• HOME
  • 最高裁裁判官の国民審査「意味はあるが、機能していない」約7割…弁護士511人に聞く

最高裁裁判官の国民審査「意味はあるが、機能していない」約7割…弁護士511人に聞く

最高裁裁判官の国民審査「意味はあるが、機能していない」約7割…弁護士511人に聞く

最高裁判所の判事は、衆議院議員総選挙に合わせて、国民審査が実施され、罷免できることが憲法に明記されている。しかし、過去に国民審査で罷免された最高裁判事はいない。 弁護士ドットコムタイムズ編集部では、国民審査について弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:7月3日 有効回答人数:511人)。結果を紹介する。 ※写真は最高裁判所(kash* / PIXTA)

「意味はあるが、機能していない」が67.1%で最多

国民審査は、最高裁判所の裁判官が適格かどうかを国民投票で決め、不適格とされた裁判官を罷免させる制度。最高裁判所の裁判官は、就任後初めておこなわれる衆院選で国民審査を受けることになっている。

制度について、弁護士511人に聞いたところ、「意味はあるが、機能していない」が67.1%で最多となった。「意味はないし、機能していない」は26.0%、「意味はあるし、機能している」は4.9%にとどまった。


「機能していない」とした弁護士からは、「罷免例がない」「国民に関心がなく、制度が理解されていない」との意見が複数寄せられた。また、「国民に対して、最高裁裁判官についての十分な情報が提供されておらず、判断材料が少なすぎる」「インターネットを活用し、簡易かつ分かりやすく情報提供すべきだと思う」との指摘もあった。また、「弁護士であっても最高裁判所に行くことがないため関心がなく、審査しようがないのでは」「白票が罷免しない意思表示になるような投票方法がそもそもおかしい」との意見もあった。

「機能している」を選択した弁護士からは、「国民が誰も興味ないと思うので意味はない(なくなっても困らない)が、一応制度として運用されているので、機能しているのでは」などの意見が寄せられた。

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 「選択的夫婦別姓がよい」6割超、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 3回目は、選択的夫婦別姓制度についての結果を紹介する。 ※写真はイメージ(Ystudio / PIXTA)

    続きを見る
    「選択的夫婦別姓がよい」6割超、弁護士515人が回答
  • 25年度までに女性係長を半数に 最高裁、政府より高い目標

    最高裁判所は4月8日、女性登用に関する数値目標や、目標達成に向けた施策などを定めた行動計画を公表した。係長相当職の女性登用について、2025年度末までに48%とする目標を掲げ、2020年末に政府が示した国家公務員の係長相当職に対する目標の30%より高い数値を設定した。 最高裁の担当者は「裁判所ではこれまでも女性登用を独自に進めてきた。政府目標が示されているが、裁判所の状況を踏まえて目標を設定した」としている。

    続きを見る
    25年度までに女性係長を半数に 最高裁、政府より高い目標
  • 和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1

    「問題がある裁判官」に出会ったことがある4人の弁護士。彼らが出会ってしまったのは、どのような裁判官なのか。 2021年9月号の雑誌に概要版を掲載した匿名座談会(座談会はオンラインにて、2021年7月28日に実施)の完全版を3回にわけて掲載。1回目は、簡易裁判所や地方裁判所の裁判官、和解を強要する裁判官、事実認定に問題がある裁判官について、4人の弁護士の体験談などを紹介する。 ※写真はイメージ(Graphs / PIXTA)

    続きを見る
    和解のためなら手段は選ばず?事実認定に疑問…弁護士が語る!問題がある裁判官たちVol.1
  • 裁判所が国家権力を守る最後の砦になっている 「三権分立なんてありゃしない」  周防正行監督インタビュー 完全版Vol.2

    「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」映画部門で1位に選ばれた「それでもボクはやってない」(2007年公開)。監督を務めた周防正行氏は、刑事裁判のありかたに驚き、それを伝えたくて、全公判をリアルに描くことにこだわったという。法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員も務め、現在も刑事司法のありかたなどに積極的に発信する周防氏に、映画の意図や現在の法曹界のあり方などについて聞いた(インタビュー日:2021年4月17日、都内にて)。 2021年6月号の雑誌に概要版を掲載したインタビューの完全版を2回にわけて掲載。2回目は、刑事司法のあり方や、クラウドファンディングの活動、裁判所・裁判官のあり方や、今後の映画製作への思いについて紹介する。

    続きを見る
    裁判所が国家権力を守る最後の砦になっている 「三権分立なんてありゃしない」  周防正行監督インタビュー 完全版Vol.2
  • 「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」

    1988年から始まった弁護士任官制度。ドラマ「イチケイのカラス」の入間みちお(竹野内 豊)も弁護士から裁判官になった設定のため、法曹以外の人たちにも弁護士任官制度は知られつつある。 弁護士任官には、常勤で勤務する「常勤任官」と、弁護士としての身分をもったまま週1日、特定の曜日に裁判所に登庁する「非常勤任官」がある。 いずれの経験も有する河野匡志弁護士(東京弁護士会・41期)のインタビューを2回に分けてお届けする。1回目は常勤任官の働き方や実務について紹介する(インタビュー日:2021年6月3日、オンラインにて実施)。 ※統計などのデータは「弁護士白書(2020年版)」と日弁連の「弁護士任官Q&A」を参照した。 【写真】写真はイメージです(takeuchi masato / PIXTA)

    続きを見る
    「イチケイのカラス」主人公も弁護士任官、経験者に聞く!広がる「思考の自由」と狭まる「居住の自由」

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。