現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 晃弘弁護士

( のだ あきひろ ) 野田 晃弘

道都総合法律事務所

犯罪・刑事事件

分野を変更する
お困りのことがあれば,すぐにご連絡ください。札幌の法律道都総合法律事務所はあなたの悩みごと、解決のお手伝いを致します。
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ある日突然、警察官から呼び出しを受け、警察官の言われるがままにして、不利益な刑事処分を受けるという被害をなくしたいとの思いからこの分野に力を入れています。逮捕される前は、国選弁護人が選任されないので、知識を得ずに取調べを受けて、取り返しの付かない事態になることもあります。
取調べ前に弁護士に相談することが重要です。迅速な対応が求められますので、最善の弁護活動を行っていきます。

【強み】
・スピーディーに対応すること、法律や判例の調査を怠らないことです。
・ご依頼があれば、すぐに接見に行きます。
・机上の空論でなく、現場や現物など、事件の現実を重視します。
・これまで約100件の刑事事件の経験あり。
・依頼者の方と私は事件解決へ向けたチームです。依頼者の皆様は法律の専門家と協議をしながら、「安心」「納得」した上で事件解決へ向けて対処できます。

【取扱い内容】
刑事事件全般

<解決事例>
・傷害事件を起こしてしまったが、早期示談により不起訴となった。
・窃盗をしてしまったが、早期示談により不起訴となった。
・一審の判決が実刑判決であったが、その後さらに被害弁償をして、
控訴審で,執行猶予付き判決となった。
・他人が犯した犯罪について、その共謀を疑われたが、弁護人の助
言を受けて対応したところ、起訴されなかった。

【これまでの依頼者の声】
「突然逮捕されて、そのまま処分されそうになった時は、人生終わったと思いましたが、先生の誠実な弁護活動のおかげで、納得のいく結果になりました。」と感謝の声を頂いております。

【アクセス】
札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅(2番出口)」から徒歩5分ほどの場所にございます。
お越しの際に事務所の場所が分からない場合は、お気軽にお電話下さい。
駐車場は徒歩3分

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 11万円~
報酬金 11万円~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

暴行・傷害事件について早期示談

  • 暴行・傷害
依頼主 男性

相談前

飲み会の場で,知人に暴行をしてしまい,知人が警察に被害届を出した。
刑事処分を受けると,今の職場での立場も悪くなるので,なんとかしてほしい。

相談後

暴行をしてしまったことは事実だったので,弁護士からすぐに被害者に連絡してもらい,事実を認めて謝罪するとともに,適切な示談金を支払うことで示談した。弁護士が示談書を警察官に提出して,不起訴となった。

野田 晃弘弁護士からのコメント

野田 晃弘弁護士

早期に示談をすることで,逮捕されることなく,不起訴という結果で終わりました。職場に発覚することもなかったので,最善な結果となりました。
被害者によっては,過大な金員を請求することもありますが,その場合は,適正な損害額の金員で示談できるように粘り強く交渉するとともに,結果的に,示談できなくとも,警察官や検察官にその事情を伝えることで,不起訴となるケースもあります。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

友人の犯罪への関与を疑われた

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
依頼主 男性

相談前

友人が飲食店で女性に対してわいせつ行為をしたとして逮捕された。自分もその飲食店に一緒にいて,友人のわいせつ行為を助長させたとして疑われた。友人がナンパで女性に声をかけ,女性も乗り気であったので,同意のもとでしていることだと考えていた。自分は,他の客と話していたので,友人の行為には関与していない。

相談後

警察官からどのような取り調べを受けるかを事前に弁護士から聞いた上で,取調べに臨んだ。大変ではあったが,弁護人のアドバイスをその都度受けて,結果として,自白調書はとられず,起訴されることはなかった。

野田 晃弘弁護士からのコメント

野田 晃弘弁護士

客観的証拠が乏しい事案では,被疑者が自白するか否かで,起訴されるか否かが決まることがあります。取調べに当たって,どのような対応をすべきかについて,事前に弁護士に相談して聞いておくことが重要です。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料|法テラス利用可◎】感情が前にでて、精神的に疲労する離婚・男女問題。あなたのご意向を大切に、「安心」「納得」した上で、一緒に解決を目指します。
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《離婚・男女問題でお困りの皆さまへ》

離婚問題は家族関係に関する問題であり、誰にでも起こりうるものです。
各人、様々な事情から悩むことであり、感情的な問題から当事者同士では冷静な話し合いが難しいため、その解決には法律・判例を踏まえることは勿論ですが、弁護士としての経験も必要となります。
そのため、私が弁護士登録以来、一貫して力を入れて取り組んでいる分野でもあります。

依頼者の皆さまと私は問題解決へ向けたチームです。皆さまのご意向を大切に、「安心」「納得」した上で、一緒に解決を目指します。
信頼関係を大切に、誠実かつ丁寧に対応いたしますので、思い切ってご相談ください。

◆これまでの依頼者の声◆
これまでに、「早期に解決していただいて、新しい生活がスタートできました。」とのお声もいただいております。

《ご相談例》

離婚、慰謝料請求、養育費減額、養育費増額など幅広く対応可能です。

  • 離婚したい、離婚したくない。
  • 不倫で慰謝料請求したい、慰謝料請求された。
  • 子供の親権についてどうなるか見解を聞きたい。

《事務所の対応体制》

【1】柔軟な面談日時

ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間も柔軟にお受けしています。
日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

【2】初回相談(1時間)無料

費用負担が心配で弁護士に相談できないという方も多くいらっしゃると思います。
初回相談1時間を無料としていますので、安心してご相談ください。
※法テラスも利用可能です。

【3】ご依頼者様の安心第一

ご依頼者様の不安を早く払拭できるよう、スピード重視で素早く動くよう心がけています。
また、ご依頼者様への報告や連絡を密に行うようにしております。

《事務所について》

アクセス

札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅(2番出口)」から徒歩5分ほどの場所にございます。
お越しの際に事務所の場所が分からない場合は、お気軽にお電話下さい。
駐車場は徒歩3分

事務所ホームページはこちら

http://hokkaido-law.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 11万円~(税込),月額の分割払いも可能
報酬金 11万円~(税込),月額の分割払いも可能
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞行為の慰謝料請求

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

夫が女性と不倫して,女性の配偶者が夫に慰謝料を請求した。女性とその配偶者は離婚していない。
自分も,子供がいるので,夫と離婚はしないが,自分が女性に慰謝料を請求したい。

相談後

女性の配偶者が夫に対して訴訟を提起したので,相談者も女性に対して訴訟を提起し,どちらも,ほぼ同額の慰謝料請求を認容する判決であった。

野田 晃弘弁護士からのコメント

野田 晃弘弁護士

訴訟で和解の話もでましたが,女性の配偶者が判決に拘ったため,どちらも判決になりました。女性の配偶者は,女性が騙されて不倫をした被害者であり,相談者の夫が一方的に悪いと主張しており,相談者様も相談に来る前はその点を不安に思っておりました。
相談者様の世帯が一方的に経済的負担を負う必要はないケースでしたので,ご相談いただいて良かったと思います。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料|法テラス利用可◎】弁護士登録以来、一貫して取り扱い経験あり!皆さまのご事情や心情に最大限配慮しながら、遺産相続のあらゆる問題に対応いたします。
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所
道都総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

《遺産相続問題でお困りの皆さまへ》

遺産相続問題は、高齢化社会を迎える日本で今後多くの人が悩む問題とされています。
身内間での問題であるために、かえって精神的な負担が大きくなることも少なくありません。
弁護士が早い段階で関与することで、適切な紛争解決、又は、争いを未然に防ぐことができますので、ぜひお早めにご相談ください。

依頼者の皆さまと私は問題解決へ向けたチームです。
皆さまのご意向を大切に、「安心」「納得」した上で、将来起こりうる事態を視野に入れ適切なご提案をいたします。
信頼関係を大切に、誠実かつ丁寧に対応いたしますので、思い切ってご相談ください。

◆これまでの依頼者の声◆
これまでに、「親族と争うことにならずに良かった。」とのお声もいただいております。

《ご相談例》

  • 亡き親に実は多額に遺産があり、相続に困っている。
  • 遺産分割をしたい。
  • 遺言を作成したい。
  • 遺言書の書き方が分からない。
  • 親族に成年後見人を付けたい。
  • 相続放棄をしたい。

《事務所の対応体制》

【1】柔軟な面談日時

ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間も柔軟にお受けしています。
日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

【2】初回相談(1時間)無料

費用負担が心配で弁護士に相談できないという方も多くいらっしゃると思います。
初回相談1時間を無料としていますので、安心してご相談ください。
※法テラスも利用可能です。

【3】ご依頼者様の安心第一

ご依頼者様の不安を早く払拭できるよう、スピード重視で素早く動くよう心がけています。
また、ご依頼者様への報告や連絡を密に行うようにしております。

《事務所について》

アクセス

札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅(2番出口)」から徒歩5分ほどの場所にございます。
お越しの際に事務所の場所が分からない場合は、お気軽にお電話下さい。
駐車場は徒歩3分

事務所ホームページはこちら

http://hokkaido-law.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 11万円~(税込),月額での分割払いも可能
報酬金 11万円~(税込),月額での分割払いも可能
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

交流のない兄弟に関する相続放棄

  • 相続放棄
依頼主 男性

相談前

ある日,交流のなかった弟が死亡したとの連絡を受けた。弟には妻も子供もおらず,自分がこのまま相続することになると,弟の負債を背負わされることになるのではと心配である。

相談後

相談後に,弁護士に依頼をして,相続放棄の手続きをすることにした。遠方の裁判所に書類を提出したり,また,必要書類の取り寄せが大変そうであったので,弁護士に依頼して良かった。

野田 晃弘弁護士からのコメント

野田 晃弘弁護士

相続放棄は,被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に書類を提出する必要があります。必要書類の戸籍謄本等を取り寄せるのは労力を要しますので,弁護士に依頼をすることがお勧めです。

遺産相続の解決事例 2

自分が希望する遺言書をすぐに作成したい

  • 遺言
依頼主 70代 女性

相談前

自分の相続人候補者は,兄弟だけだが,兄弟とは疎遠であるので,遺言書を作成したい。そのためには,どうしたら良いのか。

相談後

弁護士に相談して,公証役場で,公正証書遺言を作成した。自分の遺産を,お世話になっている方達に遺贈するという内容となっており,これで安心である。

野田 晃弘弁護士からのコメント

野田 晃弘弁護士

遺言については,公正証書遺言を作成することが安全かと思います。公証役場への連絡等について,弁護士が代理人として関与することができますし,また,遺言内容を死後に確実に実行するための遺言執行者を定めておく必要があり,それを弁護士にすることがお勧めです。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
道都総合法律事務所
所在地
〒060-0042
北海道 札幌市中央区大通西13丁目4 北晴大通ビル6階
最寄り駅
地下鉄東西線西11丁目より徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝・夜間面談は、平日にご予約いただければ、対応できる場合があります。
まずはお問い合わせください。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

取扱分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • インターネット

電話で問い合わせ
050-5834-2715

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

道都総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5834-2715

※道都総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝・夜間面談は、平日にご予約いただければ、対応できる場合があります。
まずはお問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談