弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 大阪王将、「ナメクジ告発」による保健所の調査結果を公表 「調査では見受けられなかった」
大阪王将、「ナメクジ告発」による保健所の調査結果を公表 「調査では見受けられなかった」
大阪王将仙台中田店(Googleストリートビューより)

大阪王将、「ナメクジ告発」による保健所の調査結果を公表 「調査では見受けられなかった」

中華料理チェーン「大阪王将」の仙台市内にあるフランチャイズ店舗の元従業員を名乗る人物が、調理場などにナメクジやゴキブリが大量にいたなどとツイッターで告発した問題で、大阪王将は7月27日、「ナメクジ、そ族昆虫などは見受けられなかった」とする保健所による調査結果および今後の対応を公式ホームページで発表した。

「大阪王将仙台中田店」の元従業員を名乗る人物による告発は7月24日、ツイッター上でおこなわれ、「大きな冷蔵庫の扉と扉の隙間にナメクジ大量にいる」「もう大阪王将仙台中田店でナメクジ退治とゴキブリ退治やりたくない」などと投稿していた。

翌25日、大阪王将は、公式ホームページで謝罪し、事実関係について保健所と連携の上、検査および調査中であると発表。仙台市保健所は同日、立ち入り検査を実施し、調理場からナメクジなどは確認されなかったものの、衛生面で課題があったため、同店に改善を指導したなどと報じられていた。

●「湿気の多い季節に外部からの侵入はあった」

公表リリースによると、仙台市保健所による調査結果では、「厨房内や廃棄物保管場所付近の清掃の徹底すること」「食品衛生責任者について、早急に変更届を提出すること」「動物の飼育は行わないこと」「そ族昆虫の対策の更なる徹底を行うこと」など12項目の指摘があったという。

これら指摘を受けた大阪王将は、告発でも指摘されていた食品衛生責任者の変更届や猫の飼育の中止などは実施済みとしたうえで、外部業者による清掃作業の実施や害虫駆除の内容 を見直してさらなる対策の徹底などを図るとしている。

今回の調査では、ナメクジやそ族昆虫などは見受けられなかったものの、「湿気の多い季節に外部からの侵入があったことが店舗からも報告がございました」としており、保健所からも指摘のあった出入口への網戸設置により、ナメクジ、そ族昆虫の外部からの侵入を防ぎ、再発防止を徹底。合わせて衛生管理、害虫駆除も徹底し害虫の発生防止を強化するという。

外部機関による衛生検査は年1回、全店で実施していたが、さらに全店で全従業員向けの勉強会を開催し、食材・店舗備品の取り扱いや衛生管理ルールを再徹底し、改善を継続していくとしている。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする