現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 消費者被害
  3. 伝説の「無理ゲー」が復活・・・「ゲームが難しすぎるから、お金返してよ」と言える?
2014年09月04日 14時37分

伝説の「無理ゲー」が復活・・・「ゲームが難しすぎるから、お金返してよ」と言える?

伝説の「無理ゲー」が復活・・・「ゲームが難しすぎるから、お金返してよ」と言える?
かつて挑戦し、あまりの難しさに挫折した人は少なくないだろう

クリアすることが非常に困難な「無理ゲー」として名高いファミコンソフト「トランスフォーマー コンボイの謎」。この伝説のゲームが8月にスマートフォン向けアプリとして「復活」し、話題を呼んでいる。

ファミコンソフト「コンボイの謎」は1986年に発売されたアクションゲームだ。相手の攻撃を避けつつ、敵を倒すわけだが、プレイヤーからは「敵が素早すぎる」「敵が小さくて攻撃があたらなさすぎる」「自機のやられ判定が大きすぎる」といった意見が続出。多くのプレイヤーがクリアをあきらめ、「伝説の無理ゲー」として、ゲーム史に名を残すことになった。

この手のゲームは「クリアしたときの達成感」が格別といえるが、「無理ゲー」の場合、ほとんどの人がそれを味わえないことになる。ゲームが難しすぎるせいでフラストレーションがたまったプレイヤーは、「お金を返して」と店にいえるのだろうか。消費者問題にくわしい上田孝治弁護士に聞いた。

●「ページが足りない本」なら返金もアリだが・・・

「ゲームに限らず、およそ商品やサービスには、そこから得られる『便益』や『効能』があります。購入者は、こうした『便益』や『効能』への対価として、代金を支払うわけです。

これをひっくり返すと、商品やサービスが、『当然に要求される便益や効能』を備えていなかった場合に、返金を求めることができるということになります」

それは、どうやって判断すればよいだろう。

「商品やサービスの特性や、商品説明などをふまえて、『便益』や『効能』があったかどうかを判断することになります。

わかりやすいのは、たとえば、購入した本のページが欠けていたような場合で、それなら返金や交換をしてくれと言えます」

●最終的にクリアできることは重要な要素

では、クリアがほとんどできない「無理ゲー」はどうだろう?

「次々と現れる障害を乗り越えて、クリアを目指すという形式のゲームの場合、『最終的にクリアできる』ということは、備えておくべき重要な要素といえるでしょう。

ゲームはもちろん、クリアするまでの一つ一つの過程が楽しいものですが、その楽しさは、最終的にクリアすることにつながるということも、大きく関係しています。

ゲームが『そもそもどうやってもクリアできない』なら、挑戦する気は起きにくいですし、過程を楽しむことも難しいでしょう」

すると・・・「無理ゲーだから金返せ」と言える?

「いえ、そうとも言えません。たとえば、逆にあまりにも簡単にクリアできてしまうと、それはそれでつまらないゲームとなります。

プレイヤーの技量にはかなりの開きがありますので、難しさのバランスについては、法律上、『これが正解』というような明確な線引きは、非常に困難です。したがって、どの程度難しいゲームとするかについては、ゲームをつくる側にかなりの裁量が認められます。

つまり、およそ誰もクリアできないようなゲームでもない限り、難易度を理由にして返金を求めるのは難しいと言えます」

上田弁護士はこのように述べていた。

なお、スマフォアプリ版の『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』は、ゲーム内容こそ異なるものの、相変わらずの高難易度だという。ファミコン版をプレイしたことのある記者は「音楽や雰囲気はこんな感じでした」と、当時を懐かしんでいた。

(弁護士ドットコムニュース)

取材協力弁護士

上田 孝治弁護士
消費者問題、金融商品取引被害、インターネット関連法務、事業主の立場に立った労働紛争の予防・解決、遺言・相続問題、不動産・マンション管理法務に特に力を入れており、全国で、消費者問題、中小企業法務などの講演、セミナー等を多数行っている。

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608