• HOME
  • 既婚の弁護士 6割が「結婚相手を見つける上で、男性弁護士は有利、女性弁護士は有利だと思わない」

既婚の弁護士 6割が「結婚相手を見つける上で、男性弁護士は有利、女性弁護士は有利だと思わない」

既婚の弁護士 6割が「結婚相手を見つける上で、男性弁護士は有利、女性弁護士は有利だと思わない」

【本記事は2020年11月5日に公開したものです】弁護士ドットコムでは、結婚・恋愛事情について、全国の会員弁護士にアンケートを実施した(実施期間:2020年9月7日から28日)。 既婚者、未婚者合わせて250名の弁護士から回答を得た。回答者は、既婚67.6%、未婚31.2%、離婚済み1.2%。男女比は、男性弁護士84.8%、女性弁護士14.8%だった。アンケート結果の概要を4回に分けて紹介する。 1回目は、既婚者を対象に聞いた「弁護士という職業が、結婚する相手を見つける上で有利かどうか」「結婚した相手の属性」などの結果について紹介する。

「結婚相手を見つける上で、男女ともに有利だと思わない」が2割



「弁護士という職業が、結婚する相手を見つける上で有利かどうか」尋ねたところ、「男性は有利、女性は有利だと思わない」と回答した弁護士が59.9%と半数以上を占めた。次いで、「男女ともに有利だと思わない」が23.3%、「男女ともに有利だと思う」が14.0%と続く。

性別ごとに見ると、「男性は有利、女性は有利だと思わない」と回答した男性弁護士は55.9%に対し、女性弁護士は79.3%で、男女で大きく差が出た。 「男女ともに有利だと思わない」と回答した男性弁護士は26.6%、女性弁護士は6.9%、「男女ともに有利だと思う」と回答した男性弁護士は15.4%、女性弁護士は6.9%だった。

「弁護士になる前に結婚した」弁護士 3割弱


「いつ頃結婚したか」を尋ねたところ、「弁護士になって3年以内」が45.9%、「弁護士になって4年以降」32.0%となり、弁護士になってから結婚した割合が7割を超えた。

弁護士登録をする前に結婚したとの回答は2割弱で、弁護士になる以前の回答として最も多かった回答は「修習中」の11.0%。

自由記述の回答では、「ロースクール入学前(法律事務所に事務員として勤務中)」、「前職のサラリーマン時代」、「前職の検事時代」など、弁護士以外の仕事をしている際との回答があった。

性別ごとに見ると、「弁護士になって3年以内」と回答した男性弁護士は45.3%、女性弁護士は55.5%。「弁護士になって4年以上」の回答では、男性弁護士30.0%、女性弁護士25.9%だった。

事務所内の弁護士との結婚 1.7%に留まる


「結婚関係にある人物、または、あった人物と、どこで知り合ったか」を尋ねたところ、「友人・知人・上司の紹介」22.7%、「飲み会・懇親会」17.4%で、学びの場以外での出会いが上位をしめた。 以降、「中学校・高校・大学」15.7%、「修習」6.4%、「ロースクール」6.4%が続き、学びの場での出会いは3割弱だった。

「事務所内(弁護士)」は1.7%、「業務を通して(依頼者、他士業)」は0.6%と少数だった。

自由記述の回答では、「幼稚園」、「市のイベント(模擬結婚式)で新郎新婦役だったタイテ」、「インターネット掲示板」、「会派」などの回答もあった。

性別ごとで見ると、男性弁護士は、学びの場である「中学校・高校・大学」「ロースクール」「修習」「資格予備校」が25.2%。対して、女性弁護士は、学びの場が55.2%で女性は学びの場での出会いが多い傾向にあった。

男性は、職場である「同じ事務所内(事務員)」「同じ事務所内(弁護士)」「会派」「弁護団」「委員会」「案件を通じて」が11.9%。対して、女性からは「職場で出会った」との回答はなかった。 その他、「友人・知人・上司の紹介」23.8%、「飲み会・懇親会」21.7%だった。

その他の回答は、「友人・知人・上司の紹介」17.2%、「飲み会・懇親会」6.9%で、男性で回答があった「マッチングアプリ」、「SNS」、「インターネット掲示板」は見られなかった。

2回目:結婚生活に不満を抱いている弁護士は、2割弱
3回目:未婚弁護士の8割「結婚したい」
4回目:弁護士の結婚・恋愛事情「若手は、経済的に結婚が厳しくなっている」

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。