記事一覧

  • 外国籍初の元日弁連副会長 白承豪弁護士が語る日本の法曹界

    【本記事は2021年2月19日に公開したものです】2019年度、外国籍初の日本弁護士連合会(日弁連)副会長として注目を集めた白承豪(はく・しょうごう)弁護士(58、兵庫県弁護士会)。1962年に韓国・ソウルで生まれ、5歳の時に交通事故で右腕を失い、1974年に沖縄に移住した。1991年に、言葉と障害のハンデを乗り越えて司法試験に合格し、以来弁護士として活躍を続けている。 外国籍の副会長として民族団体からも期待がかかる一方、「弁護士会の執行部」としての中立性を保つ必要性があり、「当時は複雑な立場にあった」と振り返る。白弁護士に、日弁連副会長として活動した中での思いや日本の法曹会の問題などについて聞いた (インタビュー日:2020年12月23日)。

    続きを見る
    外国籍初の元日弁連副会長 白承豪弁護士が語る日本の法曹界
  • 日弁連 臨時総会のオンライン中継で会場の「密」を回避

    【本記事は2021年2月17日に公開したものです】日本弁護士連合会(日弁連)は2月15日、3月5日開催の臨時総会をオンライン中継することを明らかにした。新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなか、従来の総会会場である東京都内の弁護士会館だけでなく、各弁護士会が用意した会場で総会を傍聴できるようにすることで、会場が「密」になるのを回避する。また、一部にオンラインによる議決参加を求める動きも出ている。

    続きを見る
    日弁連 臨時総会のオンライン中継で会場の「密」を回避
  • クレプトマニアの弁護で 問題解決型司法の実現へ

    弁護士法人鳳法律事務所(東京都世田谷区)の林大悟弁護士は、2007年に実務家として歩み始めてから、クレプトマニア(窃盗症)の事案に注力してきた。万引きを「やめたくてもやめられない」依頼者のため、そして、被害者や社会のため、刑罰ではなく治療を求める。その具体事例とも言える弁護活動について、紹介する。<旧・月刊弁護士ドットコム>Vol.36<2018年9月発行>社会正義に生きる 弁護士列伝No.22より)

    続きを見る
    クレプトマニアの弁護で 問題解決型司法の実現へ
  • 既修コース・未修コース・予備組の合格率など、15年間の推移

    【本記事は2021年2月12日に公開したものです】2020年司法試験の最終合格者が1月20日に発表された。全体の合格率は39.16%で、予備試験合格者(受験者423人)の合格率は89.36%だった。 法科大学院既修・未修の両コースと予備試験合格者の受験者数、最終合格者数、合格率などについて、15年間の推移を、法務省がホームページで公表しているデータをもとにまとめた。

    続きを見る
    既修コース・未修コース・予備組の合格率など、15年間の推移
  • 新司法試験の合格者数・合格率、ロースクール別ランキングの推移

    【本記事は2021年2月8日に公開したものです】2020年司法試験の最終合格者において、法科大学院別の合格者数では、東京大法科大学院が126人で最多、合格率では愛知大法科大学院が77.8%でトップだった。法務省がホームページで公表しているデータをもとに、15年分の新司法試験における法科大学院別の合格者数・合格率のランキングの推移などについてまとめた。

    続きを見る
    新司法試験の合格者数・合格率、ロースクール別ランキングの推移
  • 2020年は合格者数が1500人割れ 司法試験合格率など30年間の推移

    【本記事は2021年2月3日に公開したものです】2020年司法試験の最終合格者が1月20日に発表され、1500人を切った。司法試験の受験者数・最終合格者数・合格率などについて、法務省がホームページで公表している1989年から2020年までのデータをもとにまとめた。

    続きを見る
    2020年は合格者数が1500人割れ 司法試験合格率など30年間の推移
  • 横浜刑務所のコロナ集団感染 神奈川県弁護士会が声明

    【本記事は2021年2月1日に公開したものです】神奈川県弁護士会は1月29日、横浜刑務所で新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生したこと受けて会長声明を公表した。声明は1月28日付。

    続きを見る
    横浜刑務所のコロナ集団感染 神奈川県弁護士会が声明
  • 大阪弁護士会が「睡眠剤混入薬被害110番」

    【本記事は2021年1月27日に公開したものです】水虫などの皮膚病用の飲み薬に睡眠剤の成分が混入していた問題を受け、大阪弁護士会は、1月29日・30日の2日間、「睡眠剤混入薬被害110番」を実施する。

    続きを見る
    大阪弁護士会が「睡眠剤混入薬被害110番」
  • 導入修習はオンラインで実施 最高裁

    【本記事は2021年1月25日に公開したものです】最高裁は1月20日、74期の司法修習のうち、導入修習(3月31日から4月23日)をオンラインで実施すると公表した。

    続きを見る
    導入修習はオンラインで実施 最高裁
  • 破産の東京ミネルヴァから約10億回収 債権者集会で報告

    【本記事は2021年1月21日に公開したものです】2020年6月に破産手続開始決定を受けた東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)の初めての債権者集会が、1月20日に東京地方裁判所で開かれた。債権者集会では、元代表弁護士の男性が出席し、冒頭に謝罪した。また、終了後に会見した被害対策全国弁護団によると、債権者に配当される財産として、預金など約10億5千万円が回収できたこともわかった。債権者は3885人。今後、破産債権届出書が債権者に発送されるため、債権の総額は今後明らかになる。

    続きを見る
    破産の東京ミネルヴァから約10億回収 債権者集会で報告
  • 2020年の司法試験 1450人が合格 合格率4割に近づく 合格率トップは愛知大

    【本記事は2021年1月20日に公開したものです】法務省は1月20日、2020年の司法試験に1450人が合格したと発表した(前年は1502人)。合格者は1500人をきった。合格率は前年比5.5ポイント増の39.1%(受験者数ベース)で、11年ぶりに30%を超えた昨年に続き30%を超えただけでなく、40%に近づいた。 受験者数は前年より763人減少して3703人(出願者4226人)。1次選抜である短答式試験には、2793人が合格していた。合格者は男性1083人、女性367人。平均年齢は28.4歳。最年長が69歳で、最年少が20歳だった。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、法務省や各試験場所での掲示による合格発表は取りやめとなった。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、論文式試験や短答式試験の日程が約3カ月遅れるなど試験スケジュール全体に影響し、合格発表は年をまたぐことになった。

    続きを見る
    2020年の司法試験 1450人が合格 合格率4割に近づく 合格率トップは愛知大
  • ブラジル人初の弁護士「日本は弁護士が遠い存在」 照屋エイジ氏の問題意識

    【本記事は2021年1月19日に公開したものです】2018年に在日ブラジル人として初の弁護士となった照屋エイジ弁護士(28)は、ブラジル・サンパウロに生まれ、8歳の時に出稼ぎの母に連れられて来日した。 ブラジルは、2億1000万人の人口に対し、弁護士人口が120万人を超える。照屋弁護士は、日本の在日外国人に対する法的支援の課題として、言語の問題に加え、弁護士との距離の遠さを挙げる。在日外国人支援の根底にある問題意識や、日本の法曹界に対する捉え方について聞いた(インタビュー日:2020年11月24日)。

    続きを見る
    ブラジル人初の弁護士「日本は弁護士が遠い存在」 照屋エイジ氏の問題意識
  • 法律事務所HPのスマホ対応率 2020年実態

    【本記事は2021年1月18日に公開したものです】弁護士ドットコムが毎年行っている法律事務所のホームページ調査では、継続的にスマホ対応率を調査してきた(最新の調査結果は2020年12月刊行 VOL.57に掲載)。2020年の調査結果で、スマホ対応率(全国平均)が13ポイント伸び、2015年以降で最も大きな伸びをみせた(※調査期間:2020年8月 調査対象:15,599事務所)。また、法律事務所ホームページのスマホ対応率と、全国のスマホ保有率の差は年々小さくなっていて、法律事務所ホームページのスマホ対応は一般化しつつある。

    続きを見る
    法律事務所HPのスマホ対応率 2020年実態
  • 「やりがいのある仕事を作ることが使命」 日弁連・荒中会長インタビュー(下)

    【本記事は2021年1月15日に公開したものです】日本弁護士連合会の荒中(あら・ただし)会長が、弁護士ドットコムタイムズの取材に応じ、法曹養成をめぐる課題などについて見解を示した。従来の法曹養成について「若い人のための制度になっていない」と指摘した上で、法学部入学から司法修習の修了までの期間を最短6年まで短縮する「法曹コース」に期待感を提示。また、児童相談所で業務を行う弁護士やスクールロイヤーが増えつつあるとして、「誇りをもって仕事に取り組む弁護士の姿を、日常生活の様々な場面で身近に見てもらうことで、弁護士を志望する人が増えるのではないか」と強調した。(2020年12月22日インタビュー実施)。

    続きを見る
    「やりがいのある仕事を作ることが使命」 日弁連・荒中会長インタビュー(下)