弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 「なめてると海に沈められるよ」逮捕されたアラサー女性、ネットで同情を集めた理由
2019年12月17日 10時05分

「なめてると海に沈められるよ」逮捕されたアラサー女性、ネットで同情を集めた理由

「なめてると海に沈められるよ」逮捕されたアラサー女性、ネットで同情を集めた理由
画像はイメージです(プラナ / PIXTA)

交際していた男性が既婚者だったと知り、激怒した女性が「なめてると海に沈められるよ」などと男性を脅したとして、恐喝未遂容疑で12月中旬、警視庁に逮捕された。時事通信などの報道によれば、女性は「既婚者であることを隠された悔しさがあり、慰謝料を得ようと思った」などと供述したそうだ。

女性は「既婚か未婚か証明してください。なめてると海に沈められるよ。500万もってこい」などとメールで複数回、送信していた。ネットでは女性の行為はともかく、既婚者と知らされずに交際してしまった女性に、同情する声も上がっていた。

●既婚の事実を隠された→「損害賠償請求」を検討すべき

今回、女性はどんな対応をするとよかったのか。

冨本和男弁護士によれば、「今回は事件となってしまいましたが、実際にも、一方が既婚者であることを知らずに交際をはじめてしまうケースは珍しくはない」という。

では、騙されてしまった側はどう対応すれば良いのか。

冨本弁護士は「既婚者であることを知らず、女性が真剣に交際していたのだとしたら、精神的なショックは当然あったと思われます。この場合、精神的な損害を被ったとして慰謝料請求はできるでしょう」と話す。

実際に、このような慰謝料請求訴訟も起こされているという。ただ、その場合「相手の妻から、慰謝料を求められる可能性もあります」と指摘する。

しかし(1)相手が既婚者だと認識していた、(2)不注意で相手が既婚者であることを認識しなかった、この2つに該当する場合にしか、慰謝料請求は認められない。

女性が「既婚者であることを隠された」ことが事実とすれば「結婚していることを本当に知らなかったのであって、慰謝料請求に応じる必要性はありません」。

今回、女性が起こした事件は容認されるものではない。恐喝に及ばなくても、相手の男性に制裁を科すことはできたはずで、なんとも残念な結果になってしまった。

取材協力弁護士

冨本 和男弁護士
債務整理・離婚等の一般民事事件の他刑事事件(示談交渉、保釈請求、公判弁護)も多く扱っている。
事務所URL:http://www.aska-law.jp

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608