OMEGAパロディー時計「OMECO」の商標取り消しを「支持」 知財高裁
「敗訴」を手にするOMECO社長の風間さん(2022年5月25日・知財高裁/弁護士ドットコムニュース)

OMEGAパロディー時計「OMECO」の商標取り消しを「支持」 知財高裁

スイスの高級時計ブランド「OMEGA(オメガ)」のパロディー時計「OMECO(オメコ)」の商標が有効かどうかが争われた裁判で、知財高裁は5月25日、OMECO側の請求を棄却する判決を言い渡した。

OMECO社(東京都台東区)はロゴの商標を2020年8月に登録した。しかし、それを不服とするOMEGAからの登録異議申立てを受けて、特許庁が商標登録を取り消すと決定したことから、OMECO社は特許庁の決定取り消しをもとめて、今年1月に裁判を起こしていた。

判決をうけ、OMECO社長の風間友亮さんは「卑猥であってもなんでも、表現の自由をもとめて戦っていきたい」と話した。

※原告側から連絡があり、記事の一部を修正しました(5月25日午後6時)

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする