現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大岩 和紀弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

兵庫県2

( おおいわ かずき ) 大岩 和紀

城陽法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

離婚・男女問題

分野を変更する
なやみを安心してご相談ください。経験17年42歳の弁護士が、丁寧にうかがい、ベストの解決をはかります。女性の初回無料。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

私たちは、これまで離婚問題に注力してまいりました。
相談、解決実績が豊富です。

離婚の方向性が見えなければ、育児、仕事などふだんの生活にも力が出ません。

まず何から手を付けたらいいか、どんな対策を取ったらいいのか、事情とお気持ちを丁寧にうかがい、お客様の道しるべとなる事ができたらと思います。

女性の離婚初回相談無料など、利用しやすい料金体系をとっております。

少しでも多くの方に元気になっていただくことが私達のねがいです。

専用HPを設けておりますので、ご参照ください。
http://www.rikon-himeji.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 同居1年1ヶ月 別居2年半 有責配偶者(不貞)と審判離婚が決まり 私は認めてないのに 慰謝料まで振り込まれました 私は異議の申し立てをしますが 離婚裁判に移行しても 慰謝料を振り込み済みだから 信義則違反にならないし 私は離婚したくないのに 棄却もされないと弁護士に 言われ...

有責配偶者との認定ができるだけの証拠があるのかがまず問題かと 思われます。また、双方に問題があるという事案の場合、有責配偶者からの離婚請求の 枠組みに当てはめることができない場合がありますし、破綻した後の不貞という場合も同様です。 これらをクリアしている場合は、慰謝料の支払いがあったとしても、相当長期間の別居期間が なければ、離婚請求は認められな...

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 面会交流調停中なのですが、相手方から証拠が一切出てきていません。非開示で提出してるのかもしれないのですが、確認する方法はありますでしょうか? また、審判移行した場合は、非開示での証拠提出はできないと聞いたのですが、どのように調べればよいのでしょうか? 【質問1】 調停中に相...

裁判所の書記官に提出の有無を確認されるとよいかと思います。 審判移行した場合、記録の閲覧、謄写が原則として認められますが、非開示の申し出があり、 内容がプライバシーに関わるとか子の利益を害するという場合などには、非開示が認められる場合があります。

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 10年前に離婚し長男を引き取っています。養育費は受け取っておりましたが面会は先方都合で4~5回のみ実施しました。2年ほど前にお互い再婚しましたが、再婚の報告後からしつこく面会を依頼されるようになりましたが、子供が前のお父さんは記憶にないし、今更会っても話すことないという事で面会...

お子さんの年齢が15歳以上あるいはこれに近い場合、面会交流を行うか否かについては 子の意見でほぼ決まると考えることが多いかと思われます。 一度、面会交流の調停が成立しているようですので、後に事情が変わっているとして、 面会交流の調停を再度、申し立て、内容の変更を求めるのも1つかと思われます。 なお、仮に慰謝料請求が認められる場合であっても、養...

大岩 和紀弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円+税
※女性の離婚初回相談は無料で承ります。
着手金 一律30万円+税
※示談から調停、訴訟に移行しても追加着手金なし
 養育費、慰謝料請求などを含んでも、一律30万円+税
 婚姻費用分担又は養育費請求のみの場合、10万円+税
成功報酬 離婚が認められた場合 30万円+税
慰謝料、財産分与などが決められた場合 
 経済的利益300万円以下       16%+税
      300万円を超え3000万円以下
               10%+18万円+税
      3000万円を超え3億円以下
                6%+138万円+税
      3億円を超える場合 4%+738万円+税
※養育費については2年分を限度とします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

2000万円以上の利益を獲得した事案

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
依頼主 30代 女性

相談前

相手方から離婚調停が起こされたとして、ご相談に来られました。

離婚自体には争いがないものの、財産分与として、家の価値の半分だけでなく、家購入時に相談者や相談者の親が出した1000万円を優先的に回収したい(明確な証拠がない状態)とのご意志を持たれていました。

相談後

・上記1000万円
・その他財産の半分
・早期離婚成立の利益(明確な離婚理由がない中、離婚を早期に成立させる事により、
別居期間として通常要する3年間の婚姻費用と養育費の差額分の利益を夫が得ることになる)の一部
合計2000万円以上の財産を取得することに成功しました。

その他、お子様の面会交流の際のルールについても、明確にする事ができた他、月10万円以上の養育費も認められました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

証拠上、あるいは主張上、固有の財産と認められるか否かが不明な部分もありましたが、実務の考え方に照らしても無理のないように主張、立証を行う事で、認めていただく事ができました。

その他、早期解決の利益についても、一部認めていただく事ができ、出来る限り有利な結論に達することが出来ました。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞行為の不存在が認められた事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

男性と不貞行為を行ったとして、男性の妻から300万円の慰謝料を求める訴状が急きょ届いたとして、当事務所に相談に来られました。

相談後

訴訟の弁護を依頼いただき、男性とのメールでのやり取りを証拠として、積極的に提出したり(一部、親しい様子がうかがわれる部分もありましたが、敢えて全体を出す事としました。)、相手方が不貞があったとする日の行動について、メールの記載内容との整合性を意識しながら、依頼者のご記憶に基づき詳細に主張を行いました。

結果、相手方の請求を全部棄却する判決がなされ、確定しました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

あくまで、親しい友人としての交流であり、肉体関係など無かったことを裁判官に理解いただくため、くだけたメールのやり取り部分など、相手方が揚げ足を取ってくるであろう部分も含め、敢えて提出し、これをもとに丁寧に主張、立証することを心がけました。

一部、不利に写る部分もあったのですが、全体としては、親しい友人としての交流にとどまる事を、判決で認めていただく事ができました。

一見、不利に思われる点も含め、率直にお話しされる依頼者の尋問手続きでの態度も
裁判官に好印象であったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方が学生であるものの、慰謝料の回収に成功した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

夫が女性と不貞行為に及んだところ、夫と離婚する積もりはなく、頭を冷やして欲しく、①女性にこれ以上夫と連絡・接触しない事を求め、合わせて、②相応の慰謝料の支払をして欲しいとして相談にいらっしゃいました。

相談後

夫ともお話させていただき、何があったのかを率直にうかがいました。
その上で、依頼者に対し、今後は不貞をせず、家庭を大事にする事、女性に連絡等を行った場合に違約金を払っていただく事を念書の形で約束いただきました。

また、相手方の女性は学生であり、夫に傾倒されている側面がうかがわれた事から、①
今後の接触等を行わない事についてそもそも約束いただけるか懸念されましたが、当職が代理人としてお話しする事で、ポーズではなく、反省しており、二度と連絡等を行わない旨、約束いただけました。

②慰謝料については、学生である事もあり、支払能力がなかったものの、一時金として和解成立時に20万円、残り10数万円を月々1万円ずつお支払いいただき、③相手方は夫には求償しない形で解決できました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

今後、連絡・接触を行わないとの約束は、合意書で獲得する事は容易な事があるのですが、依頼者の意向は、あくまで夫との復縁にあった事から、合意の獲得以上に、夫や相手方が真に連絡等を行うつもりが無いのか否かの見極め等を意識いたしました。

このため、単に電話や文書でやりとりするのではなく、夫や相手方とも当職が実際にお会いして、話をさせていただいた感触を率直に依頼者にお伝えしたところ、依頼者にも少し安心いただけました。

相手方の女性が学生であったため、預金等はなく、相手方の親の立替等が考えられましたが、これを拒絶されたため、相手方のアルバイトの状況などを踏まえ、また、相手方にもある程度解決に向けて頑張っていただく事を促し、結果、上記のような結論となりました。

通常、離婚しない場合の慰謝料は100万円程度以内に収まることが多く、仮にその満額を相手方に支払わせたとしても、その半額を夫に請求されてしまう事となるため、多くて50万円程度の解決となるところ、学生が相手ではあるものの何とか総額30数万円、うち20万円を一括で和解時に回収することができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
弁護士経験17年、42歳の弁護士が事情とお気持ちを丁寧にうかがい、ベストの解決を図ります。http://ziko-himeji.com

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり

当事務所は、これまで多くの交通事故事件を取り扱ってきました。
「保険会社の対応が機械的でつめたい」「示談の提示額が低すぎるのではないか」
「過失割合が納得いかない」など、寄せられる悩みは様々です。


当事務所のモットーは、お客様の納得による事件解決です。

・後遺症の等級外の事前認定を受けたものが判決で等級認定された

・一般的な基準表にない要素が過失割合で考慮された

・客観的な裏付け証拠がなかったが、反対尋問が成功し、過失割合が大きく逆転した

経験が複数あるなど、

お客様の言いぶんをもとに、真実を追求し、過失割合や等級認定などにこだわりを持って取り組んでまいりました。


交通事故は初動から治療、示談、訴訟まで押さえるべきポイントがあります。
1人で抱えず、まずは、気軽にご相談ください。もちろん、弁護士特約の利用も承ります。

弊所の交通事故専用HPはこちらです。 http://ziko-himeji.com

この分野の法律相談

【相談の背景】 利き手薬指を切断して通院中です。半年経ってそろそろ症状固定になるところです。  7歳の子供なんですが、医師とのやりとりで痛みはどう?と医師が子供に聞くと痛くないから大丈夫!と元気よく答えます。医師も指が少し短くなったけど、神経には異常はないから大丈夫と言います。    症状...

14級の場合、後遺症の中では軽微な部類となるため、 労働能力喪失期間は3~5年程度に限定される事が考えられます。 ケースバイケースの判断となるため、一度、資料をもって弁護士会等で具体的に相談 されることをおすすめします。

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 知人が交通事故をおこしました。 路上パーキングに停めていた車に接触し、被害者側のミラーと、こちら側のミラーが擦てしまった模様です。 怪我人などはおりません。 事故当時、大きな事故ではないと判断してしまい、双方警察を呼ぶのを怠ってしまいました。 修理費用などはもちろん全額こちら...

住所は、どのみち、警察発行の交通事故証明書等で明らかとなる事項と言えます。 双方が納得できる過失割合、損害額で示談できるかどうかによるかと思われます。 どちらかが納得できなければ、示談は成立しないため、訴訟において争点について 裁判所の判断を求めることが考えられます。少なくとも、相手方の提案する示談案が 適切なものなのか、弁護士に相談された方がよ...

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 弁護士によるナンバー照会で、当該車両の「登録番号で相手方名義の自動車の登録はありませんでしたと回答があったそうです。 ドラレコで確認しても確実にナンバーは合っていますが、このような回答が来る理由は何なのでしょうか? 驚きを隠せません。 【質問1】 弁護士によるナンバー照会で...

相手方名義ではなかった、という事が考えられるかと思われます。

大岩 和紀弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円+税
※人身事故の被害者側の初回相談無料
(弁護士特約の利用が可能な場合は、保険会社に請求させていただきます。)
着手金 求める経済的利益が300万円以下 8%+税
         300万円を超え3000万円以下
                 5%+9万円+税
      3000万円を超え3億円以下
               3%+69万円+税
      3億円を超える場合2%+369万円+税
※弁護士特約の利用も承ります。
成功報酬 経済的利益が300万円以下       16%+税
      300万円を超え3000万円以下
               10%+18万円+税
      3000万円を超え3億円以下
               6%+138万円+税
      3億円を超える場合4%+738万円+税
※弁護士特約の利用も承ります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

「むち打ち」につき、後遺症14級該当性を前提とした裁判上の和解が成立したケース

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

他覚的所見がない事などを理由に、後遺症の等級認定は、等級非該当の結果であり、
相手方の保険会社からは、これを前提とした数十万円程度の和解案が提示されるのみでした。

相談後

後遺症の診断書を作成した医師にヒアリングを行い、医師自身も、後遺症が存在するとの積極的な判断の下、後遺症診断書が作成されたものである事や、相手方が問題視する、後遺症の存在を否定するかのように見える事情について、補足説明を求め、証拠化しました。
その上で、訴訟を起こし、車の損傷が大きかったことから、その写真も証拠として提出し、事故としても大きいものであることを視覚的に訴えました。

結果、14級の後遺症が存在することと前提とした和解案が裁判所から提示され、和解が成立しました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

「むち打ち」の事案では、後遺症の等級が14級か、非該当かで、200万円以上の開きが出ることが多いです。

このような場合に、当事務所では医師からヒアリングを行うなどして、後遺症診断書では現れない事情も含めて、証拠化を行い、訴訟を行った結果、14級該当性が認められた事案が多数あります。

交通事故の解決事例 2

被害者が亡くなられた事案につき、示談提示額よりも賠償額を1000万円近く、増額できた事案

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 60代 女性

相談前

ご遺族からの相談で、相手方の保険会社から示談の提示があったものの、金額が納得できないとの事でした。

検討した結果、確かに逸失利益が制限されていたり、慰謝料額が裁判基準と異なったりと、低額に抑えられていました。

他方で、亡くなられた方にも一定の過失が認められる事案であり、その評価が別れ得る事案でした。

相談後

訴訟を提起する事となり、過失割合については、相手方が主張する、亡くなられた方の問題行動とされる点(斜め横断その他)につき、当方の主張通り、事実自体が存在しない、あるいは本件現場の状況からすると問題行動ではないとの認定となり、当方に最大限に有利な結論となりました。

慰謝料額については、当方の設定通り、逸失利益についても当方の主張の一部を認めていただきました。

結果として、1000万円近く増額した形での裁判上の和解が成立しました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

一定の過失相殺がなされ得る事件の場合、事故状況を正確に押さえる必要があります。

被害者の方が亡くなられている事案の場合、刑事記録が存在しますので、当事務所ではこれを入手し、過失相殺の見通しを立て、相手方の提案を受けず、提訴した場合のリスクなども踏まえて、方針をご提案させていただいております。

本件でも、過失相殺の幅が問題となり得ましたが、当方の読み通りとなりました。

交通事故の解決事例 3

当方の一方的過失との主張に対し、当方の過失がゼロである事を前提とした和解が成立した事案

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 10代 女性

相談前

停止している車両に、自転車が横切り、その際にかすり、損傷が生じたとして、修理代金を請求された事案です。

当方の依頼者は、自転車を運転していたし、当たったような感触はあり、後に見たが自転車の後部スタンドであり、また、相手方車両が前進してきた事によるものであると話されていました。

相談後

応訴し、相手方の運転手を反対尋問した結果、停止していたという位置について、変遷が生じたり、当たった際にコツンと音がしたと言いながら、車内で大きな音量で音楽を聴いており、聞こえていたか疑問であったり、相手方の運転手は、大きな車道に右折して進入するため停止していた事から、依頼者側をほとんど見ていない状況が現れたりした結果、裁判官の心証は、本当に、当たったところを見ていたのか、というものとなり、これを前提とした和解が成立しました。

大岩 和紀弁護士からのコメント

大岩 和紀弁護士

目撃者などがいなかったため、尋問に頼らざるを得ない事件でした。
何か矛盾点はないか、と現場に赴き、車を走行させたところ、きづいた点があり、これを利用して尋問を行ったところ、矛盾点を出すことができました。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
弁護士経験17年、42歳の弁護士が遺言、相続を全力でサポートします。税理士と連携、税金対策までワンスポットで。http://www.joyo-law.com/

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

財産を残したいと思われる方にとって,相続,遺言には特別な気持ちが込められています。その気持ちを実現するには,法律に基づいた確かなものである必要があります。

また,相続によって財産を譲り受ける方にとっても,遺産分割は公平なもの,苦労に見合ったものであるべきなど,特別な気持ちが込められています。

当事務所では、遺言、相続案件をこれまで多数取り扱ってまいりました。定型的な遺言では実現がむずかしい、特定の方への相続、事業承継まで幅広く対応いたします。
税理士との連携により、税金対策までワンスポットで実現できます。

まずは、気軽にご相談ください。

弊所HP http://www.joyo-law.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 遺産分割で他の相続人2人と折り合いがつかず、調停を申し立てる予定です。相続人全員が住んでいる都道府県が異なり、どこの裁判所で申し立てるべきか悩んでいます。 【質問1】 調停を申し立てる家庭裁判所は、 ①申立人(私)の管轄裁判所 ②他の2名のどちらかの管轄裁判所 ③被相続人の亡くな...

相手方になる相続人のどなたかの管轄の裁判所を選べばよい事に なります。 家事事件ですので、いきなり審判(遺産分割の場合、訴訟はなく審判)を申し立てることはできず、まず調停を申し立てる必要があります。

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 遺産相続審判で不動産土地のみの評価で争いがあります。 被相続人は55年前に亡くなっています。 他方で、相続開始時から鑑定時まで数年が経過しているなど時間的に乖離している場合は、相続開始時と遺産分割時の2時点評価をとることになります。 とネットで検索しました。 特別受益は...

価値の変動があるものについては、遺産分割の審理が終了した時点での 価値を見ることになります。裁判所の鑑定を行った場合、その評価や前提が間違っていない限り、鑑定で出てきた評価額をその不動産の価値とみて遺産総額を計算することになるかと 思われます。

大岩 和紀弁護士

【相談の背景】 父の死後、数年たって母が亡くなりました。父母と子2人の4人家族です。 父の遺産は不動産と預貯金を合わせても相続税がかからない範囲でしたため遺産分割協議書は作成せず、預貯金については母の口座へ移動や名義変更をしました。不動産の名義変更もしていません。今回、母の相続について相続税が...

税理士と相談いただく必要があるかと思われますが、 一旦、母名義に預金を移しており、意味合いとしては母が一旦、全て相続した上で 母の遺産を相続する、という評価になる可能性があるかと思われます。

大岩 和紀弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5000円+税
着手金 ○遺産の範囲、相続分に争いがある場合
経済的利益が 300万円以下       8%+税
  300万円~3000以下   5%+9万円+税
  3000万円~3億円以下  3%+69万円+税
  3億円~         2%+369万円+税
○遺産の範囲、相続分に争いがない場合
 上記金額の3分の1
成功報酬 ○遺産の範囲、相続分に争いがある場合
経済的利益が 300万円以下     16%+税
  300万円~3000以下  10%+18万円+税
  3000万円~3億円以下  6%+138万円+税
  3億円~          4%+369万円+税
○遺産の範囲、相続分に争いがない場合
 上記金額の3分の1
遺言書作成 ○定型的なもの
 10万円+税(公証人役場への出張費用を含みます。)
○定型的でないもの
経済的利益が 300万円以下     20万円+税
  300万円~3000以下  1%+17万円+税
  3000万円~3億円以下  0.3%+38万円+税
  3億円~          0.1%+98万円+税
遺言執行者就任 経済的利益が 300万円以下     30万円+税
  300万円~3000以下  2%+24万円+税
  3000万円~3億円以下  1%+54万円+税
  3億円~         0.5%+204万円+税
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
城陽法律事務所
所在地
〒670-0945
兵庫県 姫路市北条梅原町271 ヤスナビル6階A号室
最寄り駅
JR姫路駅
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、午後6時以降や土日祝も対応可能です。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫

中国

  • 岡山
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5281-3091

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 18:00

城陽法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5281-3091

※城陽法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、午後6時以降や土日祝も対応可能です。
交通アクセス
駐車場あり