現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
棒田 洋平弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

企業法務・顧問弁護士16

石川県1

( ぼうだ ようへい ) 棒田 洋平

棒田法律事務所

現在営業中 10:00 - 18:00

交通事故

分野を変更する
保険会社と粘り強く交渉してスピーディな解決を目指します◆人身事故、物損事故問わず交通事故事件を取り扱っております。自転車事故のご相談もお受けしています!
棒田法律事務所
棒田法律事務所
棒田法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

お問い合わせについて

 ・電話の場合は、午前10時 から 午後6時 まで 受け付けております。
  ※これ以外の時間帯もご相談をお受けします。(予約制)

 ・メールの場合は、「問い合わせフォーム」より随時受け付けております。
  ※折り返し当事務所より連絡いたします。
   

メッセージ

当事務所は、石川県金沢市の犀川・御影大橋より金沢駅方面へ徒歩3分、長土塀にある弁護士事務所です。
 これまで、弁護士 棒田は東京の法律事務所に所属し、様々な案件に係わってきました。その後、出身地の金沢に法律事務所を開設しました。
どのようなお悩みもまずは、ご相談ください。

このようなご相談お任せください!

  • 加害者側の保険会社が提示している示談金が少ない。示談交渉がなかなか解決しない。
  • 自分は被害者だと思っていたら、相手方から「あなたも悪いので損害賠償金は支払えない」と言われた。
  • 加害者になってしまった。どのように被害者に対応すればよいか。
  • 家族が交通事故にあって亡くなってしまった。
  • 子どもが乗る自転車が歩行者にぶつかって、怪我を負わせてしまった。
  • 通院はひとまず終わったが、痛みが引かず困っている。

強み

◆都内の法律事務所での勤務時代には、年間に200回以上、裁判や調停の期日に出席しており、裁判手続の経験数には自信があります。裁判等を行うことなく交渉で解決した事案の方が多いのですが、多数の訴訟を経験しているからこそ、事件の見通しを踏まえた有利な交渉ができるのです。

◆物損事故、軽微なむち打ち事故から後遺障害が残る重大事故、死亡事故まで、サポートさせて頂きます。

略歴

・石川県金沢市に生まれる
・北海道大学法学部 卒業
・大阪大学大学院高等司法研究科 修了
・司法試験合格
・司法修習(配属庁:東京)
・東京都内の法律事務所に8年間所属(東京弁護士会に登録)
・棒田法律事務所を金沢市に開設(金沢弁護士会に登録)

【HP】
https://bouda-law.com/

この分野の法律相談

交通ルールと責任割合について教えてください。 言葉ではイメージしにくいかもしれませんが、交差点の右折レーンで右折しようと停車していました。 対向車の直進車はなく左折車が1台だけでしたの右折しました。 右折先の道路は3車線あります。 私は右折ですので、中央分離帯側の一番右側の車線に入ろうとし...

(1)道交法の34条1項は,「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。」 と規定しています。 (2)他方で,37条では,「車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点にお...

棒田 洋平弁護士

交通事故にあい、過失割合が私1、相手が9の事故です。 両者とも弁護士に依頼しております。 示談交渉が終わり、示談書が送られてくる予定なのですが 1週間経った現在まだ示談書が送られて来ません。 示談書は私に直接送られてくるのでしょうか? それとも弁護士経由で送られてくるのでしょうか? また示...

> 示談書は私に直接送られてくるのでしょうか? 弁護士を依頼しているのであれば,直接ではなく,弁護士経由で送られてくるのが通常だと思います。 > また示談金が振り込まれるまでここからどれくらい時間かかるでしょうか? 示談金の支払期限が示談書に書かれているはずです。一般的には,示談後2週間から1か月くらいではないでしょうか。依頼されている弁護士に確認...

棒田 洋平弁護士

交通事故に遭い、後々法的手段を検討したい場合、その場ではどんな対処を行うべきでしょうか。

通常の対応(警察への連絡等)以外に,「後々法的手段を検討するために…」ということであれば,現場や自動車の写真を撮影したりや,相手方との会話の録音をしておけばいいと思います。

棒田 洋平弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談無料(弁護士費用特約がある場合は保険会社へ請求)
着手金 無料(弁護士費用特約がある場合は保険会社へ請求)
報酬金(税別) 16万5000円+経済的利益の10%~20%(弁護士費用特約がある場合は保険会社へ請求し、依頼者のご負担はありません。)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

保険会社の提示額に「そんなもんなのかな」

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

相談者は、追突事故にあって、骨折はしなかったものの、首や背中の打撲で通院中でした。保険会社から「そろそろ通院を打ち切る」「慰謝料は当社の基準で1日あたり****円」と言われた相談者は「まぁそんなものかな」と思われたそうですが、念のため弁護士に相談することにしたそうです。

相談後

病院の医師は、このまま治療を継続して経過を観察すべきであるとの意見でしたので、通院を継続してもらいました。また、保険会社の提示額は、裁判例から比べると少額であったため、慰謝料の算定をやり直して請求し、交渉が決裂した場合に備えて訴訟提起の準備に入りました。
最終的には、裁判をすることなく交渉がまとまり、概ね当方が請求したとおりの慰謝料が支払われました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

保険会社が提示してくる賠償額が低額であっても、「まぁそんなものなのかな」と思われて示談書や免責証書にサインをしてしまう方が多くいらっしゃいます。
「そんなものか」と思われた場合も、”念のため”弁護士に相談することをお勧めします。
また、弁護士費用特約がついた保険に加入していれば、相談者に金銭的負担なく、弁護士を依頼することができます。

交通事故の解決事例 2

定期的に医師の診察を受ける必要性

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は、ショッピングセンターの駐車場で追突され、運転していた相談者と同乗者は首や背中を打撲しました(頸部捻挫)。当初は、病院に通院していましたが、仕事が忙しいことから、近所の接骨院に通うようになりました。

相談後

事故の相手方の保険会社との交渉において、保険会社が、接骨院などへの通院費用や通院慰謝料について争ってくる事例があることから、相談者に対して、普段は接骨院でも構わないが、定期的に医師の診察を受けるようアドバイスをしました。
受信した医師は、長期の治療および経過観察が必要であると判断し、通院期間は半年以上になりました。定期的に医師の診察を受け、医師の指導のもとで接骨院に通院していたことから、治療費や通院慰謝料については当方の請求どおりの賠償を得ることができました。
また、完全に痛みを取り除くことができずに後遺症が残りましたが、後遺症等級14級の認定を受けることができたため、通院慰謝料とは別に約100万円の後遺症慰謝料を受け取ることができました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

交通事故にあったときは、後日、適正な賠償額の支払いを受けられるよう、早い段階で弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故の解決事例 3

専業主婦でも休業損害

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は専業主婦であり、スーパーへ買い物に行った帰りに、交通事故にあって怪我をされました。
数か月間、病院に通院することになり、満足に家事を行うことができませんでした。
弁護士特約を利用して、弁護士費用を負担することなく、弁護士を依頼することができました。

相談後

相手方保険会社との交渉において、治療費や通院慰謝料などの損害に加えて、休業損害が問題となりましたが、当方は、賃金センサスに基づく休業損害を請求したところ、相手方保険会社から休業損害の支払いを受けることができました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

専業主婦・主夫であっても、休業損害を請求できる場合があります。交通事故にあわれた場合に、どのような損害賠償を、どの程度請求できるのかについては、事案に応じて様々です。まずは、弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故の解決事例 4

慰謝料(弁護士基準)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

相談者は、追突事故にあい、損害賠償について相手方の保険会社と交渉を行っていました。保険会社から提示された慰謝料は、1日あたり4200円であり、増額は難しいとの告げられました。

相談後

1日あたり4200円という慰謝料は、自賠責基準と呼ばれる算定に基づくもので、いわば最低限の補償です。
私が代理人として保険会社と交渉し、「弁護士基準」または「裁判基準」と呼ばれる基準による慰謝料を請求したところ、すんなりと数十万円の慰謝料を増額することができました。
依頼者は弁護士費用特約を利用していたため、自己負担なく弁護士を依頼することができ、早期に慰謝料を増額できたことに喜んでおられました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

保険会社は、弁護士を依頼してない人に対しては、自賠責基準で賠償額を提示する場合があり、知らずに納得してしまう方がいます。
交通事故の損害賠償では、弁護士費用がかかることを加味しても、弁護士を依頼して交渉を任せた方がメリットが大きい場合が多いと感じます。

借金・債務整理

分野を変更する
【債務整理・任意整理・自己破産・ヤミ金など】◆着手金2万円~(分割可能)◆スピーディーな解決を提案◆どんなお悩みも、早めのご相談が解決への近道です。 
棒田法律事務所
棒田法律事務所
棒田法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

お問い合わせについて

 ・電話の場合は、午前10時 から 午後6時 まで 受け付けております。
  ※これ以外の時間帯もご相談をお受けします。(予約制)

 ・メールの場合は、「問い合わせフォーム」より随時受け付けております。
  ※折り返し当事務所より連絡いたします。
   

メッセージ

当事務所は、石川県金沢市の犀川・御影大橋より金沢駅方面へ徒歩3分、長土塀にある弁護士事務所です。
 弁護士 棒田は、弁護士登録以来8年間、東京都内の法律事務所に所属し、様々な法律問題を解決してきました。その後、出身地の金沢に法律事務所を開設しました。
どのようなお悩みもまずは、ご相談ください。

このようなご相談お任せください!

  • 借金をなんとかしたいがどんな手段があるか。
  • 自己破産とはどんな手続きか。メリットやデメリットを教えてほしい。
  • 会社や家族に知られないように自己破産したい。
  • 会社や家族に知られたくないため、動けない。
  • 家族や職場に迷惑をかけたくない。
  • 借金の返済が滞っているが、自己破産は避けたい。
  • 自己破産すると借金は最終的にどうなるのですか。
  • 借金の整理をしたいが、家だけは残したい。
  • 返済が追いつかない。
  • 毎月利息分を返済して一向に元金が減らない。
  • 返済額が現実的ではないが、家は残したい。

強み

◆東京地方裁判所の破産管財人として多数の破産事件を処理してきました。破産手続の申し立て経験も豊富です。

●メッセージ
ご依頼者の方に納得いただけるまで、とことん話し合います。これまでの経験を活かし、ご依頼者のニーズに沿った柔軟な対応を心掛けていますので、安心してご相談ください。

————————————
【略歴】
1983年 7月 石川県金沢市に生まれる
       金沢二水高校 卒業
       北海道大学法学部 卒業
       大阪大学大学院 修了
2009年 9月 司法試験合格
2010年12月 弁護士登録(東京弁護士会)
2019年 5月 棒田法律事務所を開設(金沢弁護士会)

【HP】
https://bouda-law.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 会社破産を考えておりますが、以下の質問が気になったのでお伺いいたします 【質問1】 会社破産(小売り業)の在庫処分について 売れるものは管財人が売却してくれるとは思いますが どうしても売れないものや、古くて価値のないゴミ同然の商品は残った場合どうなりますでしょうか? 【質...

質問1 廃棄処分することになります。 質問2 お金があれば(破産財団があれば),破産管財人が処分しますが,処分費用も捻出できない場合には,地主さんが泣く泣く処分しなければならないことになります。

棒田 洋平弁護士

【相談の背景】 彼氏が、3年前に家賃滞納をし保証会社から100万円請求されています。 保証会社と話し合った結果、毎月3万円ずつ分割払いで返済することになりました。 【質問1】 保証会社の指定口座へ振込で返済をしますが、彼氏から私(相談者)が3万円をひとまず受け取り、私名義のネットバンキングから振...

質問1について 特に不都合はないと思います。 質問2について 口座を彼氏に貸しているわけではないので名義貸しにはなりません。 管理方法として,いい方法だと思います。

棒田 洋平弁護士

【相談の背景】 約5年程前ですが、ホストクラブにて自分の意思では無いシャンパンなどを入れられ約70万円程の売掛をしてしまいました。 お店にて、私は払わなくていいから俺の見栄のために伝票につけさせて。支払いは俺の方でしておく。と言われた為その言葉を信用し、形だけ、と身分証明書のコピーや伝票の裏に...

5年程前ということなので,改正される前の民法が適用され,飲食した日から1年で時効になります(旧174条4号)。 したがって,払うと言ったのか否かにかかわらず,支払う必要はありません。 相手方が,時効に気が付いていれば,裁判まではしないかもしれません。 仮に裁判を起こしても,裁判で時効を主張されれば負けてしまうからです。 しかし,時効は,主張し...

棒田 洋平弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料
着手金(税別)分割払い可能 債権者からの督促や毎月の返済を一旦ストップさせて、分割払いができます。
①過払い金返還請求(完済業者に対する)・・無料
②任意整理・・2万2000円~/社
③自己破産(個人)・・22万円~
報酬金(税別)分割払い可能 ①過払い金返還請求・・2万2000円+回収額の20%(訴訟の場合は別途お見積り)
②任意整理・・2万2000円~(1社あたり)
③自己破産・・応相談
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(4件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

長期分割(80回払い)の和解

  • 任意整理
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者はカードローンの借り入れがありましたが、収入が減ったこともあって、返済ができなくなっていました。

相談後

弁護士費用は分割で支払って頂くことにして、まずは弁護士から受任通知を送付し、一旦全ての借金返済をストップしました。
相談者と方針を協議したところ、給料から最低限の生活費を差し引くと、返済に回せるお金はわずかでした。
事情を説明して諦めずに債権者と交渉したところ、80回を超える(約7年)長期分割払いの和解を成立させることができました。
生活に無理のない範囲で返済を続けることができると喜んで頂きました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

債権者によっては、60回(5年)を超える分割払いについて、難色を示す場合がありますが、そこで諦めずに、個別の事情を説明して交渉することで、60回を超える分割払いの和解が可能な場合もあります。
債務整理・任意整理の交渉は弁護士にご相談されることをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 2

相談したその日のうちに督促をストップ

  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前


相談者はカードローンなどで多額の債務を負っており、月々の返済に追われていました。
返済は遅れがちで、ローン会社などに対して「*月*日までに支払います。」と約束してしまっていました。
しかし、支払いの目途は立たず、「職場に督促が来るのではないか」「督促が気になって仕事に集中できない」と悩んでいるうちに、ついに約束した支払日が来てしまいました。

相談後

ご相談を頂いたその日のうちに「受任通知」を発送するとともに、弁護士からローン会社に個別に電話をかけて、督促をストップしてもらいました。
相談者は「自己破産はしたくない」との意向だったため、任意整理を行う方針を決めました。
月々の収入から、どの程度を返済に充てられるかを相談したうえで、債権者らと交渉し、5年を超える長期分割払いの和解を成立させました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

借金の返済日が近づくと、つい目をそむけたくなりますが、早い段階で弁護士に相談することが大切です。
支払いと督促を一旦ストップさせて、冷静に方針を相談しましょう。
自分の携帯電話に督促の電話が来なくなるだけで、心を落ち着けることができます。

借金・債務整理の解決事例 3

自己破産:自分の店の従業員として再出発

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

相談者は夫婦で料理店を営んでおり、地域の皆さんに愛され、お客さんも多くいらっしゃいました。ところが、事業拡大のために多額の広告費をかけて通信販売をスタートしたのが裏目に出て、資金繰りが悪化し、税金の支払いや銀行債務の支払いに窮するようになりました。

相談後

相談者と協議のうえ、破産手続を申し立てる方針を決定しました。
そのうえで、お店で長年働いてくれていた従業員に店を譲渡し、破産手続終了後は、店の従業員として、これまで通り働けることになりました。借金の返済から解放され、無事に再出発することができました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士


「破産」というものに恐怖を感じる方は少なくありません。なかには、犯罪を犯すのと同じだという負い目を感じる方もいらっしゃいます。
しかし、破産手続は、あなたが生活を立て直して再出発するために法律が認めている制度なのです。
破産手続のメリットやデメリットを十分にご説明し、方針をご相談させて頂きます。

借金・債務整理の解決事例 4

弁護士から受任通知を送付して返済を一旦ストップ。状況を把握して冷静に方針を検討しましょう。

  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

ご相談者はカードローンの借り入れがあり、返済のために借り入れを繰り返している状態でした。いつも借金のことを考えて、月末を乗り切れるのかという不安で頭がいっぱいでした。

相談後

弁護士から受任通知を送付し、一旦全ての借金返済をストップしました。
各ローン会社からの連絡は全て弁護士を窓口とすることとし、督促の連絡がご本人宛に行かないようにしました。
ご相談者と方針を協議したうえで、弁護士が各ローン会社との間で分割返済の交渉を行いました。
交渉の結果、給料及び生活費を考慮し、無理のない範囲で分割返済する内容の合意をまとめました。借金は少しずつ減っていき、完済することができました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

借金問題で悩んでいる方には、「借りたものは返さなければいけない」と考えるマジメな方が多い印象です。返済のために新たに借り入れを行っていては、借金が膨らんでいくばかりだということに気が付いてはいるものの、督促の連絡におびえて冷静な判断ができなくなっている方も多くいらっしゃいます。
弁護士から通知書を送付し、まずは借金の返済を一旦ストップして、冷静に方針を検討すべきです。

遺産相続

分野を変更する
「もめない遺言の作り方」「遺言書が見つかったが扱い方がわからない」「遺言書の内容に納得できない」「遺言書が無効だと主張された」等。ぜひ、早めの段階でご連絡を。
棒田法律事務所
棒田法律事務所
棒田法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

お問い合わせについて

 ・電話の場合は、午前10時 から 午後6時 まで 受け付けております。
  ※これ以外の時間帯もご相談をお受けします。(予約制)

 ・メールの場合は、「問い合わせフォーム」より随時受け付けております。
  ※折り返し当事務所より連絡いたします。
   

メッセージ

当事務所は、石川県金沢市の犀川・御影大橋より金沢駅方面へ徒歩3分、長土塀にある弁護士事務所です。
 これまで、弁護士 棒田は東京の法律事務所に所属し、様々な案件に係わってきました。その後、出身地の金沢に法律事務所を開設しました。
どのようなお悩みもまずは、ご相談ください。

このようなご相談お任せください!

  • 遺言を書きたいが、どんな風に書けばいいのか。争いを避けるにはどうしたらいいか。
  • 将来自分が認知症になってしまったときのために、前もって財産管理の準備をしておきたい。
  • 相続問題でもめているが、親族間のことなので、できれば穏便に解決したい。
  • 故人の名義のままになっている不動産の名義変更をしたい。
  • 相続手続きをする時間がないので任せたい。
  • 親と同居していた兄弟がが、預金を使い込んでいたようだ。
  • 遺言が作成されているが、本人が書いたものとは思えない。
  • 祖父が亡くなった後に、自筆の遺言書が見つかったが、扱い方がわからない。
  • 遺言書の内容について、納得できない。
  • 遺言書が無効だと主張されてしまった。

強み

◆遺産分割調停や、遺言無効確認訴訟など、相続に関する事件を多数解決してきました。数多くの事件を処理してきたからこそ、前もって紛争を避けるためにはどうしたらよいか、交渉で早期に(できれば対立を深めることなく)解決するにはどうしたらいいのか、事件の見通しを踏まえたアドバイスをすることができます。

メッセージ

親族間の問題だから親族で解決したいとお考えになるのは、もっともなことです。しかし、親族間の問題だからこそ、第三者の専門家に相談することでスムーズに解決することがあります。
相続問題で頭を悩ませるのは、大変なストレスになります。どうぞ気軽にご相談頂き、心の負担を軽くして下さい。あなたのご希望に沿った解決方法をご提案させて頂きます。

————————————
【略歴】
・石川県金沢市に生まれる
・北海道大学法学部 卒業
・大阪大学大学院高等司法研究科 修了
・司法試験合格
・司法修習(配属庁:東京)
・都内の法律事務所に所属(東京弁護士会に登録)
・棒田法律事務所を金沢市に開設(金沢弁護士会に登録)

【HP】
https://bouda-law.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 10年前に親族の土地の相続があったのですが、ずっと家にいた無職の家族から「家にいなかったので相続させたくない。」「土地をわけたくない」「仕業の人たちもわけるべきではないと言っていた」「土地を分けたら家が危うくなる」等の一方的な理由を上げられ、土地と相続に対する無知によって、実...

詐欺罪は7年で時効になりますので,遺産分割協議が10年前であれば,詐欺罪に問うことはできません。 (犯人が国外にいた期間がある場合には,その期間は時効が停止します。)

棒田 洋平弁護士

母親が5年前に亡くなり、遺産分割協議書を作成し、相続を完了しました。 その時、父親からは、相続時精算課税にて、 土地・建物を贈与されておりますが、最近になって姉妹から遺留分減殺請求をすると言われましたが、もう時効(1年)が完成してますでしょうか? なお、父親は健在です。 ご教示ください。

お父様はまだご健在なのですから,まだ遺留分減殺請求(遺留分侵害請求)はできませんし,時効期間はスタートすらしていません。 「お父様が亡くなられた際に遺留分減殺請求をする予定である」ということではないでしょうか。 なお,お母様の相続については遺産分割協議が成立していますから,遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)はできません。

棒田 洋平弁護士

母が亡くなり、相続放棄手続き中の者です。 今回お聞きしたい事は、私の会社から支給された弔い金についてです。 金額としては3万円なのですが、今回私は母の件で手続き等(死亡届提出、葬儀手配etc)は一切行っておりません。 亡くなった後に顔を見に行ったぐらいです。 先生方にご質問ですが、 Q.相続...

>Q.相続放棄手続き中の私がこの弔い金を使用しても問題ないのでしょうか? 相続放棄に影響はありません。弔い金は、あなたの会社から、あなたに対して支払われたもので、相続財産ではないからです。

棒田 洋平弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料
通常は30分5500円(税込)
着手金(税別) 事件の依頼をお受けする場合に頂戴する料金です。
経済的利益(請求する金額または請求された金額)に応じて事前に見積もりをさせて頂きます。
【参考】
■経済的な利益の額が
・300万円までは8.8% (最低11万円)(税込)
・300万~3,000万円以下の部分は5.5%(税込)
・3,000万~3億円以下の部分3.3%(税込)
・3億円以上の部分は2.2%(税込)
報酬金(税別) 事件終了時に頂戴する料金です。
【参考】
■得た経済的な利益の額が
300万円までは17.6%(税込)
300万~3,000万円以下の部分は11%(税込)
3,000万円以上の部分は6.6%(税込)
3億円以上の部分は4.4%(税込)
遺言書文案の作成(税別) 3万3000円~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

「おまえは親父の相続のときにたっぷりもらっただろ」と言われて

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

相談者は、お父様が亡くなられた際に、お兄様から「母の相続の際には相続を放棄します。」という念書を書くよう強く求められ、言われるがままに念書にサインをしてしまっていました。
その後、お母様の亡くなった際に、お兄様から、「母の遺産は全て兄が相続する」という内容の遺産分割協議書に署名するよう求められていました。

相談後

お母様が亡くなる前にサインした念書が無効であると判断し、法定相続分(2分の1)どおりの遺産分割を求めて交渉を開始しました。
お兄様に対しては、念書が無効になる理屈を丁寧にご説明して理解を求めました。
最終的には、相談者と協議のうえ、ご実家の土地を守りたいというお兄様の意向を尊重して、不動産は全てお兄様が取得する代わりに、不動産の価値の2分の1に相当する現金を支払って頂く内容で遺産分割をまとめました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

相続問題は、親族間の問題であり、円満に協議をまとめるのが一番です。いたずらに対立を煽るべきではないと思っています。
他方で、「結婚して家を出たやつには相続分はない。」とか「遺言書に全て自分に譲ると書いてあるじゃないか。」、「おまえは親の面倒をみなかったのだから遺産はない。」といったご主張に対しては、反論すべき部分をきちんと反論すべきだと思います。

遺産相続の解決事例 2

顔も知らない相続人へのお手紙。自宅の名義を取得。

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相談者は、高齢の兄の介護をしながら実家で同居生活をしていたところ、兄が亡くなり、自宅不動産の相続手続を行うことになった。
ところが、相続人を調査したところ、相談者には知らされていなかった兄弟の存在が明らかになった。当該兄弟はすでに亡くなっていたが、その子どもたちが相続人となるため、子どもたちとの間で遺産分割協議を行う必要がある。
しかし、相談者は彼らと全く面識や交流もなく、どのように協議してよいのか相談があった。

相談後

故人と全く交流がなかった相続人らは、そもそも自分が相続人であるとの認識もなかった。
故人との関係や遺産の内容を丁寧に説明したうえで、自宅不動産を相続して今後も自宅で生活したいという当方の意向を伝えたところ、預金の一部を代償金として支払うことを条件に、相続人の方々からご了解が得られた。
その結果、遺産分割協議書を作成し、相談者が自宅不動産の名義を取得することができた。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

親交のない相続人との間でどのように遺産分割協議をしてよいのか悩まれる方も多いと思います。
いきなり遺産分割調停を申し立てることもできますが、できれば、事情を丁寧にご説明することにより、調停を行うことなく早期に協議をまとめることができればと思っています。

遺産相続の解決事例 3

相続放棄の3か月という期限について

  • 相続放棄
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は、突然「あなたはAさんの相続人です。Aさんに代わって借金を返済して下さい。」という手紙が届き、どうしたらいいのかとご相談に来られました。
相談者は、親戚のAさんが亡くなったことは聞いていましたが、まさか自分が相続人になるとは思っていませんでした。
Aさんが亡くなってから、すでに半年が経過しており、もう相続放棄はできないのではないかと問題になりました。

相談後

相続放棄は3か月以内という期限がありますが、相談者は、まさか自分がAさんの相続人に該当するとは思っていませんでしたし、Aさんに借金があることも知りませんでした。
私は、このような事情を記載して、大急ぎで、家庭裁判所で相続放棄の手続きをとりました。
家庭裁判所は、相続放棄することを認め、相続放棄の証明書を発行してくれました。
証明書を、Aさんの債権者に開示したところ、督促は来なくなりました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

相続放棄の期限は3か月と定められていますが、亡くなってから3か月経過後でも、相続放棄ができる場合があります。諦めず、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【日常的に発生する法的トラブルにリアルタイムで対応】契約書の作成・売掛金の回収・労務問題・事業承継など。説明がわかりやすく、活動報告も丁寧に行います。
棒田法律事務所
棒田法律事務所
棒田法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

お問い合わせについて

 ・電話の場合は、午前10時 から 午後6時 まで 受け付けております。
  ※これ以外の時間帯もご相談をお受けします。(予約制)

 ・メールの場合は、「問い合わせフォーム」より随時受け付けております。
  ※折り返し当事務所より連絡いたします。
   

メッセージ

当事務所は、石川県金沢市の犀川・御影大橋より金沢駅方面へ徒歩3分、長土塀にある弁護士事務所です。
 これまで、弁護士 棒田は東京の法律事務所に所属し、様々な案件に係わってきました。その後、出身地の金沢に法律事務所を開設しました。
どのようなお悩みもまずは、ご相談ください。

このようなご相談お任せください!

  • 取引先の売掛金を回収したい。
  • 事業を承継したい。
  • 不動産に強い弁護士を探している。
  • 経営者やその家族の個人的な問題や従業員の相談にのってもらいたい。
  • 会社法に基づいて取締役会や株主総会を執り行なっていきたい。
  • 早急に契約書をチェックしてもらいたいが、今の顧問弁護士は対応が遅い。
  • 契約書や就業規則をチェックしたい。
  • 顧客からのクレーム対応についてアドバイスをもらいたい。
  • 取引先が倒産しそうだ。売掛金を回収してほしい。

強み

都内の法律事務所での勤務時代には、年間に200回以上、裁判や調停の期日に出席しており、裁判手続の経験数には自信があります。裁判等を行うことなく交渉で解決した事案の方が多いのですが、多数の訴訟を経験しているからこそ、事件の見通しを踏まえた有利な交渉ができるのです。

体制

  • レスポンスがスピーディーです。あいまいな回答はしません。
  • 説明がわかりやすく、活動報告も丁寧に行います。

————————————
【略歴】
・石川県金沢市に生まれる
・北海道大学法学部 卒業
・大阪大学大学院高等司法研究科 修了
・司法試験合格
・司法修習(配属庁:東京)
・東京都内の法律事務所に8年間所属(東京弁護士会に登録)
・棒田法律事務所を金沢市に開設(金沢弁護士会に登録)

【HP】
https://bouda-law.com/

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる 料金表をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 先日、知り合いの方から聞いたことですが、ある大手スーパーの無人レジ機械で買い物金額の支払いをしようとしたところ、機械のお釣りのでるところに、お金がおかれたままになっていたそうです。 店員を呼び、お金がおいたままになっているのを確認してもらったところ、店員曰く、「本店では、忘れ...

おっしゃるとおり,警察署へ届け出るのは店側の役目です。 警察庁のサイトなどでも,取得者は施設に提出することが書かれています。 遺失物法でも下記のとおり規定されています。 【遺失物法4条2項】 施設において物件の拾得をした拾得者は、前項の規定にかかわらず、速やかに、当該物件を当該施設の施設占有者に交付しなければならない。 【遺失物法第13条(...

棒田 洋平弁護士

【相談の背景】 今年の4月末にある会社の取締役を辞任いたしました。新しく自分の会社を設立しようと準備しています。 先日、念の為に前の会社の登記を確認をしたら、登記から私の取締役登記がいまだに抜かれていませんでした。 会社法第915条の定めで,辞任した日の翌日から2週間以内に変更登記をしな...

やはり「過料の制裁を受ける可能性がある」という点を指摘すべきかと思います。 それでも応じない場合には,裁判で退任登記手続を請求することもできますので,お近くの弁護士に相談されるのがよいかと思います。

棒田 洋平弁護士

株主総会の議事録の記載に誤字を発見した場合、修正としてはどのようにするべきでしょうか。 通常の修正のように誤字に二重線、修正印押印でよろしいものでしょうか。ご教授願います。

そのとおりで結構かと思います。議事録作成者である取締役が訂正のうえ,訂正印を押印すればよいと思います。念のため定款も確認してください。

棒田 洋平弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5500円(税込)
契約書等作成、リーガルチェック 5万5000円~
顧問 月額3万3000円~
相談料(電話、メール、面談等を含む)や契約書作成等は原則無料になります。
着手金(税別) 事件を依頼する場合の料金
経済的利益(請求する金額または請求された金額)に応じて事前に見積もりをさせて頂きます。
【参考】
■経済的な利益の額が
・300万円までは8.8% (最低11万円)(税込)
・300万~3,000万円以下の部分は5.5%(税込)
・3,000万~3億円以下の部分3.3%(税込)
・3億円以上の部分は2.2%(税込)
報酬金(税別) 事件終了時に頂戴する料金
【参考】
■得た経済的な利益の額が
300万円までは17.6%(税込)
300万~3,000万円以下の部分は11%(税込)
3,000万円以上の部分は6.6%(税込)
3億円以上の部分は4.4%(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

売掛金回収。相談の翌日に内容証明郵便を発送

  • 不動産・建設
依頼主 40代 男性

相談前

相談者は請負工事業者であり、契約どおり工事を施工して引渡したにもかかわらず、注文者である業者から代金を支払ってもらえませんでした。電話やFAX、封書などで再三にわたり督促を行ったものの、相手の社長は「仕掛中の案件が終わったら必ず支払う」などと述べて、のらりくらりと逃げ回っていました。

相談後

ご相談を頂いた翌日に、弁護士名で内容証明郵便を発送し、交渉窓口を弁護士に一本化しました。支払期限が到来する直前に相手方社長から連絡があり、やはり「仕掛中の案件が終わったら…」とのお話でした。裁判も辞さないという毅然とした態度で応対し、具体的な返済計画を書面で提示してもらいました。
そのうえで、相談者と相談し、遅延損害金を付して分割弁済してもらうこと、1度でも支払が遅れた場合には一括返済してもらうことを内容とする合意書を取りまとめました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

弁護士が介入して迅速に動くことで、早期に解決できる場合があります。「弁護士を頼んだ」というだけで、相手方には裁判に発展するのではないかというプレッシャーがかかります。
裁判をするべきか、それとも交渉して早期解決すべきか、回収までの時間的なコストなども考慮のうえで方針をご相談させて頂きます。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

「契約書は形式だけだから…」を信じてよいのか

依頼主 40代 男性

相談前

相談者は、かねてから取引のある取引先から新たに契約書を提示されて調印を求められました。契約書の内容は、これまでの取引き実態と比べると、相談者に不利な内容が多数含まれていました。しかし、取引先は「契約書は形だけだから…」「文言を変えるのは大変だから」などと言って修正に応じようとしません。

相談後

相談者と協議し、取引先との関係も考慮した結果、徹底した修正を求めることはしないという方針を決めました。その代わり、どうしても避けるべきリスクがある条項については、「うちの弁護士がうるさいから」という理由をつけて、表現を若干修正した代替案を提案することにしました。
また、「契約書は形だけで実際にはこれまでどおり…」という、担当者の説明を証拠として残し、前言を翻した場合に備えることとしました。
取引先との良好な関係を維持しつつ、リスクを回避することができました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

ご依頼頂いた訴訟において依頼者からお話を聞くと、「相手の社長は(担当者は)確かにこう説明していたのです!」という場面が多くあります。しかし残念ながら、裁判では契約書などの書面が有力な証拠になります。
取引先との関係が現時点で良好でも、いつ紛争になるとも限らないのです。
リスクを避けることは重要ですが、他方で、大切な取引先との関係を維持することも需要です。
契約書にどういったリスクが隠れているかを読み取ったうえで、取引や事業の実態に則した、柔軟な対応が求められます。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

賃借人に対する建物明渡請求

  • 不動産・建設
依頼主 60代 男性

相談前

相談者は賃貸アパートを経営していましたが、クセのある賃借人に手を焼いていました。
野良猫を餌付けして糞尿被害を発生させる、庭の草木を勝手に伐採するなど、数々の迷惑行為を行っていました。
アパートのオーナーである相談者は、我慢の限界に達し、ストレスから体調を崩すまでになり、弁護士に相談することにされたそうです。

相談後

証拠の内容からすると、賃貸借契約を解除したうえで裁判を提起し、強制的に部屋を明け渡させることは困難ではないかと判断しました。
そこで、建物明渡しを求める調停を申し立てて、調停員に対し、客観的な裏付け証拠が不足しているものの、オーナーが数々の迷惑行為に苦しんできたことを丁寧に主張しました。
調停員から賃借人に対して部屋の明け渡しを打診してもらい、最終的には、引っ越し費用等の支払いと引き換えに、建物を明け渡してもらうことができました。
オーナーは、引っ越し費用等を負担したものの、長年、悩みの種だった賃借人が退去したことで、平穏な生活を取り戻すことができ、満足していらっしゃいました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

迷惑行為を行う入居者への対応を怠れば、他の入居者からのクレームや、アパートそのものの評価を下げることにも繋がりかねません。また、放置したことで「黙認した」と受け取られる場合もあります。早期に弁護士に相談することをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる 特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【離婚後の生活設計/養育費や慰謝料を請求したい/年金分割/モラハラなど】◆こころの通うサポートを提供◆一人で悩まず、早めのご相談が解決への近道です。
棒田法律事務所
棒田法律事務所
棒田法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

お問い合わせについて

 ・電話の場合は、午前10時 から 午後6時 まで 受け付けております。
  ※これ以外の時間帯もご相談をお受けします。(予約制)

 ・メールの場合は、「問い合わせフォーム」より随時受け付けております。
  ※折り返し当事務所より連絡いたします。
   

メッセージ

当事務所は、石川県金沢市の犀川・御影大橋より金沢駅方面へ徒歩3分、長土塀にある弁護士事務所です。
 弁護士 棒田は、弁護士登録以来8年間、東京都内の法律事務所に所属し、様々な法律問題を解決してきました。その後、出身地の金沢に法律事務所を開設しました。
どのようなお悩みも、まずはご相談ください。

このようなご相談お任せください!

  • 夫に離婚を切り出したい。
  • 離婚したときのメリット、デメリットを聞きたい。
  • 離婚するために必要な証拠を知りたい。
  • 性格が合わないので離婚したい。
  • 夫が浮気をしている疑いがあるが、どうすればいいか。
  • 配偶者から暴力を受けていて、今すぐ離婚したいが、怖くて言えない。

強み

◆都内の法律事務所での勤務時代には、年間に200回以上、裁判や調停の期日に出席しており、裁判手続の経験数には自信があります。裁判等を行うことなく交渉で解決した事案の方が多いのですが、多数の訴訟を経験しているからこそ、事件の見通しを踏まえた有利な交渉ができるのです。

離婚について

離婚は人生の中の重大な決断であり、ご自身のため、お子さんのために、離婚の手続自体はもちろん、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料等の条件を適切に決めることが大切です。
離婚をしたい方、離婚を要求されている方、それぞれに適切なサポートが可能です。

————————————
【略歴】
1983年 7月 石川県金沢市に生まれる
       金沢二水高校 卒業
       北海道大学法学部 卒業
       大阪大学大学院 修了
2009年 9月 司法試験合格
2010年12月 弁護士登録(東京弁護士会)
2019年 5月 棒田法律事務所を開設(金沢弁護士会)

【HP】
https://bouda-law.com/

この分野の法律相談

相手方が作成した婚約破棄の合意書草案の署名欄が代理人弁護士名と印でした。 一般的に代理人が合意書を作成した場合、署名欄も代理人名になるのでしょうか? もし一般的ではない場合、それにより生じる問題は何かありますか。 ちなみに、こちらは金銭を支払われる立場です。

> 一般的に代理人が合意書を作成した場合、署名欄も代理人名になるのでしょうか? 一般的とまで言えるかわかりませんが,珍しいことではありません。 また「代理人ではなく本人に署名・押印してもらいたい」と要望したり, 代理人のみが署名・押印する場合には「本人が署名・押印した委任状を添付してほしい」と要望することもあります。

棒田 洋平弁護士

独身だと偽っていた男性と一年お付き合いし、先日既婚者だと判明したその日にお別れしました。 彼自身から『1週間後に俺の出来る精一杯の金額を渡す』との申し出があり、口約束をしてその日は別れました。 しかし1週間後、彼の代理人から電話があり、数日後に内容証明が届きました。 彼の代理人曰く『彼の直筆の...

> 一般的には添削するものなのでしょうか?? そうですね,念のため謝罪文の内容に目を通すと思います。 責任逃れと受け止められる表現や,感情を逆なでする表現がないかどうか,チェックしたいからです。

棒田 洋平弁護士

旦那が勝手に家を出て行き別居中です。 旦那から離婚調停を申し立てられ、調停をしました。 しかし不成立に終わりました。 ですので、訴訟にうつると思います。 訴訟の際、私も反論したい事があります。 性格の不一致を理由に別居を選んだ旦那ですが、別居先では毎週末に女性が泊まりに来ており、ゴールデン...

> 車のナンバーはわかります そうであれば,弁護士会照会手続により,車のナンバーから自動車の所有者などの登録情報を取得できると思います。 これを手掛かりに相手の女性を特定することは可能かもしれません。 弁護士に相談されることをお勧めします。

棒田 洋平弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5500円(税込)
着手金(税別) 交渉の場合は22万円(税込)
調停の場合は33万円(*交渉から受任の場合は半額)(税込)
訴訟の場合は44万円(*調停から受任の場合は半額)(税込)
報酬金(税別) 交渉の場合は22万円(税込)
調停の場合は33万円(*交渉から受任の場合は半額)(税込)
訴訟の場合は44万円(*調停から受任の場合は半額)(税込)
※ 慰謝料、財産分与、養育費の支払いを得られた場合には、経済的利益の額に応じて加算致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚調停で有利な財産分与

  • 財産分与
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者である奥様は、夫と共有名義のマンションに居住していました。
離婚に伴う財産分与でマンションを手放すことになるのではないかと心配していました。

相談後

離婚調停では、不動産業者にマンションの評価額を算定させ、夫の共有持分に相当する金銭を支払うことにより、マンションの名義を取得する内容の離婚調停を成立させました。
離婚成立後、奥様は子供たちといっしょに、住み慣れたマンションで新たな生活をスタートされました。

棒田 洋平弁護士からのコメント

棒田 洋平弁護士

離婚調停では、調停委員を介在させたうえで、離婚の条件等に関する交渉を行います。調停・裁判の見通しを踏まえたうえで交渉することが必要です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
棒田法律事務所
所在地
〒920-0867
石川県 金沢市長土塀2-5-27 メリディアンコート2A
最寄り駅
金沢駅
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご事情に応じて,夜間・休日も対応いたします。
お電話でのお問合せは18時まで,メールフォームでのお問合せは24時間受け付けております。
対応地域

全国

事務所URL

電話で問い合わせ
050-5355-9789

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 18:00

棒田 洋平弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-9789
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご事情に応じて,夜間・休日も対応いたします。
お電話でのお問合せは18時まで,メールフォームでのお問合せは24時間受け付けております。
交通アクセス
駐車場あり