現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
西谷 拓哉弁護士

( にしたに たくや ) 西谷 拓哉

西谷・三田村法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
■弁護士直通電話■コロナ等で返済出来なくなった方、借金の整理はおまかせください。任意整理・自己破産・個人再生などの中から最善の方法を選択します
西谷・三田村法律事務所
西谷・三田村法律事務所
西谷・三田村法律事務所

京都地方裁判所のすぐ東です。静かな環境ですので落ち着いて相談して頂けます。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※お電話でのご相談可能(10分程度)
お電話で、法的に解決可能なトラブルかどうかの判断をさせていただきます。
弁護士が来所相談をすすめた場合は、ぜひお気軽にご来所いただければと思います。

法テラスご利用の方へ

法テラスをご利用の方は、3回まで同一案件でのご相談が無料となります。
法テラス利用の詳しい条件などは、お気軽にお問い合わせください。

債務整理、自己破産のご相談お任せください

・当事務所では、債務整理、自己破産(同時廃止・管財事件)などの事件を取り扱っています。
・自己破産手続を検討する場合、
①その人が破産する必要があるか(=他の手続きと比べて破産がベストといえるか)
②その人は破産した場合もう借金を払わなくてもよいとなるか(=裁判所が免責許可を出すかどうか)
 の2つの大きな検討の柱があります。
・免責に関しては、多額の浪費やギャンブルなどで作った借金があると、
 原則として免責がもらえません。
 そのような事情があっても、裁判所が免責を許可するかどうかについては、
 さらなる検討が必要となります。
・私は、裁判所から配点される破産管財人の仕事も行っていますので、
 自己破産の要否、自己破産した場合の免責の可否などを検討するに当たり、
 実務的な観点から、ポイントを押さえたアドバイスをご提案できます。
・依頼者の方が納得できる解決を目指し、誠心誠意取り組ませて頂きます。

こんなお困りごとはありませんか

  • 会社の資金繰りが厳しく、もうすぐ破産せざるを得ない。関係先に迷惑をかけたくないがどうしたらよいか
  • 新型コロナウィルスの影響で収入が減り、これまでできていた返済が厳しくなった
  • 業者から自宅や会社に電話がかかってくる
  • 家族や勤務先に知られたくないのでどこにも相談できない
  • 自分にとって最適な借金整理の方法を相談したい

サポートの特徴

  • 初回相談無料

初回相談は30分無料となります。
まずはお気軽にご相談ください。

  • 24時間予約受付

メールにて24時間予約受付を行っております。
平日の日中ですとお電話が難しい方は、ぜひメールでのお問い合わせをご利用ください。

  • 駐車場も完備

専用駐車場がございますので、お車でお越しの方は事前にご連絡ください。

弁護士に依頼するメリット

  • 取り立ての停止

弁護士が代理人として対応することで、債権者からの直接の取り立てを停止することが期待できます。

  • 債権者との交渉対応

債権者との交渉は当事務所が対応します。
債権者と直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

  • 生活再建

任意整理、自己破産、民事再生等、様々な債務整理方法のうち、いずれの方法が最適となるかを、依頼者と十分に協議しながら選択し、依頼者の生活再建を図ります。

この分野の法律相談

【相談の背景】 先月クレジットカードをギャンブルで無計画に使ってしまい、今月末に40万円ほどの請求があります。 ですが資金不足のため、支払いが困難です。 割賦枠も無いため、リボ払いや分割払いへの変更も出来ない状態です。 【質問1】 カード会社に連絡し、分割の相談に乗って貰える可能性はあります...

こんにちは、お困りのことと思います。 カード会社に連絡して分割の相談に乗ってもらえる可能性はありますが、遅延損害金は加算され続ける恐れがあります。 ブラックリストに載ってしまいますが、弁護士に相談して債務整理の依頼をしてもよいかと思います。 債務整理であれば、債務整理時点での残債額を固定し、その金額をベースに3~5年での分割スケジュールに応じてもらえる...

西谷 拓哉弁護士

【相談の背景】 自己破産手続き中で東京地裁に申立予定です。 申立前2ヶ月分の家計簿で配偶者との収入を合わせて、前の月の余り分を繰り越すと20万円超えます。しかし私の口座は20万超えません。 この場合どうなるのでしょうか。 【質問1】 家計簿は20万越しますが、自分の口座は20万超えない場合どうなるの...

繰越金額は、現金や電子通貨も含みます。 現金や電子通貨等の存在を失念していませんでしょうか。 それらを含んでも、繰越金額が、現在の預貯金等を上回っているということは、 支出として計上するべきものが漏れ使途不明金化しているということになるのではないでしょうか。 わずかであれば誤差の範囲なのかもしれませんが、金額が大きければ釈明の必要があるか...

西谷 拓哉弁護士

商売、(個人商店)に失敗し、3年前に法テラス活用の上自己破産手続きをとある弁護士に依頼しましたが未だに申立てすらされておりません。当該弁護士に対して何かしらの損害請求は可能でしょうか?

損害賠償の前に、 法テラス及び弁護士会への苦情相談(懲戒申立てではないです)をされてみては如何でしょうか。 弁護士会は、市民向けに弁護士への苦情相談窓口(市民窓口という名称)も設けていますので、相談に乗ってくれると思いますし、弁護士への事情確認もしてくれることがあります。 時間が滞留してしまっている先生も稀におられます。 法テラスや弁護士会から事...

西谷 拓哉弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※法テラスを利用して借金・債務整理の相談を希望の場合、同一案件で3回まで無料で法律相談をして頂くことが可能です。
債務整理 1社3万円~(税別)
自己破産(簡易) 20万円~(税別)
自己破産(管財) 30万円~(税別)
備考欄 ①上記金額は目安です。 詳しくはご相談の時にご説明させていただきます。分割払い等のご相談も可能です。
②自己破産(管財)は裁判所に納める予納金がさらに数十万円必要になります。詳しくは該当事案の相談を受けた際、ご説明します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

会社の代表者につき、諸事情を勘案して、代表者のみの破産手続きを行った事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

1年前にAに強要されてB会社の代表者に就任させられ、併せてB会社の借入金の連帯保証人にさせられました。B会社はAが実質的に支配する会社で、会社の帳簿、通帳や印鑑なども全てAが管理しているので、私は手が出せません。現在、B会社は事実上経営破綻しているような状況にあり、私のもとに多額の連帯保証債務の取立が来ています。代表者が破産する場合、通常会社も併せて破産手続きを取らなければ裁判所に受け付けてもらえないと聞いたのですが私はどうしたらいいのでしょうか。

相談後

裁判所に事情を説明して、名ばかりの形式的な会社の経営者にさせられているにすぎず、帳簿類、通帳や印鑑も一切保有していないので、会社の破産申立ては困難であることを説明し、相談者個人でのみ破産申立てを行うよう助言しました。

その後、相談者個人でのみ破産申立て手続きを行い、裁判所から会社の破産申立てが困難であることについて事情確認が複数回に渡り行われましたが、最終的に管財事件として破産開始決定が出され、その後、無事に破産手続き終結・免責許可決定も出されました。

相談者は、会社も破産しなければ、自身も破産できないと思い込み憔悴しきっていましたので、手続きが終結したときの「相談して良かった。」と晴れ晴れとした笑顔でお礼を言われたことを今でも覚えています。

西谷 拓哉弁護士からのコメント

西谷 拓哉弁護士

実務的に、会社の代表を務めている者が、会社の負債を残したまま、代表者のみが破産することを裁判所は認めてません。
ただし、これは運用上の問題であり、法律(=破産法)上、必ず、会社と会社の代表者がセットで破産申立てをしなければならないことが定められているわけではありません。
そのため、裁判所に会社の破産が困難であることを積極的な理由をもって説明すれば、裁判所も運用の例外を認めてもらえると考え、上記のアドバイスを行い、相談者個人でのみの破産申立てを行いました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
西谷・三田村法律事務所
所在地
〒604-0971
京都府 京都市中京区富小路通丸太町下ル 富友ビル2階
最寄り駅
丸太町駅・神宮丸太町駅から徒歩7分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は平日9:30~17:30
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5346-2532

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

西谷 拓哉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-2532
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は平日9:30~17:30
交通アクセス
駐車場あり