弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2014年11月05日 17時15分

「マッサン」のシャーロット「東京の女性はこ~んなハイヒールで自転車に乗っていた」

「マッサン」のシャーロット「東京の女性はこ~んなハイヒールで自転車に乗っていた」
東京の女性はこんな高さのヒールを履いている!? 「マッサン」のヒロイン役をつとめるシャーロット・ケイト・フォックスさん(11月5日撮影・外国特派員協会)

現在放送中のNHK連続テレビ小説「マッサン」のヒロイン役をつとめる米女優シャーロット・ケイト・フォックスさんが11月5日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見をおこなった。

同作は、ウイスキー作りに生涯をかける亀山政春(マッサン・玉山鉄二)と、彼の夢を支えるスコットランド人の妻エリー(シャーロット)の物語だ。NHKの朝ドラ史上、初めて外国人をヒロインに起用したことで話題になっている。

アメリカ人のシャーロットさんは、朝ドラのオーディションに合格したあと、今年3月に来日。それからは日本語の勉強をしながら、ドラマの撮影に明け暮れる日々を送っているという。

●日本に来て一番おどろいたことは・・・

記者から「日本にやってきて一番驚いたことは何か?」と、問われてシャーロットさんは「誠実でフォーマルな自己紹介のやりかたですね。名刺交換、お辞儀などが新鮮でした」と回答。

さらに、こんなことを言うとバカっぽく聞こえるかも知れないですけど、と前置きしたうえで、「東京の女性はきちんとした格好をして、こ~んな高いヒールの靴を履いて・・・それで自転車に乗ってるんですよ。どうやって乗ってるのか、まったくわからないですね」と付け加えた。このとき、シャーロットさんが指で示したヒールの高さは20センチぐらいもあり、集まった記者たちに大ウケだった。

●「法律について学ぶチャンスはなくって・・・」

一方、弁護士ドットコムの記者が「滞在中に、日本の法律やルールで戸惑ったことはあるか?」と質問すると、「日本には住んでいますが、実際に暮らしているかというと・・・。ずっと撮影ですからね。法律について学ぶチャンスはなくって・・・」と苦笑い。

それでも、シャーロットさんは少し考えたうえで、「たとえば、タトゥーについては、アメリカのほうが緩いかもしれないですね。そういう点は違うなと感じました。もちろん、私は日本のルールに敬意を払っています」「でも法律となると、大きな違いは、これまで感じたことがありません」と、きちんと質問に答えてくれた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」