現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
北島 正悟弁護士

( きたしま しょうご ) 北島 正悟

北島法律事務所

遺産相続

分野を変更する
財産の管理や将来の引継でお困りの方が,ご自身の希望に沿った解決をして,地域で安心して生活できるお手伝いをしています。お気軽にご相談下さい。
北島法律事務所
北島法律事務所
北島法律事務所

当事務所の外観・相談室・待合室です。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

♣案件への対応姿勢
①社会福祉士資格を有しており,地域の医療・福祉関係者との連携を通じて,日々高齢者の方の支援に真剣に向き合っております。単に財産管理を支援するだけでなく,住み慣れた地域で安心して生活を送っていくために何が必要かを考えて支援いたします。
②ファイナンシャル・プランニング技能士2級を有しているほか,金融機関での長年の勤務経験のある行政書士との合同事務所であるため,資産管理に関する幅広いご相談に対応できます。

♣費用について
じっくりとお話を聴かせていただくため,初回の相談料は60分で5,000円(税別)としております。
着手金や手数料といった弁護士費用は,当事務所の基準をもとに,財産の内容や手続の難易・期間等を考慮して協議して定めさせていただきます。

♣重点取扱案件
・遺言書作成
・遺産分割協議,協議書作成
・遺言執行
・成年後見申立
・財産管理契約(任意後見契約)

♣よくあるご相談
・相続人の中に遠方・行方不明の人がいて遺産分割協議が進まない
・親が亡くなったが,借金や保証があったのかどうかわからない
・遺言書を作成したいが,内容や手順がよくわからない
・認知症の家族がおり,本人のために財産管理をしっかりしたいなどのご相談は、弁護士へお任せ下さい。

♣事務所のサポート体制
①法律相談と生活上の悩みの相談は切っても切り離せない関係にあるため,社会福祉士の資格を取得し,生活上の悩みから法的支援が可能なことにつき的確なアドバイス・お手伝いができるように努めています。
②ご来所いただくのが難しい方のために,自宅や施設への訪問相談も実施しております(相談料に加えて出張手数料がかかる場合がありますので料金はお問い合わせ下さい)。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分5,000円(税別)
2回目以降30分5,000円(税別)
遺産に関する紛争 着手金10万円~(税別)
報酬金は成果によります。
遺言書作成 手数料10万円~(税別)
相続放棄申述 手数料5万円~(税別)
備考欄 ご相談の際にお申し出があれば無料で見積書を作成させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

独り暮らしの高齢者について成年後見人選任の手続を行い,成年後見人として引き続き支援している事例

  • 成年後見
依頼主 70代 女性

相談前

 独り暮らしの姉が認知症のため食事の準備や洗濯,掃除,お金の管理ができなくなってしまいました。介護保険サービスを利用して施設に入所し,食事や洗濯は何とかなりましたが,通帳や証券は施設に預かってもらえず,自分も高齢で今後お金の管理を行うのも難しいと考えているので,困っています。

相談後

弁護士が依頼主様を代理して,裁判所に成年後見人(本人に代わって財産の管理や生活に応じた環境整備を裁判所から任される人)をつける命令を出すよう申立て(申込)の手続を行いました。成年後見人は親族又は専門家が選ばれることが多いですが,依頼主様がご高齢のため専門家に後見人になってほしいとご希望でしたので,福祉関係の支援者等とも相談のうえ裁判所に意向を伝えた結果,当事務所の弁護士が成年後見人に選任され,お姉様の財産管理と生活環境の整備を担当させていただいております。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

 周りに支援してくれる方がおらず,お困りの高齢者の方は多いと思います。当事務所では,ご本人やご親族のお気持ちを尊重し,福祉や行政関係の支援者とも連携しながら,安心した生活を送れるお手伝いをさせていただいております。



遺産相続の解決事例 2

亡くなった夫に債務があったため,相続人を調査して相続放棄手続をした事例

  • 遺言
  • 相続放棄
依頼主 70代 女性

相談前

 夫が亡くなったのですが,行方不明になった知人の借金の保証人になっていたため,金融機関から多額のお金を支払うよう生前請求されていました。夫との間には子もおらず,親も兄弟も全員他界しているので,相続人は自分とおい・めいなのですが,おい・めいの住所もわかりません。自分が債務を相続したくないのもそうですが,何も知らないおい・めいにも迷惑をかけたくないので,どうすればいいのか困っています。

相談後

 戸籍・住民票から相続人の方全員の住所を調査し,夫が亡くなったこと・多額の債務があることを通知しました。その後,おい・めい全員から「債務を相続したくないので,相続放棄の手続をしたい。」との連絡がありましたので,当事務所が相続人全員の代理人として家庭裁判所に相続放棄申述の手続を行いました。全員の相続放棄が無事に受理されて,夫の債務は誰にも引き継がれずに済みました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

 預貯金や不動産といった財産を引き継ぐことだけが相続ではありません。亡くなった方が借金をしていたり保証人になっていたりした場合は,その相続人になる方の生活にも大きく影響します。身内の方がお亡くなりになった場合は慌ただしいとは思いますが,不安に思うことがありましたら,ぜひ一度専門家にご相談下さい。

遺産相続の解決事例 3

自分の親族や周りの方への気持ちをできる限り表した遺言書を作成した事例

  • 遺言
依頼主 80代以上 男性

相談前

 不動産や金融資産が多数あり,相続人もおい・めいが多数います。自分が亡くなれば,その財産をめぐってみんなが争いになるのは嫌ですし,親族の中にも特にお世話になった人もいるので,その気持ちを遺言書というかたちで表わしたいと思っています。



相談後

 親族や知人のうち,誰にどれだけの財産を引き継いでもらうのかを丁寧に聴き取り,法律上の制限をクリアした遺言書の文面を弁護士が作成しました。そして,公正証書遺言(公証人という公の機関に内容が証明される遺言書)という方法で思いをかたちにしました。



北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

 自分の亡くなった後に周りの人たちに争ってほしくないというお気持ちは,どなたもお持ちかと思います。「自分には争うほどの財産はないから・・・」と言うかたもいらっしゃいますが,財産はそれほど多くなかったとしても,亡くなられたときの状況や相続人同士の関係によっては,争いになる可能性は十分あります。相続人の皆さんに気持ちよく自分も財産を遺し,気持ちを受け止めてもらうためにも,遺言書の作成をお勧めします。

離婚・男女問題

分野を変更する
事前の話し合いの有無,お子さんの有無,男女問わず幅広い方からご相談をいただいております。一日でも早く安心できる日を取り戻すため,力の限りサポートいたします。
北島法律事務所
北島法律事務所
北島法律事務所

当事務所の外観・相談室・待合室です。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

♣案件への対応姿勢
①社会福祉士の資格を有しております。夫や妻からの暴力・暴言に関すること,子どもに関すること,「離婚と直接関係ないかな」と思っても,お気軽にご相談下さい。

♣費用について
じっくりとお話を聴かせていただくため,初回の相談料は60分で5,000円(税別)としております。
養育費や慰謝料・財産分与等で一定の財産的利益が見込まれるケースについては,着手金を値引きし,値引き分を報酬金に上乗せさせていただく等の調整も可能です。

♣重点取扱案件
・慰謝料請求
・養育費請求
・財産分与

♣よくあるご相談
・離婚したいが,どのような手順を踏んだらいいのかわからない
・離婚条件はまとまったが,お金をちゃんと払ってくれるか不安である
・ずっと離婚を求めているが,なかなか離婚してくれない
・自分の浮気が発覚して離婚することになったが,慰謝料はどれくらいか
・夫や妻の浮気相手に慰謝料を請求したいが,開き直っていて支払ってくれないなどのご相談は、弁護士へお任せ下さい。

♣事務所のサポート体制
①ご相談の際ご希望の方には,費用見積書を作成しております。
②心身のご都合でご来所が難しい方には,訪問相談にて対応させていただくことも可能です(別途訪問相談手数料がかかることがありますので事前にお問い合わせ下さい)。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分5,000円(税別)
2回目以降30分5,000円(税別)
着手金 交渉10万円~(税別)
・調停20万円~(税別)
・訴訟30万円~(税別)
報酬金 10万円~(税別) ※成果によります。
備考欄 ご相談の際にお申し出があれば無料で見積書を作成させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

条件の約束ができている離婚について公正証書を作成した事例

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

夫の不倫が原因で離婚することになりました。住宅ローンの支払,慰謝料,親権,養育費についてすべて話がまとまりましたが,夫が離婚後にしっかりと守ってくれるのか心配です。「公正証書を作るといいよ。」と知人からきいたことがあるのですが,具体的にどうすればいいのかわかりません。



相談後

弁護士が,依頼主様と夫が取り決めた内容について,公正証書の文面を作成いたしました。その後,公証人役場で実際に証書を作成する手続にも弁護士が立ち会い,夫に対して公正証書に記載されたことを守るよう念押ししました。現在まで,証書どおりにお金の支払があるようです。


北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

離婚にあたってお金の支払について取り決める際,公正証書(公証人が作成する,内容が公に証明された文書)を作成しておくと,その後の相手に対する約束を守らせる効果が絶大です。仮に公正証書に記載された内容に反してお金を支払われなかった場合,改めて裁判等を起こすことなく,相手の給料を差押え(勤務先から直接お金を取立てることができる)をすることも可能になるからです。離婚条件でトラブルになっていない方でも,離婚時の約束に不安にある方は,弁護士にご相談下さい。

離婚・男女問題の解決事例 2

離婚協議に応じない妻に裁判で離婚を請求して認められた事例

  • 離婚請求
依頼主 50代 男性

相談前

妻とは10年以上,「家庭内別居」の状態であり,ほとんどコミュニケーションをとっていません。そんな生活がこれからも続くのはいやなので離婚調停を自分で申立ててみましたが,妻は全く離婚する気がないと言って話し合いに応じませんでした。何としても離婚したいと思っていますが,どうすればいいですか。

相談後

妻を相手に裁判を起こしました。妻は出廷し離婚しないと主張しましたが,裁判では夫婦生活の実態がないとして離婚が認められました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

離婚調停はご自身でなさる方もいらっしゃいますが,裁判となるとなかなかご自身で対応するのは難しくなってきます。調停段階から弁護士が代理人としてついていることで裁判まで進まずに解決することもありますので,離婚自体を検討している段階,調停を検討している段階,調停中の段階,調停がうまくいかず裁判を検討している段階,いずれかを問わず,弁護士のアドバイスを受けると方向性が見えることがあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

家庭裁判所の調停で離婚が成立した事例

依頼主 30代 女性

相談前

夫の遊ぶ金の浪費に耐えられないので,子どもと一緒に家を出て,離婚を求めたいと思っています。離婚したいとか別居したいと夫に言うだけで怒鳴られるかもしれず怖いのですが,どうすればいいですか。

相談後

まずは,怒鳴られることでの依頼主様やお子様の危険を考え,別居と離婚調停の準備を進めて,夫に内緒で引っ越しを実行して別居したうえで離婚調停を申立てました。間もなく離婚調停の手続に入り,約3か月で離婚が成立しました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

相手と同居したまま離婚調停や裁判をすることは,かなりのストレスを抱えたものになります。ただ,別居自体もお子さんの関係もあって簡単にできるものではないので,別居の準備と離婚請求の準備を並行して進めていく必要があります。離婚請求も交渉(話し合い)から始めるのか,家庭裁判所での調停から始めるのか,といった選択肢がありますので,弁護士のアドバイスやサポートをお役立て下さい。

交通事故

分野を変更する
交通事故による損害の賠償が適切になされ,事故による心の傷が一日でも早く癒えるよう,全力でサポートいたします。
北島法律事務所
北島法律事務所
北島法律事務所

当事務所の外観・相談室・待合室です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

♣案件への対応姿勢
一般的な交通事故の案件はもとより,社会福祉士の資格を有しているため,交通事故の後遺症により障がいのある方の生活に寄り添った対応(訪問相談等)を心がけております。

♣費用について
じっくりとお話を聴かせていただくため,初回の相談料は60分で5,000円(税別)としております。
自動車保険に附帯されている弁護士費用特約をご利用の方は,原則として弁護士費用のご負担がありません。

♣重点取扱案件
示談交渉・交通事故裁判

♣よくあるご相談
・相手側の保険会社の提示額が適切なのかどうか知りたい
・相手側が自分にも落ち度があると言ってきているが納得できない
・相手側の保険会社から一方的に示談の打切りを言い渡されたなどのご相談は、弁護士へお任せ下さい。

♣事務所のサポート体制
①ご相談時にご希望された方には費用見積書を作成・交付しております。
②病院・施設等への訪問相談も行っております(別途手数料がかかる場合がございますので詳細はお問い合わせ下さい)

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分5,000円(税別)
2回目以降30分5,000円(税別)
着手金 10万円~(税別)
報酬金 成果に応じます。
備考欄 ご相談の際にお申し出があれば無料で見積書を作成させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

交通事故で死亡した男性の遺族を代理して損害賠償交渉を成立させた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 30代 女性

相談前

 父が交通事故で死亡しました。相続人は依頼主と妹です。父は県外で生活していたため,事故発生後も駆けつけることができず,相手側の保険会社との話もうまくできていません。どうすればいいでしょうか。

相談後

 弁護士がご遺族の代理人として,交通事故の内容,お父様のお仕事等を調査し,相手側の保険会社と示談交渉を行いました。その結果,ほぼ希望金額での示談が成立しました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

 交通事故でご家族を亡くされた場合,悲しみやショックで混乱され,なかなか損害賠償の交渉も進みにくいことが多いです。その結果,本来得られるはずの補償を受けられない,ということにもつながりかねませんので,損害賠償請求の専門家である弁護士に相談することが重要です。

交通事故の解決事例 2

後遺障害の慰謝料を提示された金額の倍額とする交渉に成功した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 10代 男性

相談前

交通事故で脳を損傷し,後遺症がのこってしまいました。その後,相手側の保険会社から示談金の提示がありましたが,そもそも相場もわからないので,これが安いのか高いのかわからなかったので,自分が加入している保険会社の勧めもあり(弁護士費用の特約がついていたので弁護士費用は自己負担なしです),弁護士に相談しました。

相談後

提示された金額について調べたところ,一般的に裁判所が認定している基準額の半額程度でしかないことがわかりました。そこで,弁護士が交渉を代理することを受任し,相手側保険会社と交渉を開始しました。すると,相手側保険会社はほぼこちらの請求した金額の慰謝料(提示された金額の倍額)を支払うと回答し,その他の損害項目も依頼主の納得する金額の提示があったので,示談が成立しました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

交通事故の相手側の保険会社が提示してくる金額が,必ずしも一般的な同種の事故の損害賠償金額(相場)どおりとは限りません。一度弁護士に相談して,相手側の保険会社が提示している金額の一般的な金額との差,金額の算出根拠等を確認してみると,思わぬ金額であったことがわかり,適正な金額の損害賠償を受けるきっかけとなることが少なくありません。

交通事故の解決事例 3

事故での「過失割合」の争いを交渉で解決した事例

  • 過失割合
依頼主 30代 女性

相談前

自動車同士で衝突事故に遭ってしまいました。その後,相手方の保険会社から損害賠償金額の提示があったのですが,相手の方が自分(依頼主)のほうに落ち度があると言っているらしく,すごい少額の提示でした。自分に落ち度がないとはいえませんが,それがどの程度なのかわからないし,この金額では納得できません。どうすればいいでしょうか。

相談後

弁護士が調査したところ,事故の状況からして,依頼主様と相手の方の事故状況についての言い分はほぼ一致しており,裁判例から算出された過失割合(事故に対する落ち度の割合)が依頼主様80:相手の方20であるはずが,相手の方がなぜか60:40と主張してきているケースであることがわかりました。そのため,弁護士が交渉を受任して,相手の保険会社を通じて裁判例上の基準に従うよう説得しましたが相手の方は応じず,やむを得ず裁判の手続の準備を開始したことを伝えると,相手の方が80:20で示談に応じると回答してきました。裁判まで進まずに,話し合いで解決することができました。

北島 正悟弁護士からのコメント

北島 正悟弁護士

「過失割合」は,交通事故でよくトラブルになります。つい感情的になってしまいがちですが,自分の遭った交通事故について,法的にはどのように取り扱われているのかを知ることが,最終的な解決のためには必要です。一度,弁護士にご相談いただき,相手側の言い分に納得できなければ交渉代理の依頼をご検討下さい。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
北島法律事務所
所在地
〒921-8011
石川県 金沢市入江2-9-1
最寄り駅
西金沢
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域

北陸・甲信越

  • 石川
  • 富山
  • 福井

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 相続
  • 消費者被害
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5827-3397

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

北島法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3397

※北島法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝