現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
稲益 寛明弁護士

( いなます ひろあき ) 稲益 寛明

稲益法律事務所

インターネット問題

分野を変更する
◆請求する側・請求されている側(意見照会回答含む)いずれも対応◆応用情報技術者等保有◆初回相談無料/来所・オンライン30分(電話10分)◆赤坂見附駅~徒歩2分
稲益法律事務所
稲益法律事務所
稲益法律事務所

インターネット問題の詳細分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

▼複合領域の知見を活かした問題解決
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
IT国家資格である応用情報技術者や、プログラミング講師等の知識・経験を、インターネット領域に関する事件の解決に役立てております。
また、インターネット上のトラブルは、これまでにはなかった特有の心理状態や人間模様等が絡み合っていますので、認定心理士の資格を取得し、当事者の方々の心情に対する理解・配慮に努めております。
さらに、紛争の帰趨は、今後の生活設計にも大きな影響を及ぼしうることから、ファイナンシャル・プランナーの資格も取得し、経済生活的観点からも適切な解決に努めております。

▼このようなお悩みはありませんか?
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
・とつぜん意見照会書が届いたが、どのように対処すればよいか。
・身に覚えのない投稿を自分のせいにされて損害賠償請求を受けたが、どのように対処すればよいか。
・SNS上での誹謗中傷やプライバシー侵害に関する投稿をしてしまい損害賠償請求を受けているが、どのように対処すればよいか。
・事実無根の内容や誹謗中傷をインターネット掲示板に書き込まれたため、消して欲しい。また、書き込んだ人物を特定して損害賠償請求をしたい。
・インターネット上での契約でトラブルが発生した。

【ホームページ】
https://www.inamasu-law.jp/

【ブログ】
https://hiroaki-inamasu.hatenablog.com/

インターネット問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 代理人弁護士通知 延長されると誤解しています。 返答せず曖昧な状態で放置する事によって期限が延長されると誤解しておりませんでしょうか。 前向きな手続の案の返答が〇〇〇〇様から無いという事は債権者が解決の意思が無いと判断される日が近づいているという事になります。 事実と...

ご不安のこととお察しします。 ご記載の限り、詐欺メールの可能性が極めて高いので、今後は一切対応することなく無視してください。また、当該メール送信元に関し迷惑メールに登録しておくことを強くお勧めいたします。 ご不安が和らげば幸いです。

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 とあるアニメについて語る大型掲示板のスレッドで、キャラクターにぶつかってしまうシーンの事を「〇〇(キャラクターの名前)にドーン」と表現してしまいました。 しかし、そのキャラクターの名前は日本人には芸能界に同じ名前のグループがあり、また「ドーン」は傷害をイメージさせる表現では無...

ご回答いたします。 >ご質問1・2について ご記載の限り、何かの罪に当たることはなく、したがってまた、警察が動いたり訴えられることも考え難いです。 ご不安が和らげば幸いです。

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 自分の不倫相手とのメッセージのスクリーンショットが、匿名でインターネット上にアップされていました。表示内容から、スクリーンショットは不倫相手のアカウントでログインした状態でとられたものです。おそらくスクリーンショットを公開したのは不倫相手と思われますが、その証拠はありません。...

ご心労お察しいたします。 >ご質問1について 発信者情報開示請求は、一般的には投稿者(本件では公開した人物)を特定することを目的として行われる手続です。 言い換えれば、投稿者が不倫相手であることが他の手段で特定できるのであれば、必ずしも上記手続を用いる必要はありません。例えば、公開したことを不倫相手方本人が認めている場合や、不倫相手以外に当該情報を...

稲益 寛明弁護士

インターネット問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■来所面談又はオンラインによる相談:初回30分無料(以降30分5,500円)
■電話による簡易相談:初回10分無料(以降30分5,500円)
※ご依頼頂いた場合、発生した相談料は弁護士費用に充当します。
※インターネット問題は多岐にわたりますので、下記類型以外につきましてもお気軽にご相談ください。
意見照会への対応 ・5.5万円~
※成功報酬金は発生しません。
損害賠償請求(請求側・被請求側) 【請求する場合】
<着手金>
・交渉:22万円~
(発信者情報開示請求から移行:11万円~)
・訴訟:33万円~
(交渉から移行:11万円~)
<報酬金>
・経済的利益の11%(下限11万円)

【請求されている場合】
<着手金>
・交渉:11万円~
(意見照会対応から移行:5.5万円~)
・訴訟:16.5万円~
(交渉から移行:5.5万円~)
<報酬金>
・経済的利益の11%(下限11万円)
削除請求 【任意削除請求】
​・5.5万円~

【削除仮処分】
・22万円~
(任意削除請求から移行:16.5万円~)

※いずれも成功報酬金は発生しません。
発信者情報開示請求 【IPアドレス開示仮処分】
・22万円~

【ログ保存仮処分】
・11万円~

【住所氏名の開示請求訴訟】
・22万円~

※いずれも成功報酬金は発生しません。
備考 ・金額は全て税込みで表示しております。
・別途実費(印紙代等)が発生することがあります。
・出頭回数が6回を超えた場合、別途日当(1回2.2万円)が発生します。
・特に複雑な事案等の場合は、協議の上で金額を決定することがあります。
・その他ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる 解決事例をみる

インターネット問題の解決事例(6件)

分野を変更する

インターネット問題の解決事例 1

マッチング・アプリ上で既婚と騙されたことにより生じた損害を賠償させた事案

  • 損害賠償請求
依頼主 女性

相談前

マッチング・アプリ上で知り合った方が、未婚であると言っていたにもかかわらず、既婚であることが発覚しました。

相談後

相手方に対して損害賠償請求を行い、裁判になった場合と同程度の金額にて早期に示談することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

マッチングアプリや婚活サイト等におけるインターネット・トラブルは増加傾向にあります。これらにより権利侵害を被った方が適切な損害賠償を受けるには、ネット上に残された客観的資料を適切に揃えて交渉に臨むことが有用です。本事案では、客観的資料の準備と打合せを十分に行い、相手方に対し優位に交渉を行うことで、適切な解決を図れたものと考えます。

インターネット問題の解決事例 2

ネット上の名誉権侵害に基づく多額の損害賠償請求を相当減額し解決した事案

  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
依頼主 女性

相談前

掲示板上に名誉権侵害の投稿を行ったとして、発信者情報開示請求を経て、多額の損害賠償請求を受けました。

相談後

主張反論の応酬を経て、相当減額した金額にて、和解により解決することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

ネット上の名誉権侵害事案においては、とりわけ本人で対応されるよりも弁護士が介入し然るべき主張・反論を展開させた方が、より適切な金額での解決につながります。
本件では、早期解決によるメリットを重視しつつ、相当減額した内容にて解決することができました。

インターネット問題の解決事例 3

ネット回線を無断利用され書き込まれた記事に関する損害賠償請求を阻止した事案

  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴
依頼主 男性

相談前

面識のない方から、「発信者情報開示請求により掲示板に誹謗中傷を書き込んだことが明らかになった」と言われ、突然損害賠償を請求されました。「応じなければ刑事告訴する」とまで言われました。

相談後

相手方との交渉によって、ご相談者には賠償義務がないことをご理解頂き、請求を取り下げて頂きました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

誹謗中傷を受けた相手方は、書込みを行った方との関係では被害者であるため、交渉では相手方が置かれたご状況にも配慮する必要があります。
本事案において、相手方に対しては、書込内容からして面識がなければ不自然であること、ご相談者が書き込む目的・動機が全く存在しないこと、他の人物がインターネット回線を利用できる状態にあったこと等を丁寧に伝え、事情をご理解頂くことができました。

インターネット問題の解決事例 4

オークション・サイトで氏名等を無断利用された方に対する損害賠償請求を阻止した事案

  • 損害賠償請求
依頼主 60代 男性

相談前

インターネットにおけるオークション・サイト上にて氏名等を無断で利用され、とつぜん見知らぬ方から損害賠償請求を受けました。

相談後

相手方との交渉によって、ご相談者には損害賠償義務がないことをご理解頂き、請求を取り下げて頂きました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

インターネット上のオークション・サイトにおける詐欺は、ご依頼者のみならず、その相手方も被害者であることが多いため、交渉では相手方が置かれたご状況にも配慮する必要があります。
本事案において、相手方に対しては、ご依頼者の年齢や職業等を示した上、その属性からして対象商品を購入する目的・動機が全く存在しないこと等を丁寧に伝え、事情をご理解頂くことができました。なお、結果として損害を被ることとなってしまった相手方に対しては、消費生活センター等にて改めてご相談されることなどをお伝えしました。

インターネット問題の解決事例 5

SNS上のプライバシー侵害に基づく損害賠償請求を阻止した事案

  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
依頼主 30代 女性

相談前

SNS上にプライバシー侵害に該当する投稿を行ったとして、損害賠償請求を受けました。

相談後

相手方との交渉によって、プライバシー侵害に関する損害賠償請求を取り下げて頂きました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

プライバシーとは一般的に用いられる言葉でありますが、損害賠償請求権が発生するに足りるプライバシー侵害と認められるには、法律上一定のハードルがあるため、専門家による適切な判断が求められます。プライバシー侵害の主張があった場合でも、実際にはそれに至る経緯等に問題があることも多いです。
本事案では、プライバシー侵害に至る経緯等他の事情も多分に考慮することによって、プライバシー侵害にかかる損害賠償請求を取り下げて頂くことができました。

インターネット問題の解決事例 6

意見照会書への回答により発信者情報開示を阻止した事案

  • 発信者開示請求
依頼主 女性

相談前

プロバイダから発信者情報開示に係る意見照会書が届き、対応に悩みました。

相談後

裁判例等を参照にしつつ、しっかりと理由付けを行い回答したことで、発信者情報開示を阻止することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

プロバイダからの発信者情報開示に係る意見照会への回答は、開示を拒否する方針を採る場合においては非常に重要です。
なぜなら、単にプロバイダへの回答理由を伝えることのみならず、裁判上の請求がなされた場合には、プロバイダにおいて裁判資料としても用られることとなるためです。
回答後の見通しを十分に踏まえた上で対処することが有効と考えます。

インターネット問題

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
◆心理的負担に配慮した解決を心掛けております◆認定心理士・AFP・応用情報技術者等保有◆初回相談無料/来所・オンライン30分(電話10分)◆赤坂見附駅~徒歩2分
稲益法律事務所
稲益法律事務所
稲益法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

▼複合領域の知見を活かした問題解決
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
家庭内や男女の問題は、複雑な心理状態や人間模様等が絡み合っていますので、認定心理士の資格を取得し、当事者の方々の心情に対する理解・配慮に努めております。
また、トラブルの帰趨は、今後のライフ・プランにも大きな影響を及ぼしえますため、ファイナンシャル・プランナーの資格も取得し、経済生活的観点からも適切な解決に努めております。
さらに、近年はマッチングアプリ等のインターネットを介した男女トラブルも多発しており、又、SNS等におけるデジタル証拠も重要視されていますので、IT国家資格である応用情報技術者や、プログラミング講師等で培った知識・経験を活かし、事件の解決に役立てております。

▼このようなお悩みはありませんか?
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
・不貞相手に慰謝料を請求したい。
・婚活サイトやマッチングアプリを通じて知り合ったが、既婚であると騙されたため、慰謝料を請求したい。
・法外な慰謝料請求を受けているので、減額してほしい。
・配偶者と離婚したい。
・適切な財産分与や養育費・婚姻費用の請求を行いたい。

【ホームページ】
https://www.inamasu-law.jp/

【ブログ】
https://hiroaki-inamasu.hatenablog.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 現在裁判中です。 不貞行為がばれ、裁判を起こされました。相手方の証拠は、元夫と相手男性の裁判で用いられたラインのトーク履歴のみです。 現在和解で80万円で手を打てないかと原告に言われていますが、私は無職な上、財産もありません。 【質問1】 大した証拠もないのに、このまま判...

ご回答いたします。 >大した証拠もないのに、このまま判決がくだるものでしょうか? 証拠の評価につきましては、法律家でないと判断が難しい部分がございますが、ラインのトーク履歴のみでも、その内容をもって不貞行為を推認しうるものであれば、判決が下される可能性はあります。 >和解にする方があなたのためだよと裁判官に言われていますが、無職な上財産もな...

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 裁判官の心証が偏っていても証人尋問をする必要はあるのでしょうか? 証人尋問の時にどうしてその心証になったのか伺いたいと思っているのですが、聞いても良いものでしょうか? 依頼している弁護士に聞くと心証が悪くなるから…と言いますが…元々相手よりならいいのかな?と思ってしまいます。...

ご回答いたします。 >証人尋問の時にどうしてその心証になったのか伺いたいと思っているのですが、聞いても良いものでしょうか? 依頼している弁護士に聞くと心証が悪くなるから…と言いますが…元々相手よりならいいのかな?と思ってしまいます。 証人尋問とは、「証人に対して、口頭で質問し、口頭の応答を得るという方法で行われる証拠調べ」を意味します。すなわち...

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 令和2年4月1日に新しく民法が改正され不法行為の時効が5年になったと思うのでが、不貞の慰謝料請求の時効を知りたいのです。 【質問1】 不貞行為の時効も5年になったのでしょうか?

ご回答いたします。 不法行為による損害賠償請求権の消滅時効は、原則として「被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間」又は「不法行為の時から二十年」のいずれか早い方です(民法724条)。 ご指摘のとおり、人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効については、上記の「三年間」が「五年間」となりましたが(民法724条...

稲益 寛明弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■来所面談又はオンラインによる相談:初回30分無料(以降30分5,500円)
■電話による簡易相談:初回10分無料(以降30分5,500円)
※ご依頼頂いた場合、発生した相談料は弁護士費用に充当します。
※離婚・男女問題は多岐にわたりますので、下記類型以外につきましてもお気軽にご相談ください。
慰謝料請求(不貞行為・貞操権侵害等) 【着手金】
・交渉:11万円~
・訴訟:22万円~
(各手続移行の際には差額分のみ発生します。)

【報酬金】
・交渉で解決した場合:経済的利益の16.5%(下限16.5万円)
・訴訟で解決した場合:経済的利益の22%(下限22万円)
離婚(慰謝料・財産分与・養育費請求を含む) 【着手金】
・交渉:22万円~
・調停:33万円~
・訴訟:44万円~
(各手続移行の際には差額分のみ発生します。)

【報酬金】
<基本額>
・交渉で離婚が成立した場合:22万円〜
・調停で離婚が成立した場合:33万円〜
・訴訟で離婚が成立した場合:44万円〜

<財産的給付がある場合>
・上記基本額+経済的利益の11%
備考 ・金額は全て税込みで表示しております。
・別途実費(印紙代等)が発生することがあります。
・出頭回数が6回を超えた場合、別途日当(1回2.2万円)が発生します。
・特に複雑な事案等の場合は、協議の上で金額を決定することがあります。
・その他ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

類似の裁判例よりも相当高額の慰謝料を獲得した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

婚姻後直ぐに不貞をうかがわせる交際が発覚し離婚に至りました。

相談後

相手方は不貞自体を否認しておりましたが、最終的に不貞を前提とした類似裁判例の約倍額の慰謝料にて示談に至りました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

不貞を原因とする離婚慰謝料の算定要素として、裁判上、婚姻期間は非常に重要な要素とされています。もっとも、交渉においては、それに捉われる必要はなく、事件に関連するあらゆる事情や、のみならず共時的な事柄までも盛り込んで臨むことが可能です。本件では、交渉時に現れた様々な事情を用いつつ、粘り強く交渉を重ねることで、然るべき解決を図ることができたと考えます。

離婚・男女問題の解決事例 2

マッチングアプリで既婚と騙されたため慰謝料請求を行った事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

マッチングアプリにて知り合った方が、未婚であると言っていたにもかかわらず、既婚であることが発覚しました。

相談後

相手方に対して慰謝料請求を行い、裁判になった場合と同程度の金額にて早期に示談することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

マッチングアプリや婚活サイトにおけるトラブルは増加傾向にあります。これを通じて貞操権の侵害を被った方が適切な損害賠償を受けるには、ネット上に残された客観的資料を適切に揃えて交渉に臨むことが有用です。本事案では、客観的資料の準備と打合せを十分に行い、相手方に対し優位に交渉を行うことで、適切な解決を図れたものと考えます。

離婚・男女問題の解決事例 3

SNSにおける男女交際のプライバシー侵害に関する慰謝料請求を取り下げさせた事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

男女交際のプライバシーに関わる投稿をSNSに上げたとして、慰謝料請求を受けました。

相談後

相手方との交渉によって、プライバシー侵害に関する慰謝料請求を取り下げて頂きました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

プライバシーとは一般的に用いられる言葉でありますが、損害賠償請求権が発生するに足りるプライバシー侵害と認められるには、法律上一定のハードルがあるため、専門家による適切な判断が求められます。プライバシー侵害の主張があった場合でも、実際にはそれに至る経緯等に問題があることも多いです。
本事案では、プライバシー侵害に至る経緯等他の事情も多分に考慮することによって、プライバシー侵害にかかる損害賠償請求を取り下げて頂くことができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◆心理的負担の大きな遺産分割や遺留分侵害額請求等に注力しております◆認定心理士・AFP等保有◆初回相談無料/面談30分・電話10分◆赤坂見附駅~徒歩2分
稲益法律事務所
稲益法律事務所
稲益法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

▼ライフプランを見据えた解決を
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
遺産相続問題は、複雑な心理状態や人間模様等が絡み合っていますので、認定心理士の資格を取得し、当事者の方々の心情に対する理解・配慮に努めております。
また、紛争の帰趨は、今後の生活設計にも大きな影響を及ぼしうることから、ファイナンシャル・プランナーの資格も取得し、経済生活的観点からも適切な解決に努めております。
さらに、近年はデジタル遺産等インターネット上の問題も関連することが多いため、IT国家資格である応用情報技術者や、プログラミング講師等で培った知識・経験を活かし、当該領域に関連して生じる事件の解決に役立てております。

▼このようなお悩みはありませんか?
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
・親が自身の財産を全て他人に遺贈してしまったが、遺留分を確保したい。
・残された土地や建物等をめぐり、親族間でトラブルが発生してしまった。
・負担していた親の介護費用等を巡って折り合いがつかない。
・遺産相続で揉めることのないよう、遺言を作成しておきたい。
・どのような場合に、どうやって相続放棄をしたらよいのかわからない。

【ホームページ】
https://www.inamasu-law.jp/
【ブログ】
https://hiroaki-inamasu.hatenablog.com/

※Zoom、Skype、Teamsを用いた法律相談を始めました。

この分野の法律相談

【相談の背景】 相続について質問です。 父が亡くなりました。母(父の配偶者)は健在です。 父の子供は私と姉になります。 【質問1】 姉はすでに嫁いでいますが、姉は相続人になり得るのでしょうか?

ご回答いたします。 被相続人の子は相続人となります(民法887条)。 したがいまして、ご記載の限り、お姉さまは、嫁いでいるか否かにかかわらず、お父様の相続人になります。 ご参考になれば幸いです。

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 母が亡くなり、父親と 兄の家族が実家で住んでいます。ゆくゆく、父親が亡くなった後、今まで一緒に住んできた兄が 、そこに住み続けると思います。 そうなると 土地の相続は兄と私の分割で 私が分割分に相当する 金額で受けとることになるのでしょうか?もし分割分の相続を拒否して土地の所有権...

心中お察しいたします。 遺産の対象となった不動産について、お話合いでの解決が難しい場合には、共有物分割請求訴訟という裁判が用意されています。 これによる場合、最終的には、①現物分割(共有不動産を物理的に分ける方法)、②全面的価額賠償(共有者の一人の単独所有とし、他の共有者に代償金を支払う方法)、③換価分割(共有不動産を売却し、その売却代金を共有者で分...

稲益 寛明弁護士

【相談の背景】 相続人に対して貸金返還請求訴訟を提起する場合について教えてください。 【質問1】 訴訟が進行中に全員が相続放棄(被相続人が死亡して3ヶ月以内)をした場合、訴訟はどのようになるのでしょうか?

ご回答いたします。 相続人が相続放棄をすると、被相続人の貸金返還債務を相続しないこととなります。 したがいまして、相続人全員が相続放棄をしたのであれば、いずれの相続人に対しても貸金返還請求は認められないことになります。 ご参考になれば幸いです。

稲益 寛明弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■来所面談又はオンラインによる相談:初回30分無料(以降30分5,500円)
■電話による簡易相談:初回10分無料(以降30分5,500円)
※ご依頼頂いた場合、発生した相談料は弁護士費用に充当します。
※遺産相続問題は多岐にわたりますので、下記類型以外につきましてもお気軽にご相談ください。
遺留分侵害額請求・遺産分割(共有物分割) 【着手金】
・交渉:22万円~
・調停:33万円~
・訴訟:44万円~
(各手続移行の際には差額分のみ発生します。)

【報酬金】
・3,000万円以下の部分
 …経済的利益の11%(下限33万円)
・3,000万円を超え3億円以下の部分
 …経済的利益の7.7%
・3億円を超えた部分
 …経済的利益の4.4%
遺言書作成費用 ・3,000万円以下の部分
 …資産総額の1.1%+11万円
・3,000万円を超え3億円以下の部分
 …資産総額の0.33%
・3億円を超える部分
 …資産総額の0.11%
​(公正証書遺言の場合:立会人2名分の日当及び公証役場所定の公証人報酬が加算されます。)
相続放棄 ・10万円~
限定承認 ・30万円~
遺言書検認 ・10万円~
備考 ・金額は全て税別で表示しております。​
・別途実費(印紙代、交通費等)が発生することがあります。​​
・出頭回数が6回を超えた場合、別途日当(1回:2.2万円)が発生します。
・特に複雑な事案等の場合、協議の上で金額を決定することがあります。
・その他ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺留分減殺請求権を行使し相当額を獲得した事案

  • 遺言
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 女性

相談前

被相続人の療養介護等を一手に担っていたにもかかわらず、何年も前に作成された遺言によって、相続財産のほとんどが他人に遺贈されてしまいました。

相談後

遺留分減殺請求権を行使し、相手方から価額弁償をもって相当額を獲得することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

遺言作成されてから長期間が経過すると、実態にそぐわない内容によって相続が開始してしまうことも少なくありません。また、被相続人の意思等を慮り、遺留分減殺請求権の行使自体をためらってしまうこともあるでしょう。
しかしながら、遺留分制度の趣旨は、残された相続人の生活保障や実質的公平の確保等を趣旨としておりますので、当該権利行使を躊躇する必要はありません。なお、民法改正により、遺留分「侵害額」請求権と変更されたことにより、以前よりも早期解決を図ることができるようになりました。

遺産相続の解決事例 2

円滑な事業承継を目的として公正証書遺言を作成した事案

  • 遺言
依頼主 男性

相談前

相続発生時を見越して事業承継に支障が生じないよう準備をしておく必要がありました。

相談後

遺言公正証書の作成等により、事業承継への不安を払拭することができました。

稲益 寛明弁護士からのコメント

稲益 寛明弁護士

会社が相続人間の紛争の対象となれば会社に大きな悪影響が生じるおそれがありますので、経営者自身の相続発生時までを見越した事業承継対策は、健全な発展を目指す会社にとって必要不可欠です。本事案では、公正証書遺言の作成のほか、いくつかの方策を予め施すことによって後継者への株式集中を図り、円滑な事業承継への準備を行うことができました。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
稲益法律事務所
所在地
〒107-0051
東京都 港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイド1304
最寄り駅
赤坂見附駅から徒歩2分
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

北陸・甲信越

  • 長野
  • 山梨
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5451-4149

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

稲益法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5451-4149

※稲益法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:30
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により時間外のご相談も承ります。
メールフォームでのお問い合わせは24時間受付しております。
※ご相談の際には、お名前・お電話番号・相手方等をお伺いいたしますので、予めご了承ください。