現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鷲見 圭一弁護士

( すみ けいいち ) 鷲見 圭一

すみ法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談60分無料】遺産に関する問題を扱った経験が豊富な弁護士が、ご相談者様と協議の上、現在の状況をふまえて適切と考えられる対応策をご提案します。
すみ法律事務所
すみ法律事務所
すみ法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆弁護士の強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○遺産問題の経験多数
遺言書作成、遺産分割、遺留分減殺請求、相続放棄等、遺産に関する様々な事案について、交渉・調停等の手続きの段階を問わず多く経験してきましたので、幅広い問題に対応します。

○複雑な事案にも対応
遺産分割事件等においては、不動産や残された預金の分割に関する事案だけでなく、過去の預貯金の不明確な支出や、特別受益・寄与分に関する事案も経験しています。また、遺産分割を求める立場、求められる立場両方の経験がありますので、ご依頼者様の立場を問わず、対応することが可能です。

○丁寧な説明
相談時や事件依頼時には、有利な点だけでなく不利な点や注意すべき点も含めて丁寧に説明しています。
 
◆相談体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○電話・メールでの対応も
仕事の都合などで日中に連絡が取りにくい方については、ご依頼後、電話だけではなくメールでの連絡等による対応も行っています。
※ご依頼前の電話・メール相談については、面談相談を前提として、事案の概要を把握するために必要な範囲の短時間のものであれば対応しています。

○土日・夜間も対応
事前にご予約いただければ、土日・夜間の相談も対応可能です。

○24時間予約受付
営業時間外でも、メールおよび留守番電話にて相談予約を受け付けています(ご相談希望のご連絡を確認後、こちらから再度連絡を差し上げます)。

◆費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○初回相談60分無料
相談料は、弁護士ドットコムを見たとお伝えいただければ、初回相談60分は無料です(通常は60分5,000円+消費税)。また、仮に相談時間が60分を超えた場合でも追加費用はいただいていませんのでご安心ください。ご依頼後の弁護士費用については、料金表に原則的な料金を記載していますが、細かい点等についてはご質問いただければお答えさせていただきます。

<このようなご相談をよくいただいています>
・別の相続人が、亡くなった親(被相続人)の預金を勝手に使い込んでいたようである。
・他の相続人が話し合いに応じない。
・他の相続人から遺産分割の案を示されているが、法律的に自分が損をしていないか不安である。

<重点取扱案件>
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・遺言書作成
・遺言執行
・相続放棄

ーーーーーーーーーーーー
【アクセス】
地下鉄西11丁目・市電中央区役所前駅から徒歩2分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 60分5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 ・遺産分割・遺留分減殺請求(交渉・調停) 税込22万円~
※契約した手続きの範囲(交渉・調停)及び、事件の内容・遺産総額等により決定します。遺産総額が大きい場合には、原則として請求額に対する割合で決定しますが、遺産総額がそれほど大きくない場合には、交渉のみの場合は22万円(税込)、調停の場合は33万円(税込)とさせていただくことが多いです(交渉後に調停に移行する場合は11万円(税込)を加算していただくことが多いです)。

・遺言書作成・相続放棄等 税込11万円~
※内容・遺産の金額にもよりますが、上記金額とし、別途の報酬はいただかないことが多いです。

・その他の手続きはお問い合わせください。
報酬金 得られた経済的利益の16.5%(左記は税込額。税抜価格は経済的利益の15%)
※すでに一定額を取得できることに争いがない場合は、争いがない金額からの増額分が「経済的利益」となります。なお、上記はあくまでも原則であり、遺産総額や具体的な取得額によっては、上記パーセンテージよりも低く計算することもあります。
備考欄 上記着手金・報酬金額はあくまでも原則的な決定方法ですが、事件内容次第で、ご依頼者様との協議により上記と異なる形で契約することも可能です。また、弁護士費用に関するご質問についても丁寧に説明させていただきますので、疑問点等はお気軽にお尋ねください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

預貯金のみ分割の主張に対し、不動産の価値分を上乗せさせた金額を取得できた事例

  • 遺産分割

相談前

 被相続人(亡くなった方)の遺産として、預貯金のほかに、自宅不動産がありましたが、相続人の一部(相手方)から「不動産はこれまで居住してきた自分が取得し、残りの預貯金を法定相続分で分ける」という提案がされました。
 相談者ご自身も、自宅不動産を相手方が取得すること自体には異論がありませんでしたが、自身が取得できる金額が妥当なのか不安になり、相談にいらっしゃいました。

相談後

 相手方に対して、「不動産の価値を計上したうえで、それぞれが取得する金額を決定すべき」と主張し、調停等を行うことなく、話合いで当初の相手方の提案額の2倍程度の金額を取得する解決ができました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

 不動産そのものを自身が取得しない場合であっても、それぞれが相続する金額を決める前提となる遺産総額を計算するにあたっては、不動産の価値も計上するのが通常です。
 この事案でも、通常の取扱いに従った主張をすることで、相談者が取得できる金額を増額させることができました。

遺産相続の解決事例 2

相続人の一部の過去の多額の預貯金の引き出しを指摘し、取得額を増額できた事例

  • 遺産分割

相談前

 被相続人(亡くなった方)は、死亡時に、自宅不動産のほか、預貯金を保有していました。
 被相続人は、亡くなる前には判断能力も乏しい状況でしたが、相続人の一部が、被相続人が亡くなる前の数年間にわたり、多額の預貯金の引き出しをしていることが明らかになりました。

相談後

 遺産分割に関する調停において、過去の預貯金引き出しに関する問題も含めて協議されることになり、最終的に、引出金の用途として合理的な説明ができない部分については、引き出しをしていた相続人が「遺産の一部を先に取得した」ものと扱って計算し直し、相談者は、遺産総額を単純に法定相続分で計算した金額よりも多い金額を取得できました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

 相続人の一部が被相続人の預貯金を生前に引き出したり利用したりするケースは時々ありますが、この引き出しが遺産分割の調停・審判等の際にどのように判断されるかは、当時の被相続人の判断能力や、引き出しがなされた経緯、引出金の使途など、様々な事情によって変わりますし、最終的にどのような手続きで解決することになるかも事案によって異なるため、一概に「こういう場合はこうなります」ということが難しいです。
 過去の引き出しが問題になるようなケースは、一度、資料持参のうえで、弁護士に相談されることをお勧めします。

遺産相続の解決事例 3

預貯金等の多数の遺産の処理手続について一任された事例

  • 相続登記・名義変更

相談前

 相続人間では、遺産の分割方法について特段の争いがなかったものの、遺産が、普通・定期含めた預貯金が数行分あったほか、保険、不動産など多岐にわたっており、手続が大変なため、これを一任したいというご要望がありました。

相談後

 実際に相続人間で争いになったり争いになりうる事情が無かったため、相続人双方にご了解をいただいたうえでご依頼を受け、(不動産の名義変更の司法書士への紹介を含め)各種手続を行いました。
 各種手続にあたっては、委任状に署名押印をいただいたり、どうしても相続人ご本人が記載する必要がある書類について記載例をお示ししたうえでご記載いただいたほかは、弁護士が代理人として手続きを行いました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

 相続人間で争いがない状況であれば、弁護士費用をかけて弁護士に依頼しなくても、各機関等で必要書類を作成することで手続を行うことも可能です。上記のご相談者にも、ご本人で対応することも十分に可能であることも説明しましたが、「自分では大変なので費用をかけてでもお願いしたい」というご要望をいただいたため、ご依頼をお受けしました。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談60分無料】離婚問題に関する紛争を扱った経験が豊富な弁護士が、ご相談者様のご希望をふまえて、どのような手続・手段が考えらえれるかをご提案します。
すみ法律事務所
すみ法律事務所
すみ法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆弁護士の強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○幅広い問題を経験
離婚請求そのものの事件のみならず、慰謝料・財産分与・婚姻費用・養育費・親権・面会交流・年金分割等、離婚に付随する問題について、これまでに、交渉(公正証書作成含む)・調停・訴訟等、手続きの段階を問わず、様々な事案を経験してきました。

○離婚する・される双方の対応が可能
離婚や慰謝料請求をする側だけでなく、請求される側の代理人も何度も経験しており、ご相談者様の立場(請求する側かされる側か)を問わず、対応することが可能です。

○丁寧な説明
相談時や事件依頼時には、有利な点だけでなく不利な点や注意すべき点も含めて丁寧に説明しています。
 
◆相談体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○電話・メールでの対応も
仕事の都合などで日中に連絡が取りにくい方については、ご依頼後、電話だけではなくメールでの連絡等による対応も行っています。
※ご依頼前の電話・メール相談については、面談相談を前提として、事案の概要を把握するために必要な範囲の短時間のものであれば対応しています。

○土日・夜間も対応
事前にご予約いただければ、土日・夜間の相談も対応可能です。

○24時間予約受付
営業時間外でも、メールおよび留守番電話にて相談予約を受け付けています(ご相談希望のご連絡を確認後、こちらから再度連絡を差し上げます)。

◆費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○初回相談60分無料
相談料は、弁護士ドットコムを見たとお伝えいただければ、初回相談60分は無料です(通常は60分5,000円)。また、仮に相談時間が60分を超えた場合でも追加費用はいただいていませんのでご安心ください。ご依頼後の弁護士費用については、料金表に原則的な料金を記載していますが、細かい点等についてはご質問いただければお答えさせていただきます。

<このようなご相談をよくいただいています>
・不倫の慰謝料を請求したい。
・不倫の慰謝料を請求されたがどうすればよいか。
・別居したあとに、配偶者から生活費はもらえるか。
・離婚した後、自宅の不動産の処理はどうなるか。

<重点取扱案件>
・慰謝料請求
・財産分与
・婚姻費用請求
・養育費請求
・親権、面会交流

ーーーーーーーーーーーー
【アクセス】
地下鉄西11丁目・市電中央区役所前駅から徒歩2分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 60分5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 原則税込22万円~33万円
※契約した手続きの範囲(交渉・調停・訴訟)及び、事件の内容(離婚のみか、婚姻費用・親権・面会交流等の各要素をどの程度含むか等)により決定します。原則的に税込33万円とさせていただくことが多いですが、交渉のみで各要素がそれほど複雑ではない場合には税込22万円とさせていただくこともあります。
当初契約の範囲から引き続き別の手続きのご依頼を受ける場合(交渉→調停、調停→訴訟など)には、追加費用(基本的には税込11万円)を加算させていただくことが多いです。
報酬金 慰謝料・財産分与等により経済的利益を得られるものについては得られた経済的利益の16.5%(左記は税込額。税抜価格は経済的利益の15%)、その他(離婚・婚姻費用・養育費・面会交流等)については、ご依頼の目的とその達成割合に応じて事前の協議により定めた額(事件の内容によりますが、着手金と同程度の金額とさせていただくことが多いです)。
備考欄 上記着手金・報酬金額はあくまでも原則的な決定方法ですが、事件内容次第で、ご依頼者様との協議により上記と異なる形で契約することも可能です。また、弁護士費用に関するご質問についても丁寧に説明させていただきますので、疑問点等はお気軽にお尋ねください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

請求された不倫の慰謝料を減額し、分割払いでの和解ができた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

 妻子のある人と不倫していたことが奥さんに知られてしまい、奥さんから慰謝料を請求する裁判を起こされました。

相談後

 不倫の事実及び一定額の慰謝料を支払うべきことについては、ご相談者も認めていたものの、相手方から主張されている経緯等について誤りがあったため、裁判の中で、誤りがある点を指摘するなどしたほか、慰謝料の支払い方法に関する協議等も行った結果、最終的に、請求された金額の3分の1の額を分割で支払う和解が成立しました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

 不倫が事実である場合でも、どのような場合にどの程度の慰謝料額が適正かというのは、様々な事案や経緯によって異なるので、このような事案の場合には、まず、弁護士にご相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫からの離婚調停申立てに対し、財産分与としての解決金を取得し解決できた事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求

相談前

 以前から夫婦間で離婚に関する話合いがされており、ご相談者も離婚すること自体には異論がありませんでしたが、財産分与等の条件面で折り合いがついていない中で、夫から離婚調停が申し立てられました。

相談後

 調停の場で、双方名義の財産が明らかにされ、これをもとに財産の評価や法的な主張を行い、最終的に、適切な金額の財産分与(解決金)を取得して離婚することができました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

 夫婦間の財産分与が問題となる場合には、どのような財産をどのように評価するかが問題となりますので、(実際に弁護士に依頼するかどうかはともかくとして)法律的にどう考えられるかを確認するために一度、弁護士に相談されることをお勧めします。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談60分無料】任意整理・破産申立・個人再生等の経験豊富な弁護士が、ご相談者様の状況をふまえて最適と考えられる債務整理の方法をご提案します。
すみ法律事務所
すみ法律事務所
すみ法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆弁護士の強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○多くの債務整理事件を経験
これまで、借金問題に悩まれている方のご相談を数多くお受けし、多くの債務整理事件を取り扱ってきました。

○丁寧な説明
債務整理の方針については、任意整理(分割返済)、自己破産、個人再生等の債務整理の方法を具体的にご説明した上で、ご依頼者様の状況に応じて最適と考えられるものをご提案させていただきます。

○合意後の支払に関する管理も可能
任意整理・個人再生を行う場合、債権者との合意が成立した後や裁判所での手続が終了した後の、毎月の支払について、ご依頼者様のご希望があれば、毎月の債権者への支払手続は当事務所で管理することが可能です(この場合、別途、後記の手数料をいただきます)。
債権者の数が多い場合には、合意成立等の後も毎月の振込手続が大変だと思いますが、当事務所で管理を行う場合には、全債権者の合計分を当事務所1か所のみにお持ちいただければ(またはお振込みいただければ)、各債権者への支払は当事務所にて代行して行うことが可能です。

 
◆相談体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○電話・メールでの対応も
仕事の都合などで日中に連絡が取りにくい方については、ご依頼後、電話だけではなくメールでの連絡等による対応も行っています。
※ご依頼前の電話・メール相談については、面談相談を前提として、事案の概要を把握するために必要な範囲の短時間のものであれば対応しています。

○土日・夜間も対応
事前にご予約いただければ、土日・夜間の相談対応も可能です。

○24時間予約受付
営業時間外でも、メールおよび留守番電話にて相談予約を受け付けています(ご相談希望のご連絡を確認後、こちらから再度連絡を差し上げます)。

◆費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○初回相談60分無料
相談料は、弁護士ドットコムを見たとお伝えいただければ、初回相談60分は無料です(通常は60分5,000円+消費税)。また、仮に相談時間が60分を超えた場合でも追加費用はいただいていませんのでご安心ください。ご依頼後の弁護士費用については、料金表に原則的な料金を記載していますが、細かい点等についてはご質問いただければお答えさせていただきます。

<このようなご相談をよくいただいています>
・月末の返済資金が足りず、どうしたらよいかわからない。
・返済ができておらず、業者からの請求の電話や手紙が繰り返し来て困っている。
・返済は続けることができているが、利息の支払ばかりで元金が減らない。
・借金の合計がもう返し切るには難しい額になっているので、整理をしたい。
・不動産や財産を持ったまま、借金を整理することが可能か聞きたい。

<重点取扱案件>
・任意整理(分割返済)
・破産申立(個人・法人)
・個人再生申立
・過払金請求

ーーーーーーーーーーーー
【アクセス】
地下鉄西11丁目・市電中央区役所前駅から徒歩2分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 60分5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
任意整理(過払金回収含む) ◆着手金:債権者1社あたり33,000円(税込)
◆報酬:原則0円。ただし、過払金を回収した場合は回収額の22%(左記は税込額。税抜価格は経済的利益の20%)。
※なお、債権者との合意成立後、債権者への支払の管理を当事務所で行う場合には、別途、債権者数に応じた手数料(債権者数によりますが、合計税込1,100円~3,300円程度が多いです)をいただきます。
自己破産申立(個人) ◆着手金:税込22万円~税込33万円
◆報酬:原則0円(過払金が発生する場合は上記参照)。
※事業経験のある方、不動産を所有している方や資産が多い方、免責の問題となる方など、破産管財人が必要となりうるようなケースでは着手金を税込33万円とさせていただくこともあります(破産管財人がつく場合は、管財人費用も必要となります)が、その他の方の着手金は原則税込22万円です。
※法人の破産申立、現在継続中の事業を営んでいる個人事業主の破産申立については、具体的な事情に応じて費用を決定させていただきますので、まずはご相談ください。
個人再生申立 ◆着手金:原則33万円(税込)
◆報酬:原則0円(過払金が発生する場合は上記参照)。
※住宅資金特別条項を利用する場合は着手金を税込44万円とさせていただくことが多いです。
※なお、裁判所での手続終了後、債権者への支払の管理を当事務所で行う場合には、別途、債権者数に応じた手数料(債権者数によりますが、合計税込1,100円~3,300円程度が多いです)をいただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(6件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

毎月の支払が12万円以上→6万円強になったケース(任意整理)

  • 任意整理

相談前

ご相談前には、各債権者からの借入額が膨らみ、総額で300万円以上、月々の支払も12万円以上の状態で、かつ、毎月の支払のほとんどが利息の支払に充てられている状況でしたが、月々の返済が厳しくなり、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

弁護士が依頼を受けた後、各債権者と交渉し、毎月の支払総額を6万円強までおさえることができ、この支払を5年間続けた結果、全ての借金の支払が完了しました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

弁護士に依頼する任意整理の場合には、その時点での借金の額を確定し(それ以降の利息を発生しないようにし)、その額を3年から5年間程度で分割して返していくことが一般的です。
上記のケースのように、毎月の支払額が抑えられることもありますし、「合意通りに支払い続ければ借金がなくなる」というゴールが見えるようになるので、「破産はしたくないが支払額が多すぎて困っている」ということがあれば、一度、弁護士に相談して任意整理が可能か検討してみると良いと思います。

借金・債務整理の解決事例 2

かなり前に借りた借金の請求書がきたが、時効で支払無しで済んだケース

  • 任意整理

相談前

かなり前に消費者金融会社から借金をして全額の返済ができていなかったものがあったところ、今になって、当時の借金に多額の利息を加えて請求するという請求書が届きました。

相談後

ご依頼を受け、貸し借りの取引の経過を確認したところ、すでに最後の支払から時効期間(5年)を経過していることが判明したため、消滅時効の主張をし、一切の返済をせずに済みました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

上記のように、かなり以前の借入に関しては、消滅時効の主張をできるケースもありますので、古い借入の請求書が届いた場合には、まず、弁護士に相談することをお勧めします。一度支払いをしてしまうと、時効期間がリセットされてしまいますので、このような請求書が届いた場合には、支払を行う前に、弁護士に相談してください。

※ なお、最後の返済後、裁判を起こされて判決をとられているような場合には、時効期間が変わってきますのでご注意ください

借金・債務整理の解決事例 3

中古車を所有したまま破産が認められた件

相談前

生活費等の借入により、借金の総額が500万円を超えており、収入状況に照らして分割支払(任意整理)も困難だったことから、破産をすることになりました。当時、数年前に購入した中古車を所有していました。

相談後

ご相談者様の生活にとって自動車を利用する必要性があったこと、中古車の価値自体がそれほど高くなかったことから、自動車を所有したまま破産することが認められました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

破産を行う場合、「すべての財産がなくなる」と思っている方が多いと思いますが、ケースによっては、一部の財産を所有したまま破産ができる場合もあります。
自動車を含め、特定の財産を所有したまま破産できるかどうかについては、その財産の価値や必要性等、ケースによりますので、まずは、弁護士に相談されることをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 4

借金の用途に問題があったが、破産(免責)が認められた件

  • 自己破産

相談前

投資や飲食のために借金をし、最終的には借金を返せなくなってクレジットカードのショッピング枠の換金(現金化)などもしたうえで、借金の総額が500万円程度となっており、収入状況から、返済が困難な状況でした。

相談後

借金ができた経緯を裁判所に隠さずに報告するとともに、経緯に関して反省している状況を説明することによって、破産・免責(裁量免責)が認められました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

もちろん、浪費や無理な投資等のために借金をすることは控えるべきですが、このような事情があったとしても、きちんと経緯を説明して反省を示すことによって、破産・免責が認められるケースは少なくありません。
事情がある場合には、その事情も含めて、弁護士に相談することをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 5

自宅を所有したまま、住宅ローン以外の1000万円以上の借金が約5分の1になったケース(個人再生)

  • 個人再生

相談前

数年前に自宅を購入していましたが、生活費や投資により、住宅ローン以外で1000万円以上の借金があり、これらの借金について契約通りの返済(毎月住宅ローン以外に10万円以上)ができなくなっていました。

相談後

個人再生手続を利用することにより、自宅を所有したまま、返済すべき総額が約200万円強となり、毎月の返済額も4万円以下におさえることができました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

個人再生手続を利用すると、自宅不動産や自動車など、財産を所有したまま借金総額をおさえることが可能な場合があります。
「不動産などを所有していて破産はできないが、今の借金をすべて返済するのは難しい」という方は、個人再生が利用できないか、弁護士に相談してみることをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 6

毎月の支払が8万円以上→約2万5000円になったケース(任意整理)

相談前

ご相談前には、各債権者への返済額が多くなり、1社からの借入で他への返済金を賄うような状況になっており、総額で150万円以上、月々の支払も8万円以上の状態で、かつ、毎月の支払のほとんどが利息の支払に充てられている状況でしたが、月々の返済が厳しくなり、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

弁護士が依頼を受けた後、各債権者と交渉し、毎月の支払総額を約2万5000円までおさえることができ、この支払を5年間続けた結果、全ての借金の支払が完了しました。

鷲見 圭一弁護士からのコメント

鷲見 圭一弁護士

弁護士に依頼する任意整理の場合には、その時点での借金の額を確定し(それ以降の利息を発生しないようにし)、その額を3年から5年間程度で分割して返していくことが一般的です。
上記のケースのように、毎月の支払額が抑えられることもありますし、「合意通りに支払い続ければ借金がなくなる」というゴールが見えるようになるので、「破産はしたくないが支払額が多すぎて困っている」ということがあれば、一度、弁護士に相談して任意整理が可能か検討してみると良いと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
すみ法律事務所
所在地
〒060-0061
北海道 札幌市中央区南1条西11丁目1-301 コンチネンタルWEST.Nビル4階
最寄り駅
地下鉄西11丁目・市電中央区役所前駅から徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日09:30 - 20:00
定休日
備考
土日・夜間相談についても事前予約により対応可能です。
営業時間外でもメールおよび留守番電話にて相談予約を受け付けておりますし、受付時間内に外出中等で電話に出られなかった場合には、留守番電話にメッセージを入れていただければ、こちらから折り返しお電話させていただきます。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5346-7246

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

鷲見 圭一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-7246
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日09:30 - 20:00
定休日
備考
土日・夜間相談についても事前予約により対応可能です。
営業時間外でもメールおよび留守番電話にて相談予約を受け付けておりますし、受付時間内に外出中等で電話に出られなかった場合には、留守番電話にメッセージを入れていただければ、こちらから折り返しお電話させていただきます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談