現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
尾田 智洋弁護士

( おだ ともひろ ) 尾田 智洋

札幌尾田法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回無料相談】【夜間・休日相談可】【西18丁目駅徒歩2分】
「これからの生活が不安でたまらない…」札幌で弁護士をお探しなら、当事務所へお電話ください。あなたの抱えている悩みに正面から向き合います。
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

●充実したサポート体制
秘密厳守、プライバシーを重視した対応ですのでご安心ください。
また、お忙しい方のために、【24時間予約受付】や【休日・夜間相談可】など、安心のサポート体制を整えています。

●安心の費用設定
ご面談のお時間は、じっくりお話をうかがえるよう、1時間程度でお受けしております。
着手金・報酬金は、事案に応じてご相談に応じます。支払方法についても、柔軟に対応しております。

●このようなお悩みはありませんか?
--◆女性のための離婚サポート◆--
 ・子どもの養育費はいくら支払ってもらえるか知りたい。
 ・離婚したいけれどすぐに怒鳴り合いになり話が進まない。
 ・モラハラで離婚したいけれど うまく説明できない。

--◆男性のための離婚サポート◆--
 ・不貞行為を理由に慰謝料請求を受けているが妥当な金額かわからない。
 ・面会を拒否されていて子どもに会わせてもらえない。
 ・妻のモラハラ発言に耐えられず精神的に追い詰められている。

不貞行為の慰謝料(請求する側、請求される側)、財産分与、子どもをめぐる紛争(面会交流・親権・連れ去り)など、ご相談に迷ったら、一度ご連絡ください。
みなさまの不安を少しでも解消できるよう、『現状の整理』からお手伝いします。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】円滑に解決します
本人同士での話し合いは感情的になりがちであり長期化します。
弁護士が交渉することにより円滑な解決を行うことが可能です。

【3】ベストの解決策をご提案します
子どもに関する問題(親権、養育費、面会)やお金、財産の問題(慰謝料、財産分与)について、また、離婚そのものについて、豊富な経験に基づきベストの解決を行います。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,400円(税込)
ただし,初回相談は1時間まで無料です。
また,資力要件を満たす方は法テラスのご利用が可能です。
その他の費用 案件によって異なりますので、直接弁護士へお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

父親が親権を取得した事例

  • 親権
  • 別居
依頼主 30代 男性

相談前

子供を置いて出ていった妻から離婚を求められており,子供の親権も主張されています。自分としては離婚には応じてもよいと考えていますが,妻の子供に対する態度には問題があると考えており,子供のためにも親権は譲りたくありません。

相談後

子供の引渡しを求める手続を起こされましたが,裁判所の決定で私が子供の監護をするという結論になりました。その後,私が子供の親権者となる形で離婚が成立しました。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

親権については一般的に父親側が不利と考えられていますが,従前の監護状況や別居後の事情によっては父親が親権や監護権を取得すべきとの判断がなされることもあります。どのような事情が父親側に有利な事情として考慮されるかは事案により異なりますので,お子様の親権についてお悩みの場合には一度ご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

財産分与として夫名義の自宅の名義移転を受けて離婚成立した事例

  • 財産分与
  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 50代 女性

相談前

夫とはもう10年以上別居していますが,離婚に応じてくれません。現在,私は夫名義の自宅に住んでいますが,できれば離婚後も住み慣れたこの自宅に住み続けたいと思っています。

相談後

弁護士さんに交渉を依頼した後も夫は離婚に応じてくれず,調停を起こすことになりましたが,最終的には自宅の名義移転を受けて離婚することで合意ができ,調停成立となりました。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

財産分与は結婚後に築いた財産を半分に分けるのが原則となります。今回の件では,依頼者様から夫に分与できる財産はなく,原則的には自宅全部の名義移転を受けることはできない事例でした。相手方は離婚に応じること自体にも否定的であり,粘り強い交渉が必要となりましたが,最終的には依頼者様が希望する形で離婚を成立させることができました。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚協議に妻の親族が入り不当な要求をされていた事例

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 男性

相談前

妻本人と離婚する方向で協議を進めていましたが,途中から妻の父親が協議に入ってくるようになり,過大な慰謝料養育費を請求されています。

相談後

弁護士さんに交渉を依頼し,慰謝料の支払いなどはなく,適正な金額の養育費を支払う内容で協議離婚が成立しました。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

離婚協議に当事者以外の第三者が介入したために協議をうまく進めることができない,というご相談は少なくありません。このような場合,協議の場から第三者を排斥して当事者と協議を進めることが必要となりますが,当事者ご本人の働きかけによりこれを実現することは容易ではありません。このような事例でお困りの場合には,一度離婚交渉の専門家である弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 4

財産調査により多額の資産がみつかり,財産分与を受けることができた事例

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 50代 女性

相談前

別居中の夫から離婚を求められていますが,夫の弁護士さんから開示されている夫の財産は少なすぎる気がします。夫は投資をしていたので投資用の口座を隠しているかもしれません。

相談後

弁護士さんに依頼して相手方の財産を調査してもらった結果,証券会社の口座に2000万円以上の残高があることがわかり,この財産も含めて財産分与を受けて離婚を成立させることができました。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

今回のケースでは,ご依頼者様が,夫が投資をしていることを把握されていたこと,使っている証券会社にある程度の目星を付けられていたことから,隠されていた資産の発見に至ることができました。全く情報がない状態から隠された財産を発見することは困難ですが,今回のケースのように大きな財産を隠しているという場合,なにかしらのヒントが残されている場合もあり,あきらめずに調査をするという姿勢が必要です。

離婚・男女問題の解決事例 5

別居中の妻が面会交流の実施に応じなかったが,調停後には月1回の面会交流を継続的に実施できている事例

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

子供を連れて出ていった妻から離婚を求められており,離婚に応じなければ子供との面会交流にも応じないと言われています。

相談後

弁護士さんに依頼して面会交流の実施を求める調停を起こし,月1回の面会交流を実施することで合意して調停が成立しました。その後は,約束したとおり,月1回程度の面会交流が実施できています。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

離婚に応じないのであれば面会交流にも応じない,という条件を出される事例は少なくありませんが,面会交流は本来,お子様のために実施されるべきものであり,その実施を離婚の交渉条件に使うことは不適切な行為です。交渉によっても相手方が面会交流の実施に応じない場合,調停を起こす等の法的手続きによる対応が必要となりますが,実際に面会交流を実施できるまでにある程度の時間を要するため,このような事例でお悩みの場合にはお早めにご相談されることをお勧めいたします。

離婚・男女問題の解決事例 6

妻に勝手に離婚届を作成・提出されて離婚が成立してしまっていたが,裁判により離婚の無効が認められた事例

  • 離婚回避
依頼主 50代 男性

相談前

妻が勝手に離婚届を作成して提出してしまい,離婚が成立したことになっていましたが,私は今は妻と離婚するつもりはありません。離婚の無効を確認する調停も起こしましたが,妻は出頭せず,調停は不成立になってしまいました。

相談後

弁護士さんに依頼して訴訟を起こしてもらい,その訴訟にも妻は出頭しませんでしたが,判決で離婚の無効が認められました。

尾田 智洋弁護士からのコメント

尾田 智洋弁護士

婚姻届や離婚届を勝手に提出されたという場合,まずはそれにより成立した結婚や離婚が無効であることを確認する調停を起こし,それでも無効にできない場合には訴訟を起こさなければなりません。今回の事例では,離婚届の署名欄も妻に記載されていたことから,離婚届の写しを取得して筆跡鑑定を行い,証拠として提出する等の対応をしました。

離婚・男女問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【当日・休日・夜間相談可】不動産、建築に関する紛争は長期化を防ぎ、費用を最小限に抑えることが重要です。訴訟や裁判も最後までお任せください。
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

●充実したサポート体制
秘密厳守、プライバシーを重視した対応ですのでご安心ください。
また、お忙しい方のために、【24時間ご面談予約】や【当日・夜間相談可(20時まで)】など、安心のサポート体制を整えています。
※24時間の面談予約について、営業時間外はメールにて承ります。
※当日相談はスケジュール次第でお受け出来ない場合もございます。

●安心の費用設定
着手金・報酬金は、日本弁護士連合会が適切として定めた料金((旧)日本弁護士連合会報酬基準)を基準にしており、依頼者の経済状況に合わせて相談に応じています。

●重点取扱案件
不動産売買のトラブル(解除や損害賠償請求事件)、賃貸不動産の明け渡し事件、建築瑕疵訴訟、賃料増額請求・減額請求事件

●よくあるご相談
・不動産を購入したら、説明されていない不具合があった。
・賃料を滞納する賃借人がいて立ち退きを求めたい。
・近隣住民に迷惑をかける賃借人に出て行ってほしい。
・大家さんから立ち退きを求められたが、納得がいかない。
・賃貸物件から引っ越すときに、敷金や原状回復のことでトラブルになったなど、お気軽にご相談ください。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】豊富な経験と幅広い案件対応
・弁護士登録時より、一貫して不動産問題の案件を扱ってきており、事案のポイントは把握しております。
・様々な不動産問題の案件を担当してきた経験から、問題解決の見通しや証拠収集の具体的なアドバイスをいたします。

【3】依頼者目線の環境作り
忙しい方のために、休日・夜間相談を設けることで、ご相談しやすい環境を整えております
また、リラックスしてご相談いただけるよう、分かりやすい言葉で丁寧に対応することを心掛けています。

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,400円(税込)
ただし,初回相談は1時間まで無料です。
また,資力要件を満たす方は法テラスのご利用が可能です。
その他の費用 案件によって異なりますので、直接弁護士へお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【初回無料相談】【夜間・休日相談可】【西18丁目駅徒歩2分】
現状の環境を打破するための解決は、弁護士へお任せください。必要に応じて各機関と連携し、解決を図ります。
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所
札幌尾田法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

●充実したサポート体制
秘密厳守、プライバシーを重視した対応ですのでご安心ください。
また、お忙しい方のために、【24時間ご面談予約受付】や【休日・夜間相談可】など、安心のサポート体制を整えています。
※営業時間外はメールにてご面談予約をお受けいたします。

●安心の費用設定
きちんとお話を伺うため、ご面談は1時間1万円でじっくりご相談いただけます。
着手金・報酬金は、事案に応じてご相談に応じます。支払方法についても、柔軟に対応しております。

●このようなお悩みはありませんか?
<事業主側>
・問題のある社員をクビにしたい。
・パワハラで役員が訴訟を起こされている。
・外国人労働者の雇用契約について相談したい。

<労働者側>
・未払いの残業代を請求したい。
・納得のできない理由で解雇されてしまった。
・会社側が労災を認めてくれない。
など、上記以外のご相談も積極的に承ります。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い案件サポート
労働者の立場では、残業代請求や不当解雇など、迅速に対処しなくてはいけない案件を速やかに解決します。
企業側の立場では、人事労務や団体交渉など、法的処置が即座に必要なケースに応じ、各機関と連携して対処にあたります。

【3】依頼者目線の環境作り
忙しい方のために、休日・夜間相談を設けることで、ご相談しやすい環境を整えております。
また、リラックスして相談していただけるよう、分かりやすい言葉で丁寧に対応することを心掛けています。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,400円(税込)
ただし,初回相談は1時間まで無料です。
また,資力要件を満たす方は法テラスのご利用が可能です。
その他の費用 案件によって異なりますので、直接弁護士へお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
札幌尾田法律事務所
所在地
〒060-0042
北海道 札幌市中央区大通西18丁目1-40 プログレッシブオフィス606
最寄り駅
西18丁目駅
受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 21:00
定休日
なし
対応地域

北海道・東北

  • 北海道

電話で問い合わせ
050-5355-5987

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

札幌尾田法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5355-5987

※札幌尾田法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 21:00
定休日
なし