現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
木野 達夫弁護士

( きの たつお ) 木野 達夫

遺産相続

分野を変更する
経験を生かして、複雑な遺産問題について多角的に検討し、遺言書作成・遺産分割交渉など遺産相続のあらゆる問題について最大限有利な解決を目指します。
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所

リラックスして相談できる応接室です

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、弁護士及び事務員のマスク着用並びにこまめな手洗い及び殺菌、テーブル・ドアノブ等のアルコール消毒、相談室に飛沫防止のためのアクリル板の導入、相談室の窓を開放してこまめな換気等を行っております。

-----------------------------------------
宝塚花のみち法律事務所が選ばれる理由
-----------------------------------------
①初回相談は1時間無料にしておりますので、
まずは現状をお伺いして、今後の見通しを丁寧にお伝えいたします。

②当日・休日・夜間20時まで相談可能です。 ※要予約

③費用面がご心配な方には分割払いで承ります。
※費用面は分かりやすい明瞭会計になっています。

④キッズコーナーがありますので、お子様をお連れしてご来所いただけます。

⑤司法書士・税理士・不動産鑑定士等と連携しているので、ワンステップサービスが提供可能です。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・亡くなった父の預金を姉が取り込んでいる。
・兄が「長男だから多くもらうのが当然だ」と言って譲らない。
・亡くなった父の遺言書が出てきたが信用できない(偽造の疑いがある)。
・「寄与分がある」と主張されているが,多めに渡さなければならないのか。
・遺言書をどう書いたらいいのか分からない等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。


※遺産相続について※
「親が残してくれた思い出の家。だけど、兄弟は三人。誰が受け継ぐんだろう?家を三つに分けるわけにはいかないし・・・」
相続は皆さんで話し合うことが一番重要です。でも、どうしても話し合いでの解決が困難な場合は、弁護士に依頼するのも一つの方法です。
実際に当事者になってしまったら、まずはご相談下さい。


■これまでの依頼者の声■
「親の大事な財産が、兄に勝手な言い分通りになら無くて安心しました。」と感謝の声をいただいております。


■相続案件に関する主な弁護士費用(税別表記)■
✔︎遺産分割の着手金
交渉:30万円
調停(審判を含む):40万円
(ただし、交渉から引き続き受任する場合は10万円)

✔︎遺産分割の報酬金
取得した遺産の額に対する所定の割合(最低30万円)


■HPはこちら→http://www.hananomichi-law.com/

【アクセス】
阪急宝塚駅徒歩3分
(花のみち入口横、ソリオホール向かい、ニッポンレンタカー隣)

この分野の法律相談

数年前に祖父が亡くなり、祖父からの遺産分配ということで、祖父が生前に私の父、叔父である父の兄に山林と家を分配。叔父は山林と家の所有権を獲得し、父は叔父と分配した山林をもらいました。 ですが、叔父が父の署名と実印を使い、山林の名義変更を本人の承諾なく勝手に行いましたが これも父にばれて、関係...

1.権利証を持っていれば権利者だという訳ではありません。(権利証を取り返したとしても権利者にはなれません。) 2.裁判をして権利者を確定する必要があります。 3.苗字の違いは問題ではありません。

木野 達夫弁護士

主人が亡くなり、相続放棄をしたいのですが、 携帯電話、公共料金(ガス、水道、電気)の契約が、名義が夫、引き落としが私名義のクレジットカードになっています。支払ってはいけないと言う話をきいたのですが、どうしたら良いのでしょうか? また、賃貸住宅に住んでいますが、こちらも夫名義です。こちらは毎月振...

光熱費の契約や賃貸借契約の名義変更を速やかに行うできです。 契約変更が完了するまでは夫名義で支払うことになりますが,生活のために必要なので,そのことで問題になることはないと考えます。

木野 達夫弁護士

お金の貸し借り(自分が貸す側)や贈与(自分が贈与してもらう側)で、相手の同意と署名をもらい、証書を作ったが、相手が証書の内容に従わなくなった場合、どういう手続きをすれば、強制力でもって、履行する事が出来ますか?

1.「証書」というのが「公正証書」であれば,内容によってはその公正証書で強制執行が可能です。 2.「証書」が公正証書でなければ,「訴訟」や「支払督促」によって「債務名義」を得れば強制執行が可能です。

木野 達夫弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・初回1時間無料
・それ以降30分あたり5,000円(税別)
着手金 遺言作成 原則10万円(税別)。特に複雑な場合は相談。
遺産分割交渉 30万円(税別)
遺産分割調停(審判を含む) 40万円(税別)
(ただし、交渉から引き続き受任する場合は10万円(税別))
遺産分割審判に対する即時抗告 40万円(税別)
(ただし、調停・審判から引き続き受任する場合は10万円(税別))
報酬金 遺言作成 なし
遺産分割請求 取得した遺産の額が3000万以下の場合10%(最低30万円)(税別)
       3000万円を超え、3億円以下の場合120万円+6%(税別)
       3億円を超える場合720万円+4%(税別)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(5件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

事業承継を伴う相続財産の整理

  • 遺産分割
依頼主 70代 女性

相談前

依頼者は70代の女性。60代の夫が急死した。
夫は株式会社の代表取締役であった。会社は金融機関に債務があり,夫は連帯保証人で所有不動産には抵当権が設定されていた。
法定相続人は依頼者を含め5名であった。
夫名義の資産は自宅マンションと賃貸駐車場があり,プラスの財産とマイナスの財産の比較は困難であった。
会社は小売業であり,店舗の店長が事業の継続を希望していた。
依頼者はどうしてよいか全くわからない状態であった。

相談後

法定相続人との協議,金融機関との協議,店長との協議を並行して行い,権利関係を整理した。
その結果,店長を新しい代表取締役に選任し,夫の連帯保証債務を店長(新しい代表取締役)に引き継ぎ,無事,依頼者は自宅を確保することができた。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

協議対象者が多い困難な事案でしたが,法定相続人,金融機関,店長に対して一つずつ丁寧に説明と説得を心がけたことがよい結果に結びついたのだと思います。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 2

不当な遺産要求を退けた事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相談者は夫と共に長年,母親と共に暮らしてきた。
母親は全ての遺産を相談者と相談者の夫に譲ると言い続けてきた。そして,そのことは相談者の兄弟たちもよく知っていた。
しかし,母親が遺言書を残さずに亡くなったため,相談者の兄弟たちが遺産の法定相続分を要求してきた。
相談者は,「みんな了解していたはずなのに・・・」と困惑していた。

相談後

まず,遺産分割調停を申し立てた。
しかし,折り合いはつかず,むしろ,兄弟たちは相談者が生前の母親のお金を勝手に費消したとして相談者に対して不当利得返還請求訴訟を提起した。

遺産分割の枠内での決着は困難と判断したため,実質的に遺産は相談者の夫のものであると構成し直して所有権確認請求訴訟を提起した。
また,不当利得返還請求訴訟についても粘り強く反論を続けた。

結果,所有権確認請求訴訟で勝訴判決を得ることができ,不当利得返還請求訴訟は取り下げさせることに成功した。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相談者と相談者の夫から母親との長期間の生活の歴史についてじっくり時間をかけて聴き取りを行い,実質的に相談者の夫に権利があることを丁寧に立証したことが結果に結びついたのではないだろうか。
また,全力で緻密に防御活動を行ったことで不当利得返還請求訴訟を取り下げさせることができたのだと思う。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 3

不公平な遺産分割協議が成立したという主張を退けて公平な遺産分割が実現した事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

親が残した不動産の分け方について兄弟間で長期間話し合いを行っていましたが,どうしても上手くまとまりません。

相手は自分たちに有利な遺産分割協議が成立したといって譲りません。

相談後

相手は自分たちに有利な遺産分割が成立したと主張していましたが,遺産分割協議書もなく,遺産分割協議は成立していないと考えられました。

そこで,家庭裁判所に対して遺産分割調停を申し立てました。
調停では話し合いがまとまらず,審判に移行しました。
調停と審判を通じて,相手方は遺産分割協議の成立を強く主張していましたが,結論として,当方の主張が認められ,公平な割合による遺産分割が実現しました。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相手方の主張を一つ一つ丁寧に反論していき,相手方の主張が成り立たないことを根気強く証明したことがよい結果に結びついたのだと思います。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 4

遺産である不動産の評価について争いがあるケースで当方の主張がおおむね認められた事例

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 女性

相談前

親の遺産の分け方について兄弟間で話し合いがつかず困っていました。
特に,遺産である土地の上に建物が建っており,そのことで土地の評価額について当事者間で大きな開きがありました。

相談後

当方の考える妥当な評価額を元に相手方の弁護士と交渉に臨みましたが,話し合いはまとまりませんでした。

そこで,遺産分割調停を申し立てて,裁判所で話し合うことにしました。
調停では,調停委員や裁判官が当方の主張に理解を示してくれて,当方の主張する評価額に近い価格を前提にした調停案が提案されて,無事に調停成立となりました。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相手方は固定資産税評価額を基準に土地の評価額を主張していましたが,当方は,不動産業者による詳細な査定書を提出しました。
査定書の内容が詳細であり信用性が高かったことから,当方の主張する評価額に近い額を前提にした調停案を提案してくれたのだと思います。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 5

家族信託と遺言を併用して依頼者の希望を実現した事例

  • 遺言
依頼主 70代 男性

相談前

重い病気のため自分の体がいつどうなるかわからないので,信用できる知人に生活費の管理や治療費の支払いなどをお願いしたいが,どうしたらよいか分からない。

相談後

ご本人の希望を詳しくお聞きしたところ,死後事務委任を含む家族信託がベストであるとの結論に達しました。
そこで,家族信託の組成を行い公正証書を作成しました。併せて,他界した後に残る財産についての分け方を明確にするために公正証書遺言書も作成しました。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相談者は,成年後見や遺言書についてある程度調べたそうですが,自分の希望する内容を実現するためにはどうすればよいのか全く分からないという様子でした。

当職から,「まさにこのようなケースこそ,家族信託(民事信託)がピッタリなんです。」とお話しし,家族信託の詳しい仕組みを丁寧に説明しました。
相談者は十分に制度の内容を理解され,信託契約書の作成をご了解いただきました。完成した契約書の内容にも大変満足していただきました。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
経験を生かして、養育費・婚姻費用・親権問題など離婚に関するあらゆる問題について、最大限有利な解決を目指します。ご相談しやすい環境を整えてお待ちしています。
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所

リラックスして相談できる応接室です

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、弁護士及び事務員のマスク着用並びにこまめな手洗い及び殺菌、テーブル・ドアノブ等のアルコール消毒、相談室に飛沫防止のためのアクリル板の導入、相談室の窓を開放してこまめな換気等を行っております。

-----------------------------------------
宝塚花のみち法律事務所が選ばれる理由
-----------------------------------------
①初回相談は1時間無料にしておりますので、
まずは現状をお伺いして、今後の見通しを丁寧にお伝えいたします。

②当日・休日・夜間20時まで相談可能です。 ※要予約

③費用面がご心配な方には分割払いで承ります。
※費用面は分かりやすい明瞭会計になっています。

④キッズコーナーがありますので、お子様をお連れしてご来所いただけます。

⑤司法書士・税理士・不動産鑑定士等と連携しているので、ワンステップサービスが提供可能です。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・妻が子供と面会させてくれない。
・夫が提示する養育費では生活できない。
・子どもの親権者になりたいが,やはり母親が有利なのか。
・離婚したら自宅の不動産はどうなるのか。
・夫の預金額を知りたいが教えてもらえない等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。


※離婚について※
「離婚を考えているけれど、どこに相談したらいいのだろうか?離婚を考えているということを周りに知られたらどうしよう・・・」などご心配なかたもご安心下さい。弁護士には守秘義務がありますから、秘密厳守でご相談に応じます。
また、出張相談もあります。(移動時間と相談時間を合わせて3時間まで1万5000円(税別))
ご相談から解決までの流れを丁寧にご説明いたしますので、お困りの際は、当事務所へご相談ください。


■これまでの依頼者の声■
「今後の生活が不安で仕方ありませんでしたが、先生の献身的なサポートのお陰で、不安にならずに済みました。」と感謝の声をいただいております。

■HPはこちら→http://www.hananomichi-law.com/

【アクセス】
阪急宝塚駅徒歩3分
(花のみち入口横、ソリオホール向かい、ニッポンレンタカー隣)

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

以前も相談させて頂いた者です。 私の妊娠中に夫からDVやモラハラを受けて別居し、離婚調停と婚姻費用の調停をしました。 調停中に夫と直接話し合いをし、離婚の合意が出来、夫に「協議離婚にしたいから調停を取り下げて欲しい」と言われ取り下げましたが、その後いつになっても夫が離婚してくれず、騙されたとわ...

1.証拠もないのに「150万円下げましょう」というのは理解に苦しみますね。 2.少なくとも,4月以降3か月分くらいの給与明細を提出させて年収を推定すべきでしょう。

木野 達夫弁護士

相手側からの提案で身体の関係なしの愛人契約をしており、合計20万円いただきました。こちらも忙しくなり、メールなどなかなか返せず、会う頻度も減ってきてしまっていたところ、お金を返せといってきました。また、そのメールを怖くて無視していたところ大学宛に送り主の名前のない督促状が送られてきました。大学...

1.具体的な契約内容にもよりますが,返済する義務はないものと考えます。 2.督促状を受け取らなくても問題はないかと思いますが,支払督促が付郵便送達で送られていた場合などは,受け取らなくても受領した扱いになりますので,受け取ったほうがよいのではないでしょうか。(受け取ったことで特に不利益になる訳ではありません) 3.弁護士と警察へ相談に行かれるべきでしょう...

木野 達夫弁護士

初めまして。弁護士の先生方、親権・養育権についてどうかご教授頂けたらと思います。 私は現在6ヶ月になる息子を抱え、夫とは別居しております。原因は、夫の結婚当初からの不貞行為が発覚したためです。そして現在、別居して4ヶ月が経ち、離婚はせず無期限で別居する案も出ているのですが… 現在の住まいは...

1.原則として,父親が親権者となります。 2.ただし,父親による「養護が著しく困難又は不適当であることその他特別の事情がある場合」には特別養子縁組が可能です(民法817条の2以下)。 家庭裁判所で「息子」と「両親」との間で特別養子縁組が認められれば,「両親」が親権者となりますので,100%無理ではありません。

木野 達夫弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・初回1時間無料
・それ以降30分あたり5,000円(税別)
着手金 離婚 交渉 20万円(税別)
調停 30万円(税別)ただし,交渉から引き続き受任する場合は10万円(税別)
訴訟(第一審) 40万円(税別)ただし,調停から引き続き受任する場合は10万円(税別)
訴訟(控訴審) 40万円(税別)ただし,第一審から引き続き受任する場合は10万円(税別)
婚姻費用 交渉 10万円(税別)
調停(審判を含む) 20万円(税別)ただし,交渉から引き続き受任する場合は10万円(税別)。離婚調停と同時審理される場合は5万円(税別)。
即時抗告 20万円(税別)ただし,調停・審判から引き続き受任する場合は10万円(税別)
着手金② 養育費 交渉 10万円(税別)
調停(審判を含む) 20万円(税別)ただし,交渉から引き続き受任する場合は10万円(税別)。離婚調停または離婚訴訟と同時審理される場合は5万円(税別)。
即時抗告 20万円(税別)ただし,調停・審判から引き続き受任する場合は10万円(税別)
面会交流 交渉 10万円(税別)
調停(審判を含む) 20万円(税別)ただし,交渉から引き続き受任する場合は10万円(税別)。離婚調停または離婚訴訟と同時審理される場合は5万円(税別)。
即時抗告 20万円(税別)ただし,調停・審判から引き続き受任する場合は10万円(税別)   
報酬金 交渉または調停の場合30万円(税別)
訴訟の場合40万円(税別)
親権に争いがあり親権者となった場合 子供1名につき10万円(税別)加算,財産分与,慰謝料,解決金など財産給付を伴う場合 経済的利益の10%(税別)加算
婚姻費用 認められた婚姻費用または減額できた婚姻費用の1年分の金額の10%(税別)
養育費 認められた養育費または減額できた養育費の2年分の金額の10%(税別)
面会交流 子供1人につき10万円(税別)ただし,離婚調停または離婚訴訟において認められた場合は子供1人につき5万円(税別)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻からの精神的虐待に耐えかねた男性の調停離婚が成立した事例

  • 財産分与
  • モラハラ
依頼主 60代 男性

相談前

依頼者は,妻より繰り返し侮辱を受け続けてきて,精神状態の安定が保てなくなっていた。

相談後

相談を受け,離婚調停を申し立てた。
相手方は弁護士に依頼し,離婚を望まない旨の主張を行った。
当方は,依頼者が相手方の言動でいかに傷ついてきたかを丁寧に主張した。
丁寧な説得を繰り返し,結果的に,財産分与として依頼者から相手方に対し夫婦共有財産の2分の1を分与することで調停での離婚が成立した。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相手方に離婚原因があると明確に言えるか微妙な案件でしたが,依頼者の気持ちを繰り返し主張し,相手方の了承を得ることができました。
財産分与も2分の1ですので,特に依頼者に不利益にならない形で解決することができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

相手の主張を退けて財産分与と慰謝料合計800万円を勝ち取った事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • DV・暴力
依頼主 60代 女性

相談前

どれだけ家事を頑張っても,長年夫から暴力や暴言を受け続け,夫の言いなりになってしまっておられました。「自分には人生というものがない」と諦めておられたようです。

相談後

これまでの長年苦しかった過去を振り返り,新しい人生を踏み出したいと決意されました。
そして,新しい人生を始めるからには,夫と離婚して,これまで苦しめられてきたことに対するしかるべき慰謝料をもらい,今後の生活のために最大限の財産分与を取得したい,とのご要望でした。

そこで,まずは離婚調停を提起し話し合いを繰り返しましたが,離婚条件について合意が得られませんでした。

そのため,離婚訴訟を提起し,過去の長年にわたるDVの実態を詳細に裁判官に伝えることを心がけました。

また,夫が特有財産であると主張する財産について,虚偽の主張があると思われたため,徹底的に尋問対策を行いました。

しかし,一審判決では尋問結果についての裁判官の解釈が不十分な点があり,慰謝料の額も財産分与の額も低額に留まりました。

そこで,一審判決に対して,依頼者は控訴することを選択しました。

結果的に,控訴審においては,慰謝料,財産分与ともに増額させることに成功し,併せて800万円を勝ち取ることができ、控訴審判決が確定しました。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

一審の尋問において,夫の供述が不自然であることを浮かび上がらせることができました。

しかし,一審判決では,尋問結果についての裁判官の解釈が不十分な点があり,慰謝料の額も財産分与の額も低額に留まりました。

そこで,控訴審においては尋問結果の解釈を丁寧に行いました。結果的に,控訴審の裁判官に理解してもらうことができ,増額に成功しました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

不貞行為を行った夫と相手である女性から合計330万円の慰謝料を勝ち取った事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

夫が不貞行為を行い、いったんは、夫と相手の女性が謝罪したが、その後も連絡を取り合っていることが判明し、二人を許せないというお気持ちが強かったそうです。

相談後

夫も相手の女性も許せないが、できれば相手の女性に多くの慰謝料を支払わせたいとのことでご相談に来られました。

まずは、訴訟外での交渉を試みました。相手の女性は不貞行為を認めましたが、条件面での折り合いが付きませんでした。

そのため、慰謝料請求訴訟を提起し、謝罪文や謝罪文提出後のメールのやり取り等を証拠として提出しました。また、夫の証人尋問と原告・被告の当事者尋問も行いました。

尋問終了後、裁判官より和解勧告があり、夫と女性がそれぞれ165万円を支払うという内容で和解が成立しました。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

通常は、夫と不貞相手の連帯債務とするのですが、そうすると、夫がこっそりお金を出して女性が払う形を取る可能性がありました。

夫と女性がそれぞれ支払うという内容の和解が成立したことにより、確実に女性から支払わせることができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
経験を生かして後遺障害等級認定・過失割合交渉など、交通事故に関するあらゆる問題について最大限有利な解決を目指します。ご相談しやすい環境を整えてお待ちしています。
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所
宝塚花のみち法律事務所

リラックスして相談できる応接室です

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、弁護士及び事務員のマスク着用並びにこまめな手洗い及び殺菌、テーブル・ドアノブ等のアルコール消毒、相談室に飛沫防止のためのアクリル板の導入、相談室の窓を開放してこまめな換気等を行っております。

-----------------------------------------
宝塚花のみち法律事務所が選ばれる理由
-----------------------------------------
①初回相談は1時間無料にしておりますので、
まずは現状をお伺いして、今後の見通しを丁寧にお伝えいたします。

②当日・休日・夜間20時まで相談可能です。 ※要予約

③費用面がご心配な方には分割払いで承ります。
※費用面は分かりやすい明瞭会計になっています。

④キッズコーナーがありますので、お子様をお連れしてご来所いただけます。

⑤これまでの相談は数百件を超えており、医療訴訟も複数経験があるため、医学的に複雑な事案も対応可能です。


【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・保険会社から治療を打ち切ると言われて困っている。
・保険会社が提示する示談金額に納得がいかない。
・保険会社が提示する過失割合に納得がいかない。
・休業損害をしっかりと請求したい。
・評価損を請求したい等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。


※交通事故について※
自分が安全運転をしていても、突然起こるのが交通事故です。
保険会社の担当者と慣れない交渉をしているうちに、いつのまにか相手のペースに合わせてしまうということがよくあります。
しかし、ちょっと待ってください。本当にその金額で納得していますか?一度、弁護士に相談してみませんか?
ご相談から解決までの流れを丁寧にご説明いたしますので、お困りの際は、当事務所へご相談ください。


■これまでの依頼者の声■
「事故後も定期的にフォロー連絡をくださったので、先生にお願いして本当に良かったです。」と感謝の声をいただいております。

■HPはこちら→http://www.hananomichi-law.com/

【アクセス】
阪急宝塚駅徒歩3分
(花のみち入口横、ソリオホール向かい、ニッポンレンタカー隣)

この分野の法律相談

自分の車で友人が運転をしていて事故を起こしました。自分も同乗していました。 民家の一部にぶつかり、民家と車両が破損。 運転手の保険で対応しようとしたが、他社運転特約に入っておらず、自分の保険で対応した。車両は全損となり160万円の車両保険がおりました。運転手との話しあいの中で、新車購入代として3...

1.不法行為法の考え方では,壊れた車両の時価額までしか請求できません。時価額が160万円であれば320万円を請求する事はできません。 2.もっとも,友人が払ってくれるというのであれば受け取っても違法ではありません。

木野 達夫弁護士

車対車のひき逃げ事故にあいしばらく通院していましたが示談の話に持っていこうと思っています。そこで下記の事について相手の保険屋さんに伝えたいのですが、どのように言えば効果がありますか? ・相手は追突した後逃げた ・私1人で警察と事故処理 ・自首ではなく私が記憶したナンバーから翌日連行 ・警察...

1.率直にそのまま伝えればよいかと思います。 2.もっとも,上手く伝えたところで,保険会社は増額を認めません。 弁護士に相談,依頼されることをお勧め致します。

木野 達夫弁護士

事故の価格落ち請求について。 1月に信号のない交差点で一時停止無視で追突されました。 購入時350万で1年ほど乗っていたのですが、事故歴車になるとの事で新車に変えました。追い金は150万です。修理代は最終的に67万かかりました。ディーラーで価格落ちも計算してもらい21万6千円とでたので、相手保険会社に請...

1.仮に訴訟になった場合,評価損は必ずしも認められるものではなく,否定される場合もあります。 通常,損傷の程度,修理内容,修理額,初年度からの経過期間,走行距離,車種などを総合考慮して決められます。 2.上記の考慮要素のうち,「走行距離が短い」,「初年度からの経過期間が短い」,「損傷の程度が大きい」,「高級車である」などのときに認められる可能性が高くなりま...

木野 達夫弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・初回1時間無料
・それ以降30分あたり5,000円(税別)
着手金 相手が任意保険に加入している場合
 交渉 無料
 調停 15万円(税別)(後払い可)
 訴訟 20万円(税別)(後払い可)

相手が任意保険に加入していない場合
 請求額が
 300万円以下 8%(税別)
 300万円〜3000万円 5%+9万円(税別)
 3000万円〜3億円 3%+69万円(税別)
報酬金 相手が任意保険に加入している場合
 20万円+獲得額の10%(税別)

相手が任意保険に加入していない場合
 獲得額が
 300万円以下 16%(税別)
 300万円〜3000万円 10%+18万円(税別)
 3000万円〜3億円 6%+138万円(税別)
備考欄 弁護士費用特約使えます。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

依頼者の過失割合を大幅に減少させた事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は自動車で路外から道路へ進入。
相手方の自動車は依頼者の車が道路へ進入する際に第2走行車線から第1走行車線へ車線変更し,依頼者の車を追い越しざまに接触。
相手方の保険会社は別冊判例タイムズの路外進入類型にあてはめて頑なに[依頼者8:相手方2」を主張。

相談後

依頼者は,「相手方は指示器を出していなかったのでまさか車線変更するとは思わなかった。自分のほうが悪いとは納得できない。」と相談に来られた。
依頼を受け,相手方保険会社と交渉。
相手方保険会社は判例タイムズを理由に,「原則[依頼者8:相手方2],最大限譲っても[依頼者7:相手方3]と主張。
交渉は決裂し,調停を申し立てた。
調停委員も判例タイムズに固執し,最大[依頼者6:相手方4]での合意を促したため提訴。
判決は[依頼者3:相手方7]。双方控訴せず確定した。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

相談を受けた当初から,感覚的に「判例タイムズを機械的にあてはめるのはおかしい事例」と感じました。
保険会社や調停委員の意見に流されず,弁護士としての感覚を信じて依頼者とともに訴訟を戦いました。
訴訟で尋問を行った結果,相手方の主張の不合理さを浮き彫りにすることができ,上記の結果に結びついたのだと思います。
依頼者も「最後まで戦って,納得のいく結果になりよかった。」と喜ばれていました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

既往症減額の主張を退けた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

赤信号で停車中に後方より追突され,頚椎捻挫の傷害を負った事故。

被害者は,過去に頚椎椎間板ヘルニアの既往症があったが,事故当時は症状はなくなっており,本件事故により首の痛みや手のしびれなどの症状が出るようになった。

被害者は,明らかに本件事故による症状だと確信していたが,過去に頚椎椎間板ヘルニアの既往歴があることから,本件事故との因果関係が否定されたり,減額されたりするのではないかと心配していた。

相談後

症状固定後,自賠責保険の被害者請求(16条請求)を行い,後遺障害14級9号の認定を受けた。

14級の認定を受けたことを前提に保険会社と交渉したところ,保険会社は既往症による減額を主張し交渉ではまとまらなかったため,提訴した。

提訴後,既往症による減額無しの形で勝訴的な和解が成立した。

木野 達夫弁護士からのコメント

木野 達夫弁護士

一般的に既往症のある事案では,一定程度の減額がなされる場合が多いところ,本件においては,事故当時,頚椎椎間板ヘルニアによる症状が出ていなかったこと,事故後の手のしびれなどの部位が頚椎椎間板ヘルニアの疾患部位と整合ぜず,本件事故に起因する症状であると確信できる事案であった。

保険会社は,診断書等を十分に検討せず,機械的に既往症による減額を主張していたようであるが,訴訟を提起したことにより,資料を見直した結果,既往症減額の主張は無理だと判断して和解に応じたものと思われる。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
宝塚花のみち法律事務所
所在地
〒665-0845
兵庫県 宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階
最寄り駅
JR・阪急 宝塚駅
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
1 人
所員数
2 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築

電話で問い合わせ
050-5450-0276

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
宝塚花のみち法律事務所
所在地
兵庫県 宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階
最寄駅
JR・阪急 宝塚駅

木野 達夫弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5450-0276
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
完全予約制です。
夜間及び土日祝日のご相談は,平日の営業時間内にご予約いただく必要があります。

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
完全個室で相談