弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

パワハラ
2015年03月09日 10時30分

ランチに付き合った女子社員に「割り勘」させるのは「パワハラ」 こんな主張はアリ?

ランチに付き合った女子社員に「割り勘」させるのは「パワハラ」 こんな主張はアリ?
写真はイメージ

サラリーマンやOLにとって、ランチタイムは貴重な息抜きタイムだが、ストレスのもとになっている人もいるらしい。同僚とのランチをめぐって、あるネットニュースのサイトに掲載された「OLのボヤキ」が注目を集めた。

その話によると、東京都内の企業で働く41歳の女性は、同僚の男性社員から誘われるランチが憂鬱なのだという。男性が誘っておきながら、ランチをおごらないことに納得がいかないらしい。この女性は「女子に割り勘させるのはマナー違反だし、ある意味、パワハラだと思う」と言っているのだとか。

この話はネタなのではないかという指摘もあるが、男性から食事に誘われたらおごってほしいと考えている女性は、まだまだいるのではないか。だが、同僚の女性をランチに誘ったときに、おごらないで割り勘にしたら「パワハラ」になってしまうことはあるのだろうか? 男女関係の法律問題にくわしい原口未緒弁護士に聞いた。

●ランチに誘う行為も「パワハラ」になりうる

「まず注目してしまったのが、41歳という年齢です。以前、40代の女性と話をしていたときに発見したのですが、この世代は『女子に割り勘させるのはマナー違反』という感覚の方が多いように思います」

原口弁護士は初めにそう指摘した。たしかに、バブルの空気を吸った40代の女性と、不景気時代に社会に出た20代、30代の女性では、「割り勘」への感覚に違いがありそうだ。

「マナー違反かどうかはともかく、『パワハラ』になるかどうかについて考えると、今回のケースでは、相手の男性が上司か同僚かによって、違ってくると思います。場合によっては、ランチに誘うこと自体が、パワハラになる可能性もあります」

どんなケースで、パワハラになってしまうのか。

「たとえば、ランチに誘った男性社員が、女性に対して『仕事上の嫌がらせ』ができる立場にあり、誘いを断ることで、女性が仕事上不利益な扱いを受ける場合です。

不利益な扱いとは、具体的には、昇進ができない、希望部署への配置転換ができない、執拗に怒られる、面倒な仕事ばかり押し付けられるなど、明らかに他の社員と違う扱いをされて、職場に居づらくされるといったことです。

男性社員からの誘いを断ると、このような嫌がらせを受けることが予想される、もしくは、過去に誘いを断ったことで嫌がらせをされた、という場合には、女性社員としても断りづらいでしょう。その場合、ランチに誘うこと自体がパワハラになりうると考えます」

●「割り勘」はパワハラにはなりづらい

では、ただの同僚から「割り勘」を求められただけで、「パワハラだ!」といえる場合もあるのだろうか。

「男性は必ず女性におごらなくてはいけない、あるいは、誘った側は必ずおごらなくてはいけないとのルールはありません。そんな法律はないですし、社会通念上も、常にそうしなければいけないとは考えられていないでしょう。

逆にいえば、女性をランチに誘った男性が『割り勘』を求めることも、法的には何ら問題がありません」

このように原口弁護士は説明する。となると、「女子に割り勘させるのはパワハラ」という主張は、無理があるということだろうか。

「たとえば、明らかにランチをおごるような言動をしておきながら、会計のときになって割り勘を要求されたのであれば、釈然としないでしょう。しかし、そうでない場合、割り勘にするのが嫌ならば、ランチに一緒に行くのを断ることもできるのです。

それにもかかわらず、『女性はランチをおごってもらって当然』というのは、正当な主張とはいえません。したがって、よほど例外的な状況でない限り、同僚の男性が割り勘を求めても『パワハラ』とは言えないでしょう」

同僚との割り勘に「パワハラだ!」と騒ぐ前に、断り文句のバリエーションを増やすほうが、会社員としては正しい処世術なのだろう。

(弁護士ドットコムニュース)

原口 未緒弁護士
東京護士会所属。ココロもケアするカウンセリング離婚弁護士。コーチング・カウンセリング・セラピーなどをもとに、調停・裁判をしないで円満離婚を実現する、『幸せになるための離婚』を提唱しています。
所在エリア:
  1. 東京
  2. 港区
事務所URL:http://mio-law.com
弁護士ドットコム 協力ライターの募集中!募集要項はこちら

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。