お気に入りに追加
髙田 南弁護士

( たかた みなみ ) 髙田 南

弁護士法人筧法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

離婚・男女問題

分野を変更する
◆分割払対応可能◆離婚・慰謝料請求はお任せください。女性弁護士、女性スタッフが心を込めて対応させていただきます。お気軽にご相談ください。
弁護士法人筧法律事務所
弁護士法人筧法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

解決実績多数

  • (男性側/慰謝料請求)妻の不倫が発覚し、不倫相手へ慰謝料請求が成立した事案
  • (女性側/慰謝料請求)夫の浮気が原因で妻から離婚と慰謝料請求が成立した事案
  • (女性側/慰謝料請求)交際相手の妻からの慰謝料請求を減額できた事案

解決事例一覧

https://www.bengo4.com/hyogo/a_28203/l_442502/#pro3_case

よくあるご相談事例

・(不貞)配偶者が浮気をしているようだ
・(不貞)不倫相手に慰謝料を請求したが応じてくれない
・(離婚)突然相手から離婚と慰謝料を請求された
・(離婚)夫に離婚を切り出したい。
・(財産分与)財産分与について納得できない
・(子ども)養育費を約束通り払ってくれない。
・(子ども)子供と面会させてもらえない。

お気持ちに寄り添って対応します

お一人おひとりご納得いただけるまでとことん話し合うことを心がけております。
まずは、悩んでらっしゃること、不安に思ってらっしゃることを何でも弁護士にお話しください。お聞きした内容を弁護士が整理し、最適な解決方法をご提案いたします。

充実したサポート体制

当日、休日、夜間相談にも対応(予約制)

出来るだけ迅速に対応できるよう当日・土日祝日・夜間も柔軟に対応しています。
弁護士不在の場合もございますので、ご希望の方はご予約ください。

費用についてご不安な方もご相談いただけます

ご相談料は5,500円(税込)がかかります。分割払いにも対応しております。
ご依頼いただく上で、費用面でご不安な方は、ご相談ください。

リラックスして相談しやすい事務所です

当事務所では、お越しいただく方に、少しでもリラックスしてご相談いただけるように、
プライベートに配慮した個室もご用意しております。
小さなお子様連れでも大歓迎。ご予約時にお伝えください。

経験豊富なベテランの男性弁護士も在籍

経験豊富な男性弁護士が所属しておりますので、ご相談内容は意見を交換し、ご依頼者様にとって、最善の解決を目指します。

離婚問題は早めにご相談ください。

離婚問題はデリケートな要素を伴うことも多く、ご相談内容によっては、男性には話しづらいと思う方がおられると思います。
当事務所は女性弁護士も在籍、スタッフも全員女性ですので、ぜひ何でもお話しください。
離婚問題に直面し、問題解決方法や、今後の生活など、様々な不安を抱えてらっしゃることと思います。
人生の再スタートを切るお手伝いをさせていただきます。
早めにご相談いただくことで、その不安を解消できるかもしれません。
じっくりとお話をお伺いし、一緒に最良の解決を目指します。

離婚専門サイト

https://kakehilawoffice.com/rikon

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料相談あり。
通常は30分5,500円(税込)です。
着手金 交渉事件 22万円~
調停事件 33万円~
訴訟事件 44万円~
※金額はいずれも消費税込みの金額です。
※事案の内容により、費用の増減がある場合がございます。
※示談交渉や調停から受任している事件については、減額させていただく場合もございます。
成功報酬 22万円~
※金額はいずれも消費税込みの金額です。
※事案の内容により、費用の増減がある場合がございます。
※相手方から経済的利益を獲得した場合はその16パーセント程度を加算させていただきます。
公正証書作成費用 22万円(税込)~
内容証明郵便による通知書等作成費用 5万5千円(税込)~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

弁護士の介入により、早期解決したケース

  • 離婚回避
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

子育てについての意見が合わないなど、すれ違いが重なって、夫婦関係が破綻。
妻側から離婚の交渉を受任しましたが、夫は当初から離婚には応じない姿勢をみせていました。

相談後

弁護士が介入してからは離婚に応じる姿勢を見せ始めました。
しかし、財産分与、養育費についてなかなか合意が整いそうになかったため、妻側から離婚調停を申し立てました。
初回の期日から主張を整理した書面や財産関係の資料を準備していたことが功を奏し、調停委員の説得もあり、妻側の希望する内容での離婚が認められました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

問題の早期解決のためには、迅速な対応が不可欠です。この事例では、別居開始前からご相談いただき、早期に弁護士が介入したことで争点を減らし、早期の解決につながったと思われます。
裁判所に提出する書面や資料の準備は経験が無ければ手間取ることも多いと思われますが、弁護士に依頼することで負担を減らすことができます。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫の浮気が原因で妻から離婚を申し立てたケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

夫の浮気が判明し、夫婦関係が破綻した事案。
当初、夫も浮気相手も浮気の事実を否定しており、話が進まず、妻側から離婚交渉と浮気相手への慰謝料の請求交渉を受任しました。

相談後

弁護士が介入し、証拠を示しながら交渉したところ、浮気相手は慰謝料を支払うことに同意しました。夫は、浮気の事実を認めず、離婚にも応じようとしなかったため、妻側から離婚調停を申し立てました。浮気相手が慰謝料を支払っている事実などが考慮され、夫が妻に慰謝料を支払う内容での離婚が認められました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

早期にご相談いただいた結果、浮気に関する証拠を多く収集することができ、有利に交渉を進めることができました。慰謝料請求をお考えの場合は、必要な証拠を収集しておくことが不可欠ですので、できるだけ早く弁護士に相談されることをおすすめします。

離婚・男女問題の解決事例 3

夫から離婚を求められたケース

  • 離婚回避
依頼主 女性

相談前

出産を機に精神的に不安定になった妻が、突然夫から離婚を求められ、夫が家を出る形で別居を開始した事案。夫が離婚調停を申し立てたことから、調停の妻側の代理人を受任しました。

相談後

妻は突然離婚を求められたことに納得しておらず、離婚に合意しなかったため調停は不成立で終わりました。その後、夫から離婚訴訟を提起されました。妻としては、離婚に応じたくない気持ちはあるものの、夫婦関係の修復は困難であると考え、相当額の金銭給付が得られるのであれば離婚する決意を固めたことから、訴訟では主に夫から妻にいくら支払われるべきかが争点となりました。最終的に、夫が将来取得する予定の退職金の一部を含む1000万円以上が妻に支払われることになりました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

突然、配偶者から離婚を求められるケースでは、離婚に応じるべきか否か迷われる方が少なくありません。もちろん、最終的にはご自身で決めていただく必要がありますが、その前に弁護士にご相談いただくことによって、精神的な負担を減らしたり、将来の見通しを立てやすくなったりすることもあります。このケースでは、何度も打ち合わせを重ね、色々なお話を丁寧に聞き取り、ご本人の決断をサポートすることを心掛けました。

離婚・男女問題の解決事例 4

交際相手の妻から慰謝料請求されたケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求され、交渉を受任しました。

相談後

交際相手の男性とのメールのやり取りを確認したところ、男性の方が交際に積極的であったことを示すものが多数存在したことから、これを元に妻に支払うべき金額は減額されるべきであると主張しました。その結果、書面や電話でのやりとりで支払金額を20万円にまで減額することができ、スピーディーに問題を解決することができました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

一般的に、配偶者のいる相手と交際をした場合、配偶者から慰謝料請求が為されれば、全く支払いをせずに問題を解決することは困難です。そのような場合には、支払金額を減額するために、交際に至った経緯や交際が継続した理由等を主張立証していくことが不可欠です。早期に弁護士に相談、依頼することによって、紛争が激化する前に解決することができるケースも多いと思われます。請求が来てお困りの場合には、早期に弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

離婚・男女問題の解決事例 5

妻の不倫が発覚。浮気相手へ慰謝料請求したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

ある日妻の携帯電話に男性から頻繁に連絡が来ていることに気がついたことがきっかけで妻の不貞行為が発覚。
妻に事実確認を行い、不貞の事実を認めたため、相手の男性に対して慰謝料請求をしたいとのご相談。

相談後

弁護士より妻の不貞行為の相手宛てに通知を送ったところ、代理人間で協議することになりました。
当初、相手の男性側は、不貞の事実を認めながらも、支払いは不可能であると主張していましたが、
交渉を重ねることで、最終的には依頼者に対し100万円を支払うことで合意しました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

金銭の支払請求事件においては、相手の経済状況を把握し、確実に金銭を回収するため、支払い方法等にも注意する必要があります。
交渉を弁護士に依頼することで、金銭回収を確実にすることが可能になるケースも多くあります。
お悩みの方は早めに弁護士へご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 6

夫から妻に対する暴力が問題となったケース

  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流
  • DV・暴力
依頼主 男性

相談前

夫婦喧嘩中に妻の発言に激高した夫が妻の腕を強く握り、妻の腕にあざができてしまいました。 これを機に夫婦関係が悪化し、最終的に妻が子供を連れて実家に戻る形で別居を開始しましたが、夫としては妻とこれ以上婚姻関係を継続することは困難であると考え、離婚を決意した事案です。

相談後

当方と妻側の代理人間で協議を行いました。依頼者は、とにかく早期に離婚することを希望しており、大幅に譲歩した条件を提示しましたが、妻からは当方の提案した条件に加えて、暴力についての高額な慰謝料が請求されました。
交渉での解決は困難であると判断し、調停を申し立てました。
調停においても妻側は高額な慰謝料を請求していましたが、当方が提案している条件が極めて妻に有利なものであることを説明することによって、調停委員が妻を説得してくださり、最終的に依頼者の希望する内容で離婚が成立しました。
面会交流については、交渉開始後すぐに妻側に対して面会交流を求め、調停期日までの間に面会交流を積み重ねた結果、頻回かつ長時間の面会交流を実施することで合意が出来ました。

髙田 南弁護士からのコメント

髙田 南弁護士

交渉での解決を目指す場合においても、その後の調停を見据えて交渉を進めることが不可欠です。
また、調停においては、調停委員に主張の正当性を理解してもらうよう努めることで、調停を有利に進めることができる場合もあります。
特に、相手に代理人がついている場合には、相手のペースで調停を進められてしまう危険がありますので、早期に弁護士に相談されることをお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人筧法律事務所
所在地
〒673-0882
兵庫県 明石市相生町2-2-18 末定ビル4階
最寄り駅
JR明石駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約頂ければ土日の相談も対応可能。ご相談ください。
対応地域

関西

  • 兵庫
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5451-9668

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 18:00

弁護士法人筧法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5451-9668

※弁護士法人筧法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約頂ければ土日の相談も対応可能。ご相談ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談