現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
石田 伸一弁護士

( いしだ しんいち ) 石田 伸一

アディーレ法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

FXが原因で借金しているようだと口座を閉じるよう管財人から指示されるでしょう。

回答日 2019年05月14日 18:54
この回答がある質問
借金

支払いが限界だということであれば破産を検討することになろうかと思います。 ただ、免責不許可事由(返さなくて良い、というのは認めません、という理由)もありますので、そのリスクを避けるのであれば、...

回答日 2019年05月13日 09:16
この回答がある質問
仮差押え・仮処分

行政書士が任意整理を取り扱っているという違法性は脇に置くとして。 弁護士でも各社への振り分けを任すのであれば1社1回の返済について振込手数料込みで1000円を取るのは普通かと思います。 ...

回答日 2019年05月06日 20:24
この回答がある質問
利息・金利

できるはずです。 厚労省の指針があります。 今となっては意味がありませんが、開示については理由が要りません。そのくらい重要な情報なのです。 https://www.mhlw.go.jp...

回答日 2019年04月11日 11:48

即日に決めなければならないことはありません。 時効の点が絡むような、是が非でも時間的にその日のうちになんとかしなければならないような場合ならともかく「一度帰って検討し後日連絡します」というのは...

回答日 2019年04月08日 13:36
この回答がある質問
法テラス

レッドブックに載っていればその写しを出したり、あるいは、無料査定のところを上手に使って出すことを検討されてはどうでしょうか。 5年経過で無価値として処理するという基準が、「その裁判所」が公表し...

回答日 2019年03月12日 12:13
この回答がある質問
個人再生

そこまでこじれているのであれば、費用はかかってしまいますが、弁護士に依頼をした上で債務不存在確認(請求してるけど私には払う義務がないことを確認してという訴訟)訴訟を提起することを検討された方が良いで...

回答日 2019年03月10日 19:58

ありません。 保証はそのためのものですから。 強いて言うなら、破産は債務が消えて無くなるわけではなく強制執行などできないと言うだけなので、早く就職して保証人の返済に協力するということくらいで...

回答日 2019年03月10日 00:01

時効などの問題がなくて請求額満額払えるのであれば、債権者に連絡して、支払ったことを確認してもらって取り下げてもらうことになります。 予定に反して満額用意できなければ、答弁書の中で確実に払える分...

回答日 2019年03月09日 20:24

ここの相談の場ではお答えできない規定になっています。 よくわからなければこのサイトの「一括見積」を利用されるか、弁護士会または法テラスを利用されると良いかもしれません。

回答日 2019年03月05日 16:03

経費は収入を得るのに必要なものが計上できるので活動をしていない以上計上することはできないでしょう。

回答日 2019年03月04日 20:11
この回答がある質問
税務訴訟

管財人への引継予納金も含め裁判所へ納付する地域での申し立てであれば裁判所と相談するほかないでしょうから速やかに確実に納付できる時期を代理人を通じて裁判所と交渉すべきでしょう。

回答日 2019年03月04日 16:14

官報公告費ではなく管財人に渡す引継予納金であれば、代理人を通じて管財人の先生と相談されると良いでしょう。 柔軟に対応してくれる先生もいます。 官報公告費であれば納付しないと手続きを進めてくれ...

回答日 2019年03月04日 16:11

そういう状況でしたら、破産を避ける積極的な理由がない限り、破産の依頼をされた方が良いかと思います。 一度債務整理を断念したかどうかはあまり関係ありません。 債務整理をしなかったところだけに返済を...

回答日 2019年03月04日 09:07

可能です。 申立前であれば特に制限はありません(申し立てる裁判所が変わるだけ) 申立後であれば裁判所の許可をもらう必要があります。 手続きに支障がなければ(ちゃんと出頭するとか、問い合せに応じ...

回答日 2019年02月27日 17:12

ご両親とも連帯保証人とのことですので、亡くなった際にまだ負債が残っていて引き継ぎたくないのであれば、それぞれの時に相続放棄する必要があります。

回答日 2019年02月26日 10:56

もう解任する、ということを弁護士に伝えれば良いです。 その際になぜ解任することになったのかをきちんとつたえるとよいでしょう。 精算については契約書にもよりますが、返金ついて納得がいかない場合は、...

回答日 2019年02月24日 09:47
この回答がある質問
通常訴訟

消費者金融系など信用情報機関に会員登録している保証会社では厳しいかと思いますが、そうではないところでしたら審査に通る可能性はあろうかと思います。 どの会社なら?というのは契約書などで確認しない...

回答日 2019年02月24日 09:43
この回答がある質問
信用情報

変動が激しいのであればその点も含めてきちんと説明して再度申し立てをするという手だとは思います。 支払不能というのは一時的なものではダメなので波はあっても均せばなんとかなる、とか、あるいはご指摘...

回答日 2019年02月23日 23:59

初回の答弁書はいいのですが、それで相手が取り下げず争ってきた場合には、次回以降さらに対応が必要です。

回答日 2019年02月23日 23:32

1について 不相当に高い家賃のところに住んでいるのであれば影響するでしょうが5万円のところに引っ越さなければダメというわけでもありません。明確な基準はありません。 仕事の都合で仕方ない、というの...

回答日 2019年02月23日 22:17

無視してしまうと反論がなかったという前提で裁判が進んでしまう、そして訴えた側がミスしていなければ、請求どおりの内容が認められてしまいます。 答弁書が同封されているはずなので、それに従って、最低...

回答日 2019年02月23日 21:51

自己破産が認められなかった、不許可という語があるので分かりづらいのですが、破産の申立が認められなかったのか、それとも認められたが免責不許可となったのかどちらでしょうか。 申立が認められなかった...

回答日 2019年02月23日 21:19

経費については、収入を得るのに必要なものを計上するのであり、今は保護費から出していたとしても事業主に貸し付けているようなものに過ぎないので、開業届を出し経費そのものを計上することはできるでしょう。 ...

回答日 2019年02月20日 21:42

どのくらいつぎ込んで財産を減らしてしまったから免責不許可になる、という明確な基準があるわけではありませんがギャンブルをしたからといって免責不許可となるわけではありません。 内容次第ではありますが裁...

回答日 2019年02月20日 21:36

一人親方の場合、サラリーマンと実質変わらないではないかというケースの場合(請負の形をとってはいるが給料と変わらず、下請けも使わず、道具類も先方が用意し体ひとつあればいい、など)、それ以外の条件(資産...

回答日 2019年02月20日 21:31
この回答がある質問
自己破産

再生債権としてちゃんと処理されているのであれば減らされた分については免責されているので支払う必要はありません。 保証人には影響がないので保証人は全額払わなければなりませんが、それが再度会社に戻...

回答日 2019年02月20日 17:05

管理会社なりを使っている場合は大家さん個人から直接来ることはあまりないように思います。 とにかく他の先生もおっしゃっているようにギリギリのラインですからこれ以上遅れることのないように頑張ってく...

回答日 2019年02月13日 19:28

前に書かれた状況から変わっていないのであれば法テラスを利用して早々に破産を申し立てたほうが良いように思います。 それで無事手続きが終わればもう差し押さえを受けることはありませせん。

回答日 2019年02月13日 17:18

遅れながらであってもなんとか支払いをされているのであれば強制的に追い出すのは難しいのではないでしょうか。 家を借りるなどの場合には借金などとは異なり多少猶予されることになっています(ちょっと表現は...

回答日 2019年02月13日 16:50

1 - 30 件を表示/全 990 件

石田 伸一弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-5950-0241

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム