当選無効のスーパークレイジー君、取り消し求め提訴「やるところまでやる」
市議のバッジを付けたスーパークレイジー君議員(2021年7月14日、弁護士ドットコムニュース)

当選無効のスーパークレイジー君、取り消し求め提訴「やるところまでやる」

埼玉県戸田市議選の当選無効を支持した県選管の決定は、違憲であるとして、スーパークレイジー君議員(本名=西本誠)が7月14日、県選管の裁決取り消しを求めて、東京高裁に提訴した。

●戸田市の居住実態はあると主張

スーパークレイジー君議員は、戸田市議選に当選したものの、同市における3カ月以上の居住実態がないとして市選管から当選無効とされた(4月9日)。これを不服として、審査申立てをおこなったが、県選管は申立て棄却の裁決をした(7月9日)。

県選管は、市選管と同様、提出された買い物の領収書などをもとに、「客観的な生活の本拠の実体」を備えておらず、被選挙権を有していないと判断した。

訴状などで、スーパークレイジー君議員は、居住実態は存在しており、公選法の居住要件は被選挙権の侵害で違憲であると主張している。

●居住地制限なく地方選挙を目指す人が増えてほしいと呼びかける

提訴後の会見で、スーパークレイジー君議員は、イベントなどで全国を飛び回る生活を続けていたと説明した。ライフスタイルなどの変化をうけて、住居地に制限されず、誰もが地方議員を目指せる社会にしたいと話した。

代理人の加藤博太郎弁護士は「現代社会において、試金石になる裁判にしたい」と意気込む。しかし、裁判の見通しについては「厳しい戦いになる」と繰り返した。加藤弁護士によれば、過去にも住所要件をめぐる違憲裁判が起こされたが、認められたことはなかったという。

●会見には市議のバッジをつけて臨んだ

「応援してくれた幅広いかたのおかげで、この議員バッジをつけている。組織票じゃなく、これからを思って1票を入れてくれた人が多い。

僕みたいな人もいるし、単身赴任など、いろんなライフスタイルがある。ちょっとでもみんなの励みになればと思う。

小さい子どもたちからも負けないでと手紙をもらっている。そういう気持ちも大事にしたい。やるところまでやって、決定には従います」(スーパークレイジー君議員)

判決確定までは、市議のままだ。

●違憲主張

スーパークレイジー君議員は、公職選挙法における居住要件を設けることは、憲法15条1項、3項に違反し、また、これが認められない場合でも、公職選挙法10条1項5号、9条2項の規定は被選挙権を侵害するもので違憲と主張している。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする