現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
酒井 英人弁護士

( さかい ひでひと ) 酒井 英人

酒井・根木法律事務所

交通事故

分野を変更する
【弁護士36年以上】【年間300件以上の相談実績】【やめ検(元検事)】【原則ご依頼者様の負担なし】
重度後遺障害が残る事案については、被害者の将来の介護や治療が十分に受けられるよう、助言します。
泣き寝入りせず、無料相談をご利用ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり

※初回相談は【無料】です。まずは、ご状況をヒアリング致します。

弁護士36年以上/交通事故案件年間300件以上

当事務所では、年間300件以上の交通事故案件を扱っておりますので、様々な案件に対応できます。
被害者が金銭的に(日弁連交通事故相談センターの損害賠償算定基準に沿った)適正且つ妥当な賠償が受けられるよう尽力します。
泣き寝入りせずに、無料相談をご利用ください。

◆口コミ&高評価多数◆

  • 「弁護士の先生を通さなければ解決出来なかったのでとても感謝しております。」

ご来所頂いた相談者樣が、「行ってよかった」「相談してよかった」と心から思って頂ける法律事務所を目指します。

解決実績

交通事故において多数の解決実績とノウハウを有しております。
https://www.bengo4.com/shizuoka/a_22130/g_22131/l_115832/preview/#pro2_case

よくあるご相談

  • 事故に遭ってしまった・事故を起こしてしまったが、今後どのように対応して良いかわからない
  • 相手方保険会社から頻繁に連絡がきて困る
  • 提示された示談金に納得がいかない
  • 怪我で仕事ができず生活に困っている。休業損害を賠償してもらいたい
  • 相手方保険会社から打ち切りを言われたが、治療(通院)を続けたい
  • 後遺障害に該当するのかが分からない
  • 休業損害が支払われるのか知りたい
  • 事故態様に食い違いがある(過失割合に争いがある)

【取り扱い案件】

死亡事故、人身事故、物損事故
慰謝料請求、損害賠償請求、示談交渉、休業損害、後遺障害等級など

【メッセージ】

交通事故に遭ってしまった場合、相手方だけではなく、保険会社との話し合いが重要になるケースがほとんどです。しかし、保険は内容が複雑で、どのように対応したらいいのかわからない方が多いと思われます。
ご依頼いただけますと、面倒な保険会社の担当者との交渉は弁護士が全て対応します。
ぜひ、弁護士 酒井にお任せください。

【交通事故で重度後遺障害が残られた方】

重度後遺障害が残る事案については、被害者の将来の介護や治療が十分に受けられるよう、助言させて頂きます。
被害者ならびにご家族が安心して暮らしていけますよう、事務所全体でサポート致します。

【安心のサポート体制】

24時間予約受付

電話が繋がらないときや営業時間外は、留守電または メールにてお問い合わせください。翌営業日以内にこちらからご連絡致します。

休日相談可

土・日・祝日の相談も可能です。

アクセス

  • 遠州鉄道・遠州病院駅 徒歩5分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料(交通事故)
着手金 請求額の5%
報酬金 経済的利益の10%
実費・交通費・鑑定料は別途
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(6件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【後遺障害4級・過失割合に争いあり】裁判を経て賠償額が大幅に増額して解決した事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 70代 男性

相談前

被害者は原付自転車を運転し交差点を直進しようとしたが、対向乗用車が右折して衝突。
後遺障害4級が認定されたが、相手方の保険会社は、被害者にも過失が15%あると主張し、休業損害の日数、傷害、後遺症の慰謝料を独自の算定のもと、当初の提示額は2500万円でした。

相談後

被害者の過失割合は5%であること、休業損害は事故から症状固定までの全期間であること、傷害、後遺症の慰謝料は裁判基準に基づくべきであるとして裁判を提起し、弁護士費用、遅延損害金を含め4800万円を獲得できました。
裁判提起から約3か月で和解にて解決。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

保険会社から金額が提示された場合、その内容が裁判基準(裁判で認められるであろう基準)に合致しているか否か、印を押す前に是非相談して下さい。
特に、保険会社の考えと過失割合、慰謝料額等に大きな差異が認められ、裁判になれば弁護士費用と事故日から支払いまで年5%の遅延損害金を加害者に負担させることができ、交渉、調停、裁判等により、当初の保険会社提示額より数倍になった事例もありました。

交通事故の解決事例 2

【出会いがしら事故・後遺症なし】交渉のみで賠償金を増額できた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

 車同士の出会い頭衝突事故により、運転者・同乗者様ともにお怪我を負い、約3か月間通院した後、後遺症なく治療が終了しました。
 相手の保険会社からは 

 運転者様 31万円
 同乗者様 23万円

の賠償金を支払うとの提示がありました。

相談後

  弁護士が裁判基準に沿った適切な賠償金額を算定し、示談交渉をしたところ、

  運転者様 51万円(提示額+20万円)
  同乗者様 51万円(提示額+28万円)

の賠償を受けることができました。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

 保険会社が提示する賠償基準は、裁判基準よりかなり低いです。
 そのため、弁護士が交渉すればおおよそ金額が上がります。中には2~3倍になるケースもあります。
 保険会社が提示する賠償額が妥当かどうか、30分程度の相談で判断することができます。
 示談書に印鑑を押してしまう前に、是非一度ご相談ください。

交通事故の解決事例 3

【駐車場での事故・後遺障害併合14級】歩行中の被害者への賠償金を増額できた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

 駐車場内を歩いていた依頼者様は、車にはねられ8か月通院するケガを負いました。
 事故の後遺症として体にしびれが残り、後遺障害14級と認定されました。
 相手の保険会社からは賠償金として

 161万円

を支払うとの提示がありました。

相談後

 弁護士が交渉した結果、

 296万円(提示額+135万円)

 の賠償を受けることができました。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

 後遺症が残る場合、事故がなければもらえていたはずの収入(逸失利益)を請求できます。
 このケースでは、逸失利益に将来もらえていたであろうボーナスも含め、当初の保険会社の提示より高い金額で示談を取り交わすことができました。
 保険会社は逸失利益を無視して賠償額を提示してくることがありますので、注意が必要です。

交通事故の解決事例 4

【追突被害事故・後遺障害併合14級】相談から1か月以内に賠償金を100万円以上増額できた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

 依頼者様は、追突被害事故に遭われ、8か月間通院し、治療をしてきました。しかし、首や腰などに残った痛みは「将来においても回復が困難」な「局部に神経症状を残すもの」として後遺障害併合14級と認定されました。
 相手方保険会社からは、この等級に対し、自賠責保険の基準で算定された慰謝料などを含めた賠償金

 144万円

を支払うとの提示がありました。

相談後

 弁護士が裁判基準での賠償を求めて交渉した結果、相談から1か月以内に、
 
 260万円(提示額+116万円)

の賠償を受けることが出来ました。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

 賠償基準には、①自賠責保険基準 ②任意保険基準 ③裁判基準 があります。
 自賠責保険は人身賠償の最低基準ですから、裁判基準からすれば低いことは明らかです。また、保険会社は、被害者に払った賠償金を全額自賠責保険から回収しようとしますからやはり低い基準となります。
 弁護士は一番高い裁判基準で交渉が出来ますので、保険会社からの提示額に疑問がある方は是非ご相談ください。

交通事故の解決事例 5

【車同士の衝突事故・後遺症なし】相談から賠償金の受領まで約1か月、早期解決した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

 車同士の衝突事故により、運転者様・同乗者様ともにお怪我を負い、約6か月間通院した後、後遺症なく治療が終了したケースです。
 相手の保険会社からは、 
 
 運転者様 76万円
 同乗者様 90万円

の賠償金を支払うとの提示がありました。

相談後

 弁護士が裁判基準に沿った適切な賠償金額を算定し、示談交渉をしたところ、相談から約1か月で
 
 運転者様 91万円(提示額+15万円)
 同乗者様 144万円(提示額+54万円)

の賠償を受けることができました。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

 事故が発生して、いつまでも解決しないのは精神的につらいものです。
 弁護士が介入して、相手の保険会社と2~3回交渉をすることで賠償金が増額し、早期に解決することが可能です。
 この事例では、弁護士に相談することで、相談から約1か月で示談が成立しました。
 早期解決をお望みの場合、賠償金の提示を受けたら、早い段階で弁護士にご相談ください。

交通事故の解決事例 6

【駐車場での物損事故】裁判なしの交渉で、依頼者の過失を0にできた事例

  • 過失割合
依頼主 女性

相談前

 依頼者様は、駐車場で車を停車させて駐車スペースを探していたところ、別の駐車スペースから出てきた相手方車に衝突されました。
 相手方保険会社は駐車場内での事故ということで、過失割合を

 依頼者様20%、相手方80%

と示してきました。

相談後

 こちらは停車中であったので過失はないと主張しました。
 弁護士は、保険会社に対して判例をもとに交渉し、最終的に過失割合を

 依頼者様0%、相手方85%

として解決することができました。

酒井 英人弁護士からのコメント

酒井 英人弁護士

 近年、駐車場での事故が増えており、中には双方が自分には過失はないと言い、話が進まないケースもあります。
 弁護士は事故ごとに適切な判例を示して交渉を進めますので、過失割合でお困りの方は是非弁護士にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
酒井・根木法律事務所
所在地
〒430-0929
静岡県 浜松市中区中央1-9-17 ワイビル3階
最寄り駅
遠州病院駅
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
対応地域

東海

  • 静岡
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5877-8379

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

酒井・根木法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5877-8379

※酒井・根木法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談