現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 東京五輪の開催を支持するネット署名も開始「日本の国際的な責務」
2021年05月08日 22時39分

東京五輪の開催を支持するネット署名も開始「日本の国際的な責務」

東京五輪の開催を支持するネット署名も開始「日本の国際的な責務」
開催を支持するネット署名

東京五輪の中止を求めるネット署名が広がりを見せる中、同じ署名サイト「change.org」上で、評論家の竹田恒泰氏が5月8日、開催を支持する署名を立ち上げ、開始5時間で署名が8000筆を超えた。

竹田氏は東京五輪の開催について、「『どのようにすれば開催できるか』を突き詰めていき、直前まで開催に向けて模索するのが当然」「招致を決めた日本の国際的な責務」と主張している。

また、外国人の観戦を見送ったことで、感染拡大のリスクが大幅に低減したことや、競技場や選手村で、最高レベルの感染対策がとられていることなどを指摘している。

宇都宮健児弁護士が展開している反対署名は5月8日22時30分時点で28万筆を超え、かなりの勢いを見せている。

反対署名について、竹田氏は「たとえ宇都宮氏の反対署名の数に及ばなかったとしても、それなりに『開催すべき』と思う人々がいること、決して世論は開催反対で染まっているわけではないことを示すことができたら、この署名の目標は達成できたと考えます」としている。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

  • 【画像】宇都宮健児弁護士の反対署名、どこまで伸びるか(5月8日22時30分時点のキャプチャ)

関連記事