁寧に伺うのは当然のこと、根拠にもとづいた見通しをしっかりとお伝えするのが当事務所の姿勢です。男性2名、女性2名の弁護士の知識を総動員させ、精度の高いご提案をいたします。

<

【インタビュー】
事務所のみなさまにお話を伺いました

ー平井 章悟(ひらい しょうご)弁護士
ー柏﨑 愛(かしわざき あい)弁護士
ー天川 龍一(あまかわ りゅういち)弁護士


お話を丁寧に伺い、根拠にもとづいた見通しをお伝えします

平井・柏﨑法律事務所

(左:天川 龍一弁護士/中:平井 章悟弁護士 / 右:柏﨑愛弁護士)


弁護士がお話をお聞きして、アドバイスさせていただくのは当たり前のことです。特に離婚や男女問題はプライベートなことで話しづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮せずに何でもお話ください。「順序立てて論理的に話さなくては」とか、「これは話しても意味がないだろう」といったことも考えていただく必要はありません。私たちがお聞きしながら交通整理をして、疑問点があれば確認しますし、一見無関係だと思われることも、弁護士の視点から見ると解決の糸口が見つかるきっかけにもなり得ます。
しっかりとお話を伺った後で、ご要望がどの程度実現できるかという見通しをお伝えすることも大事だと考えています。法律上できること、できないことはあります。ご依頼者様に耳障りのいいことだけを伝え、安請け合いをするのではなく、根拠にもとづいたご説明をして、ご理解いただくことを心掛けています。ご要望が叶う可能性が乏しい場合でも、ご要望のままに進めてしまうと交渉や調停が長引き、時間や費用がかかって、結果的にはご依頼者様の不利益になると考えるからです。


見通しを聞いたうえで、ご検討ください

ご要望の実現が法律的に難しいとわかると、ご依頼を躊躇されることもあると思います。ご納得いただいてから私どもにお任せいただきたいので、無理に決める必要はありません。他の事務所もご検討いただいて、信頼できる弁護士にご依頼ください。「こちらが一番親身だった」という声をお客様からよくいただくのは、“お話を丁寧にお聞きする”、“弁護士としてお手伝いできることを明確にお伝えする“という当事務所の姿勢に、最終的に共感していただいたからかもしれません。


男女各2名の弁護士が在籍。原則2名体制でご依頼を受任します

平井・柏﨑法律事務所

当事務所には男性2名、女性2名の弁護士が在籍しています。ご依頼者様のなかには、話しやすさや親しみやすさを求めて女性弁護士を希望する方、高圧的な相手方に臆さない対応を求めて男性弁護士を希望する方もいらっしゃいます。ご希望があればもちろん承りますが、実際ご相談いただければ、男性弁護士でも話しやすいと感じていただけると思いますし、性別関係なく弁護士として毅然とした態度で相手方に対応いたしますのでご安心ください。
基本的にひとつの事案は2名の弁護士で対応しております。さまざまな事案を扱っている都合上、1名だと早急な対応が求められた時にすぐに動けないという事態になりかねません。常に2名が情報共有しながら、進めています。また、当事務所は弁護士4名という規模なので、担当ではない事案についてもよく意見交換しています。ひとつの事案に対して、4名の弁護士の知識を総動員させ、意見をすり合わせられるので、精度の高いご提案ができるのだと思います。


明確な理由にもとづいた費用体系

費用は一般的な法律事務所と同様に、旧日本弁護士連合会報酬等基準に即して設定していますが、2名で対応、厳密には4名全員で方向性を精査するという意味では、リーズナブルに感じていただけるかもしれません。
HPの料金表には〇〇円~と表記されているので、最終的にいくらかかるのだろうと不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。これは事案の性質によって、ご依頼者様一人一人のためにオーダーメイドのご提案をするからです。ご相談の段階で提示させていただく金額は、曖昧などんぶり勘定ではなく、なぜこの金額になるかご説明ができるものです。私どもにご依頼いただけたなら、ご依頼者様のためにきちんと法的サービスをご提供するのが当然と考えております。


モラハラや財産分与、親権の争いなどにも実績多数

平井・柏﨑法律事務所

当事務所の離婚問題のご依頼者様は、20代~70代と幅広くいらっしゃいます。モラハラが原因の離婚相談も最近では多い印象です。概して、家族にモラハラする人は体裁を気にして、家族以外の第三者にはきちんと対応することが多いもの。ご自身で対峙するよりは弁護士を介したほうがスムーズに解決を目指せます。離婚に際しては、財産や親権、養育費、子供との面会交流についてなど、決めなくてはならないことがたくさんあります。また、離婚に合意している場合でも、資産が夫名義に偏っていることが多いため、きちんと財産を分けることは大切です。再出発するために、専門知識のある弁護士をどうぞ頼ってください。


慰謝料請求された人も慌てて支払わず、まずはご相談ください

当事務所は不貞慰謝料請求の事案を多く取り扱っています。請求する側、請求された側ともにご依頼は多いのですが、請求された側、つまり不貞をしてしまった人は、自分に非があるから、相手方から請求されたらそのまま支払わなければならないと考えてしまいがちです。ですが、相場より明らかに高額な慰謝料を支払う必要はありません。申し訳ないという気持ちを表すために支払いたいという人もなかにはいるかもしれませんが、相場を理解したうえで支払うのと、わからないままに支払うのとは、双方の心情的にも異なってくると思います。
相場という表現は冷たく感じるかもしれませんが、精神的な苦痛は目に見えないものです。過去のさまざまな事例と照らし合わせて、事情をよく考慮して金額を決めなくてはなりません。弁護士であれば請求額が妥当であるか調べられますし、相手方との交渉もできます。過去には500万円の請求を100万円に減額して和解ができたこともありました。「支払わなくてはいけない」と思い込まず、まずはご相談ください。


弁護士にお話するだけで気持ちが整理されることも

平井・柏﨑法律事務所

離婚問題は感情的な側面が多く、相手とやりとりするだけでストレスを感じてしまいます。精神的に参ってしまって、心療内科に通う方もいらっしゃるほどです。弁護士が間に入ることで相手と直接連絡をとる必要はなくなりますし、問題点が洗い出され、気持ちが整理されると思います。そういった面では弁護士にはカウンセリング的な役割もあるかもしれません。もちろん守秘義務がありますので、安心して何でもお話ください。これからの人生がよりよくなるためにお手伝いさせていただきます。


離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談60分 無料
※法律相談は予約制ですので、あらかじめお電話又はメールにてご予約を
お願いいたします。
※ご依頼していただいた場合は、それ以降の法律相談料は発生しません。
不貞、貞操権侵害などの慰謝料請求 ■交渉
着手金:11万円
報酬金:経済的利益の22%(但し、最低額は22万円)
■訴訟
着手金:22万円
報酬金:経済的利益の22%(但し、最低額は22万円)
※交渉からご依頼いただき、その後訴訟手続きに移行した場合は、
着手金の差額のみ(11万円)が追加着手金として発生いたします。
離婚協議書などの合意書作成 1通 5万5000円~11万円
(事案によって左記金額から個別に判断させていただきます。)
※公正証書作成の作成を希望される場合は、別途、公証役場に支払う
公正証書作成手数料がかかります。
離婚事件代理プラン 離婚協議、離婚調停、離婚訴訟について、お客様を代理して手続きを進めさせていただきます。
具体的には、離婚、親権、養育費、面会交流(面接交渉)、財産分与、慰謝料、年金分割の手続きについて
代理いたします。
また、必要に応じ婚姻費用(離婚までの生活費)請求等の手続きについても代理いたします。

■協議
着手金:22万円
報酬金:33万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)
■調停
着手金:33万円
報酬金:33万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)
■訴訟(第1審まで)
着手金:44万円
報酬金:44万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)


離婚事件代理プラン(*注釈) ※協議から調停、調停から訴訟など別の手続きに移行した場合は、
着手金の差額のみ(各11万円)が追加着手金として発生いたします。
※非監護親が親権を争う場合は、着手金・報酬金にそれぞれ11万円を追加します。
※お客様が有責配偶者である場合は報酬金に11万円を追加します。
※委任事務の内容が復縁を求めるものに変化した場合も報酬金が発生いたします
※調停は5回を超えた場合に6回目から、訴訟は10回を超えた場合に11回目から
2万2000円の出廷日当が発生いたします(ほとんどの事案で超えることはありません。)
※子の引き渡し請求事件は別料金(着手金・報酬金各22万円)になります。
財産分与請求 着手金:22万円
報酬金:経済的利益の17.6%
※離婚後に財産分与を請求する場合の費用です。
請求される場合は別途相談になります。
また、離婚の際に財産分与を請求する、請求された場合に関しては、
上記の離婚事件代理プランとなります。
面会交流 着手金:22万円(審判手続に移行した場合は追加着手金として11万円)
報酬金:22万円
※面会交流のみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚に関するご依頼をいただく場合は、上記の離婚事件代理プランとなります。
監護者指定、子の引き渡し 着手金:44万円
報酬金:44万円
※監護者指定、子の引き渡しのみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚事件代理プランのご依頼いただいている場合は着手金・報酬金各22万円となります。
養育費 着手金:22万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
※養育費のみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚に関するご依頼をいただく場合は、上記の離婚事件代理プランとなります。
婚姻費用 ■協議 
着手金:11万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
■調停 
着手金:22万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
※協議から調停に移行した場合は、着手金の差額のみ(各11万円)が追加着手金として発生いたします。
旅費・日当 旅費は対応地域外に出張した際に一般的な交通経路でかかる費用をいただきます。
日当は対応地域外への移動による合理的拘束時間(乗継等の拘束時間を含む)の区分に応じ、次の額です。
■往復2時間を超え 4時間まで 3万3000円
■往復4時間を超え 7時間まで 5万5000円
■往復7時間を超える場合   11万円
備考 *表示価格はずべて税込です。

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談60分 無料
※法律相談は予約制ですので、あらかじめお電話又はメールにてご予約を
お願いいたします。
※ご依頼していただいた場合は、それ以降の法律相談料は発生しません。
不貞、貞操権侵害などの慰謝料請求 ■交渉
着手金:11万円
報酬金:経済的利益の22%(但し、最低額は22万円)
■訴訟
着手金:22万円
報酬金:経済的利益の22%(但し、最低額は22万円)
※交渉からご依頼いただき、その後訴訟手続きに移行した場合は、
着手金の差額のみ(11万円)が追加着手金として発生いたします。
離婚協議書などの合意書作成 1通 5万5000円~11万円
(事案によって左記金額から個別に判断させていただきます。)
※公正証書作成の作成を希望される場合は、別途、公証役場に支払う
公正証書作成手数料がかかります。
離婚事件代理プラン 離婚協議、離婚調停、離婚訴訟について、お客様を代理して手続きを進めさせていただきます。
具体的には、離婚、親権、養育費、面会交流(面接交渉)、財産分与、慰謝料、年金分割の手続きについて
代理いたします。
また、必要に応じ婚姻費用(離婚までの生活費)請求等の手続きについても代理いたします。

■協議
着手金:22万円
報酬金:33万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)
■調停
着手金:33万円
報酬金:33万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)
■訴訟(第1審まで)
着手金:44万円
報酬金:44万円+経済的利益の11%(養育費・婚姻費用は2年分を限度とする)


離婚事件代理プラン(*注釈) ※協議から調停、調停から訴訟など別の手続きに移行した場合は、
着手金の差額のみ(各11万円)が追加着手金として発生いたします。
※非監護親が親権を争う場合は、着手金・報酬金にそれぞれ11万円を追加します。
※お客様が有責配偶者である場合は報酬金に11万円を追加します。
※委任事務の内容が復縁を求めるものに変化した場合も報酬金が発生いたします
※調停は5回を超えた場合に6回目から、訴訟は10回を超えた場合に11回目から
2万2000円の出廷日当が発生いたします(ほとんどの事案で超えることはありません。)
※子の引き渡し請求事件は別料金(着手金・報酬金各22万円)になります。
財産分与請求 着手金:22万円
報酬金:経済的利益の17.6%
※離婚後に財産分与を請求する場合の費用です。
請求される場合は別途相談になります。
また、離婚の際に財産分与を請求する、請求された場合に関しては、
上記の離婚事件代理プランとなります。
面会交流 着手金:22万円(審判手続に移行した場合は追加着手金として11万円)
報酬金:22万円
※面会交流のみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚に関するご依頼をいただく場合は、上記の離婚事件代理プランとなります。
監護者指定、子の引き渡し 着手金:44万円
報酬金:44万円
※監護者指定、子の引き渡しのみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚事件代理プランのご依頼いただいている場合は着手金・報酬金各22万円となります。
養育費 着手金:22万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
※養育費のみをご依頼いただいた場合の金額になります。
離婚に関するご依頼をいただく場合は、上記の離婚事件代理プランとなります。
婚姻費用 ■協議 
着手金:11万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
■調停 
着手金:22万円
報酬金:経済的利益の11%(2年分を限度とする。但し、最低額は22万円。)
※協議から調停に移行した場合は、着手金の差額のみ(各11万円)が追加着手金として発生いたします。
旅費・日当 旅費は対応地域外に出張した際に一般的な交通経路でかかる費用をいただきます。
日当は対応地域外への移動による合理的拘束時間(乗継等の拘束時間を含む)の区分に応じ、次の額です。
■往復2時間を超え 4時間まで 3万3000円
■往復4時間を超え 7時間まで 5万5000円
■往復7時間を超える場合   11万円
備考 *表示価格はずべて税込です。

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

事務所情報

平井・柏﨑法律事務所
平井 章悟(福岡県弁護士会)
所在地
〒 802-0003
福岡県 北九州市小倉北区米町1-2-22 小倉NSビル4階
モノレール「平和通駅」から徒歩約3分
JR「小倉駅」から徒歩約5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
受付時間

平日/9:00〜18:00
※上記以外の日時につきましても、対応できる場合がございますので、ご連絡の際にご相談ください
*メールでのご予約は24時間受付

  • 平日可
4人
https://h-k-law.com/

平井・柏﨑法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収

電話で問い合わせ
050-5453-9476

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

平日/9:00〜18:00
※上記以外の日時につきましても、対応できる場合がございますので、ご連絡の際にご相談ください
*メールでのご予約は24時間受付

  • 平日可

平井・柏﨑法律事務所へ問い合わせ

電話番号

050-5453-9476

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日/9:00〜18:00
※上記以外の日時につきましても、対応できる場合がございますので、ご連絡の際にご相談ください
*メールでのご予約は24時間受付

  • 平日可

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー