お気に入りに追加
塩地 陽介弁護士

( しおじ ようすけ ) 塩地 陽介

塩地法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
◆宮崎県弁護士会 副会長など歴任
◆県内弁護士ランキング1位獲得実績
◆売買・賃貸・借地、相続、任意売却に強み
◆セカンドオピニオン歓迎
塩地法律事務所
塩地法律事務所
塩地法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 任意売却

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【弁護士キャリア17年以上】不動産トラブルの実績多数

  • 【家賃請求】長期で滞納された家賃の回収を実現
  • 【契約書作成】不動産を売却するために契約書を作成
  • 【賃料増額】賃貸人から賃料増額請求を受けた
  • 【アパート明渡し】住民が騒音により近隣に迷惑を掛けており、借主を退去させたい
  • 【相続/共有財産】家や土地をどう分けるか、アドバイスを受け交渉を任せたい。

特徴

  • 宮崎県地域密着、豊富な対応実績
  • 企業・不動産オーナー側も、個人の方も、両方に対応可能
  • 相続関連や、複数名の利害関係者がいるような複雑な案件も歓迎します

※お急ぎの場合は、まずはお電話ください。緊急度にあわせ、すぐに対応させて頂きます。

こんなお悩みはございませんか?

▼個人の方

  • 立ち退き料を請求し、今後の支えとしたい
  • 原状回復費用に関して、納得がいかない
  • 滞納家賃が発生し困っている。
  • 賃貸物件の解約に関してトラブルになっている。
  • 不動産登記手続について、サポートしてほしい。
  • 共有者が不動産の処分に同意してくれない。

(相続関連)

  • 遺産に不動産があるが遺産分割協議がまとまらない。
  • 相続により不動産を共有しているが共有関係を解消したい。
  • 家や土地をどのように分けてよいかわからない。

▼企業・店舗・不動産オーナーの方

  • 立ち退きを迫られており、お店の営業休止・停止・縮小を余儀なくされ、損失が心配だ
  • 立ち退き料を請求したい
  • 仲介物件の仲介料が支払われず困っている。
  • 賃料の支払いを待ってほしいといわれた(賃料滞納)。
  • 貸マンションの経営・維持を他者にすべて任せたい。

幅広く対応しております。お気軽にお問い合わせください。

賃料回収について

賃料滞納の回収は時間が経過するほど、滞納家賃額がふくらみ、回収が難しくなる可能性が高くなるトラブルの1つです。

その解決は非常に面倒なものです。また自然に解決することは稀です。このため、多くのオーナー様が、一定期間以上、問題を放置してしまう傾向にあります。

しかし不動産は資産ですので、問題が長期化するほどに損失は大きくなります。また、気がかりがずっと続くのも決していい状態とは言えません。

是非一度、弁護士にご相談ください。早期解決のうえ、ご依頼者の利益を最大限に守ります。

取り扱い案件

■立ち退き、明け渡し問題
■賃料・管理費回収
■不動産管理
■借地・借家問題
■マンションを巡る問題
■賃貸借トラブル
■契約トラブル
■借地権
■共有不動産問題
■相続の絡む不動産問題

アクセス

  • JR日豊本線 / 宮崎駅 バス10分
  • 裁判所前バス停下車 徒歩2分

県庁側からお越しの際は、県庁通りを裁判所に向かって進み、宮崎中央法律事務所を右折し、宮崎弁護士会を左折してすぐ右手のマンションです。駐車場もありますので、お車でもお越しください。

不動産・建築

料金表をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◆宮崎県弁護士会 副会長など歴任
◆県内弁護士ランキング1位獲得実績
◆地域密着/対応実績多数
遺言・親族間交渉や調整・分割・預貯金使い込み・不動産など、幅広く対応しています。
塩地法律事務所
塩地法律事務所
塩地法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

親族間のトラブルには弁護士をご活用ください

相続にまつわる問題は、ご依頼者の親族との争いを産みやすい問題です。これまで仲の良かった親子や兄弟が、残された遺産を巡って争う姿というものは、当事者にとってはとても苦しいものがあります。

それぞれのお考えや背景などを伺って状況を適切に整理する力が弁護士には求められますが、相続問題は画一的な解決法ではなく、それぞれのご家族に合わせた適切なアドバイスが必要です。

また、相続関係には他士業との連携も必要となり、相続関係に強い他士業とも連携したサポートが可能です。長年弁護士をしてきたからこそできる、質の高いリーガルサービスに努めてまいりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご相談例

  • 相続人の間で出来るだけ揉めない遺言を作成したい。
  • これは遺言に含まれるのか判断ができない。
  • 遺産分割協議が難航していて困っている。
  • 亡くなった相続人の財産が調査できない。
  • 亡くなった父には多額の借金があり、相続放棄をしたい。
  • 行方不明の相続人がいて、遺産分割の話合いができない。
  • 土地を相続したが、借地権者から何かと先代との合意があるからと言われ、地代を支払ってもらえない。

など、他にもお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

強み

  • 遺産相続問題に多くの解決実績があり
  • 司法書士や税理士との連携で、スムーズかつ速やかな解決を
  • 遺産分割協議、調停・不動産相続・事業承継/財産管理・遺言書の作成など、幅広くサポート

塩地法律事務所の3つの特長

1.個人情報管理の徹底

塩地法律事務所では個人情報の管理を徹底し、皆さんの秘密を守ります。弁護士には守秘義務がありますので、皆様のプライバシーも含めて外部に漏れることはありませんから安心してお話ください。

2. 明確な費用

事前にご説明をして協議したうえで弁護士費用契約書を作成し、必要な費用を明確に示します。後から膨大な費用を請求されるといったことはありませんので、ご納得いただいた上でご依頼いただくことができます。

3. 親切・丁寧な対応

弁護士・事務員ともに、依頼者の皆さんに寄り添って、親切・丁寧な対応を心がけています。あなたの問題解決に向けて、弁護士のみならずスタッフも含めて全面サポートいたしますので、事件解決までのスピード感や、タイムリーな情報提供には定評があります。

アクセス

  • JR日豊本線 / 宮崎駅 バス10分
  • 裁判所前バス停下車 徒歩2分

県庁側からお越しの際は、県庁通りを裁判所に向かって進み、宮崎中央法律事務所を右折し、宮崎弁護士会を左折してすぐ右手のマンションです。駐車場もありますので、お車でもお越しください。

この分野の法律相談

【相談の背景】 両親から生前に貰ったものについて 生前に親から長男である私へ妻へ子供(孫)に現金で100ずつもらいました。 【質問1】 この場合贈与税はかかりませんよね? 一家に300万ではなく個人に100ずつです。

1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。 なお、同じ年に別に他の人から10万円を超えてもらっていた場合は、合計110万円を超えるので、超えた分について贈与税がかかってきます。

塩地 陽介弁護士

【相談の背景】 車のローンが残っていて、相続人がいない。 お付き合いをしていた者ですが。ローンを一括で支払いしたあと車を引き取りたいのですが。 【質問1】 相続人にならなければ、名義変更はできないのですか?

ローン会社としては、払ってもらえるなら第三者からの弁済であっても受け取る可能性はあります。 ただし、その場合でも自動車の名義があなたのものになるわけではありません。 車が亡くなった方の所有であるということを前提に説明しますが、相続人がいれば相続人が車の所有者になります。 相続人がいない場合には、財産は「相続財産法人」となり、利害関係人の請求によって...

塩地 陽介弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 交渉 20万円~(税別)
調停・審判・訴訟 30万円~(税別)
ただし、相続放棄は親子の場合3万円(税別)、兄弟姉妹の場合5万円(税別)
調査(相続人調査、遺産調査)については3万円~(税別)で行います。
報酬金 経済的利益の10%~16%(標準)
備考欄 着手金及び報酬金は事案により異なるため、上記を目安として協議のうえで決定し、契約書に明記します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺産分割協議】高齢の依頼者以外の相続人全員が県外に居住していた案件

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 80代以上 女性

相談前

被相続人(亡くなった方)には子がなく、亡くなった際には、不動産(賃貸物件を含む)、生命保険、投資信託、預貯金等の遺産があったが、近くに住んでいたのは高齢の姉(相談者の母)のみだった。
相続人の長男である相談者(県外在住)は、遺産の管理や遺産分割手続をどう進めてよいかについて悩んでいた。
相談時、相談者の母(相続人)は事故に遭って入院していた。

相談後

相談者は、高齢の母の見舞いのために宮崎を訪れた際、当事務所に相談したうえで、私に依頼することを決めました。
私は、相談者とともに依頼者である母(被相続人の姉)が入院中であった病院を訪れ、母の依頼意思を確認して、その場で委任状と委任契約書に署名していただきました。

まずは、戸籍を収集して法定相続人を確定して相続関係図を作成し、共同相続人の住所を特定して受任通知を送付したうえで、遺産調査後に遺産分割方針を提案するので時間がほしいという連絡をしました。

被相続人には成年後見人が付いていたため、私は成年後見人事務所に連絡したうえで、財産目録の提供を受けて遺産の範囲を確認し、金融機関には被相続人の死亡届を提出して財産の保全を行いました。

遺産の概要が判明した段階で、依頼者の長男(相談者)と協議したうえで遺産分割案を作成し、その段階で施設に入所していた依頼者にも意思確認を行った上で、各相続人に対して遺産分割案を提示しました。

分割案に対する意見を述べた相続人もいましたが、それを踏まえて分割案を修正して再度全員から同意を取り、調停を経ることなく遺産分割協議を成立させました。なお、紛争にすることなく協議が成立したことから、依頼者が負担した弁護士費用についても、相続人全員で平等に負担する内容の遺産分割協議書を作成して、同意を得ることができました。
成立後は、金融機関に対する解約交渉もすべて当事務所で行い、遺産分割を実施するに至りました。

塩地 陽介弁護士からのコメント

塩地 陽介弁護士

高齢化の進行により、被相続人だけでなく相続人も高齢者であるケースが増えています。相続人自身が施設に入所していたり、入院している場合はご親族が対応しなければならないこともあり、離れて暮らしている場合など対応に困ることもあると思われます。

この事例では、関東在住の息子さんが宮崎を訪問した際に当事務所に相談し、私と一緒に病院へ行ってお母さんである相続人本人の意思確認をして受任に至りました。
その後は、電話やメールのやり取りで息子さんと打合せを行い、依頼者であるお母さんの意思確認は私が施設を訪問して行うことで、スムーズに進めることができました。

また、他の共同相続人が全員県外在住であったため、不動産については宮崎に居住している依頼者が相続する形で分割案を提案したところ、多少の修正はありましたが、全員からの同意を得ることができ、調停を経ることなく解決に至りました。

この事例は遺産も多く、賃貸不動産や投資信託も含まれているなど、遺産分割協議成立までの間にも賃料や配当などが発生し、固定資産税の支払も発生するなど財産が変動したため、その管理も必要になりました。
弁護士を介入させたことで相続人の負担を軽減することができ、また、死亡後の財産管理についても収支を明確にすることで紛争を予防できたと思われます。

相続人が多い場合、相続人の所在が分散している場合、財産の種類が多い場合などは、相続人がご本人で対応するのは時間的にも労力的にも大変であり、遺産の管理方法が原因で新たな紛争が生じる可能性もあります。
相続人の調査や連絡、金融機関との連絡・交渉、遺産の管理などは弁護士に依頼することで、ご自身のみならず他の相続人の利益にもなるため、弁護士に依頼することが紛争の予防になる側面もあります。

また、相続人本人が高齢の場合などご自身で対応することが事実上困難な場合があり、このようなケースでは弁護士に依頼するメリットは大きいと考えられます。
ご家族からの相談も受け付けておりますので、早めのご相談をおすすめいたします。

遺産相続の解決事例 2

【遺産の使い込み】父親が死亡し、母親が共同相続人である子どもたちに無断で預貯金を解約していた案件

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

父親が死亡し、遺産は不動産と預貯金であったが、死亡後に母親が子どもたちに無断で預貯金を全額引き出していた。
相続人の一人である相談者は、遺産について話合いをしようとしたが、県外にいる兄弟とは疎遠で、母親も話合いに消極的だったため、母親が引き出した預貯金がなくなってしまわないかが心配だった。
相談者は法定相続分で分割できればよいが、立替払いした葬儀費用は精算することを希望していた。

相談後

依頼を受けた後、戸籍を収集して相続人を確定し、住所を調査して母親と県外に住む兄弟に受任通知を送付しました。その際に、各相続人に対し、不動産は母親が取得し、子どもたちは現金で分割を受けるという提案をしました。

しかし、母親と一人の兄弟からの回答が届かず、依頼者と協議したうえでやむを得ず調停を起こすことにしました。
調停を起こしたところ、母親の代理人として弁護士が就き、当方の提案に応じる旨の意見が出されました。
他の相続人も当方の提案を争わなかったので、調停を成立させられる状況だったのですが、依頼者と母親以外は県外に居住していたため、調停に出頭しなかったことから調停を成立させることができませんでした。

そこで、裁判所が「調停に代わる審判」を行い、誰からも異議が出されなかったことから、依頼者が求めた内容に基づいて審判が確定し、遺産を受け取ることができました。

塩地 陽介弁護士からのコメント

塩地 陽介弁護士

遺産分割に協力的でない共同相続人がいる場合、いつまでも手続が進まず遺産が塩漬けにされてしまうことがあります。
また、このケースのように被相続人が死亡した後、親族らが預貯金を引き出している場合があり、放っておくと遺産が使われてしまうおそれもあります。

このケースでは、依頼者が弁護士に依頼して調停を起こしたことから遺産を確保することができましたが、誰も手を打たなければ、遺産は母親に使われてしまい、子どもたちは遺産を受け取れなかった可能性もあります。
おかしいと思った場合は放置せず、弁護士に依頼して解決を目指すことをおすすめします。

また、話合いによる解決が難しい場合は、調停を起こすことで話合いに消極的だった相続人も調停に対応せざるを得なくなり、速やかに調停を起こすことが早期解決に結びつくこともあります。
弁護士に依頼することで、適切な法的解決が可能になるだけでなく、他の相続人との交渉、調停への出頭、裁判所との連絡、各種手続も弁護士に依頼することができるので、時間や労力の軽減になります。
早めにご相談いただくことをおすすめします。

借金・債務整理

分野を変更する
◆宮崎県弁護士会 副会長など歴任
◆地域密着、県内弁護士ランキング1位獲得実績
自宅や車を手放すことなく、借金の整理を進めることが可能です(個人再生)。
塩地法律事務所
塩地法律事務所
塩地法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

月々の返済が苦しい、という方へ

様々なご事情から、「返済が、難しくなっている」と言う方が増加しています。借金を抱えているというと、「支出の管理ができていないから」「だらしがないから」といった一方的なコメントをする方もいますが、実際にはそうではないと私は考えています。

多くのご相談者と接してきました。債務の返済が難しくなるという事態は、誰にでも起こり得ることです。本当に小さなきっかけが重なり、しっかりと返済シミュレーションを持っていた方であっても、債務トラブルに巻き込まれてしまいます。

法律と弁護士を頼ることで、この悩みは解決が可能です。1人で抱え込むことなく、どうか頼っていただきたいと思います。

家と車を手放すことなく、借金を解決

債務整理には複数の解決手法があります。どれを選ぶかは個々人の置かれたご状況やお考えによって異なりますが、私はとりわけ「個人再生」に注力しています。

債務が整理できたとしても、自宅や車を手放してしまえば、明日からの生活に大きな混乱をきたします。それでは、意味がありません。

個人再生によって、自宅や車という必需の資産を手放すことなく、返済負担を大幅軽減することが可能です。債務者(お金を借りている相手)との交渉、裁判所への働きかけなど、全て弁護士が対応します。

弁護士依頼でできること

弁護士が代理人として対応することで、例えば以下を実現することができます。

  • 督促を止める
  • 債務の金額そのものを、減らす
  • 減額した上で、現実的な返済計画を立てる
  • 分割で少しずつ返済することに、債務者から合意を得る

自己破産することなく、個人再生で救われる人は多くいます。またご事情を丁寧にお聞きしたうえで、自己破産、任意整理、古い債務については消滅時効の援用を行うなど、相談者様に最適な方法をアドバイスいたします。

借金でお困りの方は、お早めにご相談ください。

消費者被害にも精通し、高金利業者/多重債務にも強み

消費者問題に関する委員会にも、所属しています。債務が膨れ上がっていく背景に、悪質な業者(高金利な貸金業者や詐欺)が関連していることもあります。

必ずしも、借金をする側だけに問題あるわけではありません。このようなケースも、毅然とノウハウを活かし、対応します。

著書

  • 『個人再生の実務Q&A 120問』(発行:一般社団法人金融財政事情研究会)

共同執筆として参加しており、個人再生に関する豊富な知見とノウハウを有しています。

ご相談例

  • 借金の返済を軽くしたいが、家を残したいので住宅ローンは払い続けたい
  • 収入が減って返済が厳しい
  • 家族が借金をしている
  • 債権者から電話が何度もかかってくる
  • 債権者から手紙が何通も届く
  • 毎月の返済で生活が成り立たないので自己破産を考えたい
  • コロナ禍で業績が悪化した事業を清算したい
  • 借金をゼロにしたい

など、他にもお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

重点取扱案件

  • 個人再生(住宅条項付きを含む)
  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金被害
  • 任意整理
  • 法人破産

アクセス

JR日豊本線 / 宮崎駅 徒歩15分
バス / 裁判所前バス停下車 徒歩2分

県庁側からお越しの際は、県庁通りを裁判所に向かって進み、宮崎中央法律事務所を右折し、宮崎弁護士会を左折してすぐ右手のマンションです。駐車場もありますので、お車でもお越しください。

借金・債務整理

料金表をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 自己破産を検討しております。 先日の質問でギャンブルでの自己破産を試みた方が良いとアドバイスいただきました。 もうひとつ不安材料があり、キャリア決済で換金性の高いものを購入して売却し、前月のキャリア決済の支払いをしている状況です。 【質問1】 クレジットカードやキャリア決済...

自分の収入や資産では支払ができなくなっているようなので、破産はできると思いますが、問題は免責が受けられるかどうかですね。 キャリア決済もクレジットの翌月払と同様に債務負担と判断される可能性があり、また、クレジットカード枠の現金化と似たようなことをしているのであれば購入商品の廉価転売と同様であり、免責不許可事由に当たる可能性があります。 ただ、弁護...

塩地 陽介弁護士

【相談の背景】 私は妻と子の3人家族です。 7月下旬に名義が母で世帯主の都営住宅を妻子と共に転出しました。 住民票等の手続きは終えて、残すは転出届と世帯員変更届だけです。 8月上旬に荷物を持って母の都営住宅を出て行ったのですが、その後それまでの約一年分の電気ガス代と、約半年分の水道代と家賃、こ...

【質問1】  お母さんの請求内容の法的根拠が不明なので、何とも言えません。  同居期間中の生活費の分担請求ということで、あなたには支払意思があるということのようですが、いつまでにいくらを支払う義務があるかが不明確です。  お母さんが弁護士に依頼するというのであれば、弁護士を通じてどういう法的根拠でいくらを請求するのかを明確にしてもらえばよいのではないで...

塩地 陽介弁護士

【相談の背景】 持ち家があるが、収入が僅かの年金しか無く生活保護を受けている父親がいます。持ち家があるという事で生活保護費は少額です。 生活保護受給の前から高額の債務があり、家を抵当に借金をしております。 現在は生活保護の為、借金の返済は年金が入る月のみ2万円づつしているようですが、やはり生...

生活保護を受給しながら借金の返済をするのはNGだと思いますが、役所からは指摘されていないのでしょうか。 方針としては、家を処分して抵当債務の弁済に充て、残余代金で他の債務を支払えない場合や代金に残余がない場合は自己破産ということになると思います。 家の価値と債務を比較して、債務の方が明らかに多いのであれば家の売却を先行させるまでもなく自己破産の申...

塩地 陽介弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 任意整理 1社につき25,000円(税別)
自己破産 標準額30万円~(税別)
個人再生 標準額40万円~(税別)
報酬金 任意整理の場合、元本を基準とした減額分の10%(税別)
過払金の返還を受けた場合、回収額の20%(税別)
備考欄 自己破産及び個人再生は原則として上記標準額にて対応しますが、複雑な事案や困難が予想される事案では、協議によって、着手金の増額または報酬金を設定することがあります(契約書に明記します。)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
塩地法律事務所
所在地
〒880-0803
宮崎県 宮崎市旭1-7-12 エスポワール宮崎県庁通り401
最寄り駅
宮崎駅から徒歩15分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
平日12-13時の間はお掛け直しいただけますと幸いです。
事務所の営業時間は 9:00 - 17:00です。
対応地域

九州・沖縄

  • 宮崎
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 相続
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 相続
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5841-9360

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

塩地 陽介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5841-9360

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
平日12-13時の間はお掛け直しいただけますと幸いです。
事務所の営業時間は 9:00 - 17:00です。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談