お気に入りに追加
仙石 博人弁護士

( せんごく ひろと ) 仙石 博人

茨城県内3拠点,9名の弁護士在籍,あなたにとってベストな解決案を提案します。

弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所

現在営業中 09:00 - 17:30

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【加害者側/被害者側双方対応可】刑事事件では初動の対応の速さが鍵となります。家族や知人が逮捕されてしまった際も、慌てず早期にご相談ください。
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

犯罪・刑事事件はお任せください!

刑事事件では早期に着手することが極めて重要です。ご本人やご家族・友人が事件に巻き込まれた、警察から問い合わせを受けているなどの場合には、できるだけ早く弁護士にご相談されることをおすすめいたします。
「安心して相談できる身近な弁護士」として、ご依頼者様と同じ目線でサポートいたします。
また、よりスピーディな解決を目指して、ご依頼者様のために尽力いたします。

特に、ひたちなか支所はひたちなか警察署が徒歩圏内ですので、素早く接見に行くことが可能です。
その他、水戸警察署、那珂警察署、鉾田警察署、笠間警察署、行方警察署,鹿嶋警察署,神栖警察署なども弁護士自身が車を運転し,迅速に接見に向かいます。

豊富な解決実績

  • 酒気帯び運転で罰金刑を受けた3カ月後に、また酒気帯び運転で逮捕勾留されてしまった事案【執行猶予】

等、幅広い案件を担当し、最善の解決へと導いて参りました。
詳しくは下記URLよりご覧ください。
https://www.bengo4.com/ibaraki/a_08221/l_1467434/#pro11_case

よくあるご相談

下記のようなご相談を多くいただいております。

  • 『家族が逮捕されたが、どうしたらいいか分からない。』
  • 『今すぐに面会にきてほしい。身柄を釈放してもらいたい。』
  • 『被害者と示談をしてもらいたい。』
  • 『職場や学校に知らせずに済む方法はあるか。』

▼その他▼

  • 窃盗
  • 傷害、暴行
  • 道路交通法違反
  • 薬物取締法違反

に関するご相談を重点的にお受けしております。もちろん上記以外のご相談も幅広くお受けしておりますので、お問い合わせください。

萩原総合法律事務所が選ばれる3つの理由

1.茨城県内3拠点、迅速な相談対応!
2.9名の弁護士がしっかりサポート!
3.地域密着型の相談対応による、依頼者に寄り添うサポート体制!

事務所ウェブサイトでも,解決事例のご紹介や弁護士費用のご説明を掲載しております。また営業時間外でもウェブサイトのメールフォームより相談予約が可能ですのでぜひご参照ください。

安心の費用体系

30分5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談無料となります。
相談時に総額費用を明確にお示しします。なお、着手金・報酬金は当事務所の報酬基準をもとにご依頼をお受けしています。

アクセス

勝田駅から徒歩15分

ホームページ

https://www.hagiwara-law.or.jp/

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回相談:30分ごと5,500円(税込)
※30分を超えた場合や、2回目以降のご相談も同様です。

※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談無料となります。
早期の段階でのご相談が大切です。
水戸/那珂/鉾田/笠間警察署等も接見に向かいます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

酒気帯び運転で罰金刑を受けた3カ月後に、また酒気帯び運転で逮捕勾留されてしまった事案【執行猶予】

  • 交通犯罪

相談前

 ご相談者様は、酒気帯び運転で罰金刑を受けた3カ月後に、交通事故を起こしてしまいました。今回も飲酒しての交通事故だったので、警察署で20日間勾留されることになりました。
 ご相談者様は、反省しきりで、二度と同じような犯罪を繰り返さないように自分の車を廃車にしたり、事故の弁償のために保険会社に直接連絡を取ったり、勤務先を見つけたりしたいと焦っておられました。ご家族も、起訴後に保釈してもらいたいと願っていましたが、保釈金をすぐに準備することができませんでした。

相談後

 ご相談者様は、警察署で20日間勾留された後、起訴されました。 
 弁護士が保釈保証支援協会と連絡を取り、ご家族は保釈金を一旦借りることができました。そのため、保釈されたご相談者様は、新しい勤務先を探すことできました。ご家族に加えて、勤務先の社長がご相談者様を監督してくれることになったので、その事実を裁判所に伝えられるように、勤務先社長の嘆願書として証拠化しました。
 また、弁護士が保険会社に連絡して、飲酒運転時の保険の補償範囲等を確認しました。その上で、交通事故の被害者と現時点で示談できている部分の書類を証拠化しました。
 公判では、主に弁護人の質問に対して、ご家族が監督の仕方を証言したり、ご相談者様が反省と今後の対策を証言したりしました。このような弁護活動の結果、執行猶予付きの有罪判決となりました。

仙石 博人弁護士からのコメント

仙石 博人弁護士

ご相談者様は、周囲の方のサポートや何よりご相談者様の行動を通して、刑務所に服役しなくても社会内で更生することができると裁判所に信じて貰うことができました。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【年間相談件数200件以上】遺産分割交渉・遺言書作成など、生前対策含め対応しております。まずはお気軽にご相談ください。
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

お気軽にご相談ください

相続問題では、慌てて行動してしまうと当事者同士の主張のぶつけ合いとなってしまい、収拾が付かなくなることが多いです。
そのため、相続問題が発生するまでは仲が良かった親族と疎遠になってしまう事も少なくありません。
そのような状況に陥る前に、相続の専門家である弁護士から客観的なアドバイスを受け、そして早期の問題解決を行われることをお勧め致します。

豊富な解決実績

  • 公正証書遺言の作成により、子が相続財産を浪費しづらいようにできた事例
  • 死亡後3カ月以上が経過した後に相続放棄の申述が受理された事例

等、幅広い案件を担当し、最善の解決へと導いて参りました。
詳しくは下記URLよりご覧ください。
https://www.bengo4.com/ibaraki/a_08221/l_1467434/#pro4_case

こんなお悩みございませんか?

  • 「亡くなった父親の遺産の内容について兄弟が教えてくれない…。」
  • 「相続人が多くて,やりとりが大変…。」
  • 「相続人の調べ方が分からない…。」
  • 「遺産分割がなかなか思うように進まない…。」
  • 「遺産分割協議に納得できないが押印を求められている…。」
  • 「残された遺言書の内容に納得ができない…。」

重点取扱案件

遺産分割交渉、遺言書作成、遺留分減殺請求

ポイント

  • 弁護士1年目から相続問題に携わってきた地元密着型の弁護士が全力サポート!
  • 依頼者の意思に沿った遺言書の作成!
  • 無料法律相談・分割払い・法テラス利用等、安心の料金設定!
  • 司法書士、税理士と連携し、難しい遺産分割案件にも対処可能!

無料相談実施中!

弁護士に相談するほどのことでもないと思っても、案外大きな問題であることもあります。実際大したことでなければそれはそれで良いことですので、お気軽にご相談下さい。

萩原総合法律事務所が選ばれる3つの理由

1.茨城県内3拠点、迅速な相談対応!
2.9名の弁護士がしっかりサポート!
3.地域密着型の相談対応による、依頼者に寄り添うサポート体制!

事務所ウェブサイトでも,解決事例のご紹介や弁護士費用のご説明を掲載しております。また営業時間外でもウェブサイトのメールフォームより相談予約が可能ですのでぜひご参照ください。

事務所ホームページ
http://www.hagiwara-law.or.jp/
相続専門ページ
https://www.ibaraki-souzokuzaisan.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回相談:30分ごと5,500円(税込)
※30分を超えた場合や、2回目以降のご相談も同様です。

※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談無料となります。
円満な相続を実現するために、地元密着型の弁護士が全力サポートします。
その他費用 着手金・報酬金その他の費用については下記のホームページより詳細を御確認下さい。
https://www.ibaraki-souzokuzaisan.com/cost/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(4件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

亡夫の兄弟姉妹との遺産分割交渉を行い,法定相続分以上の遺産を取得することができた事例

依頼主 80代以上 女性

相談前

 ご依頼者様は、突然夫を亡くされました。夫婦の財産がほとんど亡夫名義だったため、預貯金の払い戻しや自宅不動産の名義変更をしたいと望まれました。しかし、ご依頼者様と亡夫との間には子どもがいらっしゃらないため、ご依頼者様だけでなく、亡夫の兄弟姉妹も相続人となります。ご依頼者様は、亡夫の兄弟姉妹とはあまり親しくなく、身体の具合も良くないため、ご自身での交渉は難しく、当職に依頼することにしました。

相談後

 当職は、受任後、ご依頼者様の亡夫の兄弟姉妹に連絡を取り、ご依頼者様が亡夫の遺産を基に今後の生活を送っていかなければならず、遺産はその程度しか残っていないことを説明しました。何度かやり取りをしたところ、ほとんどの相続人に納得していただけました。その結果、ご依頼者様は、法定相続分以上の遺産を取得することができました。

仙石 博人弁護士からのコメント

仙石 博人弁護士

 子どものいないご夫婦は、後に残される配偶者のために遺言を残すと本件のような苦労はなくなり、非常に有益です。

遺産相続の解決事例 2

死亡後3カ月以上が経過した後に相続放棄の申述が受理された事例

依頼主 30代 女性

相談前

 ご依頼者様は、幼い頃、父母が離婚し、母親と暮らしてきたため、父親と連絡を取ることはありませんでした。しかし、父親が1年前に死亡したこと及び父親に借金があったことを、法律相談の直前に父親の兄弟から知らされ、当職に相談に来られました。

相談後

 ご依頼者様が父親の死亡を知った時期は,法律相談の直前でした。そのため、まだ相続放棄をすべき期間は経過していないと判断し、父親の兄弟から届いた手紙の日付を資料として添付の上、家庭裁判所に相続放棄の申述を行いました。
 また、ご依頼者様は、父親の借金の返済を行うと捉えられかねない書類を債権者に提出しようとしていたため、提出しないように指示しました。その結果,ご依頼者様は父親の借金を相続せずに済みました。

仙石 博人弁護士からのコメント

仙石 博人弁護士

 亡くなった方の死亡後3カ月以上が経過していても、事情によって相続放棄の申述が認められる事例は数多くありますので、諦めないことが大切です。

遺産相続の解決事例 3

亡くなる直前に遺言書の作成をしたため、希望通りの相続を実現できた事例

依頼主 60代 男性

相談前

 ご依頼者様は、妻と折り合いが悪く、子どももご依頼者様側(父親)に付いた子どもと妻側(母親)に付いた子どもに分かれていました。ご依頼者様には病気があり、ご依頼者様側に付いた子どもだけがご依頼者様のお世話をしてくれました。そこで、ご依頼者様としては、自分の世話を良くしてくれた子どもに自分の遺産を残したいと考え、当職に相談に来られました。

相談後

 当職は、ご依頼者様の体調を考えると、早急に遺言書を作成した方が良いと考え、早急に文案を作成し、公証人に出張依頼をして、ご依頼者様の病床で、公正証書遺言を作成することにしました。内容は、ご依頼者様の世話を良くしてくれた子どもに多額の遺産を残すという内容です。遺言書作成後まもなくご依頼者様はお亡くなりになりました。遺言書が残っていたため、ご依頼者様が希望した通りの相続が実現できました。

仙石 博人弁護士からのコメント

仙石 博人弁護士

 自分の死亡を前提とした遺言書を作成することは、多くの方にとって気が重い行動ですが、残される遺族のことを考えると実行していただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例 4

公正証書遺言の作成により、子が相続財産を浪費しづらいようにできた事例

  • 遺言
依頼主 70代 女性

相談前

ご依頼者様は、ご自身が亡くなられた後、お子様が相続財産を浪費しないかご不安を持っておられました。お子様のために何かできることはないかご相談に来られました。

相談後

 いわゆる遺言信託という仕組みを採用した遺言(公正証書)を作成しました。
 今回の遺言信託は、金融機関が遺言を預かるだけの制度とは異なり、相続財産をお子様とは別の方(受託者様)が受託し、管理しながらお子様に財産を分割で渡していくという仕組みです。
 遺言の作成にあたり、県内の金融機関に相談し、信託に利用するための口座を作成しました。その上で、ご依頼者様が亡くなられた後の受託者様の動きや注意点について、ご依頼者様と受託者様にご説明しました。

仙石 博人弁護士からのコメント

仙石 博人弁護士

 ご自身が亡くなられた後、相続人の財産の使い方まで影響を与えるのは、一般的には難しいといえます。
 しかし、本件では、信頼できる受託者様がいたことや、相続財産が信託に適していたこと等のご不安を解消できる事情が揃っていました。そのため、お子様の将来のために一定の準備をすることができました。
 本件のようにご不安を解消できる場合もございますので、お気軽に弁護士にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所
所在地
〒312-0052
茨城県 ひたちなか市東石川3-21-8 東功ビル2階2
最寄り駅
勝田駅から徒歩15分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
対応地域

関東

  • 茨城
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5265-1855

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 17:30

弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1855

※弁護士法人萩原総合法律事務所ひたちなか支所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム