現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
土居 由佳弁護士

( どい ゆか ) 土居 由佳

姫路総合法律事務所

現在営業中 09:30 - 17:30

離婚・男女問題

分野を変更する
【法テラス利用可】【女性弁護士対応】親権・養育費・財産分与・慰謝料請求・婚姻費用分担請求等、離婚に伴う様々な問題について、有利な解決を目指して尽力します。
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

メッセージ

これまでに数多くの離婚事件・男女問題の事件を取り扱ってきました。その豊富な経験に基づいて、依頼者の方の立場に立ち、置かれた状況に応じた最善の解決を依頼者の方と共に実現できるよう、日々努めております。

また、女性の弁護士として、男性の弁護士には相談しにくいと感じられる女性の相談者の方の相談を多数お聞きしており、DVの被害が原因の離婚にも数多く対応しています。事務所には男性の弁護士もおり、男性からのご相談・ご依頼もお受けしております。ご依頼者の方のご要望に応じて、最適な弁護士がサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

離婚は、新たな再スタートでもあります。離婚後の新しい生活を見据えて手続きを進めてまいりますので、少しでも気になることや不安なことは遠慮せず、お話いただければと考えています。

お寄せいただく相談例

  • 離婚に向けて、どのように準備をしていけばよいのか。
  • 離婚するための具体的な手続きはどのようなものか。
  • 離婚するに当たり、子どもの親権を取りたい。
  • 養育費として請求できる金額を知りたい。
  • 別居後、離婚するまでの婚姻費用(生活費)を請求したい。
  • 離婚する場合、財産分与や慰謝料は請求できるのか。
  • 浮気(不貞)をされた相手に損害賠償を請求したい。
  • 子どもの面会交流はどうすればよいのか。

重点取り扱い案件

  • 養育費請求
  • 親権・子の引き渡し・面会交流
  • 財産分与、慰謝料請求
  • DVに関する相談

離婚問題における強み

調停に一人で対応すると不利な解決になるようなケースでも、代理人として弁護士が同席することで、相手方のペースで話が進んでいかないよう、主張すべきことは明確にしっかりと主張していくことを大切にしております。

また、男女問題、特に離婚問題は、ご自身やお子さんの将来に大きく影響する問題です。依頼者の方にとって望ましい解決は何かをしっかり考えるとともに、解決に至るまで寄り添いながら、良い解決を目指していきます。

これまでの豊富な経験を生かし、できる限りスピーディーに解決できるようサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

事務所のサポート体制

十分な相談時間を確保

事務所での初回のご相談は、ご事情を十分にお聞きするために、概ね1時間程度の時間を確保し、ゆっくりとお話をお聞きできるようにしています。プライバシーに配慮した完全個室でのご相談ですので、ご安心ください。

法テラスの利用が可能

収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

土曜相談に対応

平日にご相談が難しい方については、土曜日にご相談をお受けしております。事前にご予約のうえ、ご来所ください。

費用について

相談料は、30分5,500円(税込)です。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、依頼者の方の経済状況に合わせて相談に応じております。
法テラスを利用される場合は、相談料の負担がなくなる場合があります。また、着手金・報酬金は法テラスの基準によります。

-----------------
◆アクセス◆
・姫路駅から徒歩15分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
ただし、法テラスを利用される場合は、相談料の負担がなくなる場合があります。
着手金 調停申立22万円~(税込)、訴訟33万円~(税込)を目安に、協議の上で決定します。ただし、法テラスを利用される場合は、法テラスの基準によります。
報酬金 得られた成果に応じて、協議の上、決定します。
備考欄 料金は、状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【当日相談可能】【土曜相談可】【分割払い対応】依頼者の方の思いや事情を踏まえながら、最善の解決となるように相続問題のサポートをさせていただきます。
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

メッセージ

相続は誰しもが経験する可能性のある法律問題です。相続について、まずは何をすればよいのかが分からない、という場合でも、お気軽にご相談ください。相続人の調査や、相続財産の整理・目録作成などの、相続の第一歩から、事案に応じて対応いたします。

遺言書の作成をするに当たっては、将来家族が揉めないようにと遺言書を作成したとしても、内容によっては法的効力が認められないケースがあるため、将来起こりうる事態を視野に入れ、遺言をされる方の置かれた状況に応じて、適切なご提案をいたします。

また、相続発生後は特に、相続人の間で感情がぶつかり合い、当事者のみではスムーズな解決が困難な場合がよくあります。そのような場合でも、弁護士が関わることで、依頼者の方の思いや事情を踏まえながら、納得のいく解決ができるよう尽力いたします。

お困りの際には、ご遠慮なくご相談ください。

お寄せいただく相談例

  • 相続関係図や財産目録を作成してもらいたい。
  • 遺産分割手続きを進めたいが、話し合いがまとまらない。
  • 亡くなった母親の預金がいくらあるのか、亡母と同居していた兄が教えてくれない。取り込まれてしまっているのではないか。
  • 亡くなった父親には、前妻との子がいることが発覚し、異母兄弟にも相続分があることが分かったが、どうすればよいか。
  • 自分が死亡した後に、子どもらの間でトラブルが起こらないように、遺言書を作成したい。
  • 親が遺言書を作成していたが、兄が全部相続するという内容になっているため、遺留分の請求をしたい。
  • 交流がなかった身寄りのない兄が死亡し、財産はなく、借金があることが分かった。自分が支払わなくてよいようにするためにはどうすればよいか。
  • 認知症の親について、今後の財産管理をどのようにしていけばよいか。

重点取り扱い案件

  • 相続関係図・財産目録作成
  • 遺産分割協議
  • 遺言書作成
  • 遺留分侵害額の請求
  • 相続放棄
  • 成年後見・信託

相続問題における強み

相続問題に関する調査・交渉・調停・訴訟はお任せください。経験が豊富にありますので、事案に応じて必要・適切な解決策をご提案いたします。
また、成年後見人・後見監督人として、多数の事例に関わってきた経験もあります。ご家族・ご親族間の調整を慎重に行いながら、最善の解決を目指します。

事務所のサポート体制

十分な相談時間を確保

事務所での初回のご相談は、ご事情を十分にお聞きするために、概ね1時間程度の時間を確保し、ゆっくりとお話をお聞きできるようにしています。プライバシーに配慮した完全個室でのご相談ですので、ご安心ください。

バリアフリーに配慮

車椅子等、階段の利用が難しい方については、バリアフリー環境の整った施設で相談をお聞きしております。ご希望の方は、ご遠慮なくお申し付けください。

土曜相談に対応

平日にご相談が難しい方については、土曜日にご相談をお受けしております。事前にご予約のうえ、ご来所ください。

費用について

相談料は、30分5,500円(税込)です。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、依頼者の方の経済状況に合わせて相談に応じております。
法テラスを利用される場合は、相談料の負担がなくなる場合があります。また、着手金・報酬金は法テラスの基準によります。

-----------------
◆アクセス◆
・姫路駅から徒歩15分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
ただし、法テラスを利用される場合は、相談料の負担がなくなる場合があります。
手数料 調査(相続関係図作成、相続財産目録作成) ~11万円(税込)
相続放棄5万5千円~(税込)
遺言書作成11万円~(税込)
着手金 交渉16万5000円(税込)~、調停申立22万円~(税込)、訴訟33万円~(税込)を目安に、協議の上で決定します。
報酬金 得られた成果に応じて、協議の上、決定します。
備考欄 料金は、状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【当日相談可】【女性スタッフ在籍】【法テラス利用可】■労働者側特化■当事務所は労働問題の取扱いが多数あり、播但地域の市民の方々のお力になれるように尽力します。
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所
姫路総合法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

メッセージ

当事務所は、1976年の創設以来、この播磨地域に密着し、市民の方々に寄り添いながら弁護士業務を続けてまいりました。
現在は、ベテラン弁護士から新進気鋭の若手弁護士まで、計3名の弁護士がおります。
アットホームな雰囲気の事務所ですから、安心してお越しください。
親しみやすい弁護士が、あなたのお力になれるよう力を尽くします。

労働問題お任せください!

・長時間労働・パワハラにより家族が自殺した。うつ病を患った。
・長時間労働により、脳・心臓疾患を発症し、死亡した(過労死)。
・正当な理由なく解雇された。
・未払いの残業代を請求したい。
・上司からパワハラ・セクハラを受けている。

過労死・過労自殺、不当解雇、
残業代請求、パワハラ・セクハラ、配置転換・出向命令など
労働問題に関するご相談は当事務所にお任せください。

労働者サイドの取扱い件数は、姫路で随一です。
長年にわたり播磨地域の労働事件を数多く取扱い、労働者に寄り添ってきました。その経験と実績を生かし、播磨地域の労働環境を改善したいと考えています。

お話しやすい雰囲気を作り、じっくりとお話を伺うことを心掛けています。
お悩みを抱え込まず、まずはご相談ください。

-----------------
◆アクセス◆
・姫路駅から徒歩15分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分5,500円(税込)
着手金 経済的利益の8%程度を目安にお考えください。
成功報酬金 経済的利益の10%程度を目安にお考えください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

異動後の過重労働により自死に至った市職員の公務災害について、訴訟で公務災害(過労自殺)認定を勝ち取った事例

  • 労災認定
依頼主 40代 女性

相談前

30歳代の市役所職員が異動後の慣れない職務内容と長時間労働によって自死(自殺)されたため、ご遺族(妻)がご自身で公務災害認定請求をされましたが、過労自殺であることが認められず、公務外認定(不支給決定)を受けてしまい、審査請求(不服申立て)の手続をしておられました。この段階で相談を受け、逆転認定を目指して受任することになりました。

相談後

依頼を受け、ご遺族や同僚の方々から、職務の内容や職場の状況、亡くなる前の様子などについて事情をお聴きし、精神科医にうつ病発症の有無やその時期について医学的な意見を求めるなど、公務災害認定に向けた再調査を行い、それを主張書面にまとめ、審査請求、再審査請求に対応しましたが、いずれも不支給決定であったため、神戸地方裁判所に訴訟提起しました。訴訟でも、改めて、職務内容や長時間労働の実態、亡くなるまでの様子などを詳細に主張し、国側の主張に対しても詳細な反論を行った結果、逆転認定の勝訴判決を勝ち取ることができ、ご遺族に対しては、遺族補償年金が、これまで支給されていなかった過去分も含めて、支給される結果となりました。

土居 由佳弁護士からのコメント

土居 由佳弁護士

うつ病等の精神障害を原因とする労災、公務災害(過労自殺)の認定請求にあたっては、業務内容や職場の環境、時間外労働時間の調査など、精神障害を発症するに至るまでにどのような出来事があったのか、そして、その出来事がどの程度の精神的負荷のかかるものであったのか、を調査し、それを整理して主張するとともに、いつ、どのような精神障害を発症したのか、その原因は何か、についても、医学的な知見を踏まえて主張していく必要があります。これらの調査は多岐多方面にわたり、労力のかかるものではありますが、労災認定、公務災害認定を勝ち取るためには、このような事実の積み重ねと分析が必要不可欠であり、そのためには、過労死・過労自殺事件に関する専門的な知識や経験が必要となります。
私自身、弁護士登録の当初から、過労死・過労自殺の研究会に所属し、これまで多数の事件に取り組んできており、この分野の事件には非常に思い入れがあります。一生懸命に働いた結果、体調を崩したり、死亡したりするに至ったご本人やご遺族に寄り添いながら、ご本人に原因があったのではなく仕事が原因であったということを明らかにし、今後の生活の補償の糧を得ることを目指し、尽力していきます。

労働問題の解決事例 2

上司に暴言を吐いたとして懲戒解雇された正社員が、解雇の意思表示の撤回と解決金を受け取った事例

  • 不当解雇
依頼主 50代 男性

相談前

正社員として働いていたXさんは、定年を約1年半後に控えた時期に、上司に対して暴言を吐いた、上司の指示に反抗した、などの理由により、勤務先のY社から懲戒解雇処分を受けました。しかし、実際には、Xさんは、上司による不適切な業務指示に対して自分の意見を述べただけであり、「暴言」や「反抗」などと評価されるような言動はないと考えられたため、懲戒解雇処分は不当であると思われました。

相談後

相談をお聴きし、Xさんから依頼を受けて、解雇の撤回を求める内容証明郵便を送付しましたが、Y社からは何の連絡もなかったため、裁判所に、地位確認と賃金の仮払いを求める仮処分の申立てをしました。仮処分手続では、解雇理由が存在せず、解雇が無効であることを主張し、Y社側の主張に反論した結果、裁判官も本件解雇が無効であるとの心証を抱き、裁判所において和解の交渉が進められました。そして、最終的には、解雇の意思表示の撤回及び会社都合による労働契約の終了、並びに、定年退職日までの賃金合計額と退職金額をベースとして、Xさんも納得できる金額の解決金を受け取る形で、和解が成立しました。

土居 由佳弁護士からのコメント

土居 由佳弁護士

勤務先から、ある日突然、解雇されたとき、突然の通告に動揺し、解雇されることを受け入れるかのような言動を取ってしまうことは、ままあることです。そのような事態に陥った場合、解雇に問題はないのかどうか、会社の言うままに従わなければいけないのか、について、法的なアドバイスを受けるためにも、お1人で悩まずに、まずは、お気軽にご相談ください。
これまで多数の解雇事例に取り組んでいた経験を踏まえて、解雇に問題がないかどうか、今後の対応をどうすればよいのか、について、法律的な観点から検討し、ご助言をするとともに、解雇を争う場合の手続の選択肢をご説明し、適切な解決策をご提案いたします。
仮に、一旦は解雇を受け入れるかのような言動を取ったとしても、諦めることなく、できるだけ早い時期にご相談いただければ、不当解雇を争うことは可能な場合がありますので、早めのご相談をお勧めいたします。

労働問題の解決事例 3

元店長が、会社に対して残業代を請求し、裁判で和解が成立した事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

レンタル店の店長をしていたXさんは、Y社を退職後、残業代の請求がしたいとのご意向で、相談に来られました。

相談後

残業代が時効で消滅することを防ぐため、直ちに、Xさんの代理人として、Y社に対し、内容証明郵便を送付しましたが、話し合いでは解決できなかったため、訴訟提起をしました。
裁判では、Y社側が、「Xさんは管理監督者であるから残業代を支払う必要はない」等の主張をしましたが、Xさんの勤務実態は「管理監督者」と評価されるようなものではなかった等の反論をし、最終的には、裁判所における和解により、残業代の支払を受けました。

土居 由佳弁護士からのコメント

土居 由佳弁護士

残業代請求権は、一般債権の時効よりも期間が短いため、時間の経過によって、請求可能な金額が少なくなっていく可能性があります。そのため、直ちに内容証明郵便を送付する等して、時効の完成を猶予させておく必要があります。その上で、交渉又は訴訟を提起することになりますが、その際には、残業時間に関する証拠を確保し、証拠に基づいて請求できる残業代を計算することになります。
一般的には、退職後に残業代の請求をする場合が多いと思われますが、その場合は、時効消滅を防ぐためにもできるだけ早期にご相談ください。残業代請求のために収集すべき証拠を事案に即して検討し、迅速に請求を行います。
また、在職中に残業代の請求を検討されている場合は、手続きをどのように進めていくべきか、ご相談者の置かれた状況をお聴きした上で、適切な対応を考えていきます。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
姫路総合法律事務所
所在地
〒670-0853
兵庫県 姫路市大黒壱丁町50
最寄り駅
京口駅
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
土曜日は、相談対応等のため、9時半〜12時の間、事務所を開けております。
対応地域

関西

  • 兵庫

電話で問い合わせ
050-5280-0397

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 17:30

姫路総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5280-0397

※姫路総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
土曜日は、相談対応等のため、9時半〜12時の間、事務所を開けております。