現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
元島 亮典弁護士

( もとしま あきのり ) 元島 亮典

しもいな法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【刑事事件の初回相談30分無料】刑事事件は、迅速な対応が必要です。ご依頼いただいたからには、情熱をもって対応させていただきますので、安心してお任せください。
しもいな法律事務所
しもいな法律事務所
しもいな法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■スピード感のある対応はお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
刑事事件は、弁護士の本質ともいえる業務のため、日々研鑽を積んでおります。
窃盗や暴行、薬物などでご家族が逮捕されたというような連絡を受けた場合には、慌てずに弁護士にご相談ください。できる限り速やかに面会に行き、ご依頼者様やご家族の不安な気持ちを軽減できるようにいたします。

自白事件の場合においては、被疑者・被告人の反省を促すことはもちろん、ご家族等関係者と共に再犯防止のための環境作りに尽力し、被害者の救済に努めます。一方で否認事件(えん罪事件)の場合は、被疑者・被告人の権利を守るため、全力で戦います。過去には、無罪判決を勝ち取った経験もありますので、これまでの経験と知識を踏まえて、最善の解決を目指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■当事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】24時間メールでのご予約を受付!
【2】予定が空いていれば当日相談対応可◎
【3】事前予約で休日・夜間(20時まで)対応可◎
【4】スピード感ある対応で,接見や関係者との打ち合わせ,現場の調査等を行います
【5】接見(面会)では丁寧なヒアリングを行います


刑事事件は、初動の対応が重要です。
ご相談いただいたからには、スピード重視の優先対応でサポートします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相談料:30分5,500円
>> 弁護士ドットコムを見たとおっしゃられた方は、初回30分無料です

休日、夜間は最低1時間からの相談の受け付けに限定しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・親族が窃盗事件の加害者になってしまった。
・交通事故を起こして逃げてしまった。
・執行猶予にしてほしい。
・家族が逮捕されたが、どうしたらいいか分からない。
・今すぐに面会にきてほしい。身柄を釈放してもらいたい。

【取り扱うことが多い事件】
・窃盗事件
・暴行,傷害事件
・交通事故事件(飲酒運転,ひき逃げ等)
・詐欺事件
・薬物事件(覚せい剤,大麻の使用等)・・・など

------------------------------
■アクセス
JR飯田線・元善光寺駅を出て、旧153号線沿いに北へ徒歩10分。
JR飯田線・下市田駅を出て、153号線沿いに南へ徒歩約13分。

※お車でお越しの方は、事務所駐車場をご利用ください。

■事務所のHP
https://shimoina.com/

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 通常30分/5,500円
弁護士ドットコムを見たとおっしゃられた方は初回30分相談料無料
着手金 22万円〜(税別)
報酬金 略式命令:16万5000円〜
不起訴・起訴猶予:55万円〜
その他 詳細についてはお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(7件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【勾留執行停止】逮捕後手術のために一時勾留を解いてもらった事例

依頼主 60代 男性

相談前

当職が被疑者の方と初回接見をした際,被疑者本人からの訴えはありませんでしたが,当職から見て様子がおかしく見えたので,裁判所及び検察庁に対して,医師による診察を求めました。

相談後

当職の要求を受けて,医師による診察が直ちに行われたところ,被疑者に緊急の手術が必要な症状が見つかったことから,被疑者の勾留は一時解かれ,被疑者は入院して手術を受けることができ,失明を免れました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

 勾留の執行停止という手続が認められた例です。
 逮捕されてから私が被疑者と会うまで2日も経っていましたが,警察や検察は被疑者の異変に気づけなかったようであり,私が弁護人となっていなければ,被疑者は失明をしていたかもしれません。
 弁護人には,刑事事件以外についても被疑者のことを考え,気づくことが出来る人が向いているかもしれません。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

詐欺の受け子について無罪を勝ち取った事例

依頼主 20代 男性

相談前

詐欺の受け子の容疑で捕まった被疑者の事例です。
 被疑者は,容疑は誤解である(冤罪)旨主張していましたので,被疑者と一緒になって裁判を戦いました。

相談後

故意が否定され,無罪判決を勝ちとることができました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

この事件は,複雑な事情が絡み合い,ITの知識も必要な大変なものでした。現地へ赴いて関係者から聴き取りを行ったり,検察官に対して任意開示を求めたりするまめな弁護活動を行ってきたことと,当職が工業系出身だからこそ有していた知識があったからこそたどり着けた結果だと思います。
無罪を主張する場合,弁護人の能力によって結果が著しく変化しますので,刑事弁護を熱心にされている人を選ぶことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

【一部執行猶予】薬物の常習犯が執行猶予期間中に再度薬物を使用してしまったが,一部執行猶予付き判決を得られた事例

依頼主 40代 男性

相談前

薬物の常習犯の被疑者の事例です。
 更生の意欲がありそうでしたので,刑期の減軽ではなく一部執行猶予を求める弁護活動を行いました。

相談後

検察官からは反対意見が出ていましたが,一部執行猶予付きの判決を得ることができました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

執行猶予という制度は,最後のチャンスを裁判所が与えてくれるものですから,執行猶予期間中に罪を犯せば刑務所にいくことを免れることはほぼできません。
 しかし,一部執行猶予制度が始まったことにより,刑務所にいくことは免れないとしても,刑務所にいる期間を短くできる可能性はあります。
 一部執行猶予制度は比較的新しい制度ですので,とっさに思いつかない弁護士もいるかもしれません。弁護人を選ぶ際には,最新の制度に対応できるよう勉強している人を選ぶことをお勧めいたします。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

【被害弁償】被害弁償ができたことにより執行猶予付き判決が得られた事例

依頼主 50代 男性

相談前

高額の詐欺の罪を犯した被疑者の事例です。
 このままでは,刑務所にいく可能性もありましたが,被疑者に更生の意欲があり,被疑者の更生を熱心に応援してくれる方がいたため,執行猶予付きの判決を求める活動をしていきました。

相談後

執行猶予付きの判決を得られました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

被害者の方の被疑者に対する怒りが強く,被害弁償を行うことが難しかった事案でした。ただ,最後は被害者の方から「貴職のご努力に敬意を表し」被害弁償を受け入れますといわれたときは,弁護人冥利につきました。
 被害弁償は,当事者の関係,被害の程度,事件が経ってからの経過日数,用意できる予算などが影響する為,必ずしも成功するとは限りません。そのため,被害弁償の交渉について熱心でない弁護士も少なからずいます。しかし,被害弁償(示談)の有無により,裁判の結果が大きく変化する可能性があるため,弁護人を選ぶ際には,粘り強く被害者と交渉してくれる弁護士を選ぶことをお勧めいたします。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

【不起訴】冤罪で逮捕されたが20日間で釈放された事例

依頼主 30代 男性

相談前

 被疑者は,相手に暴行を働いたとして逮捕されていましたが,自分はやっていない(冤罪)と訴えておりましたので,釈放されるように弁護活動することにしました。

相談後

現場の調査や目撃者などからの聴き取りなどを行い,誤解である旨を収集した証拠を提出するとともに検察庁に訴え続けたところ,被疑者は不起訴になり釈放されました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

冤罪事件については,被疑者段階で釈放されることが一番良いです。
 そのためには,弁護人の迅速な証拠収集活動が必要です(特に防犯カメラ映像については保存期間が限られていますので,すぐ動かないと収集することはできなくなることもあります)ので,弁護人を選ぶ際にはすぐに行動できる人を選ぶことをお勧めいたします。

犯罪・刑事事件の解決事例 6

【警察官の不適切な取調べに対する抗議】弁護人の抗議により冤罪を免れた事例

依頼主 50代 男性

相談前

暴行事件の被疑者から,警察官が自分の行っていない悪質な行為(傷害罪)まで認めるよう強要され,間違った内容の供述調書が作られてしまったとの訴えがあったことから,弁護人として直ちに抗議を行いました。

相談後

被疑者が警察官から強要されて署名してしまった供述調書は排斥され,被疑者の認識しているとおりの暴行罪で,被疑者は処罰されることができました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

誤った内容の供述調書には絶対に署名押印(拇印)してはいけません。仮に,署名押印してしまうと,後の裁判等で自分の犯した罪以上の裁きを受ける可能性があります。それにもかかわらず,警察官などに強要されて間違っていることについて認めた供述調書に署名押印してしまう被害者は多々おります。
 もし,間違った内容の供述調書に署名押印してしまった場合は,弁護人を呼んで直ちに対応する必要があるため,弁護人を選ぶ際には,すぐ行動してくれる人を選ぶことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例 7

【勾留取消の準抗告】勾留取消の準抗告が認められた事例

依頼主 20代 男性

相談前

被疑者の勾留の取消しを申請したところ却下されたため,勾留決定や勾留延長決定に対する準抗告ではなく,勾留取消請求却下決定に対する準抗告を行いました。

相談後

勾留取消請求却下の決定に対する準抗告が認められ,被疑者は釈放されました。

元島 亮典弁護士からのコメント

元島 亮典弁護士

被疑者を釈放してもらうために,勾留決定や勾留延長決定に対する準抗告,勾留取消請求,保釈請求を考える弁護人は多いですが,勾留取消請求却下決定に対して準抗告をするというマイナーな手続を選択肢に加えている弁護人は少ないと思われます。
 事案によって,被疑者を釈放してもらうのに適する手段というのは異なりますので,弁護人を選ぶ際には,様々な選択肢を持っている人を選ぶことをお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
しもいな法律事務所
所在地
〒399-3103
長野県 下伊那郡高森町下市田326-1 ダイナテナント3階
最寄り駅
JR飯田線 元善光寺駅,下市田駅
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
上記は電話受付時間です。時間外については,メールをご利用いただくか,留守番電話への録音をお願いします。
相談は平日夜間・休日でも可能な限り対応させていただきます。
対応地域

北陸・甲信越

  • 長野

東海

  • 愛知
  • 岐阜
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 相続
  • 消費者被害
  • 逮捕・刑事弁護
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5368-0690

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 18:00

元島 亮典弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5368-0690
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
上記は電話受付時間です。時間外については,メールをご利用いただくか,留守番電話への録音をお願いします。
相談は平日夜間・休日でも可能な限り対応させていただきます。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談