お気に入りに追加
大矢 真太郎弁護士

( おおや しんたろう ) 大矢 真太郎

弁護士法人リーガルプロフェッション福島事務所

現在営業中 09:00 - 17:30

交通事故

分野を変更する
【相談無料】保険会社との交渉、慰謝料の増額、後遺障害のランクアップ等交通事故による被害の回復を経験豊富な弁護士が全力でサポートいたします。
弁護士法人リーガルプロフェッション福島事務所
弁護士法人リーガルプロフェッション福島事務所
弁護士法人リーガルプロフェッション福島事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

【賠償金額を無料で診断いたします】

交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に増額するケースが多くあります。
保険会社から提示された賠償額が適切かどうかを無料で診断いたします。
※当事務所ホームページに多数の解決事例を掲載しております。似たようなお悩みや問題を抱えていませんか。ご覧になってください。
 https://kotsujiko.le-pro.or.jp/

【ポイントは早めの相談!】

交通事故事件のポイントは、「早めの相談」です。
早い段階でご相談頂くことで弁護士が事故状況を正確に把握し、今後の治療や後遺障害の認定手続きに向けて適切なアドバイスを行うことができ、ご相談者様にとって最善の解決を実現することができます。
まずはご相談ください。

【多数の取扱実績】

お怪我で治療中のご相談者の方から、弁護士に「治療が終了して保険会社から損害賠償案が提示されてから、もう一度お越しください。」と言われたなどとのお話をしばしば耳にします。
しかし、当事務所では、治療費や休業補償の不当な打ち切り、適正な後遺障害等級の認定のためのサポートを積極的に行っており、後遺障害認定のランクアップなどにおいても豊富な実績を有しています。
※当事務所ホームページに多数の解決事例を掲載しております。
 https://kotsujiko.le-pro.or.jp/

【交通事故トラブルは当事務所にお任せください】

当事務所には、東北地域で最大級の12名の弁護士が在籍しており、死亡事故、重度後遺障害、高次脳機能障害など様々な訴訟を経験し交通事故に精通した弁護士が在籍しています。
このような当事務所の強みを生かし弁護士間で情報共有を行い多角的な観点から事案に対応し、相談者様にとっての最善の事案解決に向けたサポート体制を整えております。

福島市内・福島県内の方はもちろん、近県の方々も、まずはご相談ください。

【明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします】

完全成功報酬制の導入など依頼者の皆様が利用しやすい料金体系を準備しています。

【弁護士費用特約について】

最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約を利用することで、弁護士費用を保険で負担することが可能です。
ご自身が加入されている場合のみならず、ご家族が加入している保険でも利用できる場合がございますので、この点もご相談ください。

【駐車場】

敷地内(ビルの南側,市役所や裁判所寄りの方面)にございます。
駐車区画に「(弁)リーガルプロフェッション」という看板がありますので、ご利用ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
料金表 【相談料】
初回相談は無料です。
また、収入や資産により、同一問題につき最高3回まで無料相談を受けることが可能
です。

※法テラスの民事法律扶助の要件を満たす場合。同一問題につき法テラス地方事務所や他事務所で既に制度を利用した相談を受けていた場合は、その回数は除きます。
その他 【その他費用(着手金、報酬等)】
案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【お支払スケジュールについて】
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で費用、スケジュールのご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【 リーズナブルな料金設定 】
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。を受けていた場合は、その回数は除きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

保険会社からの治療打ち切り後も通院を継続し、後遺障害14級を取得、約400万円の賠償を得られたケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

Aさんは、一時停止中に後続車から追突を受け、腰部捻挫等の診断を受けました。
通院治療を続けていたAさんですが、事故から約半年後、相手の保険会社から、一方的に治療費の支払を打ち切られました。
まだ痛みは残っており、どうしたらよいか困ったAさんは、当事務所に相談、依頼しました。

相談後

当事務所では、Aさんの話や、それまでの治療状況等を確認し、まだ症状固定時期(治療終了時期)にはないものと判断したことから、Aさんと協議の上、健康保険を使って治療費を立て替えながら通院を継続してもらうことにしました。
それから約3か月後、なお痛みが残っていたため、後遺障害の申請手続を行ったところ、自賠責保険より、後遺障害14級が認定され、約200万円が支払われました。
その後も、相手方保険会社との交渉、交通事故紛争処理センターでの示談斡旋手続を経て、最終的に、相手方保険会社より、追加で約200万円の支払を受けることができました。

大矢 真太郎弁護士からのコメント

大矢 真太郎弁護士

保険会社は、事故から一定期間が経過すると、治療費の支払を打ち切ってくることがあります。
事案によっては、Aさんのように、自費での通院を継続した上で、最終的に、立替分を全額回収でき、後遺障害が認定されて高額の賠償金が得られるというケースもありますので、保険会社から治療費支払の打ち切りの話がなされたら、すぐに従うのではなく、一度当事務所にご相談されることをおすすめします。
なお、Aさんのケースは、すでに治療費の支払が打ち切られた後でのご相談、ご依頼でしたが、より早い段階でご相談、ご依頼いただければ、打ち切りの時期について、保険会社と交渉することも可能です。

交通事故の解決事例 2

保険会社提示額より約5000万円の増額が認められ、約1億1700万円の賠償金が支払われた死亡事故のケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 40代 女性

相談前

Bさんの夫は、バイク事故によって、Bさんと2人の幼い子を残してこの世を去りました。まだ、45歳の若さでした。
Bさんは、夫のバイク事故の損害賠償請求について、当事務所に相談、依頼しました。

相談後

当初、相手方保険会社からは、約6700万円の賠償額が提示されました。
しかし、事故によって夫を亡くしたBさんご家族の精神的苦痛の大きさなどを踏まえると、到底納得できる金額ではなかったため、訴訟提起することにしました。
訴訟においては、こちらの主張の多くが認められ、最終的に、総額約1億1700万円の支払を受けることで和解が成立しました。

大矢 真太郎弁護士からのコメント

大矢 真太郎弁護士

死亡事故によってご家族を亡くされた遺族の方のお気持ちは計り知れないものです。
本来、それを慰謝料などの金銭で評価することは到底できるものではありませんが、交通事故賠償の世界では、最終的には金銭による解決を図るしかありません。
当事務所では、死亡事故に関しても、多数の実績、経験を有しておりますので、遺族の方に寄り添って、可能な限り賠償額が増額できるように手続を行います。
死亡事故の場合、賠償金は高額なものとなりますから、たとえ1%の違いでも、最終的な金額においては、数十万円、数百万円の違いが出てきます。是非とも、弁護士にご相談、ご依頼されることをおすすめします。

交通事故の解決事例 3

当初相手方は無過失を主張していたが、最終的に相手方の過失100%での早期解決ができたケース

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 40代 女性

相談前

Cさんは、カーブを走行中、対向車がセンターラインをオーバーしてきたという事故の被害に遭いました。
ところが、相手方は、センターラインオーバーしたのはCさんの方であると主張して、Cさんの車の修理費の支払をせず、逆に、相手方の車の修理費の請求を行ってきました。
どちらの車がセンターラインをオーバーしたのかについて、水掛け論になってしまい、らちが開かずに困ったCさんは、当事務所に、相談、依頼しました。

相談後

当事務所からは、Cさんの事故の処理を行った警察署に対し、事故態様の照会を行いました。
後日、警察署からは、警察が把握、処理した事故態様についての図面が届きましたが、その図面には、相手方の車がセンターラインオーバーしたことがはっきりと書かれていました。
そこで、この図面を相手方へも送付して交渉したところ、相手方も、それ以上争って訴訟提起などしても勝ち目はないと観念したのか、相手方の過失100%での解決に応じました。
Cさんより最初の相談を受けてから約1か月での早期解決でした。

大矢 真太郎弁護士からのコメント

大矢 真太郎弁護士

事故態様、過失割合が争点となることがよくあります。
ドライブレコーダーがあったり、目撃者がいれば別ですが、そうでない場合、事故態様を証明する客観証拠はなかなかありません。
その点、弁護士は、警察署や検察庁への照会によって、交通事故の刑事記録を取り付けることができ、その刑事記録は、民事の損害賠償においても、事故態様を認定する一つの有力な証拠となります。
当事務所では、このような刑事記録取り付けのノウハウも心得ていますので、事故態様に争いがある場合も、一度当事務所にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人リーガルプロフェッション福島事務所
所在地
〒960-8131
福島県 福島市北五老内町7-5 イズム37ビルディング203
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
  • 土曜09:00 - 17:30
定休日
日,祝
備考
・土曜日は相談予約の受付のみ行なっております(9:00~17:30)。
・コロナ対策:オンライン面談対応可(ZOOM等),アクリル板設置
対応地域

北海道・東北

  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

電話で問い合わせ
050-5572-5311

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 17:30

大矢 真太郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5572-5311
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
  • 土曜09:00 - 17:30
定休日
日,祝
備考
・土曜日は相談予約の受付のみ行なっております(9:00~17:30)。
・コロナ対策:オンライン面談対応可(ZOOM等),アクリル板設置